専科のロゴ







離婚回避
→離婚したくない

離婚したくない別居後の話し合いの方法と妻、夫に伝える謝罪

妻、夫と離婚したくない、別居後のご夫婦の離婚危機の回避、別居後の話し合いのご相談につきまして、まず最初にメールでの14問の設問で離婚問題の経緯と双方の性格について無料で分析をさせていただく際に夫婦としてお二人の気持ちが敵対するまでに、お互いが家族として身近な側にいて妻、夫として会話の面で『共鳴』できていたのかを結婚観と併せて、しっかり読み取らせていただいております。離婚したくないという想いを話し合いで伝えるための注意事項を分析に明記しております。

離婚したくない想い

離婚危機状態の夫婦関係を修復できた離婚回避成功事例

離婚回避事例

35歳(会社員・女性)子供なし・難易度E

32歳(会社員・男性)子供有り・難易度E


調停の言い分の注意事項と別居後の夫婦の復縁方法を詳しく解説
離婚調停不成立後の復縁事例

婚姻生活が幸せ
ご相談について
ご相談を考えられている方へ
メールで相談

心理分析を提示いたします。下記をクリックされフォームからお問い合わせください。

相談は無料 

(個人情報保護法を厳守:実名は記載されなくて大丈夫です)お問い合わせ:090-6519-1413
(受付時間AM8:30から AM3:00 番号は必ず通知でおかけ下さい)
【お知らせ】フォーム からの送信ができない場合は、ask@fukuen.jpまでお送り下さい。 
メールで問い合わせ

嫁、旦那の本心を聞き取る、離婚危機回避に有効な心構え。別居後の対処方法は誠実に健康状態、生活の様子、家族の生活費(婚姻費用支払い)の心配する連絡を入れる。line、メールで送信されること、急に電話を鳴らさないように配慮する。話し合いが実現した場合でも今すぐに帰宅交渉のYESの返事を求めない。別居状態のままのまま放置したくない気持ちを正直に声にして言い分を変えないで下さい。もし、係争に至られた場合は代理人擁立の有無、離婚調停手続きの有無など原因や理由経緯で大きく対応が異なります。どうしても突然の離婚要求が理解できず浮気の疑念が消えず、奥の手で探偵に身辺調査を依頼すればいいなどの攻撃的な思考は厳禁です。主張や反論は言い分が正直であることと、注意すべきことは自分から公正証書内容の協議や離婚成立後を議題にしないこと。擁立された代理人弁護士の意向を優先する対応が好ましいです。
【同居中に別居・離婚宣言など異変への有効な初期対応・話し合いの進め方】
離婚や別居を切り出されて7日目までの有効な理由を尋ねる話し合いの方法はまず言い返す、謝罪する前に結婚生活の不満を尋ねる。一緒に暮らしたくないと言われて思い当たる非を謝罪したり、夫婦の問題では一方的に説得しようとしたり、問い詰めたり、執拗な本数のlineやメールで引き留めないこと。妻、夫が本気の覚悟での離婚要求なのか?先々で係争(離婚調停や離婚裁判)に至った場合に「離婚前提の別居」とならないための責任のある意思伝達方法は離婚したくないという言い分は相手の発言を遮らずに言い終わるまで冷静に聞く、出て行ってくれ、と言わず最後まで言い分をきちんと聞いてから自身の発言へ、夫婦でlineやメールバトルなど共依存状態に陥ることを未然に防ぐために冷静に正直な気持ちで離婚したくない意思を伝えて引き留める。理由を話すことを拒否されても安易に浮気を疑う発言やお金に関する慰謝料などの金銭の話し、相手の人格否定、双方の親、実家のことを論点・議題にしないこと。同居解消の前兆を感じたり、強引な別居を実行をされても責めず、過度に電話を鳴らさず、lineやメール連絡も節度と文面表記に冷静さが必要になります。きちんと気持ちを理解する姿勢を示し、本心ではない発言は控える。無視(家庭内別居状態)など対話拒否の場合でも同調して無視など相手を避けない。相手が感情的な状態の時は自身が冷静であること。言い返しは控える。(新婚1年未満の夫婦の共依存による感情の乱れ防止方法)相手の親・親族・友人への相談は信頼を失ってしまうので控える。3日以上の無視に陥った場合でも会社・職場への電話や訪問されるような行動はモラル、良識の面では厳禁行為です.。
離婚問題の相談
仲直りできる
配偶者の浮気、疑念から執拗な言及など、つまり不仲に陥られた理由が不貞と感じた場合でも無断で配偶者の携帯やカバン、財布を見たりせず、浮気の詮索や疑心発言を控えて下さい。敵意や生理的嫌悪を与えますので慎重な判断が必要です。信頼を取り戻すために引き留めたいあなたの決意が重要です。離婚届を突き付けたり浮気相手と思われる相手への直接の連絡、訪問などは事態を悪化させますので控えて下さい。(あなたへの敵視から配偶者と不貞相手が連帯し敵意の気持ちが強くなる危険があります)
浮気チェック判定

