2回放置されても3回目は元カレに無視されないlineメールの文章

元カレから無視されないlineメール例文を紹介

無視されないためのメール例文と関係修復成功事例紹介

lineに返事

別れた後の失敗しないlineメール例文

別れた後のメールの3 つの約束!尊重・謝罪・明朗

焦り・動揺、苛立ち、不安を表記しない。別れを責めない、 縋らない、別れた後のメールによる伝達テクニックで再会する方法!
相手の名前を連呼記載は強い依存を伝えてしまい重荷になります。心のゆとりを持つこ と、相手の別れたい気持ちを尊重する。70文字以内の文章と追送をしない、lineブロックを未然に防ぐ文章と送るタイミングとは?ごめんねの誠意を示す、気持ちを伝える。

失恋して寂しい

【別れた後の相手の気持ちの尊重する。別れた後で伝えたいこと】

別れ話をされたこと、無視を絶対にlineメールで責めない、縋らない、一方的に謝罪を列記しない 文面であること。70文字の明朗な言葉。

【メールのテクニックの成功事例から】

伝達メッセージのテクニック、lineメールのテクニック、伝達の方法を公開!別れた相手とやり直すためにわかりやすく誠意ある伝達。親近よりも敬意・敬いのありがとうを伝える。別れた相手の視点からご自身を 見つめ、気持ちを察し敬うこと、名前の連呼は強い依存と別れの現実を逃避している心理状態が理由です。別れた相手の名前を文章で呼び過ぎる行為はあなたの強い依存が理由。別れた後のlineメールで安心を与えるためには名前を何度も呼ばないこと。長文や追送は逆効果です。言葉だけではなく相手の気持ちを察した気遣いのテクニックで成功した復縁事例を紹介しています。別れた後のlineメールの送り方、文章を明記しています。会いたいやごめんねだけを送り続ける、会いたいと送り続けたり、取り繕う、縋るだけでは仲直りの実現はできません。

再会デート

元カレと別れた後のlineメールでやり直せた事例

女性から男性へのアプローチ

修復期間:4か月

依頼者:R那さん(女性27歳・会社員)

お相手:Bさん(男性・23歳・会社員)

難易度C(別れ話は出ていないがline未読無視、コンタクト不明の状態)

R那さんの意思により、他に悩まれている方に勇気を与えられるのであればとのことで、この別れた彼とのエピソードを事例紹介に掲載いたします。

恋愛意識の回復

 

R那さんは1年半前から、以前からの友人であったBさんとの交際を始められ、円満に交際をされていたそうだ。交際から1年半くらいが経過し、突然に彼からのメールの返答がやや遅延気味になられ、週末にも多忙を理由に会えない状態に陥られたそうである。急に冷たくなったことを理由に浮気を疑い、彼に最近会えなくなった理由を尋ねるlineメールを送信しても未読状態や既読までかなり遅延し たり、質問の答えが記載されていないなどの冷たい内容であったとのこと。2週間ほど待たれたが会えず、きちんとした別れ話は出ていないが、送信しても返答がすぐに来ない状態からついに返答が得られない状態に陥られてしまう。彼にlineメールをすることで別れを切り出されそうな予感がされ、彼に連絡することについて不安な気持ちになられ当方にご相談をされる。

状況と恋愛の経緯をくわしくお聞き し、14項目の恋愛経緯の質問と40項目 のチェックシート回答をお願いし、経緯と回答内容から彼の恋愛に対する考え方、性格について分析をし、彼の視点から見たご自身についてご回答をしていただく。分析の結果から彼の恋愛放棄・倦怠・別れ話を煩わしいと考えている面など身勝手さを感じる内容で、他の女性との交際の形跡が強いことを提示する。この返答の無視や別れ話をしない恋愛の終わらせ方については最近の若年の男性に多い傾向で、無視や対話拒否について罪悪の気持ちはなく、無視をすることで相手に対話したくないという意思を察してもらえると思い込んでの行動であったり、面倒で不都合(自分が悪者になること)な対話に時間を割く気持ちのゆとりが持てず、向き合うことを後回しにしたまま連絡がしずらくなる傾向と判断。(遅れれば遅れるだけ相手が怒っていて不愉快な対話になると思い込んでの気まずさや苦手意識の自己構築)当方の過去の修復事例データーを基に、相手に対して怒っていない意思伝達や向き合ってくれるのを待ちたい、という安心を伝える例文で送信いただき2週間の冷却期間を置くことになる。

