離婚回避の方法

心理学に基づいた離婚回避事例を紹介!
ご相談なら
心理学の方法だから高い回避の成功率、心理学による論点に向き合う夫婦の離婚回避方法
離婚回避のアドバイス、91.4%以上の離婚回避成功率、浮気・不貞問題の解決が修復後に円満な家庭を再構築の方法






ホーム離婚したくない → 離婚回避事例

信頼の実績

心理学の離婚回避方法

対話が心をつなぎます

夫婦の離婚回避の方法、別居後のお子さんや家族の住民票や転校のこと、別居後の手紙、引き留めのline、メールの文章のことなどお気軽にご相談ください。

相談無料・秘密厳守

相談は無料
送信ができない場合は、ask@fukuen.jpまでお送り下さい。
お問い合わせ:090-6519-1413(受付時間AM8:30からAM3:00)
(番号は必ず通知でおかけ下さい)

成婚する
【夫婦の思いやりの心得】
ご夫婦がずっと仲良しでいるために~
幸せチャペル挙式の思い出

離婚回避成功事例

離婚回避事例|C子さん27歳(会社員・女性)共依存の新婚別居・難易度F

離婚回避事例|Rさん38歳(会社員・男性)妻の無視・別居・難易度E

離婚回避事例|38歳(女性)浮気・別居・難易度F

離婚調停からの復縁成功事例
離婚調停が不成立に至られて裁判に至るケースはよほどの拗れや両家の問題があるか
要求している方が相当に意固地な場合や相当な非を伏せて引くに引けなくなっている場合だけです。
平行線の状態の場合でも焦らずに話し合いえる状態の維持をしていただくことで円満解決への道筋が見えて来ます。
別居状態のline・メールの注意事項
強引な別居状態に陥ってもメール文面で「相手の生活」について気遣う。責めない、だと思う、だと思ったで相手を疑わないこと。
別居後の夫婦間のline、メールの文章は70文字以内またはlineなら3行以内で重複表記をしない。
本心ではないこと、お金のことは記載しない、責める、批難する言葉、3か月以上前の出来事についての記載をしない。
離婚回避のためにはline、メール文面に「反省しています」「愛している」の記載は逆効果になる不審を上塗りする回避には危険なワードです。

別居後、相手から「弁護士を入れる」や「調停だ裁判だ」と離婚の結論を迫られても動揺しないこと!
弁護士に依頼すると予告されても動揺はしないで下さい。裁判所以外では弁護士とは単に法律に詳しい人であり、怖い存在ではありません。
調停が始まっても相手の弁護士は「連絡聞き係」と思って大丈夫です。些細なことも遠慮せずに連絡をして活用するくらいの接し方で良いです。
離婚回避の話し合いで議論する必要はありません。生活費のことのみ誠実であれば問題はありません。焦らずに冷静に言い分を聞くこと。
言い分は変わらないと言い切ること。調停を起こすと言われても動揺せず、冷静に応対をされて下さい。

浮気チェック判定

近くにいたい気持ち

離婚要求の初期対応の方法

叶えます
離婚回避を成功された方の手紙の書き方を紹介

別居中の配偶者への手紙の書き方、渡し方

心理学で修復

別居状態からの離婚回避事例

別居からの離婚機回避へ導く心理学の有資格者の心理分析に基づいた夫婦の関係修復の成功事例
家庭内でのモラハラ、浮気、不倫などの疑わしい疑惑での離婚要求、不貞疑念、
性格の不一致が理由での別居、離婚回避を成功して関係を円満な関係に修復

モラハラが原因による別居状態から離婚を回避できた事例

家族が仲良く

創業以来24年で14000組以上のご夫婦の離婚回避を成功した方法です。確かな実績!
新婚(入籍1年以内)離婚のお引き受けした案件の修復率98%以上を誇ります。
未完成婚の解決