妻が浮気、修復成功事例

夫が不倫、修復成功事例

離婚したくないことを話し合いで伝える方法

別居後の夫婦が二人だけでの話し合いでは、自分の本心、実際、離婚したくないことを声で伝えることで夫婦関係の修復の可能性が高まります。夫婦がこれからも相手と家族として一緒に生活を継続するための注意事項と具体的な話し合いで伝える内容
①離婚危機が起きた自分自身の性格面の非をじっかり自覚する、話し合いでは、セオリーとして冷たい態度や怒っている原因をもし知っていれば謝る、尋ねる前に浮気、不貞行為を疑ったり別居先の場所を問い質すことは厳禁行為です。
反省を伝える場合は5つ以内にして下さい。反論、意見を聞いていただくことで状況が変わることがあります。先に相手の今の生活の様子をきちんと聞き取る。お互いに夫婦として辛い今の状況について気遣う、気持ちをわかろうとする言葉を正直に向けて下さい。別居後の話し合いで相手の発言を否定する、自分が有利と勝ち誇っている場合でも責めるような言い返しをしない。別居の場合は生活費についてきちんと考えを伝えること。撤回を懇願して機嫌を覗う前に非の自覚をする、結論を焦らない、今すぐの解決を前提とせず、疑問は自己解決せずに話しを聞く。一緒に暮らしたくない理由をきちんと聞く
②聞き上手の姿勢で気持ちを理解するために言い分を聞き取る。流れを変えるためにあなたに教えて欲しいと尋ねる姿勢、理由などを含めて聞き上手の姿勢で、気持ちをわかろうとする、浮気を疑う発言は控え、言い分を言い終わるまで絶対に遮らずに聞いてから自身の発言をする。
③悪い例として、話し合いやメール、lineでは『本音』ではないことは発言しない、取り繕いで家事の改善だけを伝えない。離婚調停や裁判準備をする、離婚弁護士を擁立する、婚姻費用のことは裁判所で、調停の審判で決めればいい、慰謝料は払わない、などの発言をlineやメールで向けられても我慢できない、難しい、納得できないなどの議論は避けて今後、夫婦として歩み寄る方法を考え、別の離婚の事由について合意できないなどの売り言葉に買い言葉のような意地になった言葉(共依存状態のlineやメールでのバトル)や先々で覆してしまう約束や心にもない発言をしない。
離れて暮らして気付いた
注意事項などあなたとパートナーがこの先も夫婦として心を共鳴させ、共調して一緒の暮らしの中での関わり方を良い方向に向けるために、婚姻生活が大切であること、性格の不一致と決め付けて発言をせず、希望を感じさせる、気持ちを伝える対話を実現し、夫婦関係修復ができる状況に変えて行きます。共依存の関係に陥られたご夫婦(相手が感情を乱すことが原因で自身も感情を乱して酷い言葉を向けたるなど)が急増中です。人生を返せなどの本心ではないことは声にしない、話し合いを拒む返答の場合でもメールやLINEでも絶対に本心以外の言葉は送信をしないで下さい。突然、不安や敵意を感じることがあります。


離婚したくないと調停や裁判でも伝える

もう話し合いでは解決しないから調停を起こす、弁護士に頼んで裁判だと言い切られてしまっても挽回できます。調停は専門の知識と良識のある方(調停委員)が仲裁に入り、ご夫婦の離婚問題について双方の話を聞いて調整してくれる場です。修復後の円満な家庭の再構築を見据えて、だと思うなどの憶測での発言や自己保身のウソは厳禁です。
メールや手紙で過度に指摘された非の謝罪されますと調停不成立後に裁判に至った事態での証拠とされる理由で言葉を選び、自身の非を列記しないなど慎重な謝罪を検討する必要があります。

