彼女ともう一度付き合いたい、別れた後でストーカー行為

彼女に別れてから付き合いたいと言い過ぎた

困ったら相談

別れた彼女との恋愛の復活を成功したlineメールの方法、人の輪による再会実現の効果、文例と事例を紹介

近況を尋ねるlineを送信して前向きで友好的な返信をもらえる方法

実現できる

別れた後のlineの使い方

男性から女性へのアプロー

修復期間:1年5ヶ月

依頼者:Fさん(男性32歳・会社員)

お相手:Bさん(女性・27歳・会社員)

難易度Z(相談時はコンタクトが困難の状態)通常はお断りする難易度の高い特殊な事例です

Fさんの意思により、他に悩まれている方に勇気を与えられるのであればとのことで、このFさんのエピソードを事例紹介に掲載いたします。

※この事例は依頼者側からの相手への過剰な期待が別れの原因の事例です。

Fさんはお仕事を通じて知り合われたBさんと交際に至られたそうである。交際から3年余り、結婚も視野に入れて週末はデートで一緒に過ごされるなど順調な交際をされていたが、次の休日は会いたくないという異変から始まり、Bさんから突然にメールで一方的な別れを伝えられてしまったとのこと。この別れを伝えるメール以降、Fさんは焦りと憤りから理由を問い詰めたり、追い縋る言葉や一方的に責めるメールを送信されたり電話を鳴らされたそうである。返答を得ようと機嫌を覗うような取り繕うメール、無視を責めるメール、面会を求めるメールなどされたが無視のままの状態で、知人に相談し、知人からBさんに別れの理由を尋ねてもらおうとされたところ、既にBさんに新しい恋人が存在するとの知人からの報告(間違い・思い込み)を受け、相当に責めるメールをされたところ、かなりBさんが感情的な状態に陥られ、Bさんから宅配便でFさんにこれまでに進呈した品を返却の送り付けをされてしまわれたそうである。激怒したFさんはBさんの自宅に行かれ、ドアを激しく叩いたり、明け方まで呼び鈴を鳴らすなど強引な面会を求められてしまい、親から抗議の電話が来てしまう状態になるまでの悪化に至られ当方にメールで相談をされる。これまでの経緯などをお聞きし、今の状態で無理に一方的なメール送信や携帯へのコールをしないようアドバイスする。また知人がこれ以上掻き回さないよう、知人に介入の保留を頼んでいただく。おニ人の恋愛の経緯や相手からの返答原文などからBさんの心理を分析し提示する。

修復困難を提示し、お引き受けできないことを返答する。

対話拒否の理由をFさんの強引な行動や留守電メッセージの言葉の強さから相手が恐怖心や重荷感・ 嫌悪感を感じていることを提示する。相手の放棄の心理(別れ話が面倒、理由を伝えると追い縋られるので話しを聞くことすら面倒と感じている、向き合うことを回避したいなどの考え方)からの対話拒否と提示する。

Bさんの気持ちにFさんへの不信感が強く、会うことを避けたいという逃避の心理があり、自分が別れについて悪いという認識がないことを提示する。特に一方的に送信されていたメールで相手がFさんを苦手と決め付けている傾向が強く、普通では謝罪も通用しない常識の範疇を超えた追い込みをしたことを理由に断念をアドバイス提示する。

お断りをしてから2日後に再度Fさんから当方にコンタクトの復活、関係の回復を含めて着手を依頼される。分析を伴う相談はお聞きできるが修復アドバイスはお引き受け不可能を提示する。FさんとBさんとの交際の内容、記憶にある会話をお聞きし、状況の整理をする。Bさんの現時点の心の中の様子について考え方や対話拒否の理由を人格分析を含めた40項目のチェックシートでの分析を実 施する。FさんのBさんとの交際以前の恋愛について詳しくお話をお聞きする。結果、Fさんが以前の恋人と別れた内容と今回の別れ方が似ていることが判明する。(Fさんが数年前、交際で結婚の話までしていた相手から前触れもなくいきなり別れを告げられ、対話拒否になられ断念され別れるに至った出来事と今回の 問題が似ていると判明する。)

Fさんからの相手の心の許容を超えるしつこさや言葉の重たさ、思いやりのなさ、進呈した品への恩着せの言葉などが嫌悪感を与え、知人の介入についてBさんが不信感や不快感を感じたことが対話不能状態に至っていることを提示する。彼女の言葉の原文の分析など彼女の気持ちが離れた原因についての分析をする。FさんとBさんの気持ちの行き違いは結婚という言葉以前にFさんの思いやりに欠ける自己中心的な主導権の持ち方ら始まり、Bさんを不安にしたことに原因があると断定される。

