夫の家出の理由は家庭の居心地に失望したことが原因による離婚準備

夫の家出の理由は離婚を望んでいる

夫の家出の理由を知る、気持ちを上手に伝える方法:夫婦の修復事例

実現できる

夫と関係を修復するために夫の家出理由を察して自身の非を自覚する。音信不通になる前に謝罪する、否定の返答への女性らしい優しい対応を継続する修復方法。

夫の家出による別居理由の問題など夫婦の復縁への気持ちの伝達方法についてお気軽にご相談下さい。夫婦の問題には気まずくて言えないことよりも自身が不利になることを恐れて言わないケースが急増しています。引き留めている、同意できない理由が言えますか?別居理由はわかりますか?有利な結末を画策する相手と向き合うために正直であることが重要になります。

早期解決のポイントは夫が家出を決意して実行した理由を察して自身の妻としての非の自覚が重要です。

心配をする

夫の家出理由を理解する

夫の家出による別居理由の問題など夫婦の復縁への気持ちの伝達方法についてお気軽にご相談下さい。夫婦の問題には気まずくて言えないことよりも自身が不利になることを恐れて言わないケースが急増しています。引き留めている、同意できない理由が言えますか?別居理由はわかりますか?

呆れた

有利な結末を画策する相手と向き合うために正直であることが重要になります。理由の自覚が重要です。あなたの家事怠慢や威圧発言など、家に帰りづらい旦那の気持ちを察した向き合い方。家出中のご主人がお金や食事に困っていないかなど心配していることを尋ねたり、夫婦喧嘩で突き放すような感情的な言葉を向けていた自覚がある場合は本音だけで短く明朗に謝罪を伝えて下さい。帰宅をお願いする連絡は無視されても帰って来て欲しい気持ちを伝えるために継続することが好ましいです。ご主人の気まずさを考慮して友人、知人、親族への相談は14日は保留されて下さい。

落ち込んでしまう

夫が家出をした場合の対処は謝罪伝達

夫と喧嘩が原因での不仲に謝罪で対処する。謝るきっかけを与えるために先に謝ることが必要です。仲直りしてやり直したい伝えて話し合いを維持する。別居理由を自覚する5つの課題、やり直したい気持ち、夫婦の修復への願いを叶えます。修復のための話し合い、拒む理由の自覚、夫との対話で誠実で冷静な行動で継続的に安心を伝え修復を実現しています。夫婦の性格の不一致を理由にした調停などのケースでは話し合い不足や浮気を伏せたまま性格が合わない、言い分を聞いて理由を理解する、行け入れる、譲歩と理解が重要です。愛情が冷めたと突き放され、強引な別居をされてしまうケースが急増しています。不利になることを言わない別居要求には理由の自覚と反省、冷静な向き合い方が大切です。意思を伝えるための心理分析は心理学に基づいた相手の言い分からの要求起因の推測から。理由を言わない、浮気を伏せていたり、自分が悪者になりたくない自己保身が理由など様々な理由が考えられます。関係の悪化、ギクシャクを確実に回避するアドバイスのために、冷静に、慎重に、心理分析を行っております。

家族で暮らす

家庭内別居の修復

手をつないで

 

夫の仕事や実家を妻として巻き込まない修復方法

依頼者:H実さん31歳(主婦・会社員)

結婚3年目の夫Sさん(28歳)。子供1人(2歳)。H実さんの両親同居

夫の一方的な家出問題を解決し、同居再開を希望。<

修復期間:11ヶ月
難易度: E(相談時は対話困難の状態)

費用7万円(ご事情を考慮)