別居後の夫婦が話し合いをするための注意事項

調停での話し合いでもお互いの言い分が平行線の場合の二人で話し合って危機を解決する場合は?弁護士の介入前に自分の気持ちを伝える、現実と戦うためのノウハウ集
夫婦の話し合いのマニュアルの内容30代女性:結婚3年目で夫から別居をされ夫婦の危機に陥る。別居の理由が聞けていない。親族や弁護士に相談せずに二人だけで解決ができた事例。執着や困らせようとして意地で夫にNOを言っていると思わせないためにきちんと愛情や大切に想う気持ち、引き留めたい理由を声で伝えること!法律で定められた一定期間の別居で認められてしまう婚姻破綻のことよりも今すぐに何が伝えられるのかを冷静に考えること!
実際にあなたの婚姻継続の意思、誠意を声にする謝罪対話、引き留めなど夫婦の問題の解決へ心理作戦展開をいたします。夫と関係を修復する、妻とやり直すための夫婦愛を伝えるための話し合いに向けた謝罪対話のマニュアルを作成いたします。

婚姻費用(生活費)や別居のために転居した夫が住民票を動かすなど理由がわからず具体的な話をせず夫に別居をされた。住まいに来てもらい夫との話し合い、引き留め謝罪を伝える初回の対話、意思伝達のマニュアルです。この対話から3か月後にご主人が戻って来て修復成功。お互いの言い分が平行線のまま別居、お互いの感情が拗れた状態から謝罪の気持ちを伝える方法。別居後4か月で使用した正直な意思と謝罪を伝える『対話マニュアル』非の自覚の課題回答の内容に基づき夫婦の心の温度差と問題点などの心理分析から作成しております。
別居後の夫婦の話し合いのマニュアル原文

『夫婦の心の共鳴』とは、価値観の共有など心のつながり、会話での意思の疎通のことです。別居状態に陥られた場合でも修復できる、別居後の話し合いの前にすることとは?
もちろん一度の話し合いで事態が変わるケースは少ないです。ご夫婦として円満であった頃、男女として不仲に陥られた後の変化が起きてからでも夫婦愛・家族愛の共鳴は存在しています。
日常の生活で「ありがと」う、「ごめん」、「どうしたい」、「どうしたの?」という言葉を向けて、悩みを聞き取る等の気持ちの理解や誠意や情を声で常に伝えていたのか?
同居中に敵対が起きたり気まずい雰囲気に陥る前に多くの共鳴ができていた夫婦関係にどんな異変が起きたのかを探すことで論点や理由がわかり話し合いで夫婦の関係を修復することができます。

心理を考慮する

妻、夫から別居を強行された場合や弁護士への相談、別居後にlineやメール無視状態で突然に調停を起こされたなどのケースでも下記の事項を厳守して夫婦関係の悪化を防止すれば夫婦として復縁できます。1:本心を声にできること。絶対に本心ではない発言をしない。(悲観的な発言や負けん気での強気発言や威圧、浮気相手に慰謝料請求する、調停や裁判に応じるなどの発言をしない)2:切り出された直後は2時間を超える長時間の対話を避ける。なるべく住まいを自分から出る、転居するとは言わない。3:浮気を疑う問い詰めをしない。禁句は「好きな人ができたのか?」という嫉妬や疑心を向ける発言です。4:家庭内で無視をしない、無理に話し掛けて機嫌を過度に覗わない。5:話し合いが平行線の段階で義両親、親族、知人、友人、を巻き込むなど第三者を介入させない。6:夫婦間で長文のlineやメールのやり取り、別居についての議論をしない。7:lineやメール、手紙など文章で思い当たる自身の非を列記して謝罪をしない。8:夫婦間で手紙のやり取りは問題の初期では逆効果になります。愛しているなどは空回りになります、生理的嫌悪の起因になるので表記厳禁です。9:「裁判をしてでも」と言われたり、「調停をするために弁護士に依頼する」と言われても怯えた返答をしたり言い返さないように。10:弁護士介入で慰謝料や財産分与、住居売却や親権について返事を求められても「やり直したいと思っています」と言い切る自信と勇気が必要。別居に至った場合の同居交渉で気持ちの面で譲歩できる方法を考える。早期解決のために同居維持や別居後の同居再開交渉に向けた話し合いの方法のアドバイスをいたします。原因が浮気、モラハラ、言葉のDV、DV、会話の減少、金銭問題、育児の問題、疾病など状況により方法が異なります。別居中はブログやSNSへの投稿は休止すべきなど、心構えと進め方を成功事例で解説しています。
一緒にいるために

