元彼に復縁したいと思わせるlineの使い方?嫌われない言葉で伝える方法

未読無視された

元彼と復縁したいと思わせるには?別れた後でしつこく連絡をしない、元彼と共通の友達に失恋相談をしないなど心理面で元彼の記憶や潜在意識の中にある元カノとしての自分の良い面が未練として思い返してもらうテクニックがあります。

 

別れた後で冷却期間を置いて送ったlineを元彼に未読無視されたらどうすればいい?今すぐに復縁の兆しのサインを読み取ることが難しい場合のlineの使い方とは?元彼の今の気持ちを察した連絡方法があります。

Contents

元彼に復縁したいと思わせるlineの言葉

別れた直後は絶対に元彼にlineを送らないで下さい。あなたから別れを撤回して欲しいと頼まれることを警戒しています。1ヶ月以上の冷却期間を置いてから元彼が嫌だと思わないタイミングで近況を短い言葉で伝えるようにして下さい。lineで未練をアピールしないなど焦らないことで元彼の今の気持ちを聞くことができます。

 

 

元カレと復縁したいならどうすればいい?別れた後でlineに返事をもらうことは簡単ではありません。

関連記事:元カレと復縁したい?振られた後の8つの方法の行動条件で恋愛が蘇る

 

心理学の方法

 

復縁したいと思わせるなら元彼の男性心理を知る?

男は一度別れたら無視は良くないと知りながら気まずくて返事ができない心理になります。無視されないように言葉と内容と送るタイミングに注意をしてlineをやり取りすることで本音を知ることができます。

 

返事が来たら「返事をくれてあとがとう」から始まるlineを返信するようにして下さい。またあなたと付き合う気持ちになってくれるまで3ヶ月以上の時間が必要です。

 

 

別れた後で冷却期間を置く理由がわかります。嫌な別れ方の印象を解説する方法がわかります。

関連記事:冷却期間は復縁したい相手に連絡しない?3ヶ月を目安で待てる人のメリット

 

 

復縁の可能性を高めるテクニックがわかります。

関連記事:失恋から復縁できる可能性と確率?心理学でチェック診断する方法

 

ちゃんと話せた

復縁したいと思わせるなら別れた直後はlineで連絡しない

別れ方により1ヶ月から3ヶ月の冷却期間を置いて下さい。その間は元彼の誕生日やクリスマス、お正月、バレンタインがあっても連絡をしないで下さい。別れている状態で誕生日の連絡をしたい場合は送る時間の選び方、言葉も丁寧に短くするなどテクニックが必要です。素直な言葉でわかりやすい伝え方が大事です。

 

こんな言葉が理由でlineを無視される?

「近くに行ってもいいですか」「少しだけでも会えませんか」「寂しい」「心配しています」「あの頃のことを思い出しています」などの重たい言葉をlineで送ると無視される原因になります。

 

 

復縁のきっかけを作る連絡とは?lineに「これが最後の連絡になります」と書いてはいけない理由がわかります。

関連記事:復縁のきっかけ作りの言葉とタイミング!男性と女性では結婚観は異なる

 

 

 

 

復縁結婚できた女性の特徴とは?lineでのやり取りで再会することが復縁の最初のステップになる意味とは?

関連記事:元彼と復縁結婚した女性の特徴は?引き寄せの法則の効果と好転反応の期間

 

 

いつも二人で

元彼に復縁したいと思わせるための対処法

別れた後の最初のアプローチのlineを元彼に無視された場合の対処法はその後は3ヶ月以上、沈黙してしつこくしないことです。恋人としてお付き合いを続けられないと決意した元彼の気持ちを考えた思いやりが大事なのです。

 

復縁のサインは元彼が敬語からタメ口に変わる時?

関連記事:lineが敬語の男性心理?元彼のタメ口は復縁に脈ありのサイン

 

元彼はあなたのことを忘れていない

時間が経過しても元彼があなたのことを忘れてしまうことはありません。男と女では生活の時間帯が異なりますので頻繁な連絡が逆効果になることがあります。

 

 

lineの未読スルーは元彼の駆け引きだった場合の復縁成功への対処法がわかります。

関連記事:元彼が復縁する気がないサインと行動?未読スルーの駆け引きへの対処と連絡方法

 

幸せを実感

復縁したいと思わせるlineの言葉と内容

lineの言葉で何を伝えて来たのかがわかりやすいこと、短くわかりやすい言葉を70文字以内で伝えて下さい。読んだ元彼にあなたの未練の気持ちを感じさせる、復縁してまた付き合いたいと言われる、どうしてもまた付き合って欲しいと頼まれるなど、あなたとまた話すことで拗れてしまうような雰囲気を感じさせない配慮が必要です。

 

 

 

愛を信じて

 

 

元彼と別れてから後悔して復縁したいと思ったらどうすればいい?不安にさせない言葉のテクニックがあります。

関連記事:別れてから後悔?彼氏と復縁したいならlineを上手に使う女性のテクニック

 

 

別れの心理

復縁したいと思わせる連絡のタイミングと内容とは?

