彼女とよりを戻す方法、別れた後の心理的な2つの具体策

彼女とよりを戻す方法に具体策

元カノからもう好きじゃないと思われた、付き合う時に大好きと言ってもらえた、彼女の視点からご自分の恋愛姿勢を見つめていただき彼女の心に向き合う成功への具体的なアプローチ事例です。

がんばれる

彼女の気持ちを理解する謝罪方法

落ち込んでしまう

別れを告げられて引き留める言葉にあなたの短所が多数あったはずです。それは引き留め失敗の理由です。

絶対にもうしないから許して、など恋愛に絶対はありませんし、ごめんねと発しても別れを告げられてからでは取り繕いとしか彼女は感じません。彼氏に注意したくても言えなかった女性心理の遠慮を理解して下さい。

別れた後で言葉だけで彼女の気持ちの問題を解決することは簡単ではありません。

有料相談着手後は24h体制の緊急電話・メール対応でよりを戻す方法をアドバイス、別れた彼女とよりを戻す具体策とコンタクトのタイミング、方法をアドバイス、再会の成功へのline、メールでのアプローチを完全サポート

どうする

復縁するには潜在意識に作用する

彼女とよりを戻すために気持ちを理解した事例

男性から女性へのアプローチ

修復期間:7ヶ月

依頼者:D男さん(男性34歳・会社員)

お相手:C美さん(女性・29歳・OL)

難易度D

D男さんの意思により、他の悩まれている方に勇気を与えられるのであればとのことで、成功のエピソードとして掲載いたします。

 

D男さんとC美さんは3年前に職場で知り合い、交際を開始する。平日に夕食をしたり、映画やコンサートに行かれたり、毎晩メールされたり、毎週末や休日などは必ず一緒に過ごす結婚を視野に入れての親密なお付き合いをしていた。突然C美さんから「他に好きな人ができた」と交際の中断、別れ話を言われる。これまで喧嘩や言い合いなどもなく、なぜ他に好きな男性ができたのか、そんな理由で別れたいと言われているのかが理解できず、激しく動揺をされ、友達でもいいから別れても会いたいと引き留めるが聞き入れてもらえず。C美さんは「もう個人的な話も連絡もしないで」との最後の言葉を残す。職場で会っても無視に近い状態で周囲も異変を気にする。

夜間や早朝に話し合いを求めるメールをするが応答がない。電話をしても出ない。週末にアポもなくマンションを訪問するがインターホン越しに面会を拒まれてしまう。拒まれた直後に激怒されたD男さんはかなり思い詰めたメールを複数送信されたが反応がない。D男さんは自分にはまったく非がなく、浮気をした彼女だけが悪いと憎悪の気持ちに陥られ、浮気相手と会いたくなり、尾行など付きまといを始めるが、特定できずに成功事例を読まず、確認せずに当方にメールでよりを戻す方法についてポイントが知りたいとご相談いただく。

当初は浮気相手、彼女の新しい恋人の顔、名前、勤め先、住所を知りたい、成功は考えていない、との相談。発言から悲観的で憎悪、恨み悔しさからの言葉の内容につき、相談継続を断りする。2ヵ月後、再度、よりを戻す方法を知りたい、もう一度元カノと付き合いたい、未練について複雑に言われてしまい、あきらめたくない、アプローチのことで成功事例を読まれて当方にご相談。この間でつきまといをしたが浮気相手がわからない。彼女が週末に男性と会っている様子が ない。ただ携帯は着信拒否、携帯メールは受信拒否、パソコンメールは応答なしとの情況の悪化を知らされた。彼女との別れ話に至る前からの情況や経緯、アプローチ詳細、彼女との会話、メールな どのやり取りを分析し、よりを戻す方法が通用しない可能性が高く、つまり成功の可能性は低く、彼女がD男さんの気の強い性格による激しい監視、問い詰める傾向、異常な独占欲、決め事は押し付けに苦手意識があったこと、結婚に躊躇していたことなどが推測される。恋人の存在は95%以上の確率で言い訳であり嘘と推測を提示する。D男さんの気の強いところを熟知している彼女はスムーズに別れる口実として、引き留めや話し 合いで負けてしまうと怯えて新しい恋人ができたと対話を放棄できる言い逃れをした可能性が高いと推測。復縁の成功のためには口実もきちんと心理分析を行う。重要なことは気持ちについて自覚した問題点を伝え、愛情をどう向け、どのように考え方を直す必要があり、ここを直せば彼女を安心させられるか、こういう会話でどうすれば彼女が不安にならないか、などエピソードごとの作文について彼女の視点から自身をみつめ、反省と今後はどうすべきかの反省を開始する。ここまで怯えさせた性格について、元カノに熟知された自身の冷静ではない性格傾向のこと、そして今の拒絶はかつて強く束縛したことが彼女の心を通じて結果として自身に返って来ていることと指摘する。対話のシュミレーションとして、流れを検討し、彼女に本心を伝える際に彼女の気持ちを考えてから、など 延べ200パターン近い事案を考えて行く。彼女に伝えること、伝えたいこと、謝りたいことと謝らなければならないこと、などもそのやり取りで整理する。彼女へのコンタクトを控え、反省に専念いただき、職場でも仕事に集中いただけるよう連日アドバイスをする7月以降9月までに一方通行で送信されたメールの内容についてひとつひとつ反省をしていただき、なぜ、このような激しい言葉や自分本位に相手を悪者と責めてしまわれたのかの原因の指摘や改善のアドバイスを行う。彼女への相手を視野の中心に置いた自分本位にならない愛情の向け方など難しい状態から再会を実現するために自己改革を継続する。この期間を静観して冷却期間を置く。年明け、メールにて、謝罪の言葉を送る。アプローチに対しての返事なし。職場ではD男さんの姿をみかけるだけで走り去る彼女の様子は以前と変化無し。1ヶ月冷却し、その間に面会での謝罪と安心を与える対話、具体的によりを戻す方法のアドバイスを行う。2月上旬、対話を申し込むメールをパソコンメールへ送信する。翌日、彼女から返事があ り、週末にカフェでの面会が適う。安心をさせる謝罪や反省したこと、これからは気をつけたいことなどを提示するが気持ちが今はないと断られる。バレンタインの夕方、彼女から職場でチョコを渡される。成功のことは意識せずに話していただくが会話は短かった。お礼をメールするが応答なし。反省と愛情のこと、安心とは、恋愛とは、に加え、よりを戻す方法、成功のためにかつて彼女が見ていたD男さんの長所を見 せられることについて考える。ホワイトデーにお返しのクッキーに手紙を添えて彼女のマンションに送る。当日に彼女から電話があり、週末に面会をされることになる。面会にて交際のことは意識せ ずに有意義な時間を過ごされる。復縁の話はせずに、アプローチの基本である思いやることを優先し愛情を持って接して いただく。よりを戻す方法としての自己改革で習得したこと、相手の気持ちを優先した会話。(特に自己改革の項目にある成功のためのよりを戻す方法としての【聞き上手に徹して】変わったことを行動で示すアドバイスを厳守)電話の着信拒否とメール受信拒否を解除しますと彼女からも謝罪をされるがて話はでない。翌週、彼女との通話で彼女から、新しい恋人ができたと言ったことは嘘であったことを告げられ、後悔を含めて謝罪される。週末、お二人は面会され、たくさんの会話をされ有意義で楽しい1日を過ごされる。その日から以前よりお互いを尊重した良い関係での結婚前提の交際を再開される。

恋愛関係

TOPへ戻る