彼女との喧嘩の後で無視される期間で非を自覚して謝罪

喧嘩の後で彼女から無視される期間で非を自覚する

実現できる

些細なことで彼女と意見が衝突して引くに引けない状態で喧嘩に。意地なり本心ではない言葉を向けてしまい、lineにも返事が無い、未読無視。この期間でどう謝るかを冷静に考えることで仲直りが実現します。

未読無視

潜在意識に作用する

不仲の理由

元カノ元カレが未読無視のlineスルーは別れ話の後の気まずい心理

彼女が無視の期間で喧嘩の原因を反省する

男性から女性へのアプローチ

修復期間:1年4ヶ月

依頼者:Tさん(男性26歳・会社員)着手当時

お相手:J子さん(女性・22歳・会社員)着手当時

難易度F (相談時は喧嘩の後の対応の間違えで対話不能・完全無視の状態)

Tさんの意思により、他に悩まれている方に勇気を与えられるのであればとのことで、無視状態からの成功のエピソードを掲載いたします。 ※この事例は双方の意地が原因で感情が拗れてしまわれ、特にお相手(彼女)側の考え方がかなり特殊な事例です。

いつも一緒

TさんとJ子さんは5ヶ月ほど前に共 通の趣味を通じて知り合い、J子さんか らの熱心なアプローチから交際を開始されたそうである。Tさんはワンルームの賃貸マンションで暮され、J子さんは親と同居とのこと。休日を共通の趣味のこ とで一緒に過ごされたり、電話やメールをされたり、親密な交際をされていたそうである。交際から半年近くなり、近々の同居や婚約についても視野に入れての出たこともあるそうである。

ところが5月の連休で旅行に行く計画を立てていたがJ子さんの仕事の都合でキャンセルとなった。その際に相当にキャンセルについて責めてしまわれ、お互いに譲れないくらいの激しい言い合いに陥られてしまわれたそうである。連休が明けてTさんから食事に誘うlineを送信されたがJ子さんからの返事が来ない。無視の状態に陥る。

数日が経過する。lineを入れても未読無視でスルー状態、電話をても出な い。会って話したいということを留守電にメッ セージを入れるが返事がなく、再度、lineを入れても未読のまま無視。

※通常であれば、数通のlineが無視の状態でしつこく連絡や訪問、待ち伏せをしなければコンタクトは10日程度で回復しています。共通の知人友人が存在せず、人の輪の仲介が期待できない場合は直接のコンタクト経路の温存が優先事項となります。

先日の喧嘩まではこれまでに大きな喧嘩や言い合いなどもなく、なぜ言い合いの後から急に連絡が途絶えたのか、急病?他 に好きな男性ができたのか、理由もわからない状態のままの無視に困惑をされ、Tさんは納得が行かず、J子さんの勤務先の最寄まで行かれ、そこから面会を求めるline、電話へのコールをされたそうだが、応答はない。

翌日、Tさんは彼女の職場の前に行かれる。顔を合わせ走り去ろうとされ た彼女に無視についてかなりの問い詰めをされたそうであるが、答えは「来ないで、話したくない」※、とのこと。喧嘩で本心ではない言葉で浮気を疑ったり、傷付くような言葉、結婚はできないなどと責めてしまわれたことを指摘される。

Tさんは動揺をされ、別れを引き留めるが聞き入れ てもらえず。深夜、J子さんからlineが来る。「もう職場の近くに来ないで、今度来たら仕事をやめることになる、話すことは何もないです。」との言葉。

当方にメールにてご相談。事情をお聞き し、Tさんの希望で復縁の法則によるアプローチに着手する。(ただし検討をしても 対話に至れる可能性が10%以下、セオリーからも対話以降でなければ数値が算出不能と提示。)TさんとJ子さんとの会話の記憶をお 聞きし、3月までさかのぼってのお2人 の会話内容の順を追い、状況の整理をする。40項目の心の温度差のチェックシートや彼女の言葉の原文の分析など無視に至った理由・ 原因、対話を拒む理由=言えない事情=他の恋愛に移行させた可能性などを分析する。

最後のlineでのやり取り、会話経緯から旅行のキャンセルについて仕事事情を理由にされたことが事実との相違があり、嘘と断定する。さらに突然過ぎたこと、ごめんの言葉が見当たらないことから、旅行についてTさんが価値観を押し付けた可能性が見えたのでくわしく事情をお聞きする。

ところがlineデータから2月の中旬の段階でその旅行について彼女から話題を振り、彼が応答したことに実行への誘いがあ り、その時点では楽しみにしていたことが判明する。彼女の急な心変わり、というより5月の連休で何かが起きたと推測をす る。他の男性との交際への移行のことなども含めてくわしく復縁の可能性と併せた心理の分析をする。おそらく、彼女から見たTさんが疑い深く、会話が過去形や自慢話が多く退屈に感じるようになった、中味がない男性と思い込んだことが他の男性への心変わりと推測し、J子さんに別れに承諾はするが、いつでも友達として連絡が欲しいことをlineにて伝えるが応答がない。これまでのやり取りのデータやTさんの記憶から彼女の発言や考え方について心理を分析した結果、彼女は自分が恋愛においていつでも自分が悪く思われたくない自己保身の心理が強いこととこれまでの恋愛の経験から恋愛を終わらせる時に相手と別れ話をすることが苦手と考えてしまわれる傾向にあり、相手からの連絡に対して無視=応答を止めればその関係を自然消滅できると考えておられるようであることが推測として出る。特に最近の20歳代前半の女性に多く見られる傾向であり、相手がこのような状態に陥られた場合、回答が得られないことを理由に複数のlineを追送したり、家や職場へのアポイント・予告なしで行くことを控えなければ相手に苦手意識を持たせてしまい修復不能に陥るケースが多いので法則に基づいた注意や配慮が必要です。静観を指示する。約2ヶ月、沈黙の期間を置く。

