自分改革

自分改革で愛される人、話しやすいと思ってもらうアドバイス

『やり直すための思いやり=恋愛をやり直すために意識を変える・自分改革』一度失われた愛情や信頼はあなた自身の相手への深い愛情と思いやり、優しさで回復するしかありませ ん。ご家庭やデートの時に自分の話し、愚痴 や自慢ばかり相手に話してしていたのではありませんか?話し難い、無視して別れる、などの恋人の別れる時の態度はあなたの向けた愛情の鏡です。何を改善しますか?相手があなたと一緒にいて楽しいと感じてくれて、有意義に時間を共有できていましたか?相手の冷たい態度に浮気を疑ったことはありませんか?それは自分に自信がないからではありませんか?あなたの内面のずるさ、醜さと向き合う意識の改革の取り組みです。自分改革の成功とは、話術やメール文面のテク ニックの問題ではありません。

 

自分改革で愛される私でいるために

自己を変える自分改革とは?自己改革による愛されるための向き合い方、謝る方 法とは?非の自覚について。

恋人と別れた、別れられそうな相手(恋人・配偶者)の視点でご自分のことを見たと仮定して、愛情を向けたくないと思われている今の自身について考えていただき、相手が感じた疑心や不信感、嫌悪感・苦手意識など嫌悪なこと(別れたいと思わせたこと)を探し、どうであれば相手から嫌だと思われなかったかの後悔と反省をしていただくことから始めます。相手の気持ちを理解すること、自分本位にならないことを考えて行くことになるのです。

思いやるための自己改革による反省と誓い

自分改革による方法とは?別れた、別れられそうな相手(恋人・配偶者)の視点からご自分のことを見たと仮定して自身について考えていただき、相手が感じた不信感、嫌悪感・苦手意識など嫌悪なこと(別れたいと思わせたこと)を探し、どうであれば相手から嫌だと思われなかったかの後悔と反省をしていただくことから始めます。相手の気持ちを理解すること、自分本位にならないことを考えて行くことになるのです。この自己改革に着手する直前に相手への謝罪の言葉を当方が経緯を別れの気持ちを検討後、方法をアドバイスします。自己改革とは愛してもらえる自分になること。復活愛への最初の扉です。

愛されるために自分改革から始まる自覚

自分己改革について実際に自己改革を行うことについて主にメール、電話で指示をはじめ質疑応答を行っています。当方のスタッフ等との面会面談は必要ございません。

具体的に行っていただくこと:

1、自覚が浅い場合は日記を記載いただくこと、まずは、別れた相手との思い出、謝りたいこと、許せないこと、こう思った、などから果たせなかった約束のことやこれからしてあげられる約束、与えた愛情、もらったと思う愛情について記載をいただきます。その記載からお二人の恋愛の心と心のふれあいや、相手がその恋愛を中断したいと思ってしまったこと、依頼者の方、相手の考え方や価値観を読ませていただき、その後のコンタクトに応用することになります。また相手が依頼者との交際や結婚生活で受けてしまった苦手意識、重荷感、別れたい、放棄したい、回答や対話を拒みたいと言う相手からの実際の言葉と日記内容を照合し、依頼者の方の短所と思われることや相手に謝ること、安心させられること検討し、アドバイスやメッセージに活かすことになります。修復の第一歩として、相手の言葉と依頼者の考え方からどこに別れの理由が存在するのか、なぜ対話が拒まれるのか、などを推測し、アプローチに向けた改革の準備を行います。多い実例としては、相手に誤解されている、相手を疑ったり過剰に独占欲からの言動が頻発した。気持ちの衝突で相手の気持ちを理解しようとはせず、ご自分の気持ちだけを過剰に主張した。愛情をくれて当然と言う言動があった。強い相手への依存が相手の心の重荷になった。相手に対して自分の感情が上手にコントロールできなかったために相手に誤解を与えた。相手に与えた誤解が相手に思い込みとして苦手意識を強く残してしまった。などです。理由は相手に対して、周囲の友人や職場の方、親など依頼者の方に関わる人々について、きちんと『ありがとう』を言える感謝の気持ちが持てる心、『ごめんなさい』が言えるようになる自分の非を自分で悪いと思える心を少しで良いので持てるようにします。心にゆとりを持っていただければ、相手のことも今より少し広い視野で見ることもできることが多いからです。相手が無視をして対話に応じてくれない、無視はされないが修復まで進展しないなどのケースにおいて、相手の気持ちを詳細まで分析した場合に、対話をしても答えは変わらないと思い込まれている、などの相手が抱えていたのは依頼者の方への苦手意識であるケースがほとんどであったことから始めました。特にこの事項は相手へのコンタクトを個人差がありますが2週間から2ヶ月程度、停止し、お互いの感情を冷却する冷却期間に行うことが多いです。ご依頼される方の多くが、ご自分を中心に物事を見てしまう方や相手の非については多くを語れ、ご自分の非にお気付きでない方が多いことから、相手が対話に応じても良いと思う安心感を与える謝罪や相手との対話を実現した際に、重荷と思わせないことが目的での意識の改革と思われて下さい。相手に対してもゆとりを持てるようになれば、相手の立場、相手の視点から見た依頼者ご本人がご自分のことを相手の視点から見たと仮定し、対話の呼びかけや面会のお願いについて相手を主人公とした愛される方法を考えられるようになることを目的としています。この日記記載を通じて日々、思うことや発見、疑問を当方に週単位でメールをいただき、質疑応答を1ヶ月程度継続します。(内容の詳細は個人個人で違います)日記の記載ではなく当方とのメールでの日記のやり取りをされた方もいます。相手の浮気や両親による猛烈な反対・阻害、その恋愛が不倫であった場合の放棄など理由や相手の情況によりポイントが異なります。すべての改革にこのことが該当するわけではありませんので、くわしくはメールにてお問い合わせ下さい。

