離婚を回避できる解決の言葉について夫婦の心の温度差から考える

運命の赤い糸

離婚回避できる言葉について、夫婦の離婚問題、心の温度差の問題、別居後の連絡方法や家庭内別居の解決のご相談、解決への心の温度差を考えた観点によるアドバイスを行っております。

離婚回避できる言葉を相手の言い分で察する

もう一度寄り添う

別居、離婚に関わる不仲の問題の原因、夫婦の不仲に至られた価値観の相違の理由、離婚要求の理由を結婚観などの考察に基づいて今できる対処について詳しくご提示いたしております。メールでの相談は無料です。

家族で暮らす

別居後に奥様への謝罪を伝える際に取り繕いと勘違いされてしまう男性が多い様です。

離婚危機を乗り越えた夫婦の向き合い方

離婚の話し合いで謝罪を言うために発言が分散して焦ってしまわれたことや奥様への過信、つまり説得して謝れば機嫌を直して元に戻るだろうと思われていることが理由です。

実現できる

夫婦の溝から離婚危機に直面された離婚問題の場合、別居状態に陥られたピンチの具体策で引き留めるためのご相談です。夫婦不仲の事由と向き合う、共鳴と相互理解の観点で夫婦の関係を修復する方法の解説。

 

きちんとした言葉で離婚したくない気持ちを伝える、離婚要求の理由を知るための話し合いと理由を知って引き留める誓いの言葉と誓いの実行とは?

 

離婚を切り出された直後のメール、lineで決断を迫られても決める発言は避けて下さい。メールやlineでの議論は避けて離婚要求の原因をきちんと聞き取ることが優先です。

 

別居状態の場合で専業主婦の方のケースでは生活費について取り決められるようお互いにきちんと話し合われて下さい。

困ったら相談

悩みや不満を聞き取るために悩んでいた理由、原因を教えていただくつもりで向き合って下さい。離婚したくないと声にできる対話の方法で誠実に向き合う。

 

離婚問題の解決への具体策、夫婦の心の温度差分析は40問の設問にお答えいただくアンケート形式のご質問シートです。

 

メールで対応いたします。理由をきちんと提示いたします。

離婚回避できる言葉の論点を考える課題

夫婦の離婚問題に直面した場合に謝る言葉の論点を考える、心に響く誓いの言葉とは?

 

大切な想い

相手を威圧したり優位な立場で話し合おうとされて、口論などの際に法律用語を感情的になられても話し合いで多用してはいけません。威嚇のつもりが本当に警戒されてしまいます。

やり直せた

つまり夫婦の話し合いで本心ではないことを向けてしまわれることで自身の威圧が自分に重たい結果と向いてしまう悪化の可能性が高いのです。

わからない

円満だった家庭が壊れそうな状態、離婚要求や別居に至った夫婦の性格の不一致の相談、夫婦の心の溝を修復する解決への具体的な方法のセオリーを公開。

 

具体的な解決方法を離婚回避事例で解説しております。

成功事例:離婚問題の解決の話し合いが平行線でも調停を避ける夫の男性心理

 

妻、夫の気持ちにを受け止めて解決、多くの方々を夫婦関係の修復成功に導いた方法です。乗り越えて家庭の修復に向けて対話を重ねる、別居の危機、モラハラやDV疑念、浮気、夫婦の溝の相談、メールやLINEでのメッセージの往復、面会と推移に応じて常に変化する夫婦の議論、意見の衝突、摩擦を読み取り話し合いで解決する方法をご提案いたします。

 

修復を前提に結婚生活での夫婦の心の温度差を分析いたします。ご夫婦の離婚問題の事態が悪化する経過の心の動き、不仲の理由、起きてしまった夫婦の心の溝、不信感、嫌悪感、気まずさ、言えずにいる問題を解明します。

 

実際の離婚回避事例で具体的な夫婦の復縁方法を紹介しています。

参考:離婚回避したい!離婚せずに夫婦関係を修復できた成功事例を紹介

わかってない

離婚を回避する心の温度差の心理分析

離婚問題の解決のために夫婦の心の温度差を分析いたします。夫婦の不仲から別居に至った状態か?夫婦の心の温度差の相談、家庭内別居で現状維持か?様々な夫婦の不仲のケースに多数の問題の修復経験のセオリーでアドバイスをさせていただき敵対状態からも大切な家族への愛情を誓い、離婚問題に直面されたご夫婦の関係修復に導いております。

 

 

 

 

不仲の理由

夫婦の離婚危機の相談、別居で長期化を覚悟して離婚を回避する結果を急がないこと、夫婦間の言い合いで法律の議論、協議はトラブル防止のため慰謝料や親権、財産分与などについては法律の専門家である弁護士さんにご相談いただくことが賢明です。

 

焦らずに言い分を聞き取って下さい。具体的な希望をきちんと聞き取るようにしてください。冷静な受け答えが重要になります。

落ち込んでしまう

離婚問題解決の相談で引き留める言葉がわかる

妻が口論の勢いで実家に帰り別居状態に。lineメールを無視されている状態で一方的に謝罪を伝え、読んでもらえていないケースではどうすればいいのか?

