別居した夫婦のlineメール連絡方法と例文、離婚問題修復への注意点

心配をする

別居中lineメールの例文とは?別居した妻、夫から離婚を切り出された、前々から不仲だったなど離婚問題に至った経緯は様々ですが、離婚を引き留めるための妻、夫との向き合い方、別居後の対面、話し合いの実現のためのline、メールの使い方を解説しています。

 

幸せを考える

別居後の夫婦のline、メールでの連絡

ご夫婦の離婚問題のご相談について離婚要求の言葉に至るまでの婚姻期間、同居期間の経緯を聞き取らせていただき、離婚を切り出された後で相手の気持ちを考慮した今すぐに伝えるべき謝罪や離婚回避のために絶対に解決しなければならない気持ちの問題の論点を3つの設問回答を通じて整理させていただきます。

 

別居夫婦の復縁方法を具体的に解説しています。

参考:別居から復縁した夫婦は相手の心理から気持ちを知り離婚を避ける

 

 

離婚問題の解決の言葉がわかります。

参考:離婚問題を解決する回避の言葉がわかる相談

 

 

LINEやメールで離婚同意の返事を求められたり、協議離婚を催促されても返信文章に離婚拒否を明記して離婚したくない理由を説明できる使い方、向き合い方をアドバイスいたします。

別居中はline、メールで離婚問題の議論は厳禁

ご相談のメールへのお返事に状態や経緯の合わせて夫婦の復縁が実現できる向き合い方、実際の夫婦での離婚についての話し合いの注意事項を明記させていただいております。

 

絶対にlineは無視しない、返事をするように心掛けて下さい。

実現できる

別居した夫婦間のLINE、メールの約束

離婚を実際に切り出すまで本当に悩み続けてあなたに離婚を決意してから話しを切り出しているのです。そのためなぜ離婚を切り出された理由がわからない場合は、離婚や別居を引き留める説得の言葉を向ける前にきちんと離婚意志を確かめてから理由を言ってもらうことが夫婦の復縁の実現への話し合いの基本姿勢です。男性と女性では結婚観が大きく異なります。

謝罪の手紙

LINEで離婚を迫られたら未読無視は厳禁

別居後に離婚についてline、メールで宣言された場合、別居や離婚要求の理由を聞いて自身の非を認めてから、きちんと会うための返信をして対面で離婚しか結論がないと言われている理由を聞き取ることが必要です。

愛が蘇る

別居後の妻、夫と離婚を避けるためのlineの使い方

別居後にLINEで気持ちがない、怖い、親が離婚しなさいと言っているなど曖昧な理由説明をされた場合は1か月以上の冷却期間を提案されてから話し合いを再開された方が弁護士擁立や調停など悪い方向に進まないための気持ちの抑止になります。

 

 

別居後に離婚を説得する話し合いの具体的な方法を解説しています。

参考:別居後の離婚を説得する話し合いの方法がわかる!夫婦の修復相談

 

家族で暮らす

 

夫婦間のLINE、メールに書いてはいけないこと

別居後にLINEやメールでやり取りをして夫婦の対面での話し合いが実現してから離婚を切り出された場合。離婚したいという言い分を断固聞き入れない態度では「言っても絶対にわかってもらえない」と相手を感情的にさせてしまいます。離婚に応じて欲しいと説得を繰り返してしまわれる平行線が予想されます。

 

平行線のまま話し合いが終わって事後でlineやメールで離婚について話しが進まないことで焦らせてしまい激しいlineでの離婚催促をされてしまうことになります。

離婚したくないなら連絡を絶対に無視しない

離婚拒否の姿勢で離婚回避をするために絶対に別居後の相手からの連絡(メール、LINE、手紙)を無視せずに速やかにお返事をされて下さい。

 

別居から話し合いで離婚回避できた事例

参考:性格の不一致で離婚したくない!別居後の夫婦の話し合いの進め方

 

 

理由を聞き取る

別居した後のline、メールは返事を先に書く

夫婦の離婚危機を感じて、説得して思い留まってもらいたい、しかし別居後にしつこく送ったメール、lineが原因でその後に返事が無く一切、話しを聞いてくれない状態であったなど、相手に答えを求めても返事が得られない場合にどうするか?

