喧嘩別れの後で復縁するには?元カノが新しい恋愛を始めていた場合

喧嘩別れをした元カノと復縁するには?

喧嘩が原因で元カノと別れた場合、いつ謝る?いつ連絡する?どうすればいい?元カノが喧嘩で感じた嫌な印象は早めに解決する必要があります。喧嘩別れの場合は冷却期間の置き方として3日以内に謝罪の連絡を入れるようにして下さい。

 

落ち込んでしまう

元カノに新しい出会いがあり恋愛を始めていた場合

もし元カノに連絡をして新しい出会いがあり新しい彼氏がいると返事が来た場合は3ヶ月は何もせずに静観して3ヶ月が経過してから自身の近況を短くlineで伝えて様子を見て下さい。

 

 

元カノと復縁する方法について詳しく解説しています。

関連記事:元カノと復縁する方法とは?別れ話で失敗する男性の3つの行動と特徴

 

 

未読スルー

 

潜在意識で復縁するにはどうすればいいのか?

参考:潜在意識で復縁するには?恋愛をやり直したい人が心理を知る方法

 

喧嘩別れの後で元カノが無視する心理

喧嘩に時の維持の悪い言葉が原因で別れた後で元カノが返事をしない理由は関わりを終わらせたいのです。

lineを無視されている状態ではしつこく連絡を続けないことが大事です。

もう一度寄り添う

元カノが関わりたくない心理

別れた後で元カノが無視するのはまた別れ話の繰り返しになることがわかっているのです。

 

理由を聞き取る

男性から女性への復縁

復縁までの期間:1年2ヶ月

依頼者:Hさん(男性29歳・会社員)

お相手:S花さん(女性25歳・会社員)

難易度F(連絡しても無視される状態)

 

大切な想い

悩まれている方に勇気を与えられるのであればとのことでエピソードを事例紹介に掲載いたします。

困ったら相談

Hさんは元カノのS花さんとお付き合いをされて2ヶ月。

 

Hさんのペースでお付き合いを継続されたそうであるが、きちんと気持ちの確認などもしていないことや会話で元カノが遠慮がちであったこともあり、Hさんだけが結婚を前提とした交際と思い込まれていたことがの重荷となられて喧嘩になり別れ話に至られてしまった。

 

お付き合いから1カ月も経過しない時期から徐々に元カノのテンションが下がり会話に不愛想、投げやりになられ元気がなくなり、一緒に過ごす時間も会話も弾まなくなられた。デートの提案をしても思うような返事が得られない状態になった。

 

 

メールへの返答の遅延や電話に出ないなどの異変を起こされたために厳しく問い詰めてしまわれたそうである。

 

 

喧嘩になり問い詰めてしまい元カノは無言で泣くだけであった。

 

メールで、Hのことが本当に好きかどうかも答える自信がない、会いたくない、距離を置きたい、どうするか決めてから連絡をするからしばらく連絡は控えて下さいと別れ話になった。

 

メールでご相談。

 

14項目のチェックシートとS花さんとの心の温度差についての40項目のチェックシートで元カノの分析を提示。

 

不信感や苦手意識が相当に大きく、冷却期間3カ月以上と相当に慎重な謝罪が必要。

 

 

元カノの態度の変化に焦られて、浮気を疑い続けた言葉が別れの原因。思いやってあげて仲直りがしたいと伝えるが無視。

 

 

2回目のデー ト以降、相当に強い主導権を持って接しておられた様子がわかる。

 

さらに結婚についてはお付き合いを続けなければお互いにわからないことが理解できず、2回目のデートの時点で勝手に結婚前提と決め付けた話し方をされていた。

 

謝罪の文章を作成する。元カノにメールで送る。返事が得られたが、新しい彼氏ができた。あの後すぐに恋愛を始めた、新しい出会いがあった、喧嘩別れしたことはもういい、もう関わりたくないという冷たい内容の返事であった。

 

 

Hさんの思いやりに欠ける振る舞いと交際承諾を得るまでの話術の問題やデート内容、会話など常に自分本位で自分を中心にしか物事を考えていなかった非をき ちんと自覚していただく。

 

元カノは周囲から悪く思われたくない保身傾向のある温和な性格で、自分にHさんからすぐに結婚したい、できるという期待を向けられていることについて相 当に追い詰められた気持ちになられたようである。

 

気持ちがわからない、いつもリードが強くて思っていることを言わせてもらえない、連日メールや 電話で色々と質問攻めにされてしまい疲労をされていた、事情があってHさんからの電話に出ない、気分が滅入ってしまい返答がわからなくなってメールを一晩 返さないだけで浮気を疑われた。疑いから浮気を責めるような言い方をして来たり、無断で知人に浮気問題を相談されたりしてHさんの性格がわからなくなった、 粘着されて怖い、重いと感じ、別れを聞き入れてもらえない前提でメールで一方的に伝えて来たという理由が読みとれる。

 

 

Hさんとの性格の不一致を実感したこと、性格のことが心の重荷と感じていたり別れを伝えて来てからは会って話すことを避けようとする理由と断定をする。

 

別れを伝えて来てから元カノが話し合いに応じられない 理由、別れを切り出す前からの異変の理由を素直に言いたくないと避けていた理由、気持ち、感じた不満や恐怖感について考える。

 

 

メールを入れるとすぐに返事がある。謝っていただいただけでいいです。会えません。お互いに疲れちゃったね。という内容であった。

 

浮気を疑われたことへの 嫌悪感や周囲に無断で連絡をされていたことへの不信感や脅えが大きく対話を阻害している理由ではあるが、何よりもS花さんがHさんの性格の短所を見抜いておられ、会って話すとNOを言わせてくれず押されてしまうことに警戒があると読み取れる返答であった。

 

警戒が強く状況の悪さと相手のHさんからの連絡についての警戒心の強さと怯えが原因。

3ヶ月間の冷却期間。

 

 

彼女の視点から見て、怖い、不愉快、独占欲が怖い、デートをしても楽しくない、安心できない、言い分を言わせてくれない、不安と いう話しがしたくても聞き入れてくれず自己中心的だった、など交際を継続できない相手と思わせている自身の非を反省し思いやりに関する非を考える。

 

別れ話以降の対話の拒否姿勢の元カノの様子などから冷却期間明けに送るメール内容について考える。

 

 

再会を目標に1時間お茶をする場所を選ぶよう課題を提示。どういう会話がした いのか、という要望を書いていただく。謝罪や相手を話題の真ん中にした会話を考える。

 

1か月後にメールを入れるが会えませんとの断りの返事に至る。そこまで執着する理由も理解できない、上手く付き合えるとは思わないと言われてしまう。

 

 

再度、冷却期間で1カ月時間を置く。

 

その後1ヶ月が経過する。結婚について急ぎ過ぎてしまってちゃんと気持ちをわかってあげられずに浮気を疑い責めてしまうような言葉ばかり向けてしまったことを謝るメールを送る。

 

 

元カノから会うことについて承諾が得られる。きちんとお詫びすることが適う。

 

週末にまた会える。

 

しかし1時間程度のお茶であったが有意義に過ごすことができる。

 

以前の後悔から当面はすぐに交際再開のことは考えず、気楽に会って何でも話せる関係で会いたいことを伝える。その以降、普通にやり取りはできるようになる。

 

これからも一緒に過ごしたいと言われる。復縁が成功する。

 

恋愛関係

 

元カノと復縁できる可能性がわかります。

関連記事:別れた後で元カノと復縁できる可能性は?冷却期間中の男の行動

 

TOPへ戻る