別居から離婚

トップページ
別居は夫婦が性格の不一致で不仲になり、別居から離婚の話しに至るなど、夫や妻が離婚宣言をして強引に家を出て陥った事態です。
離婚話に至るような夫婦の心の温度差を解決して別居からの離婚を避けるために離婚宣言の撤回や同居交渉へ。
別居の事態を離婚話しに至る前に解決して同居、別居状態の対話で和解を実現、
離婚前提の夫と別居、妻と別居など離婚に瀕した状態から関係を修復する方法、別居が離婚に至らず同居への対話マニュアルを作成
義両親を交えた離婚の話し合いの注意事項を提示できます。夫婦の関係修復は愛情と誠意による信頼こそが別れたい気持ちを思い留まらせて別居を解決する方法、
別居からの同居に向けて交渉を成功して円満な同居再開の再構築の基本的になります。
別居のまま婚姻破綻離婚の成立時期まで無視される危機、離婚の話しに至った問題を冷静に受け止める、別居から関係修復に導く
別居中の夫婦の心の温度差の理解、 価値観の違いを話し合いで解決し別居から離婚せずに関係を修復するための非の自覚のための向き合う期間
同居するために

別居から離婚話しになった夫婦の同居交渉

修復の成功

別居中の夫婦の離婚を未然に防ぎ同居交渉の話し合いを心理学でサポート!
成功率85%以上、別居や離婚要求を撤回に導く心理作戦。離婚の話しに至られた夫婦の溝を解決する、関係修復方法【知恵袋】

別居や離婚話の理由は性格の不一致や感情の縺れ、浮気問題などを解決、別居の危機を乗り越える別居のまま結論が出せない、平行線のままなど、
離婚に至らずに別居を解決するために話し合うための心構えを心理学の観点で心理分析に基づいて別居問題の解決をアドバイスいたします。
別居の問題を解決して別居からの離婚を防いで和解を成功できる心得!

無視する妻と離婚や別居問題を解決して夫婦が同居へ、離婚せずにもう一度夫婦としてやり直す方法
別居からの同居交渉、離婚を防ぐご相談についてくわしくは、下記のフォームにて お問い合わせ下さい。
個人情報保護法遵守・秘密厳守
お問い合わせ:090-6519 -1413(受付時間AM8:30から AM3:00)
(番号は必ず通知でおかけ下さい)
 無料メール相談

義両親同席の話し合いで誓いを伝える

別居状態からの離婚を避けるための本心での話し合い、義両親が離婚の話し合いに入っていただいた場合の話し合い方など、
離婚せずにやり直すための思いやり、 価値観の違い、相手の心の重荷にならないアドバイスを行っています。
心理学に基づいて、別居、夫婦の危機のご相談に親身にお応えいたします。
別居から離婚の話し合いでいかに気持ちを正直に伝えるか、同意があっての離婚や別居前提の話し合い、
冷却期間という意味の別居、その離婚要求の背景に背景にDVや嫁姑問題、不貞や浮気などの原因があります。
一方的に住まいを出てしまわれた後、実家・義両親の関与介入による別居などケースに合わせた修復へのアプローチの方法がございます。
別居中のメールの本数・頻度や間隔、伝達すべき内容、控えるべき語句など
成功事例のセオリーによる夫婦が別居のまま離婚せずにもう一度やり直すための心構えをアドバイス


離婚をしないための話し合い方について詳しく解説しております。
離婚したくない人が今すること

別居中の連絡について
別居中の配偶者への 手紙の書き方、渡し方

心理学の分析
別居のまま離婚についての話し合いを行うということは、相手もしくは自分が別れたいという気持ちでいっぱいなっている状態が多いです。
やり直したくない、許せないから離婚する、という答え、要求の理由をお聞きしますと、 性格の不一致、愛情の冷めた、浮気や暴力など理由は様々です。
別居からの離婚を避けるための対話方法をアドバイスいたします。
離婚話に至ってしまわれたお二人の心の温度差、敵意、気まずさ、苦手意識について、お互いに譲れない、
価値観の違いから謝れずに別居に至ってしまったケース、別居の事態の危険というやむを得ないケースではなく、
心理的に言えずにいる離婚要求の本質、言い分を心理分析を行い離婚せずに関係修復について考えることができるケースについて解説いたします。
現在の別居理由の一番多いものが、離婚するしか楽になる道がない、価値観の相違や相性が合わないというものです。
別居は結婚する前の夫婦は別々の家庭環境で育ち、違った価値観を持っているので、 お互いに何 かしらの考えの違いはあるわけです。
その違いを理解しようとすることを諦めてしまうことが、もう合わないといっ た答えを導きだしてしまうのです。
その答えを導きだしてしまった夫婦が価値観の違い、別居からの関係修復をする方法があるのです。
つまり別居は離婚を避けるための冷却期間、一つに夫婦の心の溝を修復しての円満な解決させて夫婦の和解へ、
別居のまま離婚を考える前に同居再開を最終目標にした一時的な別居という方法があります。

