夫婦喧嘩で離婚危機を後悔、仲直りのきっかけは5つの謝罪

もう一度やり直す

離婚は夫婦喧嘩が原因だった場合

夫婦喧嘩は些細な言葉から起きてしまいます。家庭生活で日常的な感情の問題や不満を指摘したら言い合い、口論から夫婦喧嘩に至った場合、夫婦喧嘩での強い言葉が離婚原因になることがあります。いつもなら謝ってすぐに仲直りできていたのに夫婦喧嘩でのわだかまり、気まずさが長引き仲直りできない、仲直りについて謝るタイミングがないまま別居や離婚問題に至った。夫婦の離婚危機を感じた場合の仲直りの方法、夫婦関係の修復について具体的に謝り方、向き合い方を解説しています。

愛が蘇る

離婚になる夫婦喧嘩の仲直りの方法

夫婦喧嘩をしてもすぐに日常生活の用事・家事・子供のことでの会話がきっかけで翌日には仲直りできていたはずだった。夫婦喧嘩の言い合いで怒りから強い言葉を向けて離婚問題に発展した場合、家庭内で数日はお互いを避けてしまう傾向があります。

 

夫婦喧嘩で責められて悔しくて「結婚したことを後悔している」「慰謝料を請求する、今すぐに離婚したい」などの本心とは異なる強い言葉を向けていた場合、仲直りの前にきちんと謝罪をしなければいけません。

 

愛が蘇る

夫婦喧嘩の後で離婚したくないと伝える前に

離婚を拒む理由を婚姻生活の継続を願う理由として献身愛、夫婦愛の観点で説明できるように考えて下さい。困らせて嫌がらせで離婚拒否をしていると誤解されない気遣いが大事です。離婚調停や弁護士の介入による泥沼の離婚騒動を避けて、夫婦で冷静に向き合う関係の修復方法が好ましいはずです。

おかしいな

夫婦喧嘩が離婚危機になった後の5つの謝罪

夫婦喧嘩での言い合いについて本心を要点から直接話して謝罪して欲しいのです。lineやメールでの謝罪は悔しさが増してしまいお互いに冷静な受け答えができないリスクがありますので仲直りしたい気持ちを声にして伝えるために直接話す、反省や後悔を行動で示せるよう心掛けて下さい。

 

 

夫婦喧嘩の後はlineで言い合いの続きをしないことが大事です。具体的な仲直りの方法を解説しています。

参考:妻が夫婦喧嘩の後でlineでヒートアップ、今すぐ離婚と言われた場合の対処

 

話しにならない

夫婦喧嘩を仲直りする5つの謝罪

1:向けた言葉の理由を説明する謝罪

2:すぐにごめんが言えなかった謝罪

3:言い分を聞いてあげられなかった謝罪

4:発言を否定した謝罪

5:優位になるために見下す言葉を向けた謝罪

幸せを考える

夫婦が末永く仲良くいるために

常に相手の気持ちを察する愛情を持つようにして下さい。相手の考えを理解する熱意を忘れない。

 

愛情とは思いやり、思いやりとは気持ちを理解しようとする姿勢、愛されるとは愛情に感謝できるように心掛けて下さい。

 

愛されている実感を忘れない。愛するとは愛情を与え尽くせるように心掛けて下さい。

 

尽された愛情に素直に感謝できる心のゆとりを忘れない。

 

家族だから、夫だからと軽視や過信をしない。甘え上手になるには素直な気持ちで接する。

 

もしも、言い合いになった場合や相手の様子が不機嫌と感じたら相手の言い分は言い終わるまで遮らずに聞く姿勢を忘れない。(聞き上手になる)この場合に「なぜ」「どうして」と尋ねて、相手が心を開いて話しやすいように答えを決め付けて問わないようにして下さい。

 

無理なことを無理にやろうとしてがんばり過ぎない。

 

もし、本当に疲れていて、1人になりたい気分に陥られた場合は相手に素直に正直に理由を伝えて気持ちを理解してもらうように素直に声にして伝えて下さい。

 

辛い時に限らず、友達との交友で気持ちをリラックスさせることを忘れない。

 

自分の気持ちに素直に広い視野で周囲を見るようにして下さい。

 

常に家庭でのお互いの居心地を考えて向かい合うことを忘れない。

 

愛するとは、「ありがとう」、「ごめんなさい」が素直に言える関係であり続けるようにして下さい。

 

決め付けで話をしない。相手への不満は要点を先、説明は相手の言い分を聞いてから言うようにして下さい。

 

言い合いになった時程、お互いの短所が無意識で出てしまうもの、譲歩をしたり言い分を聞いて冷静に中断ができる気持ちのゆとりを持つ。

 

自分の短所を短所と決め付けず、短所も愛されていることに自信を持つ。

 

