離婚回避の手紙のサンプル例文と書き方を解説

離婚回避の手紙の書き方と例文

離婚を回避するための別居後に謝罪を伝える手紙の内容について

理由を聞き取る

妻に送る、夫に送る離婚回避の手紙、line、メール例文:別居までの話し合いで指摘された思い当たる自身の非を列記せず、冷静に家庭生活を振り返ってなぜ別居をされたのか、なぜ離婚要求をされているのか、原因を考え、謝るべきことの論点を明確にして、難しい表記で言い訳を記載しない。

夫婦として、家族として危機を回避して仲直りを願う気持ちを手紙で伝える。

手紙にする

別居後の離婚を思いとどまってもらうための手紙、メール・lineのサンプル例文:

妻から別居した夫への手紙、メール文面例

性格の不一致や価値観の相違を理由と事前に聞いている場合、「気持ちをわかりたくて話がしたいです。ごめんなさい。心配をしています。都合に良い時に伺って話しがしたいです」

「いつなら電話をしてもいいですか?」「話せませんか?」先々の離婚調停や係争を前提で自身の思い当たる過失、非を列記しないこと。過度に相手の名前を連呼すると生理的嫌悪を強めてしまい、受信拒否やlineの未読無視やアクセスブロックが起きます。

夫から別居した妻への手紙、メール、line文章の例文
性格の不一致や倦怠、精神的な消耗が理由と事前に聞いている場合、「ちゃんとお話しがしたいです。生活費のこと心配しないで下さい」「電話で話せませんか?」「今会いたい」「会って話そう会いに行きます」とは記載しないことです。特に禁句は「愛しています」「大好きです」と記載されることは取り繕いと感じさせ、は生理的嫌悪を強めたり、被害者意識を大きくさせてしまいます。

憶測、推測で「だと思う」「だと思う」ことを明記しないこと。モラハラやDV、浮気不貞が理由の別居の場合は安易に思い当たる自身の非を列記した謝罪は記載しないこと。仕事の悩みを教えて欲しい、別居後の仕事が心配だ、のような夫婦の問題に直接関係の低いことは記載しない。

注意事項:係争に至るケースもございますので自身が思い当たる非を列記して悪かったと手紙での謝罪文を記載しないように用心をされて下さい。

話しにならない

実現できる

別居状態での関係修復の手順と方法!誓い、謝罪、呼び掛けている理由を声で伝える、会えない状態なら方法として誓いを手紙に書いて渡しましょう。

①基本は手書きで封書に入れて事前に会う約束を得られて、会われてからの手渡しです。強引な別居先やお仕事に関連する場所の訪問で手渡す方法や郵送の方法は逆効果になることが多いです。

②謝罪は自身の非を列記してはいけません。(離婚調停や裁判では非を認めた証拠になることも多く、非を認めた根拠にされます。調停での非を認めている証拠に提出されることも想定して手紙を記載して下さい)

③離婚回避することを前提で向き合う方法は、「実行」が一番の安心伝達です。できない約束は手紙に書かない。

④離婚を引き留めている理由と誓いについては相手を話題の中心として最初に明記して下さい。正直な方法です。

⑤手紙一通で要求の撤回を求めず、会って話したい、結論のための時間の猶予が欲しいということを記載。

⑥浮気や心変わりを疑う記載は読んで不快にさせますので手紙への記載は厳禁。

相談の手順

メール相談

【お知らせ】フォームからの送信ができない場合は、ask@fukuen.jpまでお送り下さい。

お問い合わせ:090-6519-1413(受付時間AM8:30からAM3:00)

番号は必ず通知でおかけ下さい。

初回のメールでのご相談は無料です。

lineで伝える

 

離婚回避の手紙の文面で夫婦の危機を解決

突然の夫婦の危機、対話拒否、単なる謝罪メールでは気持ちが落胆してしまいお互いに感情的になってしまい衝突するだけ。電話にも出てくれない、別居状態でもメールでアポを得ることは困難です。

手紙やline、メールは会うためのツールであり最初の手順です。

別居中の生活費・婚姻費用をどうするか?住民票は?きちんと話し合える誠実で優しい対応方法、誠意ある意思伝達など悪化を防ぎ、話し合いの継続に有効な上手な手紙、line、メールの活用方法のアドバイスと解説!

おかしいな

離婚回避例で手紙の書き方を解説

別居後の妻に離婚を引き留める手紙を書いた事例

別居中の妻の心理分析に基づいた謝罪で夫婦関係の修復成功事例

妻が別居後にlineメールで夫に婚姻費用や離婚の結論を迫り攻撃をして来る

夫が別居した後で妻が自分から連絡するタイミングと言葉の選び方

夫婦の問題で、言葉の駆け引きは使ってはいけません。正直な方法で夫婦の対話が好ましいのです。 素直に自身の正直な本心を明確に記載すること。重複謝罪の表記、取り繕いの記載(本当に反省しています。の「本当に」が不審を感じさせます)は控えて下さい。

心の温度差の設問回答から夫婦の別居危機を乗り切る話し合いのマニュアルを作り対話を重ねて夫婦の関係の回復に向けて話し合って仲直りする別居中の妻、夫に謝罪する、配偶者への手紙の書き方と渡し方、手順と方法。