 

一時的な別居のつもりが、まさか妻から本気で離婚の要求されるとは思っていなかった不仲の相談、自分がまさかの別居、喧嘩の多さ、強い言葉を向けるなどモラハラ行為や些細な暴力や浮気だけが離婚理由ではありません。

離婚問題を解決するための相談

離婚問題でモラハラを指摘された場合、自分では記憶にないことでも無意識での家庭生活の日常の言葉がモラハラ行為になっていたケースが多い様です。

理由を聞き取る

言い分の説明で精神的に有利になりたくて向けた上から目線の言葉がモラルハラスメント、モラハラに該当するケースがございます。実際、夫婦間の意地の張り合いや過信の態度や気持ちの軽視から夫婦の絆、つまり信頼関係が壊れてしまうのです。別居を選択された行動について理由を理解する必要があります。

謝罪の手紙

離婚回避できる言葉とは?具体的な考え方

①先々のためにできない約束をしない。家庭内での謝罪メール、LINEでのやり取りは控え、事態解決へ会って目を見て向き合って話し合う。

 

②話し合いが平行線であっても親族、共通の知人、友人への相談は控える。

 

③売り言葉に買い言葉など言葉での駆け引きや威圧威嚇、脅す発言は厳禁。

 

④憶測発言はしない。安易に気持ちがないと言われただけで相手の浮気を疑う発言は控える。

 

⑤相手や親族からの交渉、連絡については必ず応答すること。絶対に無視をしない、話し合いを避けない、拒まない。

 

⑥謝罪や引き留めるメールや手紙文面に自身の婚姻生活での非を列記しない。

 

⑦常に広い視野で夫婦の別れ話の起因について考え、復縁を前提に自身の非を反省し、「申し訳ない」と思えること。

 

⑧相手の笑顔をもう一度見たいと心から強く願うこと。

別れた後

離婚回避成功事例の統計のセオリー

A:同居継続できるか、別居をする場合の行先を問い掛けたり確かめる会話の前に別れたい、別居したい、と言っている理由をきちんと聞くこと。激しい否定はしないこと。

 

A:なぜ別れたいのか、婚姻継続、同居継続が嫌なのかを落ち着いて冷静に聞くこと。

 

A:DVやモラハラ問題や借金問題による不仲の場合、あなたの支配欲や過信が夫婦の心の温度差の起因の場合が大半です。非を自覚し、繰り返さないよう冷静に謝る気持ちが必要になります。

 

 

具体的な対話の方法:

 

A:一緒に暮らせないと言われている理由をよく聞き、反論や否定をせず気持ちを理解する、気持ちの理解ができていない状態での謝罪は悪化を招きます。

 

悪化を防ぐ基本:金銭の議論、不倫疑念、親族を巻き込んでの感情の縺れなど売り言葉に買い言葉は控える。
事実確認よりも配偶者の胸中を聞き出 せる寛容な自分であること。

 

解決の心構え:正直であること、理由を言い分を変えずに継続的に主張できること、素直に謝罪できる心構えであること。解決までの揺れ、停滞、平行線、無視に焦らない、空回りをしないこと。

 

離婚調停の申し立てや浮気証拠、不貞行為を推測で追及するなどの焦った発言は控えて下さい。

 

上から目線の言葉、優位になりたい、楽になりたい、など焦りはマイナスになります。

 

弁護士に法律相談に行くなどの脅し言葉は悪化を招きます。離婚届を今書いて欲しいと言われても書いてはいけません。離婚調停が不成立なら訴訟すると言われても焦らないこと。

また愛されたい

離婚回避するための言葉を具体策で提示

別居後の自身の非の列記の手紙、LINE、メールの言葉が離婚調停や裁判に至った場合に非を認めている証拠として悪用されてしまうリスクがあります。伝える言葉には注意が必要です。別居直後の手紙にありがとうを記載することは不信感だけでなく嫌悪感を与えることがあります。子供の様子を尋ねるなどの表記も好ましくありません。

