誕生日に連絡したい人が迷う理由は別れた彼氏に冷められたこと

彼氏の誕生日に連絡したい

冷められて別れた彼氏の誕生日のタイミングで連絡。彼氏は別れてからもあなたから好きと思ってもらえていると過信している可能性があるケースとお祝いの連絡が来たら嫌だなと警戒しているケースがあります。別れてから半年以上が経過されている場合は今日が彼の誕生日だからと急に連絡をしても良い返事は得られないです。問題はその前に彼とのやり取りをされ返事を得て、コンタクト回復ができていることが必要になります。

lineに返事

好きな人から誕生日のメッセージを貰うのは嬉しいことですが、別れて気まずい関係の過去の恋人から急に誕生日に連絡が来たら嫌な気分になる男の人が多いと思います。問題はお互いに気まずい状態であるか、別れる理由は何だったのか、などメッセージを送りたいと思う気持ちはわかりますが送る前に別れの経緯を思い返すことがポイントです。

寄り添う気持ち

恋愛の経緯や別れ話の際にあなたが見せた態度の印象、未練や悔しさの様子、彼氏の人柄や別れるまでの悩み方などで大きく異なります。実際に別れると言われて追い縋ったり、責めたり、感情的に反発をされたパターンの別れ方をされた場合は彼氏から野お返事が得られないパターンになります。もし彼氏から僕のことは忘れて、と言われている状態であれば連絡は控えられた方が賢明です。元カレに別れた後でも好きな人として誕生日のメッセージをしたい女性は多いのですが、ストーカーのようにあなたが変貌したら怖いなど彼氏を不安にさせるのでlineやメールも送ってはいけません。誕生日の時期も冷却期間として静観して下さい。どうしても彼氏に何か伝えたいのであれば違う経路やSNSツールでFacebookやTwitterの友人のツィートへのリツィートを使用されて下さい。長文では嫌悪を強く感じさせるので思い出を綴るような変わった言葉や家族のような親しい関係性の上から目線の言葉は避けて「誕生日おめでとう」のようなシンプルで明朗な言葉が無難です。重要なことは相手を不愉快にさせない気遣いができることです。

また愛されたい

彼氏に冷められて別れた後で

順調なお付き合いと思っていたら彼氏が急にlineで一言、冷めたと言い出して忙しいことを理由に会えなくなって別れた。冷められた理由がわからない。彼氏に聞いても教えてくれなかった場合の向き合い方。彼氏の浮気を疑ったり最近の行動を疑って詮索する発言は先々で彼氏の愛情を取り戻すことについて逆効果になります。

手をつないで

別れた直後が彼氏の誕生日

彼氏との別れ方でこのまま誕生日に連絡して良いのかを心理分析でご回答いたします。そのために彼氏の恋愛観を読み取るために14項目のチェックシートをご相談時にご提示いたします。分析後の具体的なアドバイスとなります。あなた自身が彼氏の誕生日にメッセージやプレゼントをしたいのであれば誕生日よりも前に連絡をして音信の回復を確かめる必要があります。事前の連絡が無視ならそっとしておいて欲しいというサインです。逃げたい男の対処とは返事をしないことが多いのです。彼氏が避けたい気持ちですので今すぐに振り向かせようとしても嫌悪感を感じさせてしまいます。

愛されたい

彼氏の誕生日に別れていても連絡

別れた直後であっても、もうカップルではない状態で元彼女から連絡が来て彼がどう感じるのか?彼氏が嬉しいと思う連絡方法は?メールやラインの例文としては70文字以内、用件を先に記載して、無理なお願いをしてごめんなさいを文末に記載下さい。彼氏には振った気まずさや罪悪感がありますので返事を催促しないこと。

失恋した

誕生日に彼氏に贈り物がしたい

別れた彼氏への別れてからの連絡は片思いの恋愛以上に緊張します。返信が来なかったら辛い、悲しい、など現実を直視することになるからです。元カレと連絡をしたことがきっかけでやり取りを継続する。恋愛をやり直せた、よりを戻せた成功事例。未練を感じさせないlineメール文章とは?プレゼントは送るのではなく手渡しが基本です。付き合っていない状態で誕生日おめでとうと伝えられて嫌悪感を感じさせたり、忘れないでと元カノから取り繕われている、付き合ってと言われている気分にさせることを想定した気配りが必要です。プレゼント、贈り物は高い品物はNGです。手作りの食品も避けて下さい。ハンカチやネクタイは彼女気取りですので好ましくありません。衣類はファッションの志向を理解できている場合でも配慮が必要です。デートを思い出して、と意味合いを含ませることは避けて下さい。失恋した、自然消滅された現実を受け入れて品物を選んでください。私と別れたことを後悔させたいという野心、下心は状況を悪化させてしまいます。贈り物を渡すためのlineに返信がない場合は強引に訪問しないこと。