当方の分析から対話に至れる可能性 が現状では5%以下、修復についても1%前後と提示。相手の感じた嫌悪感について具体的な分析結果を提示する。結果を読まれFさんがどうしてもBさんに謝罪のメールをしたいと懇願されるが保留を指示する。Fさんは断念したくないの一点張りの状態。数日後Fさんから着手を懇願する電話が入るが、ストーカー呼ばわりされる危険を理由に相談も含めて継続をお断りする。この時点で既に謝罪メールを送信されてしまわれたとの残念な報告を受ける。

数日後、彼女から返答が来たことを ご報告いただく。内容は仲裁に入った知人がかなり執拗な問い詰めをしていることの抗議などの内容であった。無料相談の継続を懇願され、謝罪伝達までという 約束でお引き受けをする。

まず、分析内容からFさんの性格の 問題から指摘し、直す意思があるのかを確認することから始める。次に責める言葉、強引な訪問の件について非の自覚があるのかを確認する。相手の視点から見たご自身について、相手の気持ちを常に考えながら交際していたのか?本当に反省や後悔をしているのかなどFさんにレポートを記載いただく。相手に期待していた愛情、所有意識=求めていた愛情、与えた愛情・安心、思いやり=気持ちを察することなどについて細かくお聞きする。謝罪伝達に向けての注意事項を作成し、レポートをまとめていただく。向き合うことすら苦手と感じ、Fさんとは二度と話したくないと思っている相手の気持ちを察し、対話への安心を与えられる自分に変わることについて考えていただく。相手に謝罪伝達で伝えたいことについて自身をみつめていただく。結果を見て、着手することになる。

しかし当方の分析から謝罪対話に至れる可能性が現状では5%以下と提示。期間は15ヶ月以上と提示する。

なぜ断念したくないかの理由説明として想い入れについての課題に取り組んでいただく。この時期からFさんの日常を綴ったブログを始めていただく。

課題の回答を基に、謝罪伝達につい て思いやりの観点から作文に取り組んでいただく。強引な訪問のことで相手を怯えさせていたり、短気(せっかち)、身勝手で思いやりに欠けるという短所を露 呈したことについてどう安心を行動で示すべきかの課題に取り組んでいただく。共通の知人のリストアップをお願いする。

Bさん宛に課題で作成した内容をF さんか謝罪伝達として送信をしていただくが返答は得られない。(ブログのURLはこの時点では記載していない)届いているのかが不明、電話をしたいとFさ んは気持ちを落胆されるが、エラーになっていないことなどから届いているはずと理解し、待っていただく。

送信から最低1ヶ月の冷却期間を提示する。次回のコンタクト(謝罪伝達)の メール文章を作成する。テクニックを考える前に注意事項・禁句語句などを提示する。1ヵ月後に次の伝達(特に追い縋りについての理由説明と反省についての記載)をきちんと作成していただき、送信いただく。返答は得られるが過去形でかなり距離感のある拒絶回答に至る。(この時点でもブログのURLは知らせない)

1ヶ月以上を置いて、共通の知人に 彼女に連絡を取っていただき近況を尋ねていただく。ここで彼女に最初から新しい恋人が存在しないことがわかる。どうやら最初に仲介に入った知人が執拗に問 い詰めたために彼女が電話などで、早く話を切り上げようとして、他に好きな男性でもいるの?などの質問に、「はいはい」といい加減な返答をしたことから誤 解が生じたことが判明する。ここで、最初に仲介に入っていただいた知人とのやり取りを再開する指示を出す。

それから3週間を置いて、交際を復活させたい理由説明を含んだ謝罪メール(面会をお願いする内容)のメールを送信していただくが返答はない。Fさんは手紙を書きたがっていたが、彼女の性格分析の結果から手紙は逆効果であることが明確であるため、我慢するよう指示をする。最初に仲裁に入った知人と共通の知 人経由での情報を分析し、予測傾向を再分析する。ここで、共通の知人の友人で彼女Bさんとも親しい女性とFさんの面識を作る会食などを指示する。ただし最 終的にFさんを含んで会う際は4人以上を原則と指示。共通知人と彼女の友人の協力が得られる状態となる。

