復縁するための流れが知りたい!今できることと、意識するべきコツ

 

大好きだった恋人と別れることになっても、簡単には復縁を諦められないこともありますよね。
今回は、元恋人との復縁を望む人に向けて、復縁の流れやコツをご紹介していきます。
別れた直後はパニック状態になってしまい、復縁したくても何から始めればいいのかわからないものです。

復縁したい一心で連絡を取ってみたものの、返って相手に嫌われてしまった…という経験をする人も多くいます。
気持ちばかり大きくなってしまい、苦しい思いをしている人は、この記事で復縁するためにするべきことを確認して、落ち着きを取り戻してみてくださいね。
一見逆効果に思えることが、実は復縁に効果的なこともあります。
復縁を実現するための知識を深め、これからするべきことを整理していきましょう。

 

復縁するにはどうしたらいいの?

順調に関係を築けていると感じていた恋人から別れを告げられると、大きなショックを受けますよね。
大好きな恋人と、もう一度よりを戻したいと思うのは自然なことでしょう。
ここでは、元恋人と復縁するにはどうしたらいいのか、基本を確認していきます。

 

まずは別れた理由を理解する

今この記事を読んでいるあなたは、元恋人となぜ別れることになったのか、その理由がわかりますか?
性格の不一致や浮気、結婚に対する考えの違い、多忙によるすれ違いなど、恋人が別れるにはさまざまな理由が考えられます。
復縁できるかどうかを大きく左右するのが、別れることになった理由です。
相手の気持ちを理解するためにも、別れてしまった理由を考える必要があります

たとえどれだけ好きだった、一度別れを選ぶことになったのなら、別れた理由に対して反省をしなければ、復縁することは難しいもの。
いくら気まずくても、過去を振り返るのが辛くても、自分たちの過去と向き合う勇気が必要です。
まずは別れの理由を理解して、自分の改めるべき点や、今後取るべき行動を考えていきましょう。

 

別れたときの状況や関係を整理する

どのような状況や関係で別れに至ったかによって、復縁できる可能性は異なります。
ここでは、復縁しやすい別れ方と、復縁しにくい別れ方をチェックておきましょう。

復縁しやすい別れ方

 

上記の別れ方だった場合、順調に手順を踏んでいけば復縁できる可能性が高いと言えます。
反対に、別れるときに次のような状況だった場合は、復縁できる可能性は低いかもしれません。

復縁しにくい別れ方

 

このように、また付き合うことにネガティブなイメージを持たれる状況や、そもそもなぜ別れたのかという理由もはっきりせず、明確でない状況だった場合は、復縁をかなえるのは難易度が高いかもしれません。
復縁が難しいからと言って諦める必要はありませんが、これから歩む復縁への道が険しいことは自覚しておきたいですね。
復縁を望むなら、自分が置かれている状況をきちんと整理した上で行動に出るようにしましょう。

 

復縁まで時間がかかる覚悟をする

大好きな元恋人と今すぐ復縁したいという焦りから、的外れな言動に出てしまう人も多くいます。
また、交際期間中の自分の言動を反省し、元恋人に謝罪したい気持ちが芽生える人もいるでしょう。
自分を振り返って同じ間違いを起こさないよう決意することは大事ですが、別れた直後に謝罪を伝えても、元恋人が素直に聞き入れてくれる可能性はそんなに高くないのでしょう。

 

また、別れ際に言われたことに納得できず、また話し合いを持ちたいと相手に迫る人もいるかもしれません。
しかし逆の立場で考えてみたら、別れた恋人に言いがかりをつけられているようで、話し合いに応じたいとは思えないですよね。

復縁をするためには、あえて時間や距離を置く「冷却期間」が必要なことも理解しておきましょう。
もどかしい思いもあるでしょうが、一旦は友達に戻って復縁のチャンスを待つのが得策となる場合もあります。
復縁を成功させるコツは、焦らずタイミングを見計らうことです。
数ヵ月、数年がかりの大プロジェクトになることもあるので、しっかり覚悟しておきたいですね。

 

復縁できた人の流れ

ここからは、復縁できた人の流れを見ていきましょう。
先ほども触れたように、復縁するには冷却期間が必要な場合もあります
ここでは、冷却期間を経て復縁を果たした人の流れと、別れた後にすぐ行動に出て復縁を果たした人の流れをご紹介。
自分はどちらのパターンにあてはまるか、確認してみてくださいね。

 

冷却期間が必要だった人の復縁の流れ

まずは、冷却期間が必要なケースを見ていきましょう。

冷却期間が必要な場合

 

このような場合は、再度アプローチするまでに時間を置くことで、復縁の可能性が高くなるかもしれません。

冷却期間とは、お互いの気持ちが落ち着くまでそっとしておく期間のこと
まだ気持ちがあることを伝えるような連絡を控え、相手があなたから離れたい気持ちを理解するための期間です。
別れから間もない頃は、元恋人のことを思って気持ちが不安定になってしまいがちですよね。
そんな状態で元恋人に会っても、復縁はハードルの高いもの。
この冷却期間は、元恋人と再会するために準備を整える期間でもあります。
気持ちを落ち着かせて、来るべき再会の日に向けて心を整えておきましょう。

 

冷却期間をどれぐらい置くべきかは、個別のケースによってまちまちですが、90日が目安とされています。
別れ方や、その人の性格やライフスタイルに合わせて、90日よりも短くしたり、長くしたり調整していきましょう。
冷却期間を置くときは、事前にしばらく連絡は控える旨を伝えておくとスムーズです。

 