いつも一緒

彼氏の誕生日を意識しない

彼氏は別れを成立させて安心をされている場合、誕生日が近くなりあなたからの連絡を警戒はしていても期待して連絡を待ってくれているケースではありません。誕生日に連絡したいと意識し過ぎては逆効果になるケースがあります。どんなに素敵な言葉を向けても彼氏があなたに重い、幸せを実感できない、あなたが別れてから悩み続けていた様子を察知して気重に感じるケースも考えられます。連絡が来ることが迷惑など苦手意識を感じていたり、気持ちが冷めていたら無視されてしまいます。プレゼントを用意して絶対もらって欲しいのであれば事前の連絡で必ず会う了承を得て下さい。彼氏の承諾を得ることが必要です。押し付けては意味がありません。楽しい記憶、想い出、あなたが覚えている彼氏の好きなジャンルの音楽や映画に関連した贈り物を用意されたいのであれば、会うための約束、承諾を得ることを大切に考えて下さい。

愛が蘇る

別れた彼氏の誕生日に連絡する方法を解説

女性から男性へのアプローチ

実現できる

修復期間:1年8ヶ月

依頼者:R子さん(女性28歳・会社員)

お相手:Eさん(男性・31歳・会社員)

難易度C(別 れ話以降、コンタクトが難しい状態)

彼氏の誕生日を知っていて違う話題で連絡する

待てます

R子さんの意思により、他に悩まれている方に勇気を与えられるのであればとのことで、この別れた後の彼氏への連絡エピソードを事例紹介に掲載いたします。

彼氏の誕生日にどうしても連絡したい

失恋して寂しい

 

R子さんは学生の頃の友人の関係で知 り合われたEさんとお友達関係から交際 に進展され1年5ヶ月が経過されていたそうである。しかし交際か1年くらいが経過し、彼のお仕事が多忙な部署に変わられたことが原因で彼と会える時間が少 なくなられたそうである。1ヶ月前のR子さんの誕生日も彼の都合で会えなくなったことを電話で泣く等して責めてしまわれたそうである。その際に彼から仕事 が多忙であることを謝られたが聞き入れることができずにいたそうである。その後、彼からのメールが少なくなり、彼にメールを送信しても返答が遅延する、短く素っ気無い返答が来るなど彼の態度が変わられたとのこと。彼から別れを切り出されてしまう。

その後何度かメールを送られたが返事をもらえず、彼氏の誕生日が近いこともあり電話を入れても出てもらえない状態で1週間が経過する。

落ち込んでしまう

当方にメールでご相談をされる。別れ話に至るまでの状況と恋愛の経緯をチェックシートを通じてお聞きする。 分析の結果、R子さんが彼の心の重荷になられていたことがわかり、詳しく提示の後、仲直りのための人格分析のチェックシートにご回答をいただく。

謝罪のための思いやりに関連する課題 にご回答いただき、分析の非の部分をどう謝りたいか、について考えていただき、彼への謝罪と電話はしばらく連絡を控えること、誕生日にまた連絡するね、を伝えるメールを送信していただく。この静観の期間で、謝罪伝達・冷却以降最初の送信となるファーストコンタクトに向けて先々で彼がR子さんと向き合うことへの安心について、彼がR子さんと向き合い、会って話す時間を苦痛と感じない面会の内容について課題の形式で 考えていただく。誕生日での再会は返事が得られない場合は難しいことを提示する。

彼の視点から見た恋人としてのR子さんとの交際で、仕事が忙しくなってから感じた重荷感・煩わしさなどR子さんの短所(依存が強い、ルー ルを作る癖、相手の気持ちを察することが上手ではない、考え方が考え過ぎが原因で悲観的など)、を感じさせた重荷感について自覚をしていただくためにいく つかの課題に取り組んでいただく。R子さんの彼に対する向き合い方が変わらなければならない部分(感情を安定させた思いやりのある向き合い方)について提 示し、彼に対して伝えたいこと、彼が安心をして面倒と感じずに向き合うことについて課題として作文をしていただき、伝達する文章の作成と気持ちの伝え方に ついての取り組みを開始する。

誕生日にメールをして会うことができたが会食でも会話が重たい状態でプレゼントは受け取ってもらえた。

1ヵ月半の冷却する。5月の連休前に 近況報告と相手を話題の中心に置いた短文で送信していただく。彼からは「この前はありがとう、ちゃんと謝ってもらえて、気持ちをわかってもらえた気がする。仕事が落ちついたら連絡するね」※のような迫られたくない保身からの返答がある。(この返答についての彼の心理分析では、結婚を視野に入れて交際をされてい た大人の独身男性が、相手について別れを声にされた際に結婚相手ではないと判断をした距離の置き方であり、会えば煩わしい話になることを身構えた逃避と警 戒の心理が出ていました)返答に対してのお礼とまた連絡をした いことを明記で送信する。短い返答がある。

