復活恋愛を実現できる失恋相談で別れた恋人とやり直す

失恋相談で恋愛を上手に育んで結婚を目標できる

困ったら相談

好きな男性、大切な女性との恋、何も伝えていない片思いのままの好きな人、心から好きと思えた人、少しだけ付き合っていた態度では判断ができない彼の本音、お互いの年齢を意識して婚活で結婚を視野に入れて出会い、人生を一緒に生きたいと思えた交際をされた方も含めて、大好きと思えた人との恋愛を結婚前提にやり直すための本当に大切と言える恋愛を復縁に導きます。性格の相性や趣味の価値観までを考えた失恋と恋愛相談です。

実現できる

効果とやり直すための伝達の具体策で別れた恋人との復縁を成功するためには、なぜ好きなのか?やり直したい気持ちを伝える感情が落ち着いてから謝罪する方法をアドバイス。失恋の悩みや片思いについて歩み寄りの方法をアドバイスいたしております。心から好きと思える相手と復縁してやり直す、失恋のご相談では、心理分析の後、別れた相手に3つの本音で向き合うセオリーを提示いたしております。恋愛について、非の自覚で言葉を伝えて安心を感じてもらう交際再開を前提とした具体策!

いつまでも待てる

理由があって別れたいと言われたのです、諦めてしまう前に別れる決意の理由を知ることで好意が伝わり、カップルとして相思相愛の気持ちでやり直せる可能性は高いです。心理作戦で愛が蘇る、別れた後の連絡方法の具体策のステップと冷却期間の効果を公開!彼氏、彼女、妻、夫の気持ちを上手に受け止めて成功に導く!

失恋相談では失恋に至った理由を分析して、適切な対応を指示いたします。成功事例には結果までをきちんと記載しております。冷却期間の効果と意味を詳しく解説いたしております。

失恋した

復活恋愛への失恋相談の具体的な進め方

◆別れた彼氏、彼女と恋愛をやり直す、お互いの気持ちを確かめ合い、関係修復をする具体策!

失恋のご相談:成功エピソードや方法につきましてはメール、お電話にてお問い合わせ下さい。

①応答の得られない状態で過度な電話、メール、LINEでのメッセージは控える

②共通の知人、友人への別れ話以降の相談は屈折して相手に伝わると気まずい印象を与えるため控える。

③別れたいと思わせた理由を冷静に考えてから対話する。安易に相手の新規恋愛、浮気を疑わない。

④line扉画面、ブログ、SNS、Twitterに失恋話題や恋愛話題、デートスポットの写真画像を投稿しない。

具体策:

A:別れたくない理由を必ず伝える。対話に効果がある姿勢として、付き合えなくなった気持ちをわかろうとする意思表示をする。素直な言葉を心掛ける。長文メールは厳禁など。

アプローチの方法:

A:メールで応答が得られない状態の場合は、電話や訪問、共通知人経由、SNS利用、SMS番号ショートメールは悪化させるマイナス 行為です。敗案件やご相談時点で修復不能の状態の案件から考察をした悪化の防止策を分析提示の際にお知らせいたしております。

 

◆夫婦の問題を解決する具体策!離婚問題を解決する。夫婦の離婚回避の基本は、責めず、先入観で不倫や浮気を疑わず焦らず相手の不満を理解することが重要です。

①自分の気持ち、本心について相手に嘘を言わない。

②当事者以外の人、親族を話し合いに巻き込まない。

③言い分は変えない、責める言葉は控える。恩着せ発言は厳禁。

具体策:
A:本心で謝り、引き留めている理由は必ず伝える。気持ちを尊重する。嘘を言わない。

別れた元カレ、元カノと恋愛をやり直すためには、失恋から立ち直る前向きな気持ちが必要です。相手の気持ちを思いやる気持ちと冷却の時間が大事です。失恋相談で別れた後の具体策、友達への安易な仲裁の懇願や相手の許可を得ずに訪問などの行動は厳禁です。絶対に後悔してしまいます。面識のない異性、女友達の介入が結果的に悪化を引き起こす前例があります。別れた後で恋愛をやり直す、別れ話を引き留めるために過度にメールをしてはいけません。

恋愛を終わらせたいと決意したカップルの別れの理由は?
交際相手の別れの心理とは?別れを切り出された時のあなたの対応が無意識に自分の素を見せてしまう?別れを決意した理由と原因を知る方法