『あなた・私』に無関係な話題は書かないで下さい。過去形の言葉や謝ってばかりの言葉では既読スルーされてしまう可能性が高くなってしまいます。復縁できた女性の特徴としてlineの言葉に気遣いが出来ていたのです。

 

元彼が返事をしたいと思うlineの使い方

あなたに元彼の興味、関心が向くポイントは気遣いで煩わしいと思わせないことです。結婚の期待をしていたなど未練をアピールする言葉もやっぱり嫌われる原因になります。

 

 

元彼が既読無視したらどうする?待つことで会うチャンスを作り、会うことで復縁に近付けます。

関連記事:lineで復縁したい!無視されない内容で元カレに伝える言葉の例文

 

 

元彼と別れた後の冷却期間が重要な理由がわかります。

関連記事:元彼が忘れられない?復縁に別れた後の沈黙が必要な理由と冷却期間の意味

 

いつも一緒

元彼に復縁したいと思わせたい女性必見の技

元彼とやり直す基本的テクニックを解説します。なぜあなたが元彼に振られたのか、なぜ別れる結論じなったのかを思い返して自分の何が悪かったのかをきちんと思い返されて下さい。

 

別れた後も会ってくれていた元彼の本心とは?

関連記事:元カレの振ったあとの男の心理?別れた後も会ってくれる理由を知る復縁方法

 

 

復縁の告白のセリフとタイミングがわかります。

関連記事:元彼への復縁の告白のタイミングと切り出し方は?気持ちを打ち明ける

 

あなたに会える

別れを決意した元彼の本音を理解する

あなたの魅力のことが理由ではありません。好きと思えなくなった瞬間でlineで別れ話を送信した、元彼に新しい出会いがあった、会話から趣味が合わないと思った、lineの返信を求められることが煩わしくなったなど単純な理由です。やっぱりやり直したいと伝えても無視されてしまいます。

 

失恋の問題は自分だけが悪いのではありません。落ち込んで何も考えたくない気持ちになると思います。

 

でも重要なことは人との会話やコミュニケーション、愛情の伝え方、受け止め方などたくさんの経験が必要になります。失敗することを恐れるよりも無視せずにちゃんと謝ることが大事です。

 

 

寄り添い合う

別れた後で復縁したいと思わせるチャンスがある?

別れた後で元彼と再会できるチャンスが一番高いのが高校生・大学生の恋愛です。lineを無視されても同じ学校で顔を合わせるチャンスがある、無視されても仲裁をお願いできる共通の友達が多いなどが理由です。

 

ただし失恋した悩みを友達に話し過ぎないようにして下さい。あなたが失恋の経緯を周囲の友達に話していることを元彼に知られたらお互いに気まずくなってしまいます。

 

 

元彼が無視する心理を知れば復縁する方法がわかります。

関連記事:元彼が無視する心理を知って復縁する方法?別れた後の再会デート

 

返事をしない元彼と復縁するにはどうすればいい?

関連記事:元彼が返事をしない心理は?警戒心を解いて復縁するテクニックで伝えた言葉

 

待てます。

復縁したい元彼を自分から振った後なら?

自分から振った元彼と復縁したいなら本音で正直な気持ちを伝えて謝ることが必要です。自分から振った場合、復縁は難しくないと感じるはずです。何をどう謝るか、冷静に考える時間が必要です。

 

自分は彼氏から愛されていた、もう一度付き合えれば幸せと思えるようになる、今も好かれていると思ってしまいいつものような連絡をしてしまう女性が多いのですが、急に振られたことで初めて元彼はあなたに対して怒りや不信感が起きてもう嫌だという気持ちが強くなっているのです。

 

あなたからもう一度付き合いたい、復縁したいと言われても答えに困って無視する男性が多くいるようです。

 

 

元彼から結婚できないと言われた後で復縁方法とは?