また、自分から振ったものの復縁をしたい場合も、元恋人に連絡するまでには90日ほど開けるのが無難。
自分から振ったにも関わらず、すぐに復縁話を持ち掛けると、元恋人はあなたに対して怒りや不信感を抱きかねません。
「自分と別れた後、すでに新しい恋人ができていたらどうしよう…」と、不安になる気持ちは一旦抑えて、冷却期間を持ちましょう。

 

冷却期間を終えて連絡するときは、早速「復縁したい」と告げるのではありません。
あくまでも別れは撤回しないというスタンスで、2往復程度の近況報告にとどめます。
文面は短くするよう意識し、好きというアピールもNGです。

 

また、冷却期間で心を落ち着かせて連絡を取ったものの、返信がないというケースも珍しくありません。
その場合、焦らず相手からの返信を待ち、少しずつ連絡が取れる状態になったら再会の約束をとりつけます。

連絡が取れる仲に戻り、会うことができるようになったら、復縁できたという人も多数。
一見遠回りにも思えますが、距離を置くことで復縁できることもあるのです。

 

別れた後すぐに行動に出た人の復縁の流れ

今度は、冷却期間を置かずにすぐ行動に出た方がいい場合を確認しておきましょう。

冷却期間を置かず、すぐ行動した方がいい場合

 

このような場合は、復縁に向けてすぐに行動に出た方がいいかもしれません。

けんか別れだった場合、「別れる」と言ったのは自分の方を向いてもらうための駆け引きだった可能性もあります。
遠距離恋愛の場合も、物理的な距離がある分、早く行動に出た方がいいでしょう。
婚活やマッチングアプリで出会った人の場合、相手はパートナーを探している状態なので、早く行動しなければ次の恋人を作ってしまう可能性もあります。

 

しかしこの場合でも、即行動は控えましょう。
冷却期間を置かない場合も、別れてから1週間は、自分自身の言動を振り返る期間を設けることが大切です。
1週間後に連絡してみたけれど復縁ができない場合は、無理に食い下がろうとせず、その場はいい別れ方ができたと印象付けられるよう努めます。
相手の性格や特性を考えながら、時間を置いて再度連絡を取ってみて、再会の約束ができるよう関係を再構築。
焦らず、徐々に復縁に向けて歩みを進めていきましょう。

 

復縁するために気を付けること

ここまででご紹介したように、復縁には時間がかかることもあり、すぐに自分が望む結果が手に入らないこともあります。
焦って復縁のチャンスをつぶしてしまわないよう、気を付けるべき点を確認しておきましょう。

 

連絡を取るタイミングや頻度に注意

復縁をするためには、自分から連絡を取ることが初めの第一歩となりますが、連絡を取るタイミングや頻度には注意が必要です。

ここまでで述べたように、冷却期間を置くことで復縁できるカップルもいれば、冷却期間を置いたがために復縁する機会を逃してしまうカップルもいます。
いつアプローチするかを見計らうには、別れの原因や、別れたときの状況を見極めることが重要です。
復縁したという焦りで冷静さを見失わず、落ち着いて考えたいものですね。

 

また、実際に連絡を取るときは、頻度や内容にも注意が必要です。
別れた後に連絡を取る頻度は、月に1回ぐらいから様子を見るようにします。
恋人時代の感覚を引きずって、毎日のように連絡するのは逆効果です。

 

連絡する内容は、短くわかりやすいよう意識し、押し付けるような言葉は使ったりしないよう心がけます。
例え相手から返信がなくても、返事は催促せず、メッセージを立て続けに送信するようなことも控えましょう。
相手から返信がない場合、再び冷却期間を置くことが必要な場合もあります。
無視されるのは心地いいことではありませんが、復縁するためにはグッと我慢することも必要です。

 

結論を急がず、相手に主導権を握らせる

一刻も早く復縁したい思いから、LINEやメールで一方的に復縁を迫るのは得策ではありません。
気持ちが冷めているかもしれない相手に、好きな気持ちや感謝や謝罪を伝えても、重荷に感じられてしまいます。
結論を急がず、まずは再会して話ができるよう連絡を重ねましょう。

 

段階を踏んで会う約束ができそうになったら、会う場所や時間を決める主導権は相手に譲ります。
復縁を成功させるには、リラックスできる場所やタイミングで会うことが重要です。
相手が安心して再会の日を迎えられるよう配慮してみましょう。

 

自力で復縁することが難しければプロに相談

自分の力だけでは復縁が難しいと感じる場合は、復縁のプロに相談してみましょう。

冷却期間を置くべきか、相手に効果的な言葉は何か、いくら考えても正解がわからないという人も少なくありません。
復縁を専門に取り扱うプロに相談すれば、復縁したい相手の特性を分析した上で、効果的なアプローチ方法をアドバイスしてもらうことができます。

 

プロに頼れば、よかれと思ってやったことが、結果的に復縁を遠ざけていたという事態も避けられるでしょう。

客観的な意見をもらえるので、感情に流されて相手や自分を傷つけてしまうことも防げます。

復縁を相談するなら、経験が豊富で別れの心理について深い知見を持っているプロがおすすめ。
オンラインで相談できる場合もあるので、気軽に利用できます。
一人で悩まず、プロの力を借りて復縁のコツを着実に実践していきましょう。

 

復縁したいならコツや流れを理解してから行動しよう

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで復縁するためのコツや流れがご理解いただけたと思います。
復縁したいなら、まずは冷静に自分を振り返ることが重要です。
難しければプロの力を借りることも検討してみてくださいね。

復縁専科では、復縁の実際の体験談をご紹介しています。また、復縁に関するご相談も受け付けています。詳しくはこちらをご覧ください。

TOPへ戻る