離婚回避できる、話し合いで伝える解決への言葉

幸せを考える

離婚危機の悪化、別居を未然に防ぐために話し合いで円満に解決するか、別居後に親族など人の輪の介入で解決すべきか、調停に至るのかを判断する。特徴として過信が強い人ほど自身の非がわかわないようです。

 

離婚調停とは平行線の両者の間に良識のある方が入っていただいて話し合うチャンスと認識されて下さい。

 

意見や考えを調整する、自身に有効な証拠を事前に提出する場合はきちんと内容を確認して相手との修復後のことも考えてください。

 

離婚要求の理由を理解する機会なのです。夫婦の話し合いの基本は、別れを要求された理由を受け止めて謝ること、繰り 返さない改心の伝達が重要です。焦らず相手の不安や不満を理解することが重要です。

 

①自分の気持ち、本心について相手に嘘を言わない。駆け引きは厳禁です。優位になる、早期解決よりも修復後に蒸し返されないきちんとした説明による問題解決と改心の誓いの伝達が大事です。

 

②平行線に至り無視の状態に陥って3か月が経過するまでは当事者以外の人、 親族を話し合いに巻き込まない。

 

③言い分は変えない、疑う言葉は控え、言い分を理解 する冷静な姿勢が基本、方針を変えないことは難しいことですが言い分がぶれないよう配慮して下さい。

 

 

具体策:

A:別居を引き留めている、離婚に応じない理由は必ず伝える。要求をされている気持ちを尊重する。実行できない約束、覆すことになる約束はしない。聞かれたことに嘘を言わない。献身愛の気持ちを忘れてはいけません。特に別居中の女性の場合、自身が不在となっている別居期間でのご主人の食事、健康管理の心配ができるか、ショックで憶測で浮気を心配して詮索しないことなど悪化を防ぐための寛容で優しい印象を継続する心構えが大切です。

気持ちを伝える

離婚問題を解決する返事を得るために

離婚問題に直面されたご夫婦が冷静に向き合い、夫婦としての関係の修復のために安心を与える約束と相手の気持ちを思いやる気持ちと冷却の時間が大事です。婚姻の意味について冷静に考えて下さい。

 

考察にて「結婚観に関する人格分析」「家庭構築に関する人格分析」「対人分析」を無料でご提示いたしております。この事態の起因が過信なのか、怠慢なのか、不貞恋愛が影響しているのか、離婚話の背景や事情を考慮して誠意ある話し合いで解決する心構えをアドバイスいたします。

話しにならない

離婚回避する言葉の伝え方をアドバイス

離婚問題解決への夫婦の関係修復、別居の問題に直面し、自分との結婚生活で相手がどう不満を感じていたのかを聞き取ることが必要です。謝罪の言葉を考える前に謝罪の論点をまとめ、約束として伝える内容を考えて仲直りできた後の誓い、譲歩について答えを得ることを焦らない、できないことをこうしようと誇張して話さない、離婚問題について今の状況を悲観しない、嘘や憶測発言、自身の保身発言は離婚問題の生理的な悪化を招きます。

いつも仲良し

別居後の離婚についての対話では相手が離婚調停の準備をしているケースがあり、離婚理由として思い当たることを全部謝るのではなく、非の自覚と誠実な修復意欲の気持ちが大事です。考え方の理解ができない場合は理解できるまできちんと話し合って下さい。一般的な離婚条件の話などは控えて下さい。

 

離婚を切り出された現状で誓え実行できる改心とは?献身愛、寛容、夫婦の信頼関係について意識からの 自己改革が必要です。頼りない夫と思われた自分をどう変えるか?安心を 与えられる夫とは?夫として何が問題であったのかを自覚する必要があります。婚姻の責任について離婚を思い留まってもらうためにきちんと考えて下さい。

 

離婚要求をされ悪妻と言われる過信した自身の非がわかりますか?恐妻家で終わってあなたは幸せですか?恐妻家と言われる自覚がありますか?離婚を切り出された後で反省する意欲 がありますか?お子さんの視点から自身を見たと仮定され、夫を軽視して過信した自分が恐妻と思えますか?

 

離婚を切り出された理由を考えることが必要です。

手紙にする

お子さんの視点から考えていつも深夜帰宅の自身が頼れる父親と言えますか?

 

離婚についての話し合い以外で親族や友人を議論に巻き込んでしまう恥ず かしい、情けない後悔はありませんか?愛する、愛される、頼る、頼られる、支える、夫婦の愛について冷静に夫婦の話し合いを通じて結婚生活の自身の非について反省をしてみませんか?今の相手の離婚決意の意思を声で確認して離婚したいと思った理由を聞き取ることが離婚を回避する話し合いでは必要です。

 

いつも一緒

 

TOPへ戻る