関連記事:元彼から結婚が考えられないから復縁できないと言われた、男性心理を理解する

 

自分から振った、後悔して復縁したいと思ったらどうする?問題は元彼を傷つけてしまったことです。

関連記事:自分から振った元カレと復縁したい!後悔の言葉を連絡する方法

 

手を繋いで嬉しい

復縁したいなら別れた後でやってはいけないこと3つ

①別れたら1ヶ月はlineやSNSは使わない。

 

②友達に恋愛の相談をしない。元彼と共通の友達に絶対に元彼との別れ話を話さない。(元彼の耳にあなたの裏での発言の噂が入らない)

 

③浮気を疑っている場合は絶対に追及しない。
彼氏の浮気を疑っていても追及しない、もし浮気が確かでも彼氏を許して下さい。

 

 

2人で話そう

元彼の浮気が原因で別れた場合

彼氏の浮気が原因で別れた後は何も連絡しないで下さい。先々で直接会って気持ちを聞き取るつもりで今はそっとしておいてください。会うための連絡ツールとしてlineをブロックされないよう使わずにしばらくそっとしておいてください。

 

 

浮気が怪しいと感じて行動などをチェックして見抜いたことが別れ話のきっかけになった場合の復縁方法とは?あなたの嫉妬心が原因で別れた後で責めるようなlineを送ってしまい、元彼が返事に困り無視して逃げるように去ったケースでは復縁までの期間が数か月延びてしまいます。

 

彼氏の浮気を見つけた後の対処法が4つあります。

①浮気を察知したこと、疑ったことを相手には言わない。

②相手から正直に他に好きな人がいるという事実を話してもらえるよう問い詰めたりしない。

③相手の言い訳を否定しない。別れたいと言われたら一度は聞き入れて別れる。

④浮気をされたことを友達など周りの人に相談しない。

 

 

 

彼氏の浮気を見つけた後の復縁方法がわかります。

関連記事:彼氏の浮気ラインを発見!別れの原因を責めないで連絡を待つ復縁方法

 

彼氏の浮気が原因で別れたら連絡をしないで沈黙して下さい。

関連記事:元カレと復縁に近づいているサインは?lineの返信の内容から読み取れる

 

 

 

寂しい気持ち

本気で復縁したいと思わせるためにどうすればいい

3つのやってはいけないことの意味ですが、元彼がいない場所、見ていなくても他の異性と仲良くしないで下さい。噂、人伝での話を元彼が聞いて嫌な気持ちになります。

 

lineでは本心・本音だけでわかりやすく気持ちを伝えるようにして下さい。あなたの恋愛の価値観や言動の中に振られた理由が含まれているのです。

 

 

 

一緒に考える

元彼と別れた後で友達になれる?

別れている期間はしばらく距離を置く期間ではなく、交際関係を解消して他人に戻っている関係なのです。男女が恋愛を終わらせた後で復縁を期待していない、気持ちが完全に離れてしまったと思ってもすぐに友達になれるわけではありません。つい愛情を期待してしまい、うまく友達関係の維持ができないはずです。

別れ方で復縁を諦めた方がいいケースがある

マッチングアプリなど恋活・婚活アプリの男性が気持ちの変化で恋人として責任のある付き合い方が嫌になり、都合よく扱うために「友達に戻ろう」と言って別れた後も身体が目的で会ってくれるケースはありますが、本当に復縁を目指しているのなら別れた後は元彼から恋人としてやり直したいと言ってもらえるまで元彼と会わない関係になる方が復縁の可能性は高い傾向があります。

 

 

元彼との復縁を諦める?別れ方で判断できます。

関連記事:元彼と復縁するべきか?諦めるべきかを迷ったら別れ方で判断する

 

性格の不一致を感じさせた元彼と復縁する方法を紹介しています。

関連記事:年の差カップルの復縁!年下の元彼が性格の不一致を理由に別れた後

 

もう一度やり直す

遠距離でも復縁したいと思わせる方法

遠距離恋愛だった元彼と別れたらどうする?冷却期間を置いて沈黙する前に1通で良いのでlineで正直な自分の気持ちを伝えてから沈黙して下さい。

 

すぐに会いに行ける距離ではないこと、元彼の本当の不満は会いたい時に会えなかった寂しさなどを伏せられている、既に近くで新しい彼女ができているなど浮気が原因のケースが多いようです。

 

話しがしたい

遠距離恋愛で別れたら冷却期間が逆効果

会いに行けるタイミングの直前まで沈黙してから会いに行きたいとlineで連絡をして元彼の返事で様子や気持ちを確かめて下さい。別れた後で1度会うまでは絶対にしつこくlineを送らないように配慮して下さい。

 

遠距離の元彼と復縁する方法がわかります。

関連記事:遠距離の彼氏と復縁したい!自然消滅された後の連絡のきっかけは?

 

失恋した後で

 

復縁したいと思わせるSNSの活用方法

別れた後ではFacebookやInstagram、TwitterなどのSNSの頻繁な記事や写真の投稿を控えて下さい。失恋に関係のない話題でも記事の投稿は元彼の印象としてマイナスになります。

 

既読無視

冷却期間中もSNSは復縁の大事なツール

元彼に冷却期間を置いてからlineで連絡をしても無視されて返事がない場合、SNSのメッセンジャー機能を使う前に自身の穏やかな近況やデートやイベントの思い出には関連しない写真を投稿するなどして下さい。

 

1ヶ月以上は様子を見てからダメだったら諦める覚悟で元彼にSNSのメッセンジャー機能を使った連絡をされて下さい。

 

注意点として短く、70文字以内でわかりやすいメッセージを送るように心がけて下さい。過去のことに触れ過ぎたり、反省の言葉を含ませたちょっと長い文章の場合、返事をしたらまた面倒なことになると思われて無視される傾向があります。あなたの感情の強さについて元彼が警戒していることが理由です。

 

 

彼氏と別れた後の復縁にはSNSを上手に活用する。

関連記事:浮気で別れた後の復縁体験談?彼氏が自然消滅で連絡できない場合

 

話しがしたい

SNSを復縁に有効に活用できる失恋のパターンとは?

