フラれ回避をする方法、彼女の気持ちを理解して別れた場合の復縁方法

フラれ回避する。振られたらどうする?説得できずに気持ちを聞き入れて別れた場合の復縁方法がわかります。彼女からフラれて別れた場合の復縁交渉の手順がわかります。

フラれ回避する説得の言葉と方法

また愛されたい

彼女から別れ話を切り出された。会って?lineで?状況で引き留め方や別れたい理由を聞く方法が異なります。

 

フラれる前に別れを保留にする、別れても復縁交渉できる。復縁するために彼女に振られた理由を心理分析で提示いたします。

 

彼女の別れの心理からフラれた理由を受け止めるテクニック?心理学に基づいた復縁方法です。

 

フラれ回避のために別れの言葉を聞き逃さない

フラれ回避するなら別れたいと言われた話しをきちんと聞いて彼女の言葉を聞き逃さないで下さい。

 

別れた元カノの別れたいと決意した心理を分析して、別れ話の際に言われた言葉から振られた理由を自覚していただく方法です。

もう一度寄り添う

フラれた側から復縁するには?

まだ好きという気持ちだけで行動をしては生理的嫌悪や敵意、排除意識を大きくさせて失敗してしまいます。また彼氏として付き合いたい、という願いを実現するためには、絶対に友達に相談しない、SNSに失恋の悩みを投稿しない、毎日相手のことを考えないなどポイントがあります。

愛されたい

フラれを回避できずに別れた後の復縁方法

フラれ回避ができずに別れた場合はどうする?

 

振られた側からの復縁方法について具体的な方法を説明しています。フラれて失恋した理由を冷静に考える。

 

別れた後は彼女に連絡をしない、最低1ヶ月の冷却期間をきちんと置くこと。

 

失恋した後の復縁方法を具体的に解説しています。

参考:失恋から復縁できる可能性を高める方法とは?別れた後の自分

気持ちを伝える

彼女にフラれた理由は?心理学で復縁した事例

男性から女性への復縁

復縁までの期間:2年3ヶ月

依頼者:Tさん(男性31歳・ 会社員)

お相手:Aさん(女性・28歳・ 会社員)

難易度F(音信不通の状態)

 

フラれ回避で嫌われています。通常なら復縁が不能な案件です。長期化した特殊な事例です。

 

 

他に悩まれている方に勇気を与えられるのであればと事例紹介に掲載いたします。

 

 

Tさんと元カノのAさんは友達を通じて知り合われてお付き合いをされた。

 

週末を一緒に過ごされるなど順調な交際をされていた。

 

彼女から結婚の話をされた。躊躇したことが原因で彼女の態度に異変が起きた。

 

デートでの会話で結婚についての考えなど問い詰めが多くなる。は事前に話していたデート予定の約束を変更して今後について話し合いになった。

 

 

話し合いで結婚はまだ考えていないと答えたことがきっかけで彼女から次のデートの約束を断られる。メールの返事も来なくなった。

 

フラれる予感がして不安な気持ちになられて返事をお願いするるメールをされた。

 

一方的な別れを伝えて来るメールが来た。別れを伝えるメール以降は返事がない。

 

一方的にメールを続けるが音信不通になってしまう。フラれ回避を失敗される。

 

当サイトにメールで相談。

 

14問のチェックシートで心理分析を行う。結婚を考えてくれていないことに怒りや失望があり彼女が別れを決意したこと、別れたいと伝えた後でしつこくされたことへの嫌悪感を感じていると判断。

 

別れ話が面倒、理由を伝えると引き留めの説得をされることが面倒と感じて無視している。向き合うことを回避したいなどの考え方から返事がない。

 

 

返事が得られない状態で一方的に送信されていたメールで彼女が苦手と決め付けている傾向が強い。

 

交際の内容、記憶 にある会話、メールの原文をお聞きして状況の整理をする。お付き合いの考え方や結婚願望を含む言動の多さと徹底した話し合いの拒否の落差から40項目のチェックシートでの分析を実施。

 

彼女の言葉の原文の分析など彼女の気持ちが離れた原因につ いての分析をする。

 

気持ちの行き違いは結婚という言葉以前にTさんの無責任さから始まりAさんを不安にしたことに原因があると断定。

 

 

