離婚要求後に妻が無視する心理

妻が無視する心理と言えずにいる離婚要求の理由

妻が離婚要求後に無視する心理とは?離婚要求の理由を言わない、言えない心理とは?帰宅後に嫁が家事をイライラしながら雑に行う様子を不機嫌なだけと見て見ないふりをしない、子育ての大変さを軽視しない、奥様の態度に対して感情を乱さず、理由を尋ねる。事態が別居に至られる家庭の特徴として言い返しが多い、過度に言葉を向けたり、取り繕いと思わせる責め方をされるなど異変後の構い過ぎに悪化原因があります。

わからない

妻が無視を続ける場合の対処方法とは?離婚を考えて疲れてしまい、悩みを言えない女性心理、奥様が怒りを堪えた結婚生活に疲れて、離婚がしたいと言うまでの我慢を察すること。家族として向き合い離婚要求の撤回へ、状況を変える妻の無視する心理を知って夫婦の関係修復へのアドバイスの成功事例で解説。修復の可能性を高めるためには離婚要求の理由を聞こうとする意欲が必要です。妻の無視には行動で対処することです。

心配をする

 

妻が無視する原因と離婚要求の心理

夫が自分自身で考えること、妻の離婚したい心理を理解したアドバイス、別居期間や離婚問題の渦中で奥様の誕生日や結婚記念日がある場合、プレゼントは控えて下さい。もちろん大切に想っている、をアピールするには、取り繕いと思わせない向き合い方が必要です。

寄り添う気持ち

妻が無視する心理はこれまでの会話の問題

対話の過程が随時把握できる心理学であなたをサポートをいたします。

わかってない

妻の無視への対処のために女性心理を分析し、妻の実家依存問題と向き合い、当たり前と自己解釈せずに相手を思いやる、夫婦の修復成功に向けた話し合いを展開いたします。

家庭内別居の修復

妻の無視、夫婦関係の修復事例

依頼者:Rさん38歳(男性・ 会社員)

結婚1年目の妻Aさん(31 歳)。子供なし

妻が無視、別居、夫婦の関係修復を希望。

修復期間:10ヶ月

難易度:E(相談時は対話困難の状態)

Rさんの意思により、悩まれている方に勇気を与えられるのであればとのことでこのエピソードを事例紹介に掲載いたします。

奥様のAさんとお仕事を通じて知り合われ2年程度の交際を経て入籍、結婚8ヶ月、お子さんなし。入籍同居の際に賃貸のマンションに居住されていたとのこと。お仕事は職場の責任あるポジションのため多忙であったが早く家に帰るように心掛けていたそうである。ある日、些細な夫婦喧嘩の後で奥様から一緒に暮らすのが苦痛、話したくないとlineメッセージがあり、そのまま数日間、家庭内別居で完全無視をされ話し合おうとされたことが理由で、喧嘩が嫌です、と避けられてしまい、会社から帰ると実家に家出をされてしまう。以降lineに応答がなく、ラインも既読無視から未読状態となられる。自分の非を自覚できないまま仕事の都合で週末の午後に実家まで迎えに行かれたそうであるが、義母が応対され、「旦那として解決は親に頼るのは問題です。急に来られても迷惑です。」と追い返されてしまったそうである。Rさんから当方に妻の無視、浮気の心配や女性心理の問題についてメールで相談。事情をお聞きする。交際時から異変が起き今回の無視、家出別居に陥るでの経緯について14項目のチェックシートによる心理分析と起因分析を実施し、奥様の無視の理由がそれまでのRさんの強い主導権やNOを言えばRさんが不機嫌になられることを怯えていたなどRさんの思いやり不足や強い支配欲など価値観の相違以前の問題であることがわかり心理を提示する。謝罪を義母宛に電話で伝えていただくが親としては何も言えない、話すことはないと対話を拒否されてしまう。奥様の実家への家出理由の説明などが大きな原因となり義両親がRさんへの強い不信感や苦手意識を持っていることが推測できる状態であった。奥様の様子から修復に応じる場合は急展開となる態度ではあるが、離婚調停も視野に再度、通話で義母と話していただくが奥様が日々意見をさせてもらえず我慢していたなど相当に批難を受ける。自身のも非はないと正当化したい心理状態で被害者意識が強いことがわかる。