元彼が浮気を伏せて自然消滅で別れた場合ではSNSを有効に活用できた前例があります。元彼が自分から浮気を認めて謝ってくれることはありません。lineは今の彼女に浮気を疑われたくない理由で別れた直後にブロックしたり削除をしてしまいます。そのため元彼の今の恋愛が落ち着いても連絡できる経路がSMSショートメールかSNSのメッセンジャー機能を使うことになります。

 

 

メッセンジャー機能を使う場合、元彼に対しての突然の送信になりますので元彼が読むタイミングであなたの投稿記事、更新内容をしっかりと目にしますので元彼に不審を感じさせない配慮として記事の投稿について控えていただくのです。

 

赤い糸

ダイエットやスキンケア、ファッションなど自分磨きを頑張っていることをアピールした記事を無理に続けて投稿しないことをお薦めしています。

 

幸せになれる

 

復縁したい人が使うSNS投稿記事の効果

元カレとのSNSのつながりはどうるればいいのか?カップルとして別れた後でSNSを有効に活用するテクニックとは?lineやメールでの連絡を控えるだけでなくSNS経由での連絡ができるツールをブロックされないよう配慮することが大事です。

 

 

SNS、Facebook、Instagram、Twitter、ブログの投稿、記事の情報更新を一切休止するようにして下さい。友人のページへの「いいね」などの反応を送ることはしないで下さい。

 

記事や写真の投稿であなたが本当に失恋したことに悩んでいる、自分自身で引きずっている。元彼と別れて本気で辛い、元彼にまだ未練がある、後悔している、別れても男女の友達と毎日が有意義、自分はマイペースに人生を楽しんでいるなど別れた後のあなたの様子がわかる投稿記事をSNSでチェックした時に元彼を不愉快な気持ちにさせてしまいます。

 

失恋した後で

 

 

復縁したいと別れてから思わせる去り方

彼氏から別れ話をされたら責めたり感情的にならない。困らせたりせずに別れたいと思った理由について教えて、と問い掛けてから彼氏からの説明を待って下さい。1週間程度は保留してから別れを聞き入れて下さい。

 

 

実際にいい別れ方をして相性は良かったと記憶してもらう方法?復縁が成功できた女性の体験談です。

関連記事:1週間の冷却期間が目安?別れ話を保留する方法で彼氏と復縁できる!

 

 

 

悲しい気分

lineで復縁したいと思わせるテクニックとは?

元彼の潜在意識にあなたに対する煩わしさなどの苦手意識を残さない別れ方ができます。時間を置いて復縁したいと思ってもらえる別れ方ができます。復縁には行動で本音を示せる優しさが必要です。

 

 

本音を伝えたい

今後の復縁についての話し合いでは元彼のプライドも考慮して下さい。ついつい別れる前のことを思い出すような話しはしないで下さい。

 

 

別れた後の男性心理を理解する方法があります。

関連記事:別れたあとの男女の違いは?復縁したい元彼・元彼女の本音と心理を知る!

 

lineの返事

復縁したい元彼に彼女がいる場合は?

別れた後で連絡のタイミングが遅れてしまった、連絡をためらっていたら友達やSNSの情報で元彼の近況を知った。復縁したい元彼に新しい彼女がいることがわかったらどうする?

 

今回、あなたが元彼の新しい恋愛を知ったように完全に秘密にすることは難しいことですが、あなたが元カノだったと新しい彼女や新しい彼女の周囲に知られない配慮が必要です。

 

 

結婚が実現する

最低でも3カ月は絶対に元彼に連絡をしないで下さい。警戒されてlineをブロックされるリスクがあります。男と女では別れた後の気持ちの切り替え方が大きく異なります。

 

自身のSNSに新しい記事を投稿しないように3カ月は沈黙していてください。自身のSNSから元彼との大切な思い出の記事、大切な画像だったとしても一度は削除することをおすすめいたします。

 

 

 

どうしよう

新しい彼女に自分が元カノと察知されないように友達にもSNSの投稿記事、画像に関しての削除の協力をお願いして下さい。

不安になってしまう

 

 

 

この記事の著者のプロフィール

TOPへ戻る