別れの心理と別れの理由

別れの心理を理解して復縁成功へ、高い復縁成功率・心理学の方法を教えます!

復縁専科













ホーム → 別れの心理と別れの理由

適えます


別れの心理を知る

男子心理を知りたい

心理学による別れた彼氏の別れの決意を知るアドバイス
復縁のための心理分析で相手の別れようと決意した彼氏の正直な気持ち、言えない本当の理由を提示いたします。
彼氏の気持ちを最優先にしたメッセージの伝達方法
メールとは最初の1通で決まる

別れた彼氏が言えずにいた理由、彼氏の自己保身と男性心理:
男性心理には、心の領域があり、聞かれることで交際再開、別れの撤回、復縁を期待されている、
今すぐの交際再開のYES以外の答えを期待されていないと感じて無理と言い切る決意に追い込まれます。
悲観的な言葉で気持ちを聞かない方が向き合いやすいケースがあります。

メール lineの再開は謝るより察する、復縁を焦って追い込まない文面と展開方法!

①自分から発信するline、メール文章には男性心理を察する観点で話題の中心を重視する。
彼氏への気遣い、敬意ある明朗でわかりやすく、目的が理解される短い文面であること。
②決め付け、自己判断自己解釈での責める言葉 、言い切る表記は禁句。
③彼氏が触れるまでは共通の知人友人、職場の話題をメールに記載しないこと。

心理学のメール

  くわしくは、下記のフォーム、またはお電話でお問い合わせ下さい。

相談無料


 メール相談無料

心理学、人間科学、男性心理、復縁についてご不明なことは遠慮なく問い合わせ下さい。

復縁への対話・lineのやり取り実例

別れた彼氏から急に距離をおきたい、と言われたら?
別れ話になっていない彼氏と久しぶりにlineをしたらもう終っている、やり直せない、と言われたら?

答え:男性心理の自己保身、自己正当化が理由による過去形の返答です。
責めずに理由を問い詰めず、なぜそうなの?と優しく尋ねて気まずくさせない。
泣かない、責めない、無視しない向き合い方で復縁できる。


別れ話の途中で君とは結婚したくない、できない、自分は結婚しない、と言われたら?

答え:男性心理の成婚への自信のなさが理由です。浮気や目移りを憶測で疑うことは避けて下さい。

もしも責めたり問い詰めた後ならば、
泣いたり責めたこと、浮気を疑ったことなど自己主張が強く思い込みで悲観した気持ちから焦った言葉、
一方的な言葉を向けてしまった理由を声にして謝り、
成婚や交際再開を期待していたから思う様にならず、ついつい心にもない悲観的な言葉を向けてしまいました。
好きだから期待してしまった。
など正直な理由の説明をされて、彼の言い分を聞いて下さい。
それに対して、もっと対等な関係でありたいのに、のような本心を向けてくれた場合は、謝り、前向きな言葉を向けて下さい。



男性心理を察する、謝った後でもし彼から、終ったことと言われた場合は、明確な謝罪意志を声にして、
相手にとって、自分と連絡を継続することで与えられるメリット(尽くし慕う言葉、誓い、愛情面、誠実さ)を声にして下さい。

復活愛

お問い合わせ:090-6519-1413(受付時間AM8:30から AM3:00)
(番号は必ず通知でおかけ下さい)

仲良くなれる

Copyright (C) 2016. All Rights Reserved.