同居後にRさんが帰宅するといつも家事のことや日常的な会話を求めたり、奥様の話を聞こうとしないなど支配欲から気持ちの理解をせずコミュニケーション不足が慢性化していた状態で無視や家出に至られたことが覗える状態であった。特に無視に陥る前に長時間の話しをされたこと、粘着質で言い方が上から目線であったり思いやりに欠落して気持ちの確認をするなど奥様に発言をさせない話し方、口で言い負かす傾向などを含め理屈っぽい言い方など、家庭内・夫婦間のパワーバランスに原因があったと推測をする。奥様の離婚要求のこと、義母の言い分、無視状態で実家への家出、など相当な我慢が原因での無視の心理であることを提示する。この際に先々の対話も視野に入れたマニュアルの作成を開始する。修復意思の伝達や先々での話し合いのためにRさんに非の自覚についての課題に取り組んでいただき、奥様の気持ちの 理解、奥様が結婚生活でのRさんとの暮らしの窮屈さ、会話のバランスなど夫婦としての気持ちの温度差、結婚前にお互いがどういう気持ちだったのかを確認し、お互いの愛情について分析提示して謝罪の論点を数項目考えて頂く。LINEにて衣類のことなど生活に困っていませんかと呼び掛けたり、ちゃんと話したいと伝えるが未読無視のまま1週間が過ぎてしまう。義母に電話を入れて会って謝罪したいと伝えるが、今は衣類など困っていないのでそっとしておいて欲しいと言われてします。思いやりのこと、特に上から目線での発言など自覚のある非について義母に伝言をお願いをしていただく。1か月の冷却を指示し、lineが既読にならない状態での送信はブロックなどの危険性も含めて控えるように指示をする。SNSへの日頃の投稿も感情の悪化などの危険を防ぐ意味で控えるよう指示をする。1か月後、義母に電話で両家の話し合いをお願いしていただく。回答として義父母同席でなければ話したくないと言われてしまい、奥様の実家での話し合いが実現するが離婚したいとしか言ってもらえず、不満や理由などは既にお伝えしてある、無理と言い切られてしまう。言葉の少なさの理由や断固譲歩しない理由は同居中のTさんの強いリーダーシップさに問題があったからである。1つ言えば3返って来る、悪いのはそっちだという理屈で押し切ってしまう面が多かったことに苦手意識や自己防衛の思考が強くなり多くを発しない状態に陥ってしまったのである。奥様の話し合いでの様子から今のタイミングでの静観・冷却の時間は復縁には重要であり、話し合いを求めてばかりの姿勢は逆効果になることを提示し、しつこくならない文面を用意して先々で伝える前提で手紙で誓いや謝罪、気持ちの理解を伝え、1か月の再度の冷却期間の指示をする。しかし冷却期間の1か月が過ぎて義母に連絡をするが、本人に直接連絡をして欲しいと介入を拒まれてしまう。奥様にlineで会って話したいと伝えるが、もう話すことはありません、いつ離婚してくれるの?という返答となり、数回はやり取りができたが篤実から応答が得られなくなる。lineが未読のまま返答が得られなくなる。奥様の今の未読無視や話し合ったり応答したくない理由は引き留められたくない、話すことが苦痛であると思っていることが理由と断定し、非の自覚についての謝罪について考えていただき、奥様が感じていたRさんの性格面の陰湿さ、陰険さ、高圧的な言い方、態度について反省をしていただき、きちんと理由を考えていただき、奥様と義父母に対する復縁交渉の過程で謝罪をするための非の自覚や反省をしていただく。未読無視のままを覚悟で30文字以内の復縁の呼び掛けのメッセージを数回、LINEを送っていただく。奥様から急に電話があり「今すぐに離婚に応じて欲しい」とで言われてしまう。未読でも書き出しなどは読めていて煩わしいことを避けるために未読状態で避けていたことがわかる。義母に電話で再度の話し合いをお願いされ、義父母同席で話し合うが、毎日が苦痛だった、謝られても信じられない、性格が合わない、無理と言われてしまう。離婚のことについて話しは平行線となる。冷却期間1か月を指示する。話し合いで注意すべきことなど義父母との対話マニュアルを作成する。話し合いから1か月が経過してから義母に電話で離婚したくない理由、責任、気持ちの理解を伝えるが、奥様は話し合うが苦痛、言い分は伝えた、もう話すことはない、と言っていると返答をされ平行線となる。この義母との通話の直後、奥様から電話があり離婚の決断を強く迫られてしまう。その通話で弁護士とか裁判、調停と言い出されてしまい、直接の話し合いを打ち切られる流れになったので離婚についての決断を6ヶ月くらい保留して欲しいことやこの問題についての別居のまま保留をお願いしていただく。奥様の強い離婚要求についての気持ちの理解や高圧的な自分についての反省など課題で考えていただいた離婚したくない理由を再度通話で奥様に話していただく。再度、義父母同席での話し合いが実現するが生活費は受け取ってもらえず、男性不信と言われ奥様からそういう上から目線が嫌なのでもう連絡はしないで欲しいと言われてしまう。再度1か月の静観を指示する。その期間で奥様との対話を前提に誓えること3つを今後の恒久的な実行を前提で課題として考えて頂く。誓いを手紙で伝えていただく。男性不信と言わせた問題など基本的に重複謝罪の列記など粘着せず、意思尊重と思いやりを主体に誓いを明記していただく。奥様が手紙を読んでいただいてから通話で話し合いをお願いする。平行線状態から逆に意見や主張をしてもらえる状態に変化するが、謝られても一緒に暮らすのは生理的に無理(同居時の生活習慣等:Rさんが入浴後、洗面所で自身の半裸の姿を鏡に映して筋トレ確認などナルシスト行為等)、口論になったことがないのは言い返せない雰囲気にされるから、謝っていても悪いと自覚がなさそうで信じられないと否定をされ離婚を迫られる。話し方を変えて離婚する場合を前提で離婚した場合、する場合と要求の受け入れも仮説にした話し方をしていただく。衣類のことで一時帰宅をしていただける。その後、何度か週末の昼間に一緒に外出されるなど時間をかけて言い分を聞いて発言を少な目にした接し方を維持していただく。今後について冷静に意見を聞ける、話し合う 状態まで回復をされる。奥様との面会では作成したマニュアルに従って離婚したい心理を察した向き合うことを継続していただく。数か月維持される。離婚の撤回の返答が得られ奥様の引越しが完了し、同居生活が再開し夫婦の関係修復が完了する。

TOPへ戻る