 

別居後のline、メールでの連絡について

別居状態の夫婦がメール、lineに記載する歩み寄りのきっかけの言葉について別居前の出来事やこれまでの経緯から自身の非、短所について冷静に考える必要があります。

 

離婚問題のLINE、メールの言葉に責任がある

夫婦の離婚の話し合いは恋愛同士の別れ話の引き留めや失恋した後の復縁と違い、夫婦の離婚回避を目的とした話しです。発言について責任が重視されますので絶対に言い分を変えないことが信頼を維持する方法となります。先々で覆してしまう返信の文面や発言、約束は信頼を失います。

 

当然、LINEやメールでも先々で覆すことになってしまう言葉は絶対に記載しないで下さい。信用を失うことで話し合いの機会が得られなくなるケースがあります。離婚事由で性格の不一致で話し合えないと主張されるケースが増えています。

 

別居して時間が経過した離婚危機状態の夫婦のlineの使い方は、要点、用件を最初にわかりやすく記載して、いつ次の話し合いができるか、など大事な用事だけを伝えるようにして下さい。

困ったら相談

離婚について答えが平行線の場合のline文面

離婚の答えが平行線の状態でのline文面について、離婚要求について言い分に疑問に感じる言い分や理解できない、受け入れたくない言い分は反論の前になぜそう思うのか、きちんと理由を尋ねて下さい。相手が言えずにいる不満など離婚したい気持ちを理解するために、ご相談のお返事について今すぐに改善できる上手な向き合い方をアドバイスいたします。

 

きちんと言い分について論点を整理して対面の実現まで根気よく離婚要求の理由を聞き取ることを継続することが必要です。離婚したくない理由を説明できるようにして下さい。

いつも仲良し

LINEで離婚を考え直してもらう説得をするための心構えとは?

 

離婚を切り出されたことに動揺せず理由を冷静に尋ねる。

 

別居後のLINE、メールでの対処方法は誠実に健康状態、生活の様子、家族の生活費の心配する連絡を入れる。

 

離婚を切り出された後の話し合いが実現した場合でも説得で解決しようとしたり絶対に今すぐに帰宅交渉のYESの返事を求めない。

 

話し合いでは別居状態のままのまま放置したくない気持ちを正直に声にして絶対に言い分を変えないで下さい。

 

離婚を切り出された後の夫婦の具体的な話し合いではご夫婦の不仲な状態に至るまでの経緯で論点が大きく対応が異なります。特に性格の不一致を理由にされた場合やセックスレス問題を理由にされた場合では慎重に言葉を選んでください。

 

長期的に根気よく話し合いで夫婦の復縁への対話を積み重ねることになりますので、一度の対面で済むことはありません。お子さんがいる場合は子供に夫婦のことでストレスを感じさせていることをきちんとお互いに考える必要があります。

 

どうしても突然の異変が理解できず浮気の疑念が消えず、不倫について疑念がある場合に調査をするなど攻撃的な思考からの対面での対話では威嚇発言は絶対に控えて下さい。

 

主張や反論は言い分が正直であることと、良識を優先する対応が好ましいです。第三者は入れずに話すこと。夫婦2人だけでの対話での修復が難しい状態になるので同じ駆け引き発言を2度としない。

 

わかってない

相手が弁護士を擁立した場合のline対処方法3つ

 

①別居後のメール、LINE、電話での連絡は休止して、連絡はすべて相手の弁護士経由にする。

弁護士経由で渡す手紙には封をしない、嘘は書かない、自身の思い当たる謝罪を列記しない。

 

②話しが進まない状態で膠着して無視をされても相手の居住地区、勤務先付近、最寄り駅には絶対に近付かない。

 

③生活費など家計、養育費などお金に関することで支払いは愛情として誠実に実行する。絶対に嘘を言わない。

 

同居中に別居や離婚の話しが原因で拗れた場合の対処

 

相手が感情的な状態の時は自身が冷静であること。離婚を切り出された後の言い返しは控える。(新婚1年未満の夫婦の共依存による感情の乱れ防止方法)3日以上の無視に陥った場合でも会社・職場への電話や訪問されるような行動はモラル、良識の面では絶対に厳禁行為です。

 

離婚調停や裁判でもこのような相手の都合や立場を考えない行動は離婚したい理由のひとつとして指摘されてしまいます。

呆れた

離婚理由を聞き取った後のlineでの謝罪の伝え方

夫婦がこれからも相手と家族として一緒に生活を継続するための注意事項と具体的な話し合いで伝える内容

 

①自分自身の性格面の非をじっかり自覚する、セオリーとして冷たい態度や怒っている原因をもし知っていれば謝る、尋ねる前に愛情を疑ったり別居先の場所を問い質すことは厳禁行為です。
反省を伝える場合は1度の話し合いでは5つ以内にして下さい。

 

話し合いで相手からの反論、意見を聞いていただくことで今までに聞けていない理由を言ってもらえるなど状況が変わることがあります。

 

先に相手の今の生活の様子をきちんと聞き取る。お互いに夫婦として辛い今の状況について気遣う、気持ちをわかろうとする言葉を正直に向けて下さい。

 

 

②聞き上手の姿勢で気持ちを理解するために言い分を聞き取る。流れを変えるためにあなたに教えて欲しいと尋ねる姿勢、理由などを含めて聞き上手の姿勢で、気持ちをわかろうとする、疑う発言は控え、言い分を言い終わるまで絶対に遮らずに聞いてから自身の発言をする。