落ち込んで辛い時でも対外的に無理に笑顔で接しようとして気持ちの面で無理をしない。

 

言い合いや衝突原因の多くが約束を守れないことにあり、相手が約束を守らなかった時に理由を落ち着いて尋ね、共感できる心のゆとりを見せる。

 

相手を過信したり許容量を超えた期待・愛情を義務のように求めない優しさを持つ。

 

相手に与える愛情について、与えている愛情について恩を着せない謙虚さを忘れない。

 

仕事の都合で会話が少なくなったと感じた時は、小さなメモでも構わないので愛情の伝達は忘れない。

 

仕事で疲れて帰宅した場合に狭い視野になりがち、思考の中心に自分を置かず、2人を中心にする。

 

体調が優れない時は素直に相手に伝える。

 

ルーズな面は、=おおらかな面、=それも愛らしさであり魅力なのだから無理に取り繕わない。

 

できないことを無理にがんばろうとしない。できないことを助けてと相手に言えることも愛情。

 

不満や言い難いことを無理に1人で抱え込まず、素直に気持ちを言葉にすることも愛情。

 

我慢することがつらいなら、無理をせず、義両親、お義父様、お義母様に正直に相談する。

 

自分の特技に自信を持ち、相手や相手の親にも理解をしてもらう。

 

趣味や特技は出産・子育てで忙しくなっても諦めない。

 

愛されている実感を常に相手に与える、相手に強く依存することは違うとを理解する。

 

義務のように無理に愛情を向けず、時間や気持ちにゆとりがない時こそ素直に気持ちを言葉にする。
10年後、20年後、・・・50年後のあなたとあなたの家族の幸せを心から願っている多くの友人がいることを忘れない。

 

もう一度寄り添う

夫婦喧嘩を後悔して家庭円満を願って

夫婦喧嘩で感情的になってしまいつい本心ではない言葉、相手を否定したり威圧したりする言葉を向けた場合にその言葉が本音と誤解を与えて夫婦喧嘩が原因で離婚の話しになってしまうケースがあります。仲直りするためには素直な気持ちで後悔していることを伝えて謝ることが必要です。

離婚危機に直面された女性が今すぐにできること

家庭の主婦がご主人に帰宅時、居心地の悪さを感じさせる12点

 

1:玄関には不要な品は置かない。
2:履かない靴は収納する。
3:玄関・リビングの芳香剤・防臭剤は2人で選ぶ。
4:玄関の埃・砂・土足箇所の洗浄は毎朝行う。
6:リビングの照明器具の洗浄、拭き掃除徹底。(明るい室内)
7:寝具の清掃の徹底。
8:浴室の壁面・排水周り・天井・照明の清掃とシャンプー類の整頓。
9:室内の整理整頓、清掃の徹底。
10:家庭内のカーテンは2週間から1ヶ月に1度は洗濯する習慣を持つ。
11:カーペット類の洗浄(専用の泡状の溶剤などを使用)を月に1度は必ず行う。
12:タンス内の衣類を休日の日中には風を通し、防虫剤等の臭いがしないよう気配り。

 

 

夫婦喧嘩を仲直りできたきっかけの謝罪

実現できる

夫婦喧嘩の理由は覚えていますか?意地になって心にも無い離婚する、離婚でいい、離婚したいなどの言葉を向けていませんか?

 

夫婦喧嘩を後悔して謝罪する修復方法がわかります。

参考:新婚夫婦が喧嘩で無視、性格が合わない理由で夫が別居、離婚したくない妻がすること
夫婦喧嘩での口論の理由が悔しい、許せない、苛立つなど様々な起因があっても夫婦喧嘩とは双方に非が存在します。夫婦喧嘩の状態から仲直りをするためには、自分も悪かったと思える日の自覚が不可欠です。そもそも言い合いになった、意見の衝突の原因は?意地になって譲れないと思った理由は?感情的に言い合いになられて「だったら離婚」「離婚する」と声にされてしまわれた時に心の中に本当に別居や離婚に至るような事態になってもいいと思う気持ちはありませんでしたか?

 

 

別居後の謝罪の手紙の書き方を詳しく解説しています。

参考:離婚回避をするための手紙の例文サンプルと謝罪の書き方を解説

 

離婚問題の原因が浮気の場合

あなたが妻、夫の浮気を疑った理由は?本当に信頼していましたか?金銭管理や双方の親との折り合い、親の介護、育児、教育方針、受験のことなど言い合いになった理由を思い返して、素直な気持ちで失言を謝罪することはできませんか?