 

心理の分析からJ子さんがTさんのこ とを退屈と感じたこと、旅行のキャンセ ルに罪悪感はなく、自己を正当化して考えていることを伝える。TさんはJ子さんへの未練と怒り、完全無視という応対について引き留めの際の執拗な連絡や訪問、待ち伏せについて憤りの気持ちが強く、冷静に話 ができない状態に陥られる。こちらの指示がない状態では絶対にJ子さんにlineを送信しないよう強くお願いをし、J子さんへ伝えたい気持ちなどを文章にま とめていただく作業に入る。TさんとJ子さんの5ヶ月の交際の中味からJ子さんに与えてしまった不愉快な気持ちや退屈を感じさせたことをリストアップする作業に入る。

友達としてJ子さんを楽しませると仮 定し、提案できることを考えていただ く。別れから2ヶ月半が経過してから、友 人として会いたいことを伝えるlineを送信する。既読表示になったが応答なし。

法則を順守して1ヶ月、コンタクトの成功のための静観する。会社まで面会に行った行為を謝罪するlineを送信する。既読表示になったが応答なし。

1週間静観し、謝りたい理由や責めるつもりがないこと※などを記載し、lineで送信する。応答なし。2ヶ月の静観を指示する。

この間で対話に向けてのやり取りを想 定して、復縁の法則から伝達する言葉の台本(マニュアル)の作成に入る。相手の嫌悪感、決め付けについて自覚 いただくことや相手を安心させる提案に ついて考えていただく。

彼女にlineで対話を求める内容を送信する。かなり酷い内容で回答が得られる。以 前の心理分析と合致し、自分が悪いと言う認識がまったく持てていないことが判明する。

結果、Tさんが彼女に対して提案していた価値観がJ子さん自身には退屈で彼女の気持ちを理解しようとする思 いやりに欠けていたと彼女から指摘をされる。ブロックせずに受信をしている理由は悔しさと自分は悪くないという意思表示と分析しる。さらに別れを決めたが無視していたらあきらめてくれるだろうし、別れたいという意味と解釈せずに一方的にlineをしていることについて女々しい対話の申し入れや言葉について、苦手意識を感じたことや、新しい恋人の存在については触れずに済ませようとしている傾向が強く 99%以上の確率で新しい恋愛が順調であることが推測されることを提示する。

Tさんの恋愛に対する考え方や彼女への言葉をどのように直せば彼女を安心させ られるか、彼女が安心をして応じてく対話に至れるのかを検討し、指示をする。1ヶ月の冷却期間を置く。考えるべきことや提案すべきことにつ いてのやり取りを継続する。

彼女に提案する内容の文章(自分の悪かった点について記載)line送信をする。既読になるが応答なし。また約1ヶ月の冷却期間を置く。具体 的な面会で行きたい場所や彼女の興味に ついて考えていただきline送信いただく。応答が得れないまま時間が経過する。

クリスマスのメッセージを送信。応答は得れたが面会に至れず。交際中の退屈感について自覚したこと や謝罪、また会いたいことをlineにて伝える。応答なし。再会に向けて会話、話し方や行く場所、提案などを課題として考えていただく。

しばらく経過(正月が明けてから)して彼女からlineが来る「会うのは構わない けど、私がつまんないって言ってる意味は本当にわかってんの?」※との内容。回答へのお礼lineに対して、数回のやり取りがあり面会が適う。

楽しい時間を過ごされるが彼女から同じ目的が存在したのか、などについて疑問を言われたり機嫌を伺われるのが不愉快との言葉を言われるが、その日からlineのやり取りが適うようになる。

課題にて、次に相手を楽しませられる自分、安心 を与えられる自分、ゆとりを持って接することについて作文を書いていただく。2週間を置いて、彼女に面会したい、 話したいことがあるとline送信する。彼女からの返信が得られ面会が適う。

いくつかの交際再開についての不安や 以前の不満を言われ、交際したいと思え ないことを言われるが、彼女から前向きに話してくれる状態で良好な関係に至られたそうである。法則から考えて交際の再開をあ ちらから言わせたいこ ともあり、過信が今後また溝を作る原因 にならないよう、こちらから提示した対話が適ってからの22項目の注意事項を提示し、その考え方を理解いただくまでやり取りを行う。

彼女が昨年の5月に新しい恋愛に移行する直前からの発言や行動についてひとつひとつ反省をしていただき、問題点への指摘や改善のアドバイスを行う。

彼女の視点から自身を見て機嫌を覗っているように見えない対話と向き合い方について、考え方の中心に彼女を置いて考え、自分本位にならない向き合い方など成功のための自己改革を継続する。数回の面会をされる。彼女からは交際開始の意思がすぐにもてないことを言われるが彼女からのlineは頻繁に来るようになり、週末に面会されることが続いた。このような不安定な状態で数ヶ月が経過する。常に退屈させないことや飽きさせない よう時間の過ごし方に注意いただき、月に何回かはTさんの部屋に宿泊されるようになる。共通の趣味での外出なども増える。時々、彼女の行き先が不明になったり、深夜に外出している気配はあるがそのことに触れないようTさんに用心・注意をしていただく。

7月になってからTさんに彼女から交 際中だった恋人との別れ話に至っている相談を受ける。J子さんのために親身になり丁寧に話 を聞いていただき、沈黙の期間の心構えを順守し冷静な回答をしてい ただくようにアドバイスする。9月の上旬、Tさんから彼女に交際再開のお願いをされ、承諾が得られ復縁に至られる。
※プライバシー保護のために一部表記 を伏せます。

再会デート

TOPへ戻る