結果、Tさんが結婚に慎重な理由が数年前の交際で結婚の話までしていた相手と仕事への理解の問題などから別れるに至った経験が恋愛に慎重な理由と判明する。

 

Tさんからの相手の心の許容を超える追い縋り、友達の介入について彼女の嫌悪感を感じたことが話し合い不能状態に至っている。話し合いに至れる可能性が現状では5%以下と提示。

 

彼女の感じた嫌悪感について具体的な謝罪のメールを考える。

 

メールを送る前に電話にかけたところ彼女から「もう関わらないで」と泣き叫ばれた。

 

数日後、Tさんの性格の問題から指摘する。

 

直す意思があるのかを確認することから始める。

 

次に彼女の視点から見たご自身について気持ちを常に考えながらお付き合いできていたのか?

 

本当に反省や後悔をしているのかなど誓いを伝えるための言葉を考える。

 

期待していた愛情、求めていた愛情、与えた愛情・安心、思いやり=気持ちを察することなどについて反省する。

 

彼女が自分と話すことすら苦手と感じた理由、二度と話したくないと思っている彼女の気持ちを察する。話し合いへの安心を与えられる自分に変わることについて考える。

 

彼女に謝罪をメールする。返事はない。

 

冷却期間1か月を置く。

 

次回の連絡のためのメール文章を考える。注意事項・禁句語句などを提示。

 

 

1ヵ月 後に次の伝達(特に引き留めについての理由説明と反省についての記載)を送る。

 

返事はない。2週間を置いて再度メールで謝る。返事はない。

 

 

3ヶ月の冷却期間を置く。

 

この間にお付き合いで彼女が感じたTさんへの不安について考える。どう安心をさせたいのかについて謝る理由説明なども含めて考える。

 

謝っている理由を説明する内容のメールを送る。

 

翌日に彼女から返事が来る。近況など注意点に気を付けてやり取りをする。

 

このメールでのやり取りで彼女は恋愛を完全に終わらせたと思って安心をしている。

 

謝られても聞く気持ちにならない、完全に気持ちが離れている状態。未練を感じていないことがわかる。

 

3ヶ月の冷却期間を置く。

 

相手から必要と思われる自分自身について考える。負担と思わせずに話し合うためのメール考える。

 

連絡に向けて中味のある話題、場の雰囲気を考える思いやり頼りがいについて考える。

 

いつかチャンスの場合に彼女に伝える安心を与える言葉、向き合い方・謝罪について検討をする。

 

思いやり、頼りがい、相手の心の重荷にならな い話し方など以前の非の自覚・反省。

 

彼女の友人を含む 4人で会う機会がある。進展はないが、良い雰囲気で話せる。

 

この際に後日、コンサートにお誘いする理由で彼女の友人のメールアドレス を聞く。

 

彼女の友人と会って話す。

 

約1ヶ月が経過してから忘年会を兼 ねて友人と4人での食事を提案。

 

平日に実現。この際、彼女の友人の尽力で彼女も参加される。楽しい時間になる。

 

 

今は気持ちを察していること、無理な交際再開について話さないこと、安心を伝えたいなどのメールを送る。

 

2ヶ月の冷却期間を置く。 近況を彼女の友達にメールする、翌日3人で会うことができる。

 

彼女の態度がそっけない。1ヶ月後までのそっとしておく。

 

共通・共有の価値観、彼女が興味を示すこと、返答をしたり会いたいと思える提案・話題、彼女が喜ぶこと、笑顔の記憶などについてじっくり検討する。

 

近況メールに含ませられるよう彼女に話題の中心に彼女を置いて近況についてメールを送る。

 

彼女から返事が来る。いくつかのやり取りとなり会うが適う。

 

会われて以降、通話やメールのやり取りが適うようになる。

 

ここからの詰めでの過信や焦りがよくないことを提示。4人、5人での食事を含めて慎重に進める。

 

交際再開のお願いをするが返事は保留される。

 

何度か5人での食事をする。彼女との楽しい会話が回復する。

 

交際再開について2か月後に会われた際に彼女からの話しを切り出される。きちんと話す。

 

復縁が成功して交際を再開される。

 

 

運命の赤い糸

 

実際の復縁事例で方法がわかります。

関連記事:振られた相手に連絡するタイミング、復縁したいなら冷却期間が必要な理由

 

関連記事:彼女の浮気で別れる?説得しない男らしい復縁方法

TOPへ戻る