復縁専科













別れた人はやり直すべき相手なのか


別れた相手は今のあなたにとって恋人としてやり直すべき相手ですか?恋愛推移、育んだ愛情、結婚の話など信頼関係の内容と別れ話の詳細を心理分析いたしております。
潜在意識の残存する愛情に基づいて可能性や方法の判断をいたしております。
別れの理由、人格分析、恋愛観などあなたへの想い入れや恋愛の価値観と別れの心理を詳しく分析をしてから
恋愛の推移に合わせた成功の可能性を重視したアプローチ開始への3つの課題を提示いたします。
別れる前であれば別れを受け入れるか?別れたくない言い分を変えないか?
別れた直後であれば冷却の時間を置くか?などタイミングの推測と具体的な進め方は心理分析と課題回答から方向を決めております。
手順は応答を得る、会う、相手の言い分を聞くために話し合う、気持ちを理解してから恋愛をやり直したい理由を要点から伝えていただく進め方となります。
潜在意識にあるあなたとの恋愛の良い記憶を思い返してもらうのです。鬼メール、鬼LINE、鬼電話のリカバリも可能です。
完全な決裂、lineの未読無視やブロック、別れ話以降の過度な連絡や接近や引き留めストーカー呼ばわり状態の場合は冷却と謝罪のタイミングが異なります。
別れ方と課題回答に基づいてアプローチ開始時期やコンタクト手段、対話方法を提示いたします。
この課題で、別れた原因はどのようなことがあるのか?交際姿勢について考えていただきます。

成功前例から考察した10の前例、高い成功率の別れ方別の方法を教えます!
適えます

別れ方、恋愛観と年齢別のセオリー

男子心理を知りたい

別れた正直な気持ち、言えない別れの本当の理由を分析提示いたします。
愛されるための気持ちを伝える、想いを正直に伝えることを最優先にしたメッセージの伝達方法
メールとは最初の1通で決まる


相手からの別れの言葉に言えずにいた自己保身、恋愛について本当の別れの理由が隠れています。
別れを決意させた本当の理由=真相を読み取れます!
(女性20代から30代、交際相手が男性30代、恋愛期間3年未満のケース)
1:好きかどうかがわからなくなった。嫌いではないけど恋人として好きになれない。あなたは悪くない。など
→他に好きな相手がいる、束縛が嫌だなど重大な事実を伏せているが、あなたが泣いたり、拗ねたり、激しく怒り出すことを心配。して警戒が強い状態です。
交際が円満であった頃から相手に見抜かれていたあなたの性格の短所が大きく関連する言い訳と解釈できます。
A:最も有効な方法=2週間は静観してから70文字以内のメールでもう話したくないのですか?と尋ねて、理由や言い分を確認してください。
最低6か月必要です。

2:嫌いになったわけじゃない。友達に戻りたい。いったん別れてから考えよう。など
→共通のお友達など周囲に別れ話を知られたくない保身。倦怠や退屈など恋愛への飽きが原因による別れたいと画策している状態です。
A:最も有効な方法=静観は厳禁です。メールやlineは1か月以上先で会うための約束を得ることだけに使用され、会って話し合われて下さい。
浮気や他に好きな人ができたのかと尋ねる疑心の発言は修復不能に陥るリスクがあります。
最低2か月必要です。


3:先が見えないから終わりにしたい。あなたとの結婚が考えられない。
→あなたの迷い、揺れなどからあなたの愛情に不安がある、他の異性との交友を怪しまれたり、献身愛の減退を見抜かれた状態です。
A:最も有効な方法=最低1か月以上は静観してから
70文字以内のlineかメールで近況を尋ねて、3か月以上はlineやメールのみでやり取りを維持してください。
結婚を意識させる言葉、浮気を疑う言葉は控えて下さい。浮気はありません。逆にあなたが疑われている場合に多い言い分です。
最低12か月必要です。


4:あなたとは価値観が合わないと思う。あなたとは趣味が合わない。話していてもつまらないと思えてしまう。など
→他に好きな相手がいて既に交際を開始されている状態です。
A:最も有効な方法=3週間は静観してから25文字以内のメールで通話できますか?と尋ねて、言い分を確認してください。
最低10か月必要です。


5:支えられないからあなたのために別れたい。尽くしたいと思えない。あなたとの恋愛に疲れた。
→あなたの過度な構ってという駆け引きで振り回してしまったことが原因で素直ではない発言を本心と誤解させた状態
あなたが過度に束縛したり、lineやメールの頻度が多過ぎたり、浮気を疑い過ぎたり、相手の過去の恋愛の話しに嫉妬するような発言があったなど、
甘え過ぎや支配欲の強さや恋愛依存症傾向の女性に多い失恋の典型で使われる言葉です。
A:最も有効な方法=3か月以上の静観してから15文字以内のメールでごめんね。と伝えて応答を待たれて下さい。
最低12か月必要です。