メールでの相談は無料


別居による婚姻破綻を防ぐ

【離婚回避に有効な初期対応】
離婚を切り出されて7日目までの有効な方法をアドバイス
離婚したい、別居すると伝えられたら慌ててメールなどで引き留めないこと。
先々で係争(調停や裁判)に至った場合に「離婚前提の別居」とならないための責任のある意思伝達方法
離婚要求をされたら言い分は相手の発言を遮らずに聞く、言い終わるまで聞いてから自身の発言へ、
共依存を控えるため冷静に正直な気持ちで引き留める。
安易に浮気を疑う発言や金銭の話し、双方の親のことを議題にしないこと。
別居について、話し合い決裂で強引な実行をされても責めず、過度に電話を鳴らさず、lineやメール連絡も節度と内容に冷静さが必要になります。
きちんと気持ちを理解する姿勢を示し、本心ではない発言は控える。無視(家庭内別居状態)など対話拒否の場合でも同調して無視など相手を避けない。
相手が感情的な状態の時は自身が冷静であること。言い返しは控える。(新婚1年未満の夫婦の共依存による感情の乱れ防止方法)
相手の親・親族・友人への相談は控える。3日以上の無視に陥った場合でも職場への電話は厳禁行為。
別居から1か月以内の離婚回避に有効な方法のをアドバイス
誠実に健康状態、生活の様子、生活費(婚姻費用支払い)の心配する連絡を入れる。line、メールで送信されること、急に電話を鳴らさないように配慮する。
今すぐに要求撤回や帰宅交渉のYESの返事を求めない
離婚要求をしている方が民法の解釈では「婚姻の破綻」があるために離婚をしたい側に有利と思われていますが、婚姻破綻まで係争をされる方は少ないです。
当方をアドバイスをお受けになられている方のケースでは調停と裁判の間の期間での直接の対話で修復されるか、調停に至る前に話し合いで修復を実現されています。

愛し合う夫婦の絆
以前の離婚回避事例の一覧の ページへ
離婚調停が不成立に終わられたご夫婦の対話実現へ。離婚調停を回避する対話方法、
別居後の関係悪化の回避成功事例を多数紹介しております。

メールでのご相談は無料
突然の離婚の要求、家庭内不和、姑との不和問題、浮気が理由での別居など、離婚したいと言われた理由を心理分析でご提示し
円満に回避し解決する方法、向き合い方、つまり離婚回避方法、謝罪の言葉をアドバイス。
やり直したい気持ちを伝える回避のための心理学による心理分析と離婚を拒む理由を伝える離婚回避の方法です。
円満な離婚回避への話し合いのために正直に向き合う、話し方・伝え方のアドバイスによる離婚回避方法。
夫婦の関係修復のための思いやり、敬い、譲歩、尊重の気持ちを反省し、家族愛・夫婦愛の心構えの対話の課題で回避に向けて自己改革をして向き合う。
家出宣言、妻の裏切り、浮気、夫の浮気など不貞による夫婦の不和・不仲、セックスレス問題を冷却期間と冷静な向き合い方で解決する方法を公開。
決裂寸前の会話レス夫婦の関係修復、家庭内別居や新婚離婚の問題解決、心理を理解した話し合いによる夫婦関係の修復方法!
浮気や不貞疑惑、DVや金銭問題による別居、性格の不一致や嫁姑問題による別居など離婚交渉を心理学で解決した回避成功事例の一覧です。
心理分析ご提示後に離婚要求理由や性格傾向などケースに合わせて別居からの関係修復へのセオリーと方法を復縁事例エピソードで解説、提示。
注意事項と主張を伝える、離婚しなかった場合に約束できることを誓う、
女性らしく優しく向き合う、尽くす、内助の功の気持で修復対話の意味の理解に取り組む、頼れる夫と思ってもらえる寛容さと頼りがいを与える心構えで修復する。
円満な家庭生活の再開までの心構え、離婚回避の方法をアドバイスいたします。
気持ちがわからない

夫婦の溝の問題は話術のテクニックではなく、問題から対話を重ねて離婚要求撤回への関係構築への向き合う心理学に基づいた向き合い方です。
心構えのアドバイス、離婚回避方法の課題の取り組みを行っております。離婚回避の手紙の書き方、対話方法としてのメール文面のアドバイスなど、
心理学の観点での家族愛・夫婦愛・人の輪を重んじる、円満な解決への思いやりと安心伝達の対話で修復に導く!



離婚後の夫婦の再入籍・復縁事例一覧

離婚後の夫婦復縁|45歳(会社員・男性)子供なし

離婚後の夫婦復縁|38歳(会社員・男性)子供有り

夫婦が仲良く語らう

ご相談からアドバイス着手までの手順のご説明

円満に
離婚を回避してもう一度支え合う意欲が蘇り夫婦としてやり直したい気持ちが相手の心に響きます。

心理学で離婚に直面したご夫婦の心をつなぎます。

・男性の離婚回避方法
奥様からの離婚要求後、回避を急ぎ異変の早期段階で機嫌を覗い過ぎたり、長文line、メールは控える。
婚姻費用(生活費)の支払いは必ず早期段階で決め実行する。
話し合うためにアポなしでの訪問や過度な電話のコール、留守電にメッセージは逆効果です。
回避まで金銭の発言は控える。離婚要求への反論で威圧したり脅す言葉は厳禁。
話し合いが進行しても回避に向けて親族の介入、知人友人の介入を避ける。言い分をよく聞く。