2、食生活や休日の過ごし方について、感情を穏やかにするための日常の食生活でインスタント食品や飲酒を制約させていただく場合があります。コンタクト開始以降はいつ相手からの電話が来るかもわからないことと、健康のことなどを理由にアプローチ中の過剰な飲酒を控えていただくこともあります。休日や日常生活でできることであれば部屋に閉じこもらずに1日15分程度で良いので日光浴や散歩を願いするケースがあります。極度の不安やストレスで体調がすぐれない場合は除きます。またアプローチ後から本意とする回答が得られないなどの事情で食欲の低下など体調の不具合が出られた場合は、アプローチを中断し、体調回復まで冷却の期間とする場合もあります。気分が滅入る落ち込むなどの不安な気持ちについては食生活や運動、余暇の過ごし方で少しの改善が期待できる場合があるからです。

3、笑顔、話し方の改革について、お申し込みいただいて日記の着手、食生活のことに平行して行うケースがあります。まず、朝か夜に鏡を見つめて、「ありがとう」「お久しぶり」などの笑顔を10分程度声を出して練習いただくこともあります。次に日記からコンタクトのメッセージは作成しますが、対話を考えると実際の依頼者がそのメッセージと相違があると相手に不審に思われます。実際にアプローチの開始と平行し、メッセージの言葉に類似した相手の重荷にならない、優しく思いやりに満ちた言葉が自然に相手に言えるよう、会話の練習をします。ただし相手の浮気が原因であったり理由や相手の情況によりポイントが異なります。相手の浮気であった場合は笑顔ではなく、心からの涙を示すなどのアドバイスになったケースもあります。すべての関係修復への改革にこのことが該当するわけではありませんので、くわしくはメールにてお問い合わせ下さい。

4、実際のアプローチの過程で特に20代前半の心の優しい女性や控えめで遠慮がちの女性に多い、実際の会話で相手に伝わる要点が不明で相手の苦手意識に関与していると思われるケースでは会話を要点から話す、泣いてしまう場合は必ずその理由を相手に伝えて言葉として言う、相手の回答に不満や不安がある場合は必ず理由を聞く、会話の時間をできるかぎり短く要点から話す、ことなど、相手に未練や愛情が残っていると判断した場合に限り、実際のアプローチを通じてアドバイスしています。また、30代以上の女性で相手を常にリードしなければならない責任感から相手に誤解をされてしまわれたケースでは主導権を相手に渡すくらいの対話になるように聞き上手になるアドバイスをするケースが多いです。男性の場合で嫉妬心や独占欲が異常に強く相手を自分の所有物のように思われているケースでは聞き上手に徹していただく話術などをアドバイスするケースもあります。
個人個人でケースが大きく異なりますので、必ず当方にメールでご相談下さい。

非の自覚課題とは?

この自分改革により取り組みの前に、相手への謝罪の言葉を当方が経緯を別れの気持ちを考えていただきます。自覚できて、ちゃんと謝れる程度まで自身の非を理解されてから具体的な復縁の方法をアドバイスします。自己改革とはもう一度相手から愛してもらえる自分になること。非の自覚、相手の気持ちをわかることが成功以前の準備として必要になります。ごめんと言ってももう遅い?「今 更」「もう済んだことだから」と謝罪対話を受け入れてもらえなくて正解です。別 れを決意した相手はあなたに落胆し、愛情が冷めています。過去のことにしたい願望が強いです。責められたくない、悪者になりたくない自己保身があります。謝られてもやり直しにYESの答えしか求めていないあなたの気持ちをわかっています。この相手の気持ちにいかに安心を与え、対話に至れるようになるか、あなたへの嫌悪感の払拭や信用の回復ができるのかを考えて行くのか、嫌悪感、苦手意識の軽減こそが心理学による謝る方法のアドバイスです。自分改革で会話が怖くなくなる! 相手の笑顔がもう一度見たい、気持ちをわかろうとする復縁への冷静さが必要です。あなたの反省、相手への謝罪と感謝、相手の幸せを考える優しさ、あなたの後悔と誓い、今後、相手に何を約束できるのかを考えます。 相手があなたの心、性格、癖、行動、言葉、態度、価値観のどこに苦手意識を持ち、あなたのどこが好きだったのかを冷静にゆっくり考えて行きます。対話の回復には、まずあなたが相手に対して謝罪し、対話しても良いと思わせることになります。別れを決意して許したくない気持ちの相手です。同じ不安が無いと安心を与えることが重要になります。別れた後の再会の実現、謝罪の対話までにあなた自身の反省で意識を変えていただきます。相手への誠意と思いやりのこと、後悔し誓えること、お詫びして感謝する気持ちを伝えなければいけません。