手紙とメール文章のサンプル文例とセオリーを解説。

愛されたい

離婚を避ける別居後の手紙の書き方

対話継続ができても別居後の離婚調停を起こされる懸念など相手の考えがわからない不安を解決。話し合いの方法や伝えるべき言葉をアドバイス。難易度D程度:修復の期間10か月前後、難易度Cなら3か月から6か月前後です。詳しくは一度メールにて経緯分析をご相談下さい。

6つの課題を考えていただき有効な手紙、line、メール、想いや反省、近いを伝える文書の作成。非を自覚することから相手の気持ちが理解できる面会対話へ。非の自覚で相手を尊重する方法です。

lineの返事待ち

夫婦の言葉で現せない大きな距離感、気持ちの温度差。離婚危機に至った夫婦の心の溝。 もしももっと早く話し合えていたらお互いに意地にならずに素直に謝り合えていたのかも知れません。

別居状態、音信の停止や無視、膠着、メール受信拒否、対話拒否、両家親族の決裂、離婚調停の申し立て、係争、弁護士の擁立、様々な問題が言葉を狭めてしまいます。

夫への婚姻費用の請求から放棄の気持ちが加速?完全無視という事態の例もありますので手紙、lineやメールでの金銭話題は厳禁行為です。

心の温度差の設問で相手の不満の理由や言えずに我慢している問題を読み取り提示いたします。謝罪の手紙の文面の論点、手紙に書くべきことを提示いたします。詳しくはお問い合わせ下さい。

謝罪の手紙

離婚を思いとどまらせる例文を教えます

子供に不信感や不安を与える親から将来的に良識や道徳の教育ができますか?人を敬い、感謝できる常識、良識を教えてあげられますか?謝る対話の方法を教えます。

お子さんに夫婦の問題で嘘を言う夫婦は悲しいです。きちんとお子さんの気持ちを考えることも忘れてはいけません。本心で伝える、別居の危機を乗り越える方法をアドバイス!

決意を論点として明記するか、自身の振る舞いの改善や反省、謝罪を論点にするか、やっぱり愛情を主体に書きたいのか、家族への誓いを書くのか、まず、離婚を思いとどまらせるための話し合いの論点となるポイントをきちんと明確にするためになぜ離婚問題が起きたのかを冷静に考えて下さい。

離婚回避のために疑う言葉を書かない

夫婦だから、と過信してはいけません。礼儀、敬い、思いやりが基本です。別れたいと言われて言い合いになったり、無視をされたり相手の気持ちがわからない。愛情を感じられない家庭内の状態が不安と不満が声にできない。冷たい態度から妻の浮気を疑ってしまう。(妻の不審行動や一方的な言い分などの異変については事例をご参照にされて下さい。)
愛する気持ちって、相手を幸せにしたい、尽くしたい、信じたいという気持ちだったはずです。

でも素直に話ができない。メールでは返事が断固平行線で、無理です、もう遅い、早く別れて下さいのまま。電話に出てくれない。 感情を乱して即時離婚して籍を抜くいて他人になることを要求する妻、夫。

夫婦の危機の対処方法は気持ちを察して相手を思いやる、慈しむ心の観点で誠意ある言葉を向けることです。文面の作成は3項目の課題を通じてアドバイスいたします。

不仲な二人の問題から義父母との大きな隔たりと両家の溝。 もしお子さんがいたら、一番困ってしまうのはお子さんです。子供が親同士の醜い争いは恥ずかしいことです。

何で怒られる

夫婦の気持ちの問題を解決できる配偶者への手紙での謝罪

夫婦としてやり直したい気持ちを伝える。別居後に引き留めたい想いを伝える手紙、関係を修復したい理由の説明と婚姻継続を願う意思が手紙を読んだ相手の心に響きます。

タイミングを考慮して手紙を手渡す、郵送するなど。子供のために家族でまた一緒に暮らしたい、夫婦のピンチを解決するために手紙で謝罪する方法、関係を修復したいご夫婦の心をつなぎ願いを伝えるための対話に導きます。

もう一度やり直す

離婚回避事例一覧

別居から復縁した夫婦は自分が相手に謝罪し離婚を避ける方法

夫婦の離婚危機で謝罪を手紙で伝える

離婚を思いとどまらせる言葉の注意事項など、あなたとパートナーとの心の関わり方を良い方向に向けるために手紙に「私が悪かった」「人としてあなたが大事だ」と記載してはいけません。手紙に夫婦問題について自分がどう思っているか、を明確に記載することが必要です。

「本当にありがとう、あなたと結婚してよかったと思っている」と「もう喧嘩はしないよ」などの記載は信憑性の面で疑心を与えてしまい、最後には悪化を招いてしまいます。

反省文の文例は一人一人の経緯、事情、価値観で大きく異なります。婚姻生活が大切であること、婚姻を継続し一緒に暮らしたい気持ちを伝える対話を実現し、夫婦の危機の状態から夫婦関係修復ができる状況に変えて行きます。共依存状態のご夫婦(相手が感情を乱すことが原因で自身も感情を乱して酷い言葉を向けたり執拗なLINEでのバトルに至られる関係)が急増中です。

冷静な心の落ち着きが必要になります。女性心理として別居中の夫の日常行動を気にされますのでSNS、Facebookなどへの離婚に関すること以外でも日常の様子などの投稿は関係修復まで控えて下さい。

困ったら相談

家庭内別居の夫婦関係修復は無視する理由を知って解決する方法

TOPへ戻る