元カレに未読無視されないline文章とは?別れてから再会を実現する

元カレに未読無視されないline文章のセオリー

実現できる

元カレから未読無視されないlineの方法、再会から復縁への対話のマニュアルを作り、あなたをサポートをいたします。 別れた彼氏への誠心誠意のコンタクト、lineを送るタイミングと文章のポイントをアドバイス、あなたと元カレとの関係修復の成功に向けたlineのやり取りを展開いたします。

lineに返事

潜在意識に作用する

泣きたい気持ち

冷却期間の目安

別れ話の後で元カノ元カレが未読無視のlineスルーは気まずい心理

困ったら相談

未読無視されないline文章で元カレとの再会のきっかけをつくる

愛が蘇る

女性から男性へのアプローチ

修復期間:10ヶ月

依頼者:Yさん(女性28歳・会社員)

お相手:Fさん(男性・32歳・IT関係の会社員)

難易度C

Yさんの意思により、他に悩まれている方に勇気を与えられるのであればとのことで、このエピソードを事例紹介に掲載いたします。

lineの返事待ち

YさんはFさんと共通の友人主催の飲み会で知り合われ、お互いに 会話が弾み、Yさんからの熱心なアプローチで交際を開始されたそうだ。交際開始当初はお互いに理解し合え、性格も分かり合えて順調な交際と思っていたが、
交際開始から2ヶ月が経過した時期から、彼が仕事を優先する発言が多くなり、デートの頻度が減ったそうである。彼氏Fさんが月末、年度末などの時期が多忙で繁忙j期はやや不規則気味な職場であったため、Fさんが出張や早朝会議など翌朝が早い日曜のデートの誘いは仕事を理由に避けるようになってしまわれる状態であったそうである。しかしお互いに金曜夜や土日などの時間のある時は深夜まで楽しく通話をしたり、平日の朝や日中のlineでのやり取りなど良好な交際をされていた。しかし交際開始から6ヶ月が経過された時期から、Fさんの都合で週末も会えなくなるなどお互いに時間の擦れ違いが増え、年始にはGW連休での旅行なども計画をしていたが、GW前になっても会えず、lineの返答も鈍くなり既読のまま放置などFさんの冷たい態度に感情的な文面でYさんからGWの旅行のことで催促のlineをされた際にFさんからYさんとの性格の不一致を理由に別れたいことや共通知人に迷惑をかけたくないからという理由で今後は会ったりlineしたりの関わりを避けるような発言に至られ、その後、未読無視で返答が得られず、電話をコールしても無視と同じで、取ってもらえない状態になられてしまったそうである。

別れ話をFさんから伝えられてから1ヶ月が経過してから当方にメールでご相談。 経緯についてお聞きし、Fさんからの文面、言い分、交際の経緯、会話のやり取り内容の詳細についてお聞きし、心理分析とチェックシート判定を行いお二人の恋愛の経緯やお互いの擦れ違いについてくわしくお聞きする。

彼の言い分を心理分析した結果、別れを切り出して以降のlineでの言い分の内容は別れを納得させたいだけで、不満や理由に触れて怒らせたくない、責められたくないという言い訳や口実であり、Yさんに言えずにいる不満を伏せたままであることを推測し、どの方法で元カレに伝えても返信が得られず、今すぐの再会の可能性が低いことを提示する。

分析の結果としては依存の強さが原因による心の温度差によるFさんの逃避と断定する。FさんがYさんとの交際を始めたが、Yさんの依存の強さ、身勝手さを実感され、性格が合わないと思わせたこと。日常的にYさんの依存の強さを感じることが随時あり、特に週末夜にデートで会うとそのまま月曜の朝までYさんがFさんと一緒に過ごそうとされ、それを困ることや他の友人との遊びに時間を使えなくなったことを苦痛と感じ始めてもFさんが気が弱くYさんに素直にそれはNOと言えずに我慢をし従ったことが原因で会える頻度が減ったことにつながったようである。そのためFさんが金曜の夜のデートを避けたり、月曜の仕事のことを理由に日曜のデートを避けるようになられたと断定する。おそらくFさんはバレンタイン時期くらいから他の女性ともお付き合いをしたいと考えるようになられており、態度の変化が起きたと断定をする。

