別れた彼にバレンタインで伝える誠意について

別れた彼に愛情をバレンタインで伝える

実現できる

別れた彼氏に伝える、関係修復を成功した事例の紹介、別れた後で、バレンタインまでに彼氏と関係修復を実現できる成功へのセオリーを紹介。

彼氏と別れた後、バレンタイン時期までに良好な関係を回復できていた場合以外は手作りチョコレートは厳禁行為
派手な包装や大きくてポケットに入らないサイズは控える。メッセージカードや手紙を入れる場合70文字以内、上から目線、恩着せ文面は厳禁。高価な既製品は控える。2000円以内が原則。ハート型は控えるなど。バレンタインでにコンタクトする方法について詳しくはメールにてお問い合わせください。2月14日より後でのアポイント打診が理想。lineやメールでの誘う文面に渡したい品があるとは記載は控えること。郵送・宅配便は使わない、待ち伏せしない、アポなし訪問厳禁など、バレンタインを意識して焦らないこと。

バレンタインで

復縁するには潜在意識に作用する

運命の赤い糸

別れた彼に愛情を伝えてバレンタインでやり直す

女性から男性へのアプローチ

修復期間:8か月:バレンタインまでに関係修復を希望

依頼者:T代さん(女性35歳・公務員)

お相手:Kさん(男性・29歳・自由業)難易度E

T代さんの意思により、他のバレンタインまでにやり直したいと悩まれている方に勇気を与えられるのであればとのことで、このエピソードを事例紹介に掲載いたします。

失恋した

 

2年前にT代さんはKさんと趣味の集まりで知り合い、価値観がお互いに合い、年齢差を乗り越え、すぐに交際を開始されたそうである。住まいが近距離で週末は一緒に過ごすことが多く、休日にはお互いの部屋を行き来 し、趣味の絵画やショッピング、遊園地、旅行に行く、などの順調なお付き合いをしされ将来の結婚もお互いに考えていた。ところが最初のバレンタイン以降態度が変わり3月から彼氏の様子がおかしくなり、3月中旬に会ってから彼氏からの携帯メー ルのレスも3日以上遅れ、電話にも出ない状態に陥る。彼氏に電話を入れても出ない留守電にメッセージを入れ ても折 り返しが来ない。T代さんは何度も彼氏に電話やメールをして返事がないこと、会っても冷たいことな どで不 安な気持ちが抑えられなくなり、数回、アポなしで彼の部屋に行くが、彼氏は慌てたような応対で中に入れてもらえず、 ドアのことろで追い返されてしまった。

彼の浮気や自分への飽き・倦怠が嫌われた理由と落胆され、彼氏に誠意について批難する内容の抗議のメールをされる。その後、メールも返事が滞り、その状態で当方がご相談を受ける。経緯を聞くとバレンタインまでは順調な交際だったが、結婚の話題になると彼が消極的な発言が多くなったと言う。14項目と心の温度差の27項目のチェック項目の設問にお答えいただくなどなどを 行う。性交渉も暮れ以来3ヶ月以上ないことをお聞きする。さらに1月に彼氏に結婚を考え、自分とのお付き合いについて尋ね、すぐに入籍・同居できない理由を説明をさせてしまったことが判明。彼氏に結婚について真剣に考えた心の重荷が別れの原因と推測し、謝罪をメールするが反応なし。彼氏Kさんの恋愛放棄・自己保身からの責任逃避についてくわしくT代さんとお話しをしてT代さんの思いやりについて自己改革を開始する。彼氏への「ごめんなさい」彼氏への「ありがとう」から始まり、尽くせる愛情、彼氏 からもらっ た 愛情について考えていただく。

T代さんのわがままさや異常なプライドなどが彼氏にとって苦手意識になっていたことも推測する。彼氏にT代さんへの愛情が残っているかの分析を数回の面談を行う。T代さんの自己改革にて彼への謝罪・癒し・与える安心について、数回の面談を実施 し、彼氏宛の手紙を作成する。5月上旬に手紙投函。反応を待つ。1週間後、彼からメールが来るが「もう終わった ことと思っている」との拒絶の回答。回答からも彼の自己保身や責任放棄、自己保身の心理が読み取れた。さらに、癒し、安らぎ、彼が甘えたくなる、大切に交際を続けたい女性像について再会に向けて自 己改革を進める。謝罪と今の彼のつらい気持ちをT代さんの声で理解したことを彼の留守電に入れる。

すぐに彼氏から回答があるが、謝罪について疑心も多く、断りと謝りの回答。

この回答にて、T代さんに過剰に拘束・監視されたことへの重荷感、応えて当然というT代さんの態度、恋人として女性としてT代さんのことが苦手と思った理由などが記載された回答。この彼の反応を基にT代さんの自己改革を進める。自己改革の一環として日常の会話で「でも、しかし」などの反意する発言をしない習慣をお願いし、愛情のお料理の勉強、食生活の改善、スィートピーの栽培(栽培日誌を記載)を始める。

約1ヶ月の静観をしていただき、この自己改革の期間に彼氏への冷却期間としての時間を置く。7月上旬、彼に誓える言葉・約束できることなどを記載した安心のメッセージを送る。反応なし。

自己改革を進めながら、数回のメールを送信する。スイートピーの話題やお料理のこ となども話題にする。7月中旬、彼から反応がある。電話での対話が実現し、安心をした彼からの申し出で 面会の約束に至る。彼氏との面会時に愛情の手料理の材料を持参し、彼氏の部屋で料理をして振舞う。数日後、結婚についてはしばらく考えず、いっしょにいることの意味から考えて行く との条件でコンタクトが回復する。その後も注意事項について厳守で成功への注意事項を厳守いただき現状を維持していただく、クリスマス時期を画策はしたが彼に敬語が多かったり誘いに常に迷いがある返答のためバレンタイン時期を視野に変更をする。現状維持でクリスマス、年始を過ごしていただく。彼の仕事の都合で14日ではないがバレンタインでデートをされ、2月18日、彼氏から復縁について返答があり、彼氏とのバレンタインまでに関係修復を成功し交際が再開される。

恋愛意識の回復

TOPへ戻る