家族の問題の解決
家でご主人の顔を見る度に些細なことが気に障り、離婚したくなる。離婚したほうが気楽などイライラが募り感情的になってしまう女性がいたとします。
そう した方に夫と別居を考えたことがあるかという質問をすると、
別居というのは離婚して籍を抜くための準備であって調停について未だ決断できていないと答える方がいます。
一般的に別居と夫婦関係の終わりをイコールに考えている人が多いからです。
しかし、別居と離婚はイコールではないと考えている欧米の心理学者は多いで す。
これは離婚前提の別居とならないよう冷却期間というお互いに冷静になる時間の経過で感情をクールダウンし
自分の気持ちと向き合い夫婦の離婚について考えるという意味合いがります。
お互 いが感情的にならず、別居状態のままこれから自分がどうして生きていきたいかを考えたり、
熱く なっている感情を冷静にするために別居というのは良い手段の一つだと考えます。
離婚前提の別居をし落ち着いて自分が幸せになる道を模索することは、自分の選択肢を増やすことにも繋がります。
その選択肢の中にお互いがまたやり直すことできる選択肢を 見つけることができることもあります。
また別居をすることで、離婚を考え直せます。これ以上相手のことを嫌いにならず、冷静に考えられ る、
相手とやり直せ る心の状態を作ることができる人もいます。それが夫婦の別居から離婚を回避した同居のためのセオリーなのです。
不仲にお互いの心の溝?離婚を避けるための冷却期間であるなら別居は有意義なクールダウンの効果があります。
しかし夫の浮気、妻の浮気など浮気問題では別居や離婚交渉だけが正しい選択ではありません。
別居と離婚を直ぐに結びつけることなく、別居は自分が幸せになるための一つ の手段としてとらえてみると良いです。
一度、感情的になった気持ちもお互いが 冷静になり感情を冷ましてから話し合うことで、決裂、平行線、両家の蟠りも含めた心の温度差、
離婚したいくらいの憎しみの理由を察し信頼回復への対話を継続し、関係の修復につながる場合があります。
信頼回復のためのセオリーに沿った注意事項や夫婦、義両親との話し合いのマニュアルで信頼を積み重ねて安心を与える心理作戦なのです。

38歳(会社員・男性)奥様がご懐妊中・新婚・難易度E

33歳(会社員・男性)子供なし・新婚・難易度F

32歳(専業主婦・女性)子供あり・調停・本人の浮気問題・難易度G

35歳(会社員・女性)子供あり・難易度E

38歳(会社員・男性)子供あり・結婚9年目・難易度D

34歳(会社員・女性)子供なし・難易度B

32歳(専業主婦・女性)子供有り・難易度F

34歳(会社員・女性)子供なし・難易度E

34歳(会社員・男性)子供んし・難易度E

41歳(会社役員・男性)子供有り・難易度F

心理学によるアドバイスでは夫婦の家族愛について考え、離婚せずに別居から同居をするための心理分析による対話の方法です。
別居からの同居の方法、離婚を防ぐ話し合い、夫婦の対話の過程である場合もございます。
問題の解決のために、対話アプローチと人の輪で共調する。
別居から和解を実現、心理学による離婚決意や敵意や思い込み、離婚して別れたい気持ちを理解して安心を与える別居問題の解決をサポート
夫の浮気・不貞、それ は疑念?証拠はありますか?不安、浮気の不安は疑う前に尋ねて下さい。
冷静な気持ちの理解が未然に別居や無視を防ぎます。
夫の家庭内での無視などの異変、深夜帰宅、土日の不在、仕事を口実にした不審行動。
急に下着や靴下、衣類が新しくなった、カーナビのメモリー履歴から不審な遠出。
突然の夫の変化・異変から疑いが浮上。就寝中や入浴中に無断で見た携帯電話のメール内容で浮気が発覚・・・・。
浮気追及の話し合いでの開き直り、急な離婚宣言や別居。
言い訳をしていた嘘、帰宅が遅い、無断外泊、無視、怪しい避けるような態度など浮気を伏せている夫の異変。
自白後に切り出された要求。理由を言い返さず遮らないで聞く、浮気を蒸し返さない、責めない。問い詰めてはいけない。
憶測での決め付け発言こそが夫婦の溝、価値観の違い、性格の不一致を実感させてしまい、修復できない状態に陥るのです。
夫婦として夫の浮気問題を解決して離婚せずにやり直す意欲を忘れてはいけません。
夫婦の信頼が崩れた。不審なメールを発見!悔しい許せない!
憶測で問い詰めたり責めない、別居の話し合いの方法
【感情的な責める言葉は離婚の抑止には逆効果。安易な疑心発言は厳禁】
離婚話の言い分に理由があるのか、倦怠なのか、知り合えた偶発からの浮気なのか、
夫の本心を知るには話す意欲を常に向ける根気が必要です。離婚の話しから逃げてもいけない、責めてもいけない。
焦らずに話しを継続してください。冷静に気持ちを聞くことから始めて下さい。
二人の信頼関係は責めては離婚に向けて悪化します。憶測や決め付けで浮気を悪事と批難するだけでは夫婦の心の温度差が起因になります。
禁句は「許せない」「悔しい」「裏切った」「離婚」「出て行け」など悪事と決め付けた上から目線の批難の言葉と本心ではない言葉です。
夫婦としてご主人が不満と感じてしまわれた家庭環境と妻としてのご自身の非を自 覚して考えて欲しいのです。
理由なく起きるのは遊び男の浮気、理由があって起きるのは真面目な本気恋愛、夫の浮気と言われています。
家庭を構築した妻帯者が理由なく浮気をしない、離婚はしないという責任と裏切りの罪悪感から開き直る夫、
怯えて無視をする夫と向き合わなくてはいけません。
心理学による夫婦の気持ちの問題の解決、別居からの離婚の要求の解決します。