H実さんの意思により、他の悩まれている方に勇気を与えられるのであればとのことで、この夫婦の家出による問題のエピソードを事例紹介に掲載いたします。

心理学のアドバイス

H実さんとご主人のSさんは結婚3年目 (着手当時)、2歳(着手当時)の女の子(お子さん)が1人。H実さんの実家での生活で両親が同居されていた。H実さんも産休は取ったものの会社に勤務さ れ日中、母親に育児を任せている家庭環境であったとのこと。数ヶ月前からSさんの帰宅が遅くなり、週末も外出が多く、仕事ではない理由で不在がちになり、ご主人の浮気を疑うなど、かなり不安な状態に陥られる。生活費はきちんとしているがご主人の行き先が不明。両親にかなりの愚痴を言っていたようである。Sさんに対して、ご両親から帰宅のことや生活態度のことで強く抗議を されてから一時的に良くは なったが、仕事から帰宅した深夜、ご主人が突然に別居したいことや両親に対する不満、別居をしたいことを告げられる。話し合おうとするが応じてもらえず、次の週末に単身で家を出ることにしたと言われ、かなり激しい言い合いになる。翌朝、両親からも理由を聞くなど留意をされるがかなり激しい口論に至り、思い留まって欲しいと謝るが、翌 日、ご主人が家に戻らず、メールで一方的にしばらくの別居をしたいこと、別居理由を教えてくれない、一緒に住みたくないこと、話をしたくないことを告げられる。応じたくないと返答をする。応答がないためすぐに電話をされたが、取らない。その帰宅しなかった日の翌日の夜にH実さんの両親とご主人が電話で話 し合いをされるが、Sさん から一方的に「我慢の限界です」と別居を要求されただけで話は進展せず。両親はH実さんの別れたくない気持ちを承知で激しくご主人に対して家族に無責任だ、浮気をしているなどの罵倒をされてしまったそうだ。すぐにH実さんからご主人にメールをされ、一旦帰宅するように伝えた り、面談による話し合いに 応じるよう要求するが別れたくないと言い続けられても、籍を抜く以外に結論は無い、謝られるのを聞くことに疲れた、苦痛だと、別居理由には触れてもらえず、話し合いに応じない回答をされる。H実さんより当方に相談。事情をお聞きする。Sさんは機械関連の仕事に従事され、結婚当初は円満であったが父親の 定年退職以降の数ヶ月前からの深夜帰宅、外泊、休日の外出と突然の別居に至った。心理分析のためのチェックシートによる判定を実施し、Sさんからの言 葉の原 文などから ご主人に浮気の可能性が まったくないこと、自分が悪いという意識がなく被害者意識が強いことが判明する。それまでご主人とH実さんのご両親との関係も問題は感じなかったとのこと。しかし、ご両親からの監視・干渉などが心の重荷になっていた様子が強いことを伝える。理由として考えられるのはH実さんが育児中心の生活であり、ご主人との会話が少なく、言い合い や大きなケンカもないこと などコミュニケーション不足や親からの目を気にする生活に疲労させた様子。ご主人の帰宅が遅くなり始めた頃に帰宅が遅い理由を問い詰め、夕食や 夜食は用意はせず、先に就 寝されていたそうである。1時2時の帰宅について両親から翌朝、浮気や夜遊びを疑う発言や問い詰めがあったり、多くの嫌味を向けられたそうである。H実さんまで両親に同調され、家出理由は察しているがその時は別居問題に至ることなど考えずにご主人を責めていたそうである。家出による別居以降のメールでのやり取りにて、理由を尋ねても、修復を求める意思を伝え謝罪をされても、この家に居ると息が詰る、気が滅入る。などの弱音と悲観的な別居理由を言われたそうである。着手から2日でご主人の家庭での居心地について分析し、謝罪の部分に ついてご主人の言葉の原文 ※からご主人が感じていた不満について謝罪するための自覚や反省をしていただき、ご主人に同居再開のための対話を求める内容のメールを送信していただく が、戻りたくない、別れて欲しいとのメールでの断りが来るだけで進展せず。ご両親からSさんのご両親に別居についての謝罪と引き留めの意思 伝達の電話を入れていただ くが、あちらの要求は介入 しても本人にその気持ちがない様子だから円満に別れに応じて欲しいこと、子供を引き取る意思はなく、お子さんを育ててくれている以上は最低限の養育費は支払うよう説得するなどの申し出があるが、別居問題についての話は平行線に陥る。2ヶ月の冷却の期間を置く。H実さんからSさんへ話し合いに応じるようメールを入れる。回答はメールにて「本当に拒んでいる理由がわからない、疲れたし そこに住むことが苦痛で、家族への 愛情がない、話し合いはこ れを最後にして欲しい、応じて欲し。」との合意を求める返答で別居理由も教えてくれない内容。その申し入れを拒む回答をされるがご主人から電話が来て、しばらくは 話をしたくない、別れることに合意してくれないのなら、別居理由に触れずに別居を継続したいと告げられる。転居先を問うが教えてもらえず、残っているご主人の衣類などを実家に 送り返す、との内容で話し 合いを保留する。実家の親とH実さんとで数回の話し合いを電話でされたが進展はしない。1ヶ月の冷却期間を置く。別居理由について当方のカウンセラーが復縁のためにご主人の心理を分析し た結果、ご主人が別居の要求に関して、H実さんの両親の日常的な嫌味発言や干渉・詮索が重荷になり、ご主人に言いたくても言えないことがかなり蓄積したはずと推測を提示。