Fさん性格分析などから、Fさんは自己保身から思っている不満などを言葉にせず、性格の不一致だけを理由にYさんとの交際を終わらせたい、説明する必要がない、話し合うことが煩わしいと考えていることやYさんに対する愛情は僅かに残存し未練もあるが自分が責められたり悪者扱いされたくない気持ちが強く、GWの予定のことで責められてから別れを突きつけるしかない状態に気持ちを追い込んでしまわれたと断定する。別れ話について会って話し合わず、この対話から逃れたい放棄の気持ちが強いと提示する。

おそらくFさんは新しい恋愛に意識が向いており、今はこれ以上のYさんからの引き留めやしつこいlineの伝達は自己保身からlineブロック、着信の拒否などの事態に陥る危険が大きいことを提示し、最善の対処として冷却期間が重要であり、復縁行動の失敗を避けるために伝達をしないよう指示をする。

分析を基にごめんね、しばらくは待ちたい、性格の不一致とは思えない、という伝達の文面や向き合い方のマニュアル作成のための思いやりと心の温度差についての課題に取り組んでいただく。

FさんがYさんから無責任と責められたくない気持ちであることを考慮し、しばらくは連絡をお待ちします。困らせてごめんね。との内容のlineを送信いただいく。

最低でも1ヵ月はlineは控えるよう アドバイスを行う。返信は冷たく短い内容であった。

最初の課題としてYさん自身のFさんに対する交際開始以降の依存の面、Fさ んの都合や気持ちを思いやれない依存の強さ、反論をさせないような緊張を与える態度、甘えの強さなど非の自覚と交際開始以降にFさんの心の中に何が起きて いたのかを考える課題について、Fさんの視点からご自身を見たと仮定し、自身がいかに心の重荷であったかについて作文をしていただき、課題結果からFさん を依存の面や責められてしまう不安を払拭し、尊重し待てる安心感を示す、つまりFさんを安心させられる謝罪(今、すべきこと・伝えるべきこと)について伝達文章を作成し、冷却の1ヵ月以上が経過してからFさんにlineで伝達していただく。

課題回答を基にこのアプローチ開始以降の彼氏とのlineのやり取り、通話に備えて注意事項(禁句や伝えるべきことなど)を対話のためのマニュアルとして 作成し、提示する。(この都度作成するマニュアルです。)

1ヶ月が経過してから近況の伝達を送信していただく。Fさんから返 答が有り、既に別れは受け入れてもらえたという安心感から知り合われた当初のようなフレンドリーな内容であった。

課題として今後Fさんに送信して伝える意味のあるline、返答を得るための相手に考え直すための長所を見せるためのlineについて作文形式で取り 組んでいただく。

Fさんの性格を良く理解し相手を中心とした話題、相手が読んで気分の良い話題、相手から話題を膨らませてくれる話題について、尊重と慈しみ、思いやるの観点から自身の彼との向き合い方を考えていただく。

その後1ヶ月程度、待つことを指示し、8月になってから残暑お見舞いでlineをしていただく。やり取りからお盆休みに納涼で飲みに行きませんか?お会いしたいことを伝えていただくが、Fさんからの回答が得られ、面会が実現する。ビアガーデンで飲みながら楽しい会話や近況のこと、謝罪などは話すことができた。この際に交際再開を切り出してもらえないならYさんから触れないように注意事項を提示していたが、ついつい過信からYさんがまたお付き合いがしたいということを声にされてしまったそうである。

課題を提示し、会いたい理由説明、提案したいデート内容、彼の今の気持ちの 理解(新規の恋愛に意識を向けている)についてどう理解し何を伝え、何を提案し、気持ちをどう説明したいのかについて考えていただく。