 

別れた相手の持つあなたへの悪いイメージは悪い記憶が起因です。

対話申し入れ前 にメールに返答が来なくなる、最悪は返答が来ても新しい恋愛の報告?手遅れと思ってしまう結果に至る ケースがあります。その理由は相手を困らせたり気まずい雰囲気を我慢させていたこと、会っ ても煩わしいと思われているのです。相手が楽しい、有意義と感じてくれる話題を2000文字の作文にして下 さい。相手への提案をするつもりで会う理由を考えること。悪いイメージ、悪い記憶の自分について思い当たることを思い返すことも自分改革なのです。

 

やり直すための第一段階、再会の申し入れ

最終段階では相手の言葉や様子からすぐに相手の気持ちが理解でき、今、 相手が何を考えていて、あなたがどうあれば前向きに好意を向けてくれるのかが読み取れるようにあなたの観察力を向上して行きます。また、相手との対話・会話で要点(伝えるべきこと・相手が安心すること)を先に説明をその後で、相手の心の負担となるような説明を求めなくても相手が何を言いたいのかが察し、心の内側を優しく読めるよう、相手の心を理解する思いやりを得られるようにして行くのです。

素直に気持ちを声にして伝えること

自己改革の課題の最初の回答、つまり初期であなたと相手の恋愛観について検証し、次にあなたの反省、相手への謝罪と感謝、あなたの自己愛、支配欲など問題点を提示いたします。今後、相手に何を約束できるのかを考えるこちになります。相手があなたの心、性格、癖、行動、言葉、態度、価値観のどこに苦手意識を持ち、あなたのどこが好きだったのかを冷静にゆっくり考えて行きます。対話の回復には、まずあなたが相手に対して謝罪し、対話しても良いと思わせることになります。同じ不安が無いと安心を与えることが重要になるからです。対話までにあなた自身の反省で意識を変えていただきます。相手への誠意と思いやりのこと、感謝する気持ちのことなどです。その例文が後々、相手とのフリーな会話(当方の指示がない状態)で自然に言葉にできるよう意識を変えます。あなたの相手への依存や支配欲が強く、それが別れの原因になったのか?あなたの相手への思いやりや相手の気持ちを理解することに欠けていたのか?様々なケースも相手からの別れの言葉や突然の無視、突然の別れ話の切り出しであっても相手からの言葉や別れ話、口論の内容などからほぼ相手の気持ち(別れの心理)が特定できます。この相手の気持ちにいかに安心を与え、対話に至れるようになるか、あなたへの嫌悪感の払拭や信用の回復ができるのかを考えて行くのかが心理学による修復方法のアドバイスです。

 

相手の気持ちを知るための素直な向き合い方

この考え方と改革と平行し、あなたの食生活や日常について、別れによる動揺と不安などが原因により失った冷静さを回復する意識の改革もアドバイスします。対話が適っても否定的な回答を受け、気力が減退しないよう、強い意思を持てるよう心と身体の健康の増進をアドバイスいたします。この段階で相手とのメールや電話でのコンタクトが回復した場合でも例文は指示します。面会による対話も必要と思われるケースにおいては復縁方法として初回の対話のマニュアルを作成いたします。2回目以降の面会からあなたの言葉での伝達ができるようにします。

最終段階では相手の言葉や様子からすぐに相手の気持ちが理解でき、今、相手が何を考えていて、あなたがどうあれば前向きに好意を向けてくれるのかが読み取れるようにあなたの観察力を向上して行きます。また、相手との対話・会話で要点(伝えるべきこと・相手が安心すること)を先に説明をその後で、相手の心の負担となるような説明を求めなくても相手が何を言いたいのかが読めるよう、相手の心を理解する思いやりを得られるようにして行くのです。愛とは求めることではなく、相手にあなたからどのような愛情を与えてあげられるかが大切です。どんな別れにも相手の心にはあなたへの愛情の減退や嫌悪感・苦手意識が存在します。自己改革初期では反省を、最終段階では別れの非について50:50の責任であったと思えるよう第三者が冷静に見ても正論と思える考え方が自然にできるようあなたを変え、あなたが変わったことであなたと相手の対話が対等に友好的に進められるようにします。相手の気持ちに『策略』するのではなく、あなた自身が相手にとって必要な存在に変わる、それが『心理学の応用による復縁の方法』なのです。一度失われた愛情や信頼はあなた自身の相手への深い愛情と思いやり、優しさで回復するしかありません。

TOPへ戻る