おそらく別れたいことを要求することで自分が悪く思われたり無責任と責められること、不利になることを回避するために自己を正当化して自分を正当化したい心理が作用していたことを指摘 する。H実さんと両親の間でよく話し合いをされ、引き留める理由を伝え る前に両親にも非を自覚いただき 謝る気持ちを持っていただ く。ご両親にも謝罪したが、直接会って謝りたいこと、H実さんの両親も非 を詫び、今後は変わりたい と思っていることをメールでご主人に伝える。ご主人からのメール返答にて、謝られても信用できない、浮気ではな い、家出理由は話したとおりである、いつ書類を書くのか、諦めて欲しい、自由になりたい、合意をしてくれるのか、戻る気持ちにならないとの回答。2週間の冷却の期間を置く。ご主人への刺激を避けるためにメールを控えていただく。H実さんからご主人の実家のご両親へ再度、解決のための話し合いをし たいことを伝えていただく。 1ヶ月の復縁のための冷却期間を置いて、この間に別居理由を察して安心をさせる約束・提案について 検討し、別れたくない気持ちを上手に伝えるための対話のマニュアルの作成を行う。メールにて、ご主人に「気持ちを理解しようとしているけど、要求を受 け入れるにしても子供のこ ととか決めることがあるから会って話をしたい」と伝える。子供はそっちで育ててくれ、養育費は気分的に払えないと回答が来る。数回のメールでの議論を往復される。※このやり取りでH実さんの母親がH実さんの知らないところでご主人の プライドを傷つけるような 酷い発言を何度もしていたことが発覚する。母親に事実確認をして、母親からご主人に謝罪の電話を入れていただ く。数日後、ご主人からのメールでご主人との面会の約束が得れて話し合い ができることになる。当方の作成した別居問題の謝罪マニュアルに従って話し合いをしていた だく。謝罪と今 後のことについての提案を 中心に向き合って話すことへの不安を軽減する対話となる。今回のことの原因としてH実さんの両親の態度、考え方、疑心・監視・ 詮索や憶測の発言がご主人 の心の許容量を超えていたことやH実さんの家庭での態度やご主人への愛情、ご主人への疑心・監視・執着による重荷感の問題、家庭でのご主人の居心地く、ご 主人に家庭・結婚生活を放棄したいと思いようにさせてしまわれ、実際に帰宅することを心の重荷にさせたことを問題であったことがわかる。特に最寄り駅付近 のネットカフェやファミレス、サウナなどで時間を潰しての帰宅を続けさせていて同居生活から逃れたい気持ちに陥らせていたことが判明する。H実さんに自身をご主人の視点から見て考えていただくなど、家庭のこ と、両親同居、H実さんか ら両親に些細な愚痴を言い、過敏に両親が反応しご主人を責めたこと、夫婦の愛情についてレポートをまとめていただき、ご主人の心にある不安や不満について 問題点を探す。謝罪すべきこと約束することなど、この先の話し合いの内容について向き合い方を考えていただく。数回、メールでのやり取りをしていただく。平行して親同士の話し合い が何回か行われ、別れたい要求の撤回、修復まで 別居を見守る、修復後は両親と夫婦の同居を解消し独立して暮すことなどを合意に至る。約2ヵ月後、2回目の面会による問題についての話し合いが適う。作成した対話マニュアルに従い話をしていただき、ご主人の抱える家 庭・両 親に対する嫌悪感・苦手意 識についての議論をしていただく。気持ちを素直に伝えて、修復した場合、両親との同居を解消したいことを提案する。ご主人に修復した場合にできる約束について文章にまとめていた だき謝罪と後悔に併せて伝えていただく。ご主人からは回答を保留される。翌日、Sさんから、理由は話してある、信用できないのでしばらく考える時間が欲しいとの メールが来る。1ヶ月の冷却の期間を置く。健康や近況を気遣う内容、お子さんのこ と、この先でご主人に誓える こと、両親との同居中の謝罪など安心を与える言葉や愛情の約束などの言葉を継続的にメールして頂く。数回のメールのやり取りが適う。数日後、ご主人から電話があり、理由も含めて修復に向けて親を介入させない話し合いがしたいとのこと。当方のマニュアルに従い、同居のことは先で考えることとして、それま では月に1回で良いのでお 子さんを含めて家族3人で過ごす時間についての提案がされる。しばらく考えたいとの回答。数日後、提案について承諾をする回答がメールにて来る。1ヶ月ほどが経過し、面会の提案に合意が得れ、3人での食事が実現す る。数日後には両親を加え ない話し合いが行われ、先々での同居についての合意に至る。お子さんをH実さんが仕事に行く間で預かってくれる託児所を探すか、 実家の近所に賃貸を借りて 母親に預けるかで話し合いとなる。

数回、面会や話し合いが行われる。ご主人が安いワンルームアパートに 居住していたことを言われ、話し合いをアパートで行われるようになる。話し合いの結果、実家の近所に賃貸を借りてそこで新しい生活を開始す ることで合意に至られ、 11月の上旬、引越しが完了し、同居での生活が始まる。両親も非を自覚され、干渉や詮索、憶測での責立てについて慎重に発言できるよう良く反省をして いただく。

いつも一緒

TOPへ戻る