彼が会いたいと思う自分、彼と二人で8時間を一緒に過ごして休日を共有するとして有意義と感じる時間の過ごし方、彼から交際が円満であった頃に見てもらえていた自分の長所についてなどの作文形式の課題に取り組んでいただく。

前回のメールの取りから3ヶ月程が経過してから、メールにて、近況伝達と会いたい理由、引き留めたりしない雰囲気の文章を送信をする。数回のやり取りから翌週の通話が実現する。

そのやり取り内容や通話のレポートを心理分析し、彼の返答や話しの内容の様子から仕事がかなり忙しい状態で、今は恋愛に時間を使うゆとりがない状態であることを提示する。2週間後に彼の健康を気遣うメールを 送信いただく。そのやり取りで彼から今 度、会えたらいいね、ごはん行こうね、のような返答を得る。(彼に実行意思が低いことを分析で提示する)言い分から彼はR子さんと会えば、交際を再開につ いてYESと言わなければまた責められたり、執拗に連絡をされることを避けていると解釈ができる。仕事が多忙な状態ではR子さんより仕事を優先するしかな い状態を伝えられない状態。3ヶ月の連絡待ち(待機)の期間を置 くことを指示する。この間に彼から連絡 は来ない。彼はこの時点でもR子さんと会う意思が低く、仕事も多忙であることが推測される。その時期に再度、近況を伝え、健康を 気遣う短いメールを送信していただく。 彼からの返答はR子さんに対して新しい彼氏はできたの?などの質問が出てしまわれる。

この際、初期の分析で提示した注意事項を厳守で素直に、駆け引きはせ ず、思いやる言葉前提で、今の正直な状態をお返事していただく。彼からは仕事を理由に前のように楽しく会ったり旅行をする余裕がないことなどが返答として 返って来る。2週間程度が経過し、平日の夕方に共 通の知人のおめでたい情報などをメール で伝えた際に、彼からその日の晩の予定を尋ねられ、会食が実現する。その際、注意事項を活かされ楽しく有意義な時間を過ごしていただける。彼から3週間程度、遠方に出張で不在になることなど激務について愚痴交じりの話を聞くことができた。この彼が不在の1ヶ月の期間で、彼が次の面会に応じても興味を示せる場所や (デート)面会内容について課題に取り組んでいただく。彼からの連絡がもらえた祭に誘うことを指示する。その後、彼からメールが途絶え、1ヶ月が経過した時に、様子を尋ねるメール をしていただく。

返答の内容から誘うことを保留と指示し、やり取りを継続いただく。その後1ヶ月の間で何回かのやり取り があり、彼からの返答から、会うことに 抵抗がある、交際について過去の辛い記憶が抜けず躊躇していて友達みたいに会うなら負担ではないが、会ってしまうと前みたいに付き合いたくなる、のような 交際再開に困っている本音を向けてはもらえた。2ヶ月程度の冷却の期間を置く指示を する。2週間が経過し彼からのメールが 前向きであったため返答をする祭に、課題で作成した文章と誘いのメールを返していただく。デートが実現し有意義な時間を過ごしていただく。(2ヵ月後がクリスマスシーズンであることからそれより前か、年を越すまで誘うのを延ばすかの指示をする。しかし静観から2週間程度で彼側に変化があったので彼の歩幅に 合せることを選択)そのデートから数日が過ぎた時に彼か らメールがあり、3回目の面会が適う。 食事の祭に、今は本当に多忙でたまにしか会えないからのような交際保留と好意があることを言ってもらえる。その翌日から彼からも交際が円満であった頃のよ うなメールが来るようになり、翌月の週末に4回目の面会が実現できる状態になられた。クリスマス前に会食が適うなど順調に会える状態までは回復をされた。

この状態で数ヶ月、彼との彼の歩幅に 合せた向き合い方を継続いただく。R子 さんの誕生日にも会食に誘ってくれるなど、円満な状態ではあるが交際再開について彼に躊躇が見られ、手を握るなど甘えを見せない状態であった。5月の連休でデートをされたり、ほぼ 毎日のメールのやり取りは維持できる状態となる。(R子さんが彼の都合を理解して接している様子に彼もかなりの安心を見せてくれる状態。)7月以 降、以前のような交際が再開した状態となり、11月の下旬の週末を彼の部屋で一緒に過ごされた際に彼から交際の再開についてきちんと話をしてもらえて無事に復縁できて交際に至られたと判断。
(※)プライバシー保護のために一部表記を変えてあります。

いつも仲良し

彼氏と別れたくない、別れてほしいと泣いて頼まれた

TOPへ戻る