 【浮気の問題と無視する夫の心理】

別居のまま離婚の要求をされたら

夫の無視の理由はわかりますか?恐妻家のパワーバランスからの関係のギクシャクや無視などの冷めた愛情の問題の類似性。原因や理由は心理分析でわかります。
執拗に追及や蒸し返しなど責めない、憶測・決め付け発言をしないこと。
言い分を内心では信じられなくても発言で疑わないこと。責めない期間が心の冷却の時間なのです。
離婚せずに家族として誠実に正直で素直な謝罪と向き合い方。
別居してまま離婚したいと言い出した夫、別居して行先を隠す夫、要求をされている理由をちゃんと受け止めて下さい。
浮気をした夫との向き合い方は冷静に待てる姿勢が求められます。
【メールも無視、別居予告もなく無断で家出をした夫、別居した夫と和解に向けて話し合う方法を教えます】
帰りたくないご主人の気持ちに寄り添うメールでの愛情・譲歩の伝達と会って話 して、許すための対話と居心地改善の誓い。
夫の浮気を悪事と責めない、言い訳を決めつけで否定しない、嫉妬する悔しい気持ちは声にせずに我慢。
責めない向き合い方が安心を与え、居心地を改善し浮気鎮静の意思を感じさせるケースがあります。
浮気が原因の無視の場合、留守電のメッセージやメールの文面への優しさの配慮も必要になります。
絶対に、共通の知人やご主人の上司・知人・同僚、親族を巻き込まない配慮が必要です。
もし3歳以上のお子さんがおられたら、セオリーは上記と大きく異なります。
別居から離婚は避けたい、離婚を防ぐために早期解決が必要です。別居から離婚に至る問題を解決する心理を読んだ歩み寄りの姿勢

話し合い

別居中の離婚の話し合い

悪化をしないための素直に正直に話す。別居からの修復を成功させて、相手の気持ちになって自身の非を思い返して下さい。

別居から離婚話になった状態から話し合う方法

別居状態での離婚についての議論の事態に陥ったこと、冷めきった関係、別居中のメールやline、話し合いで 相手を責めない。相手だけが悪いと思い込まないこと。
相手も辛い気持ちです。 成功率91.4%以上の実績、夫婦の対話マニュアルは心理学の観点で作成!

復活愛できる笑顔が見たい


夫婦の別居から同居を実現

 

それまで幸せと思っていた夫婦生活。突然の別居、離婚のピンチ。心理学による別居からの同居方法のアドバイス。

お付き合いできて嬉しい、楽しい、有意義なときめき、支え、励まし合う信頼関係。

価値観の誤差、愛情のすれ違い?些細な喧嘩や浮気、暴力、それまで軋んでいた関係の悪化?

なぜ、お互いが別れを前提として別々に暮らすことを選択することになってしまったのか?

心理学を専攻した心理カウンセラーによるアドバイス。

あなたから別居の事情や相手に関することをお聞きし、

カウンセラーが相手の性格や感情、別居の原因を徹底究明、お互いの内面までを完璧に分析し、

適切に次の離婚を防ぐためのアクションをアドバイスいたします。

お 二人が再び一緒に暮らし、新たなスタートを迎えられるようにします。

あなたの味方となり、あなたと相手の再同居、離婚せずに関係修復に向けた様々な作戦を展開いたします。

心理学に基づいた別居からの対話方法をアドバイス。

あなたのプライバシーの厳守をはじめ、あなたにとって生涯の財産となる同居に向けて和解する、
別居から離婚の話しに至る前の段階で同居への交渉をお手伝いします。

 謝罪のマニュアルの作成

相手があなたとの暮らしで「居心地が良かった」と思えますか?