line送信を週単位で控えることで、相 手の気持ちをこれ以上追い詰めない策を 指示したが、平行して共通の友人に彼との現状を正直に伝えていただき、仲間内での集まりについては2週間は控えて欲しいことや仲裁にしばらくは介入しないようお願いをする。、この期間で彼がR那さんと気まずい状態のまま連絡に応じられる安心についてや、新しい彼女が存在する中でどう向き合い、何を話せば気持ちを楽にさせられるか?について通話を前提で伝達の内容について課題の形式で考え、彼の視点から見た恋人としてのR那さんとの交際で感じた煩わしさや倦怠感、彼が向き合うことを苦手と感じてしまったR那さんの短所(すぐに泣いてしまわれる面、話が長くなる傾向、聞き入れない面があること、プレゼント過多による恩着せの傾向など)から思い込ませてしまった別れ話の伝達の煩わしさについて自覚をしていただくために課題に取り組んでいただく。彼に対する向き合い方が変わらなければならない部分(聞き上手の姿勢と相手の気持ちを随時察することのできる思いやりを持った向き合い方)について提示し、彼に対して伝えたいこと、彼が安心をして話をすることが面倒と感じずに向き合うことについて課題として作文をしていただき、伝達する文章の作成を開始する。2週間後にlineメールにて、安心の伝達・通話したいことなどを送信いただくが、返信で仕事が多忙との断りが来てしまい通話が実現できない。やり取 りでは新しい恋愛についてや別れについて記載がなく、相手の文面からはとりあえずキープの状態にしようとしている錯覚を持たせる文面であったが、単に別れ話を回避し、相手が諦めたり違う恋愛をして自然消滅することを願っている逃避の返答であることを断定し提示する。今は週単位で静観し、心の負担にならないことを指示する。

3週間後に、課題回答を基に留守電に「どうしてるかなと心配 してるし、お別れしたいのならきちんとさよならが言いたいな」など、無視をされてもコンタクトをしている理由の伝達をしていただくが応答が得られない。

1ヶ月程が経過してから 話したい・会いたい理由、煩わしい話は しない約束を文章にして送信をしていただく。送信から10日ほどが経過し、突然彼から電話があり、別れてからすぐに年下の彼女ができてつい先日に結婚が決まったとの発言に至る。(恋人に対してきちんと別れ話ができない、応答ができず事実を伏せたり、隠したい事実を話すことが苦痛と感じるために別れようと決意した恋人からの連絡に応えない逃避・放棄の行動については、25歳以下の若年の男性に多い傾向で、比較的、交際をしていた頃は大人びた道徳的な発言=仕事に関しての助言・意見や金銭関係の人徳を誇示する発言が多かったり、年上の女性と交際していても主導権=支配欲を持ちたがる傾向があったなど、背伸びをしていたり、自分を大人と見せようとする発言や優しさの示し方が多い傾向にあります。)通話にて話している過程で、結婚を申し込んで相手からもOKはもらったが親ともまだ会っていないし、先々のつもり、結婚の時期は未定であるなど曖昧で現実を見ていない内容の発言。後日、時間がある時に会
いたいな、という話しで通話が終わる。通話での彼の発言の心理を分析した結果、別れ話をするのが面倒であり、浮気をした自覚がなく、無視に陥った時点で別れたと認識しているなど自己を正当化した心理が強いことが推測され提示する。

様子から彼の新しい恋愛が落ち着くま での1ヶ月の静観を指示する。先々での 対話に向けたマニュアルを作成する。自己愛に関する課題に取り組んでいただき、相手に見せるべき長所や自身が理想とする女性像と現実についての課題に取り組んでいただく。彼の心の領域を刺激しない意味での静観の期間を1ヵ月置く。この期間で彼が気楽に遠慮せずに安心して向き合える自身について、彼がまた愛情を向けたいと感じる自身についての課題に取り組んでいただき、1か月後に課題回答を活用し彼にlineメールで、提案できることやR那さんが煩わしくない相手と感じさせるいくつかの伝達をしていただく。彼からの返答に優しく、相手を話題の中心に置いた文章を基本に返答をしていただく。数回のやり取りをしていただき、その後、2週間ほどが経過して彼が会社の飲み会で終電を逃したとの電話をくれて、突然の宿泊であったが面会が適う。対話マニュアル厳守で向き合っていただく。

面会では彼を話題の中心に置いた会話を優先していただき、新しい恋愛の話題 には触れないよう用心し向き合っていただく。翌日から、彼の方から電話や返信が来るようになり、新しい恋人とうまく行っていないことなどを相談してくれる状態になる。クリスマスも一緒に過ごされ、この状態で彼との向き合い方を継続いただく。年末からは仲間との集まりに一緒に参加されるなど以前の交際が再開した状態となり、1月の上旬、彼から浮気を謝る発言と相手ときちんと別れたことを伝えられ、無事、関係の修復に至られたと判断をする。
(※)プライバシー保護のために一部表記を変えてあります。

TOPへ戻る