・女性の離婚回避方法

安易に浮気を疑わない。
早期段階で義父母に回避したいことを相談をする。自己解決自己判断は回避には厳禁行為。
無視しない。言葉で離婚要求の問題を責めない。「だと思う」「だと思った」など憶測を決め付けで反論しない。
回避後も本心ではない発言をしない。lineやメールを上手に活用するために疑問形の文面を向けられるようにする。


・共通する言葉の注意点
駆け引き発言や本心ではない発言は厳禁、発言のくつがえしや嘘は厳禁
別れたくない理由を明確に声にする
結果を急がないこと。
YESの返事を強要しない。


・話し合いの論点と対話の方法論
重複した謝罪は控え、回避のために言い分は変えないこと。正直であること。自己判断をしない。
焦らず長期的に複数回の話し合いを積み重ねる。

・離婚調停を起こす、裁判をしてでも離婚する、弁護士に頼むと断言されて焦らない!
離婚調停は良識のある年長者の方が夫婦双方の言い分を聞いて結論を調整してくれる公の場での話し合いです。
嘘を言わない、調停を避けようとしたり、言い訳をして怯えることは厳禁です。謝る、誤解を解決したり言い分を聞くチャンスなのです。
離婚裁判は調停が不成立にならなければ起こせません。
書類も多数作成するため申し立てる側が弁護士さんにお願いをされるので費用もかかります。
離婚裁判が長期化すると別居からの時間が経過し、途中で婚姻破綻を認められる時期になるケースもあるようです。
弁護士さんを擁立されても怯えないこと。
法廷以外の場所では法律に詳しいおじさん、おばさん、お兄さん、お姉さんでしかないのです。
弁護士さんは法律論で依頼者が正当と主張して来ますが、半分は法律論での脅しです。
その法律論も明治中期に作られた民法が主体です。
電話での弁護士さんからの離婚同意を迫る発言に萎縮せず言い分で理解できないことを質問するくらいの余裕が必要です。

・不貞(浮気)行為と離婚
不貞は調査した証拠があっても本人が否定したり言い訳をすれば不貞と認められないケースがあります。
動かぬ決定的画像でも言い訳をして否定されるケースがあります。
不貞が怪しい場合、調査より、焦らず長期的に複数回の話し合いをされる自白重視の追及が修復のきっかけを作ります。

離婚回避事例、問題を円満解決

メールでお気軽に相談できます

別居・離婚の要求は突然に起きてしまいます

大切な妻、夫との突然の不仲、離婚のピンチ、家庭内別居やセックスレス問題、
妻の不貞、夫の浮気、借金問題による夫婦の不仲からの離婚の要求。

突然の家出、義父母の介入による感情の拗れ、誤解、

別居・離婚の要求、異変、帰宅遅延や深夜帰宅、夫婦の溝、破局、夫婦 としてやり直すための謝罪で夫婦の復縁・復活愛に導く回避方法です。
離婚しか答えがない、お互いの心の溝、不信感の原因が気持ちの温度差、倦怠、浮気、誤解、過信、など様々な理由であっても

心理学のアドバイスで夫婦の愛は蘇ります。
離婚せずに一緒にまた暮らすために、心と心をつなぐ、気持ちの理解をアドバイスいたします。
だから成功率が高く末永く良好な関係を維持できるのです。
大切な相手との愛が蘇る、夫婦の関係の円満な復活、それが心理学による夫婦の関係の修復方法です。

円満な関係修復への回避成功率91.4%以上の離婚回避方法。もう一度、離婚を考え直して一緒に暮らす。夫婦として復縁してやり直す、

信頼関係と恒久的な愛情を構築、それが家庭の修復です!
心からの素直な気持ちの伝達と相手の心理の理解で仲直りできる。
お互いがお互いの心に寄り添う対話の実現で夫婦の復活愛から関係修復を成功する!
離婚せずにやり直したい妻、夫に正直な気持ちを素直に伝える、
相手の気持ちを尊重できる、離婚回避する方法は頼りがいや安心を与えて相手を幸せにできる自分になること!

心理作戦の具体策

家庭内別居

寄り添う夫婦

一緒に暮らしたい、離婚せずに夫婦としてやり直したい。

離婚要求について心理をわかって自身の非、甘え、過失、軽率、未熟さを自覚し改心する取り組み。
離婚要求の起因、別居の理由、苦手と思われた自分について相手の視点から見つめ直す期間と回避への課題の取り組み。
夫婦の関係修復のための心理分析で自身の非を自覚する、非を自覚して改心する離婚回避への向き合い方。
自己改革による関係修復に向けての心構えと非の自覚課題で円満な解決に導きます。

誠意を伝えるために向き合う、改心で離婚回避実現への誓い。