6:もうあなたとやっていくのは無理だと思う。
→性格の不一致を強く実感させている状態。具体的に不満を伝えると泣かれたり怒らせてしまい別れに同意してもらえないと警戒している状態です。
A:最も有効な方法=1週間は静観してから25文字以内のメールで会えませんか?と尋ねて、断りの理由や言い分を確認してください。
次はいつ会ってくれるの、という尋ね方や無理に約束させることは控えて下さい。音信不通に陥る危険が高いです。
最低3か月必要です。


7:無視
→話し合うことが気まずい、言えないことが多数ある、伝えると責められたりトラブルになることを怯えている状態。
この10年間で一番多い失恋のパターンです。きちんとした別れ話や謝罪もなく音信が途切れます。lineは未読無視などの状態に陥ります。
相手が別れ話が気まずく、話すことが面倒と思えている状態で相手に罪悪感や疚しさはありません。自己を保身する傾向が強い男性に多い状態
A:相手の性格や無視に至るまでのやり取りの詳細など交際の経緯でアドバイスが大きく異なりますのでメールにてお問い合わせください。

8:暴言など感情的な言葉
→自己保身や悔しさが原因です。暴言に裏はありません。話し合えない感情の乱れがあります。
A:最も有効な方法=3日は静観してから70文字以内のメールで会ってちゃんと話せませんか?と尋ねて、理由や言い分を確認してください。
最低2か月必要です。

9:他に好きな人ができた。だから別れて欲しい。
→開き直り。言い分は事実です。相手が誠実な性格ですので発言に嘘や弁明はありません。
A:最も有効な方法=静観が逆効果です。事実をきちんと聞き取っていただくために言い分を確認してください。
最低12か月必要です。

心理学のメール

  くわしくは、下記のフォーム、またはお電話でお問い合わせ下さい。

相談無料


 メール相談無料

心理についてご不明なことは遠慮なく問い合わせ下さい。
別れた恋人の別れの心理を分析
ぜ相手が別れたいと決意したのか?恋愛を継続できないと思わせた理由を冷静に受け止めて下さい。
会話がつまらない、関係の依存に疲れた、性格が合わないと思わせた、結婚を意識されて重荷になった、他に好きな人ができたなど、
交際の経緯や推移、相手の性格や価値観で大きく理由が異なります。
返答を迫って長時間の話し合いをしたり、別れ話の撤回を求めて会うことを執拗に求めたり、過度に電話やメール、lineでの引き留めが嫌悪を与えます。
別れた恋人に対して気持ちを伝えずに沈黙するだけでは別れた恋人の気持ちは動かせません。
素直に別れたくなかった気持ちや交際を継続したい胸中を伝えて、別れた恋人と向き合う意欲が必要です。
彼氏、彼女が別れたかった、交際を継続できないと思わせ交際をやめたい気持ちを理解し、別れた恋人と恋愛のやり直し成功のために
【相手への思いやる気持ち】を最優先に冷却期間を活用したアプローチ
どうしても心残り、未練や想い入れがあり、大切と後悔する気持ちが上手に伝えられれば恋愛のやり直しは実現できます。
完全無視やlineブロックを克服する心理作戦、
別れた恋人との恋愛が忘れられない、失った恋を諦めたくない、
別れた恋人と関係をやり直しをしたい願いを叶える方法です。
別れた恋人が相手が感じていた好意に作用するアドバイスです。

復活愛

お問い合わせ:090-6519-1413(受付時間AM8:30から AM3:00)
(番号は必ず通知でおかけ下さい)

仲良くなれる
破局して別れた彼氏、彼女ともう一度やり直したい、別居状態からの離婚の回避を適える。
心理学で相手の気持ちを理解して向き合う方法!
想いを適える、大事な人とのやり直しの成功は、気持ちを素直に伝え、和解に向けて気持ちを引き寄せる、
やり直したい別れた相手を安心させられる自己改革で愛される自分になること。
別れの心理を分析、別れたい気持ち、心理を理解し非を自覚する愛されるための自己改革の方法で復縁に導きます。
家庭内別居、夫の無視、妻の家出、DV問題、借金問題、嫁姑問題や性格の不一致が原因の夫婦の別居問題も心理学で解決しております。
別れたいと言われた心理を有資格者が分析し別れたい理由の起因を解明し自己改革と誓いの実行のアドバイスで信頼を構築します。
妻から夫として頼られる自分になる、夫から妻として安心してもらえる自分になるための課題に取り組んでいただき夫婦としてもう一度やり直す方法です。
調停が不成立に終わられたご夫婦、無視、膠着状態、新婚間もない時期の別居要求や別居など新婚離婚の回避、
不倫・浮気や不貞問題を克服してやり直す復縁の方法をアドバイス。
離婚後の元夫婦の再入籍や婚約破棄から結婚まで心理学による的確なサポートをいたします。

Copyright (C) 2016. All Rights Reserved.