3ヶ月以上の冷却期間を置く。この 間に交際期間でBさんが感じたFさんへの不安について課題のやり取りをしながら思いやり、相手の気持ちを察する気持ちのゆとりと以前の反省について意識のことでのやり取りに着手する。分析提示する。どう安心をさせたいのかについて理由説明なども含めて考えていただく。誘うタイミングを3ヶ月待つことにする。彼女に近況伝達メールをしていただく。ブログのURLをこの段階で初めて記載していただく。共通の知人・友人経由でBさんにFさんの穏やかな近況は伝わっている様子であるがブログでさらに安心を与えることとする。

5月の連休前、友人を含め バーベキューのようなイベントで会いたいことを記載した内容のメールを送信していただく。送信の翌日に友人に相談し参加することにしたが婚活がしたい、恋愛のやり直しについては考えていないなど恋愛放棄の内容を含む返答が来る。近況など注意事項に従いやり取りをされる。

やり取り原文を分析し、相手が謝られても聞く気持ちにならないくらい過去のことと考えており、完全に失望し気持ちが離れている、自己の防衛の心理が強く、ほとんど未練を感じていないことを提示する。相手の視点からご自身を見て、相手から不快と思われない言葉・気持ちを察する・確かめることについて反省を文章にまとめ(レポー
ト形式での記載)、相手に対話をしても執拗に引き留めや謝罪をしないという安心感や後悔していることをどう伝えたいか、相手から必要と思われる自分自身について考え、重荷感を与えずに対話をすることについてなど当方とのやり取りをする。Fさんの相手への思いやり、頼りがい、相手の心の重荷にならない話し方など、以前の非の自覚・反省などをしていただき、これから先で彼女に向き合う姿勢、気持ちの変え方、視野で冷静について実践できるよう当方とのレポートのやり取りを開始する。(自己改革・反省の自覚など)この間、非の自覚についてと相手から安心できる存在になることについて考えていただく。

イベントとしては会話も弾み有意義 で楽しい時間となったが、関係修復には溝が大きい状態のままであった。最低2ヶ月の静観を指示する。知人を交えての平日夜などの定期的な会食は継続され、 Bさんの雰囲気が重くFさんとの直接対話は難しい状況。会食に向けて、中味のある話題の習得、場の雰囲気を考える思いやり、頼りがいについて考えていただ く。

2人での面会実現まで以前に作成し た注意事項に沿ってメールのやり取りをしていただく。通話やメールのやり取りが適うようになる。ここからの詰めでの過信や焦りがよくないことを提示し、4 人、5人での会食を含めて慎重に進めていただく指示をする。特にこれから先も知人・友人を大切にすることなどを指示する。

7月、課題を基にした誘い方の会話のマニュアルを作成する。話題やBさんが返答に困るような質問をしないなど注意事項があり、その注意事項をよく理解いただくことになる。相手に伝える向き合うことへの安心を与える言葉、伝達、向き合い方・謝罪について検討をする。

友人経由での伝達から複数人での面会は定期的に実現し、直接のメールにも明朗な返答が得られる状態にまで回復する。やり取りを当方が分析し、面会の対話マニュアルを作成する。

8月、納涼の意味でBさんの友人を 含む4人でのビアガーデン※での会食の際に、帰路2人でタクシーに乗るなど良い雰囲気での会食となる。この際に後日、週末の花火大会※に一緒に行く約束が 得られる。花火大会に行かれ楽しい時間を過ごされ、会話も以前のように明るく楽しい内容となる。会話詳細を分析し、お願いする発言は当分控え、積極的なアプローチの開始は保留を指示。(焦り過ぎと過信の抑止を指示する)

交際再開の提案をするまで継続的にアドバイスする。何度か2人での外出や会食、友人を 含めた会食が成功する。9月の下旬、交際再開についてBさんからFさんに話しがあり、Fさんが以前のことを深く言葉で謝罪し、Bさんに考えていただく方向 で保留とする。別れたいと思った理由はあまりにも思いやりに欠けて、付いていくのに疲れたり不愉快なことが多かったことや金銭面のことでFさんが割勘主義 だったことに頼りなさやケチと感じて結婚はできないと価値観の違いを感じた、夜中に怒って部屋に来たことも短気で怖く気持ち悪い人と思ったなど言えずにい た不安や不満を声にしていただく。

会食の帰路、彼女B さんから交際についての話しを切り出され、きちんと話していただく。彼女から交際の再開、復縁を了承いただけ、交際を再開される。

※プライバシー保護のために一部表記を伏せます。

理由を聞き取る

 

TOPへ戻る