離婚せずに別居から同居の方法、別居からの修復対話、それは、

相手との恋愛で愛情を求めるだけでなく与えていましたか?

別居からの同居を願われるのであれば、
あなたはご自分のことを相手の視点から見て自身について考えたことがありますか?

 別居からの修復を成功させる

 

愛と誠意に満ち溢れた手紙、別れを決意した瞬間の相手の心理の解析に基づく謝罪のメッセージ、別居中の離婚の話し合い。

純真なあなたから相手への想いをこめた絵葉書、

離れ離れになった寂しさと愛を伝えるメッセージを添えた花束の宅配、

別居中にあなたからの電話やメールを拒絶している相手の心の扉さえも開く愛の交換日記、

あなたの相手への熱意の届く音声メッセージやビデオレター(2012年より携帯動画をメール添付で活用な ど随時、利便性に適応し変化しています)、

様々な心理作用アイテムの作成を心理学に基づきバックアップいたします。

心理カウンセラーによるアドバイスで別居や離婚の不安や将来の心配などの精神的な負担も経済的な負担も軽減されています。

安心の伝達

(ご相談に関して個人情報厳守、プライバシーは保護いたします)

このサイトに掲載されているエピソードはすべて依頼者の許可を得て記載しています。

有料相談着手後は24h体制の緊急電話・メール対応で完全な別居から関係修復ができるようにサポート

 

 

別居からの離婚を未然に防ぐ、同居、離婚の話し合い方のマニュアルによる関係修復

相談:無料

ご相談後、状況を判断して難易度によりお見積いたします。離婚・別居問題では高い成功率を誇ります。
関係修復に関する詳細はメールにてお問い合わせ下さい。  

難易度A:別居から1か月以内、ご本人から相手への同居の交渉(話し合いや電話)のみで再同居・関係の修復が可能な場合

難易度B:別居から1か月以上が経過、再同居まで心理分析や 継続的な相談を伴う場合

難易度C:別居後に相手がご本人からの話し合いに応じない場合

難易度D:別居に親族、義両親を含んだ離婚話しの拗れ、わだかまり、誤解などが介在する場合

難易度E:恐妻家やモラハラ、浮気詮索、過度な浮気や行動監視など明らかに相談者側に大きな非、過失がある場合か、相手側に伏せている問題がある場合

難易度F以上:問題の起因にどちらかの暴力や浪費、不貞、嘘など、民法の離婚理由がある場合

 

悩み

ご相談から有料アドバイス着手までの手順のご説明

仲直りしたい気持ちが相手の心に響きます。別居からの和解に向けて修復したい心をつなぎます。

悪化防止の注意事項

ご相談に関する注意事項とお約束事項

自己改革についての具体的な内容のご説明

難易度について  

 夫婦の復活愛

別居に陥った喧嘩はただの性格の不一致が原因と思 われていたが、
アドバイス、自己改革を継続して行く中、実は相手の浮気が原因によるものだったことが
発覚したケースも多数あります。浮気のチェックにつきましてもお気軽にご相談下さい。

方法が知りたい 

  

お気軽にご相談下さい。

離婚を防ぐ修復までのプランとお見積りを提示いたします。ご相談もお見積り提示まではご相談・分析は無料です。

メール相談無料 

有効な謝罪の伝達をするには!別居状態で離婚話のメールを控えるなど心理作戦

夫婦がまた一緒に暮らせるために
別居からの関係修復の取り組みは『正直』が最優先との理念でアドバイスを行っております。
当方では元恋人や配偶者など、関係を修復したい相手に対 しての嘘や当方のスタッフからの接触・交渉などの相手を騙すやり方を含め、
有料相談の着手後に別料金で工作の提案など、やり直しに向けた取り組みにて
相手との仲直りの過程で『嘘』(=真実と異なる向き合い方)が関連するような
そのようなご契約後に修復不能を理由に工作などの提案をするような営業は一切行っておりません。
家族である配偶者、これから将来成婚し家族になる恋人に対して、仲直りのために一切『嘘』を言ってはいけない信念があります。
仲直りの過程で嘘があっては、いつか必ず嘘が原因でお互いの気持ちが綻(ほころ)んでしまうからです。
関係の修復とその後の円満な関係の構築には正直・素直が一番大切な誠意と考えております。
詳しくは上記のお問い合わせ番号までお電話下さい。

ご相談の手順