既読無視やlineブロックをされなかった!交際が再開できれば結婚に至る?恋愛意識を回復する「恋人との関係再構築」音信が不通になり30日以上が経過した場合やline無視など自然消滅の場合のLINE文面例として、注意事項は空回りをしない、責めない、節度と良識を優先した文面を心掛けることです。一言だけのlineは「わかっていない」と警戒を与え、3行以上では執拗な迫られ方を予感され生理的嫌悪を感じさせます。「お元気ですか?嫌な気持ちにさせてごめんなさい、お伝えしたいことがあります」「お気持ちは察しています。でもちゃんと嫌になった理由をお聞きできていたら諦めることもできたのですが」「今は落ち着きました。ごめんね。すごく後悔しています」遠距離恋愛での疎遠、フェードアウトのような自然消滅での音信の停滞や別れを伝えられず無視に陥られたケースでは送信する文面は異なります。誕生日や記念日のイベントを意識した連絡はもう一度会うためのきっかけにはなりません。基本は別れてからの日数に関係なく「交際が終わっている」ことをきちんと自覚して、気持ちを察した言葉が自然なのです。lineの未読無視なら追加送信は2通以上しない、共通の友達や知人を介入させたり、失恋話をブログやTwitterに投稿をしないなど追い縋らず追い込まない配慮が必要です。同じ言葉を2回以上に向けないこと、今すぐに会いたい、話したい、伝えたいという空回りを抑制する、大人としての自制が相手への思いやりです。

 

ウエディングドレス

1:恋愛をやり直せる可能性は別れ話を切り出された直後のあなたの「聞き入れる」態度で変わる?効果的な聞き上手の姿勢で素直な言葉を向ける、別れ話を聞いた直後に相手の新規の恋愛などの言えていない事情・隠し事(新規恋愛)や言い訳を執拗に疑い責めるなど困らせない。探るようなメールを控えるなど冷静さが重要です。(アプローチに向けて別れの理由を冷静に考える時間)気持ちの理解(しばらくそっとしてあげる、ヨリを戻す応答を迫って追い縋らない、冷却期間)が優先。素直な気持ちの伝達(正直)の後の沈黙が必要。

冷却期間で素直なやり取りのタイミングを待つ方法(意思伝達とある程度の冷却期間、歩み寄りの譲歩を待つ方法)自己満足で独り善がりのようなロマンチック文面や情熱的な長文のメールやlineは空回りですので控えて下さい。「もう一度、付き合って欲しい、恋人に戻って」という本心を執拗に伝え過ぎないこと。特に返答が得られない状態で人生を返せなどの責めてしまう文面や違う文面の2通以上の連続した批難などを記載したり悪い例として一言1行の複数鬼メール、連続送信などの鬼lineの送信、電話のコールは厳禁行為です。待ち受け画面に相手の写真画像やラインのトップ画面やタイムラインに共通の思い出の写真画像を使用しないで下さい。

 

 

2:どうしても別れたくない、最後の自分のお願いを話す前に相手の別れたいと思った気持ちを本音で言ってもらう元彼、元彼女にとってあなたとの恋愛の期間で重荷になった甘え過ぎたを素直に謝り誓うこと。なぜあたなと別れたいと決意したのか?本音を聞き出せるような穏やかな尋ね方が重要です。しつこく連絡はせず、遠慮や相手の自己保身を察する、恋愛が負担になったり会話が弾まないなど重たい雰囲気を察する。(譲歩、謝罪伝達で誠意を伝える改心の方法であなたに再会のチャンスが訪れます)

 

 

3:別れた後もやっぱり変わらないと思わせない、まだ嫌われているかを確かめる、好きな人を気持ちの面で追い込まない復縁したい相手との人の輪を大切にする。共通の友人、SNS、ブログなど周囲の目が再会から復縁までの過程で悪影響にならないよう配慮が重要です。共通の知人友人への失恋の伝達は控えて静観して下さい、その後、お互いに冷静に考えられる状態になってから共通知人など人の輪の中での協調、同調を考慮して知人に介入や説得をお願いする。別れた元カレ元カノの別れ話での言い分や振る舞い、そっけない返事や未読無視などの反応の行動から気持ちを読んで復縁に向けて言葉の向け方を的確にアドバイス。

恋愛心理、恋愛からの結婚観を知る方法と結婚に至れる可能性について解説いたしております。失恋した後であなたと今すぐに会って話すことを拒む理由とは?自己正当化の理由は?lineやメールに別れた後は返答を得られない、既読スルー、未読スルー、lineブロック状態の完全無視状態からの応答を得るための上手なアプローチ方法です。lineの返事が無いからと追加送信で「寂しい」「悲しい」などの言葉は相手に罪悪感を感じさせ警戒を大きくしてしまいます。SNSや出会い系サイトや婚活アプリで知り合われた恋愛の場合は4つ(言い分の嘘、伏せている実状、など)の交際意欲についての事実確認が先です。lineの活用方法の注意事項などセオリーが異なります。

また愛されたい

失恋相談で恋愛を復活させる

 

泣きたい気持ち

別れ話の後の未読スルーのline無視は元カノ元カレが気まずい気持ちが理由

婚活サイトで出会って別れた相手男性と復縁結婚できた人の方法

恋愛をやり直すための具体策

願いを実現するために冷却期間の効果、冷却の時間は重要なクールダウンの時間です。再会デートの日はプレゼントよりも誠実な向き合い方が信頼の構築について効果が期待できます。敬い、慈しむ気持ちが大事です。

彼氏と別れてから復縁を実現できた女性の恋愛成功事例集

冷却期間を経て恋愛の相手の人と復縁できる目安は90日

 

TOPへ戻る