Fさんに与えてあげ られる愛情、Yさんの依存の強い短所を抑え、優しいという長所をどう示したいのか、穏やかにFさんと共有する有意義な時間についての心構え、Fさんのこと を好きな理由、新しく彼女を作ると言われても諦めずに連絡を継続している理由説明、FさんがYさんとお付き合いして、譲歩尊重されていることを実感できる ようなFさんに与える愛情、Fさんとの恋愛とFさんのお仕事や他の友人との時間の尊重、先々結婚を考えるための連帯する意識、Fさんが見ていたYさんの長 所とFさんがYさんとのお付き合いで求めていた自分の自由も尊重してもらえる息苦しくない恋愛のスタイルについての分析提示をして、これからYさんがFさ んとの交際について意識を考え直す課題の取り組みを行っていただく。

会ってくれたことについてのお礼のlineに返答は得られたが、交際の再開についてのお願いについては返答を得られない、既読無視となる。

すぐに「いつなら電話できますか?」とのlineを送信いただく。送信から5分後に彼から電話があり、電話にてこの前、無理なお願いをしてごめんねと謝罪をしていただく。

Fさんからまた時間が合ったら飲みに行こうねとは言っていただける。Fさんが次にYさんに会って話せる気持ちになってくれるまで、しばらく待ちたいことについてその通話で伝えていただく。

以前に課題で作成した文章に、会ってちゃんと話したい、という言葉を加えて送信していただく。送信から10分くらいでFさんからYさんと会いたくないと思った理由の言い訳、つまり仕事多忙のことや責められて別れたくなった理由についての説明が記載されたline返答が来る。

今はすぐに会える気持ちになれな いこと、今はお付き合いを考えている女性との時間を優先したいこと、Yさんが交際中の依存の強さから彼に息苦しさや機嫌に振り回される面などFさんに対す る態度がFさんにとってはピリピリしていたと感じさせFさんの心も身体も相当に疲れたこと、特に交際がスタートした直後からデートでYさんの強い甘えに我 慢することが続き、一緒に長い時間を過ごしても緊張と疲れから楽しいと思えないことが多かったことなどを指摘される。

通話内容を分析し、Yさんが相談当初から心配されていた彼の他の女性とのすぐの結婚や同居はFさんの面会での様子や言い分、特に面会実現などからないと断言ができる状態と提示する。

その後、3ヶ月程度、数回のやり取りをされるが、元カノ扱いのままで、なかなかFさんから会おうとか、会えるという回答が得られない状態となる。

年始を迎え、年始の挨拶でのlineのやり取りをしていただく。会いたいとは伝えたが、ダメだ、難しい、何度もごめん、また連絡するね。という返答であった。バレンタイン時期に会いたいと伝えないよう指示し、3月までの静観を指示する。

課題として今後、Fさんに見せたい自身の長所について課題に取り組んでいただく。5月上旬までは励まし・気遣いのメール送信と相手からのlineや電話には 向き合い方のマニュアル厳守で応答していただくよう指示する。彼から数回、近況についてlineが来る状態を維持される。5月の上旬までの平行を維持する指示をしていたが、課題に取り組んでいただいてかなりの自覚を感じられたので送信の時期を早めていただく

Fさんを尊重しFさんと共有する有意義な恋愛の時間、Fさんが感じてくれる 有意義な恋愛とは?について、この課題の回答を基にこの先でのFさんとの面会のタイミングに備えて対話マニュアルを作成する。

5月の連休中にFさんからデートの誘いがあり有意義な時間を過ごして いただく。その際に3月くらいにそれまでお付き合いをしていた女性と別れていたこと、この別れをきっかけに、今度はちゃんと付き合ってくれるか不安だった、好きな人と思えてきた、もう別れを一方的にlineで伝えて終わらせない。

冷たくして無責任で申し訳なかったことなどを謝られ、Fさんから先々の同居や結婚を前提とした交際のやり直しについて話してもらえ、交際再開に至られる。
(※)プライバシー保護のため伏せます。

バレンタインで

TOPへ戻る