冷却期間の目安

復縁専科













冷却期間の目安

冷却期間の目安、沈黙による安心伝達の具体策、 別れた後のコンタクト方法、やり直したい気持ちを行動で示すための期間の目安は3か月、
成功のための3つのセオリー非の自覚で向き合う具体策!
なぜ初歩が沈黙、静観・沈黙の期間が必要か、沈黙の期間中の連絡について、目安を解説

冷却期間の目安

沈黙期間の目安は3か月、初歩、沈黙による心理作戦で愛が 蘇る、誠意ある謝罪よりも音信を控えて成功に導く方法!

沈黙して静観する目安と関係の修復
1993年8月、当方が分析で提示した沈黙する時間【冷却期間】の提唱が
復縁業界初の「相手の気持ち冷却する時間と信頼回復」の論理です。
「相手の苦手意識の軽減のための行動で反省を示す必要があり、
過度な引き留めの自宅や携帯への電話、ポケベルのメッセージ送信で相手は相当にうんざりした気分です。
そのため別れ話を聞き入れる様子のないあなたからの連絡を避けたいと言う気持ちがあります。
1か月程度連絡を控え、相手の感情の乱れを冷却するための沈黙の期間、相手に冷静になってもらうた めの時間が必要です。
気持ちをクールダウンしてもらうための時間ですからそっとしてあげることが必要です。
この時間のこ とを冷却の期間と思って尊重する意味で相手への連絡を控えて下さい。」
2004年から2016年現在、冷却期間の指示に下記が追加されました。
アポなし、許可なし行動は厳禁、非通知でコールしたり、相手の新規の恋愛が始まる不安から執拗にSNS監視は厳禁です。
共通知人への安易な失恋相談、共通知人への介入の依頼、
共通知人のSNSへの投稿も危険です。宅配便を利用したメッセージや贈り物厳禁です。
常に最新のコンタクトツールを考慮したアドバイスを行っております。

復縁への冷却期間の目安

沈黙前のメッセージ

個人情報保護法を厳守いたしております。
期間と言葉

◆別れた彼氏、彼女へのコンタクト開始までの冷却の期間の目安と復縁成功の方法

実際の成功エピソードや方法につきましてはメール、お電話にてお問い合わせ下さい。


①LINEやメール、電話について応答の得られない状態で過度な電話、メール、LINEでのメッセージは控え、最低2週間は静観する時間が必要です。
②冷却期間中は沈黙すること。共通の知人、友人への別れ話以降の相談は屈折して相手に伝わると気まずい印象を与えるため控える。

沈黙の冷却期間の具体策と目安

冷却期間の目安と復縁

沈黙の時間の目安は3か月、相手の気持ちを思いやる気持ちと冷却の時間が大事です。

相手の許可を得ずに訪問などの行動は厳禁です。

やり直す、引き留めるために過度にメールをしてはいけません。

無料メール相談のしくみについてのご説明

メールでの相談は無料

個人情報保護法遵守・秘密厳守

お問い合わせ:090-6519 -1413

>(受付時間AM8:30から AM3:00)
(番号は必ず通知でおかけ下さい)

冷却期間と謝罪の方法

ご相談の方法と手順のご説明

冷却期間の目安は3か月

個人情報保護法を厳守いたしております。内容等は分析・回答の提示後、7日間ご連絡をいただけない場合は
ご相談に関するメールなどのすべてのデータを適切に削除処理をいたしております。

心理作戦の相談は無料

沈黙する期間はお互い気持ちをクールダウンする大切な時間です。コンタクトを再開するまでの目安を教えます。尊重して待てる気持ちが大事です。

自己改革とは思いやれる優しさについて自覚することから始まる心の成長のことです。

冷却期間と謝罪で結婚
ご相談・分析提示は無料です。

恋愛をやり直すために


当方の行っている心理学によるアドバイスは相手の別れの原因について心理学の観点から分析して、

謝罪したい気持ちを相手に伝えるための伝達の具体策は分析の後でご提示いたします。

別れの気持ちを受け止め、やり直したい気持ちを上手にコントロールし、冷静に相手と向き合うことから始まります。


冷却期間による謝罪伝達の方法

ご相談に関する注意事項とお約束事項

自己改革についての具体的な内容のご説明

  引き寄せの法則

冷却期間で自己改革

やり直したい願いを実現するためには、積極性よりも冷静な気持ちが大事です。

冷却期間の成功例
沈黙する冷却期間の目安は復縁したい相手のダメージにより異なります。相手への敬意と思いやり。

難易度について

冷却の時間
Copyright (C) 2016. All Rights Reserved.