 

③夫婦間のメール、lineでは『本音』ではないことは記載しない、絶対に取り繕いで改心の誓いを伝えない。

落ち込んでしまう

共依存夫婦の離婚危機ではLINEで議論しない

共依存の関係に陥られたご夫婦(相手が感情を乱すことが原因で自身も感情を乱して酷い言葉を向けたるなど)の離婚危機のご相談が急増中です。特にlineでの本心ではない駆け引きの言葉は悪化原因になります。

おかしいな

私の人生を返せなどの本心ではないことは声にしない、離婚の話し合いが平行線で会うことが辛くなっても無視はしないで下さい。

 

話し合いでも離婚を拒否して譲らないことについて批難する返答の場合でもメールやLINEでも絶対に本心である修復を望んでいる、離婚したくない以外の言葉は送信をしないで下さい。

 

離婚要求を受け入れるような言葉は駆け引きで使わないで下さい。突然、不安や敵意を感じることがあります。

lineの返事待ち

別居した夫、妻にlineで連絡をするタイミング

別居後の二人での離婚についての話し合いの結論が一致できず、説得を焦ってしまうケース。それぞれの言い分が平行線のままであっても離婚せずに結婚生活の継続を願う本心を素直に声にできることが必要です。
結婚の実現

よくある離婚問題のlineメールの使い方のご質問のQ&Aについて

 

Q1:別居している旦那から離婚の話しをメールで伝えられました。どう返事すればいいですか?

 

A1:帰宅して会って話し合いをして欲しいと短く返事をされ、浮気を疑う言葉を向けないで下さい。

 

 

Q2:嫁が家を出て離婚前提で別居すると言い出して家庭内では家事も放棄されています。lineが既読無視です。話し掛けていいですか?

 

A2:離婚を引き留めようするしつこい態度、機嫌を過度に覗う態度は生理的嫌悪を与えますので、lineかメールで理由を尋ねて、無視されるようであれば話しかけて、無視する理由を聞いて下さい。離婚の話しを警戒して離婚したいのかなど先走りした上から目線の言葉は控えて下さい。

 

 

Q3:夫からではなく突然、電話で義母から離婚を切り出されました。離婚はしたくないですと言い切れずに返事に困って後でlineしますと言いました。どうすればいいですか?

 

A3:離婚について義母には見守って欲しいと通話で頼んでご主人と電話でもいいので理由を教えてもらえるよう尋ねて下さい。配偶者側のご親族への離婚回避の相談は好ましくありません。離婚協議は親族ではなく当事者同士で電話やline、メールではなく対面で本音の対話が必要です。

 

 

Q4:別居中の夫からlineで離婚に応じないなら弁護士から連絡させる、離婚調停や裁判をしてでも離婚だと言われています。どうすればいいですか?

 

A4:離婚の話し合いの渦中では本心ではない言葉を絶対に向けないで下さい。二人で冷静に話したいと伝えて数日は様子を見て下さい。

 

 

Q5:急に離婚して欲しいと言い出した夫が浮気をしていると思います。隠していることがないかとLINEで尋ねて追及していいですか?

 

A5:浮気の追及が理由で帰宅されなくなったり、悔しさや気まずさから保身が起きて関係が悪化しますので、だと思うだけで離婚の理由が浮気と決め付けて悪者呼ばわりをして感情的に追及されてはいけません。まず、様子が変と感じていることを根拠から冷静にご主人に話して下さい。根拠はこれまでに無料相談の時点で拗れてしまわれた離婚問題の案件について感情的な追及が悪化理由だったからです。

 

 

Q6:実家に戻って別居中の嫁がlineにもメールにも返事をくれません。離婚したくないので謝罪の手紙を書きたいのですが、何を謝ればいいですか?

 

A6:思い当たる自身の非を列記されることは係争で悪用されることがあります。会って話し合いたい、というお願いを記載されたり健康を気遣う、近況を尋ねる文面が賢明です。手紙1通で離婚要求を撤回できたり別居後の離婚問題を解消をされた前例はありません。別居後の手紙は対面での離婚についての話し合いを実現するための呼び掛けです。

 

 

Q7:夫が離婚前提で家を出てからどこで暮らしているのかがわかりません。lineもメールも返事がないです。電話もコールはしてもいつも留守番になり話せていません。職場に電話していいでしょうか?

 

A7:職場への離婚に関する用件での電話、職場の上司、同僚への夫婦の離婚問題の相談が先々で悪化を招きますので良識として控えて下さい。lineやメールにも無視するなら会社に電話しますとは記載されてはいけません。離婚についての話し合いで解決するために離婚をしないという返事を迫るような言葉は向けないで下さい。

 

TOPへ戻る