 

 

夫婦として相手の言うことが嘘と思えて信用できない、自分に対して誠実でないから悔しい、態度が本当に許せないなど感情の問題や浮気など愛情の問題、暴力、金銭の問題や家族間のトラブル、相手の浮気などが原因による離婚の危機に直面された場合、これ以上、関係を悪化させることなく、素直にごめんなさいと伝えられるように修復に必要な言葉や態度、効果的な謝罪、手紙の書き方をアドバイスいたします。

 

 

夫婦喧嘩が平行線に陥られて、引くに引けず、許せず、謝れず、歩み寄りが期待できない決裂状態から既に別居されていても、心理分析に基づいた的確な和解への話し合いの準備が必要です。

 

非を自覚され、何を伝えたいかを整理する対話の方法のアドバイスをいたしますので安心です。

離婚すると言い切った夫婦喧嘩の理由は?意地?悔しさ?

夫婦喧嘩から気まずい状態の場合どうすれば修復できるのか、離婚の危機に直面するまでの詳細から謝り、やり直すための修復点、相手が言えずにいる不満、不安など仲直りするための謝罪の論点を心理分析で提示いたします。

 

 

夫婦喧嘩を話し合って仲直りするための譲歩や謝罪、改心についての条件などをアドバイスし行い、修復に導きます。

呆れた

夫婦喧嘩を子供の前でしてしまった後悔

つい子供が見ている家庭内で言い合いになり夫婦喧嘩になってしまった場合。夫婦がお互いに気まずい状態のままお互いを避ける事態、さらに譲れない、謝れない、自分が悪いとは思えない、不幸にされた、ストレスを感じているなど事情は考慮いたします。夫婦喧嘩に勝ちも負けもありません。お子さんのために早期の仲直りが大事です。

 

夫婦喧嘩の原因は主導権を持ちたい心理

夫婦喧嘩になるような言い合いになった原因は?ごめんと譲れなかった理由は?なぜ夫婦喧嘩したのかを思い返されて下さい。性格の不一致は前から感じていた?否定されて悔しい、文句を言われてイライラする?批難が許せないと思う理由は婚姻生活であなたが相手に期待していたこと、望んでいたこととの相違を感じたことが理由です。

 

夫婦喧嘩が家庭内別居の原因になってしまう夫婦の特徴は相手があなたを責めているのはあなたに期待をしていたからです。

 

口論が理由で起きた家庭内での無視から家庭内別居状態になってしまわれたり、一方的な帰宅拒否が理由で意地で別居?口喧嘩をしたまま夫婦が決裂の危機に陥った場合でも話し合いで和解が実現できます。

 

 

夫婦喧嘩が原因で家庭内別居になってしまった場合の仲直りの方法がわかります。

参考:無視する妻の心理が家庭内別居理由!夫婦喧嘩で離婚すると言われた後

 

夫婦喧嘩での失言を覚えていなくても相手の言い分から失言についてチェックシート分析にて話の推移と非の内容について把握いたしております。

もう一度寄り添う

夫婦喧嘩の仲直り、男性(ご主人)からのご依頼の場合

期間は離婚回避の相談はメールのみで謝り方をアドバイスさせていただき和解への話し合い実現まで最短で14日から最長30日

夫婦喧嘩の仲直り、女性(奥様)からの依頼の場合

離婚回避の相談はメールのみで2日から7日、既に別居中、または別居宣言の数日前の場合は最短で15日から最長60日

 

 

相手が浮気をしていないと依頼者が断定されているケースが多いのですが、当方の夫婦の心の温度差チェック項目の回答により浮気の疑念が浮上し、伏せられていた悪事、裏切り、浮気が発覚したケースが多数あります。

 

 

夫婦の心の温度差分析(40項目):夫婦の会話、lineの文面をアンケート形式で記載いただく設問です。
やり直せた

離婚後に振り返るべき反省点

もし離婚問題を円満に解決できずに離婚という結論に至った場合、次の結婚に向けて反省すべき自身の非、離婚理由を自覚することが必要となります。

 

①常に相手に対して自分の発言が誠実であったと言い切れるか?相手に隠し事をしたり、嘘を言っていないか?言い訳を繰り返していないか?

 

②恩着せ発言や威圧するような勝気な言葉や見下す、否定する言葉を向けていないか?(無意識のモラハラ行為)

 

③相手の考えが理解できない時にきちんと疑問を尋ねて、会話をすることができていたか?

 

④自分と相手の言い合い、不仲の原因について自分は悪くないと思おうとしたなど自己を正当化していないか?

 

運命の赤い糸

 

夫婦喧嘩が原因の離婚危機を話し合いで解決できた事例です。

成功事例:離婚の拒み方、妻と夫婦喧嘩の後の話し合い、上手な向き合い方

 

成功事例:夫婦喧嘩が妻に別居された原因、離婚して欲しいと言ったことが悪化理由

 

成功事例:夫が家出した、夫婦喧嘩が離婚原因?妻と話したくないから実家に別居

 

 

TOPへ戻る