浮気を疑う前に疑問に感じた理由を尋ねる

別居の事態に陥った後の意思を伝えるために課題を通じて夫婦の溝、自身の非、過失を自覚していただきます。
これからも一緒に生活をしたいと思える夫婦愛があれば解決に歩み寄る方法を二人で模索することができます。
それまでの夫婦の心の温度差や言えずにいた不満や不審などの気持ちの問題が隠れているのです。浮気を疑う前に誓いの言葉を前置いて正直に伝える。心理学に基づいて引き留めたい理由を伝えるアドバイスをいたします。夫婦の異変の原因が浮気の問題の場合の適切な対応と努力のポイント心理学の観点で有資格者のカウンセラーが心理分析を丁寧に行っております。探偵に調査をされなくても心理分析で浮気は見抜けます!

気持ちを伝える

禁句ワードを解説、夫婦の話し合いで悪化要因となる禁句を具体的に解説をしています。注意事項と例文を紹介、DVやモラハラ、不貞問題、セックスレス問題、共依存や寂しいなどの不満の鬱積が理由の感情的な悔しさが理由なのか?理由が生理的嫌悪や敵意などが原因なのか?やり直せないと言っている心理を読んで提示いたします。引き留める伝達の際にメールやlineの文章で感情や謝罪を伝えるのは逆効果なケースが多いです。モラハラ行為、軽視なども含めた言葉のDV、暴力や家庭内で物に当たるなどの感情を乱した状態が理由の場合はline謝罪、メール謝罪の文面に非の列記をされるのは逆効果です。引き留めたい理由の説明、意地になっていない安心伝達、婚姻の継続意思を伝える、lineやメールで無意味なバトルをしない、共依存夫婦にならない、大事な確認事項や家庭の事務連絡以外でメールを送信しない、向き合い方を実践してみませんか?別居後にlineやメールの文章で感情を衝突させるのは共依存夫婦になってしまうリスクもございます。やり直したい、別居の期間で感じた後悔などを正直な気持ちを要点から伝える、大事な伝達で駆け引きせずに裏を読まない素直な文面が理想の文面です。
別居中の妻、夫に送るlineやメール例文
許せない心理
決裂の危機に直面した夫婦の心理

仮面夫婦状態の解決、会話がない、話し掛けても無視、無関心、家庭内で避けられる生活パターンなど気まずく重たい雰囲気のまま解決方法がわからないなど、不仲に陥られた理由から解決します。
家族が一緒に暮らす
夫の無視の理由、妻の冷たい態度の理由を聞く、子供がいる場合は夫婦の異変を察知されない、ストレスを与えるような険悪な雰囲気で不安を与えない配慮が必要。夫婦カウンセリングや弁護士への相談を考える前に相手に無視する理由を尋ねてみませんか?

家庭内別居の修復

夫婦が別居状態から関係を修復するための心構え

円満な関係を再構築する、夫婦としてやり直したい想いを伝えるための意識の改革。別居後の生活費(婚姻費用や養育費)のことで恩着せ発言、義務や権利という言い方は絶対に不誠実な行為です。支配欲が原因の恐妻家問題、甘え過ぎ、共依存夫婦の問題など気持ちを声にして解決いたします。
自己改革の内容

妻、夫に自分と一緒に生活したくない理由を尋ねる

平日の深夜に結果を焦って強引に話し合わない、仕事でのトラブル防止のために夜間に1時間以上の話しは控える。
平行線に苛立ったり焦らない、禁句を認識する、家事のことなど共同生活の再開後のことを考え義務と権利という言葉は支配欲や過信から出る言葉です。

よかった

夫婦が信頼を回復するためのご相談について

有料相談ご契約前でも『夫婦の心の温度差分析』を費用3万円で行うことも可能です。詳細はメール相談フォームやお電話でお問い合わせ下さい。
夫婦の不仲の起因についての真相を相手の言い分などから察して理解することから始めるのです。有料でのサポートご契約後にご夫婦の問題の起因や拗れ方などに合わせて
分析に基づいた課題を選んでご提示いたします。

夫婦が話し合って関係を修復をする方法

気持ちを尊重する
課題回答に沿って離婚したくない理由を伝える、別居を選択せず同居を維持して離婚要求について、無視でも会うチャンスを得て、話し合いで引き留める、同居を継続する方法

方法がわからない
分析で提示する修復の難易度について、修復の難易度を10段階で分析時にご提示いたしております。アドバイス料金は分析時の難易度と必要な期間で異なります。
難易度について

Copyright (C) 2018. All Rights Reserved.