夫婦喧嘩の上手な和解への謝罪の方法で決裂の危機回避

夫婦喧嘩の和解、決裂の危機に直面した夫婦の心理

心理学のアドバイス

別居からの復縁同居する、妻、夫の心理を理解する方法

夫婦喧嘩の理由は覚えていますか?意地になって心にも無い言葉を向けていませんか?

口論の理由が悔しい、許せない、苛立つなど様々な起因があっても夫婦喧嘩とは双方に非が存在します。夫婦喧嘩の状態から仲直りをするためには、自分も悪かったと思える日の自覚が不可欠です。そもそも言い合いになった、意見の衝突の原因は?意地になって譲れないと思った理由は?感情的に言い合いになられて「だったら離婚」「離婚する」と声にされてしまわれた時に心の中に本当に別居や離婚に至るような事態になってもいいと思う気持ちはありませんでしたか?

浮気を疑った理由は?本当に信頼していましたか?金銭管理や双方の親との折り合い、親の介護、育児、教育方針、受験のことなど言い合いになった理由を思い返して、素直な気持ちで失言を謝罪することはできませんか?

夫婦として相手の言うことが嘘と思えて信用できない、自分に対して誠実でないから悔しい、態度が本当に許せないなど感情の問題や浮気など愛情の問題、暴力、金銭の問題や家族間のトラブル、相手の浮気などが原因による離婚の危機に直面された場合、これ以上、関係を悪化させることなく、専門の心理カウンセラーがあなたに修復に必要な言葉や態度、効果的な謝罪、手紙の書き方をアドバイスいたします。

夫婦喧嘩が平行線に陥られて、引くに引けず、許せず、謝れず、歩み寄りが期待できない決裂状態から既に別居されていても、心理分析に基づいた的確な和解への話し合いの準備が必要です。

非を自覚され、何を伝えたいかを整理する対話の方法のアドバイスをいたしますので安心です。

夫婦喧嘩の理由は?意地?悔しさ?

夫婦喧嘩から気まずい状態の場合どうすれば修復できるのか、危機に直面するまでの詳細から謝り、やり直すための修復点、相手が言えずにいる不満、不安など論点を心理分析で提示いたします。

話し合って仲直りするための譲歩や謝罪、改心についての条件などをアドバイスし行い、修復に導きます。

呆れた

夫婦が喧嘩で気まずい状態のままお互いを避ける事態、さらに譲れない、謝れない、自分が悪いとは思えない、不幸にされた、ストレスを感じているなど事情は考慮いたします。

口論が理由で起きた家庭内での無視、一方的な帰宅拒否が理由で意地で別居?口喧嘩をしたまま夫婦が決裂の危機に陥った場合でも話し合いで和解が実現できます。

夫婦喧嘩での失言を覚えていなくても相手の言い分から失言についてチェックシート分析にて話の推移と非の内容について把握いたしております。

夫婦喧嘩の和解サポート、男性(ご主人)からのご依頼の場合

期間は離婚回避の相談はメールのみで謝り方をアドバイスさせていただき和解への話し合い実現まで最短で14日から最長30日

夫婦喧嘩の和解サポート、女性(奥様)からの依頼の場合

離婚回避の相談はメールのみで2日から7日、既に別居中、または別居実行の数日前の場合は最短で15日から最長60日

相手が浮気をしていないと依頼者が断定されているケースが多いのですが、当方の夫婦の心の温度差チェック項目の回答により浮気の疑念が浮上し、伏せられていた悪事、裏切り、浮気が発覚したケースが多数あります。

夫婦の心の温度差分析(40項目):3万円

浮気チェック(27項目):2万円

TOPへ戻る