婚活で出会って別れた相手男性と結婚できた人の方法

婚活で出会った彼氏と別れた後で復縁

実現できる

結婚がしたい適齢期の多くの女性が職場や交友関係以外で新しい出会いを探すために利用されているネット関連のツールを利用したお見合い、マッチングアプリについて、交際中のお相手、彼氏から無視をされたり、セフレ扱いで都合のいい女として曖昧な関係のまま時間が年単位で経過してしまわれ、付き合ったことを後悔されたり不安になられて彼氏に結婚について言及をされたら振られてしまい別れ話をされたケースのご相談が急増しています。

lineの返事待ち

未読スルーした相手男性の心理は、あなたと結婚はしない、別れたいと言い出せない、謝ることが気まずい、理由の説明がめんどくさい、無責任と怒られるのが嫌などの理由で無視でフェードアウトする男性が多いのです。

未読無視

結婚しない婚活男性や既婚男性が遊び目的で婚活サイトを利用しているケースなど、きちんと向き合って話さなければ事実がわからないケースが増えています。

心配をする

婚活彼氏が別れた後で無視する理由

お相手が既婚で妻帯者の男性の場合や風俗店遊興が会話レベルや恋愛のときめきやわくわく感がないことで避けたいが女性とは遊びたいエリート層の男性が、「結婚しない婚活」で婚活サイトやお見合いパーティーで清楚な適齢期の女性を騙して交際をされ、交際から数年が経過しても結婚の話しが進展せず、理由を聞いても仕事に集中したい、仕事が多忙と弁解を言って結婚の結論を先延ばしされ、結婚についていつまで待てばいいかと強く言及された時点で、支えられないから別れようと言われて無視に陥る、その後、彼が既婚者と勤務先に連絡をして知った、などの酷いご相談を多数お聞きしています。

 

騙していることがばれなためと嘘がバレて周囲に知られたくない自己保身で交際開始以降に同僚や親しい友人、親族に交際女性を会わせないように画策します。いざ無視されて連絡の伝言を頼むことになっても共通の知人がいない、という危機的な結末になられるケースが多いです。

 

お相手の男性が真面目にあなたとの結婚を考えてくれている場合は、交際開始から180日6か月できちんとした成婚に向けての具体的なお話しがあります。6か月の交際期間が経過して彼の人の輪である友人、知人、同僚、親族に紹介されていない状態であればお相手が「結婚しない婚活」の男性の危険性が高いことを疑うべきです。

失恋した

別れた男性は婚活女性から恋人を選んだ

婚活相手に自身の元カノの話題を初対面で話題にする男性は自分は良い人ですとアピールしたい下心があり、積極的にあなたと向き合うための豊富な話題は思い浮かばない男性です。

恋愛関係

別れた婚活男性の心理を察する

婚活サイト、マッチングアプリで知り合われた彼氏。本気で結婚を考えていた男性であれば急に無視をせず、別れたい理由、交際の継続が無理であることはきちんと直接話してくれます。

 

本気であなたと結婚を実現する意欲とあなたと幸せな結婚を望んでいる、交際する女性に対して良識を持てる誠意のある男性であれば、あなたと婚活サイトで結婚前提で出会われて、交際の開始から180日以内に下記の結婚に向けての準備を実行してくれます。

 

もし別れて復縁婚を目標に連絡をされるのであれば相手の交際についての想い入れについて考えてから本当に復縁すべき相手であるかを考えなければいけません。

 

①彼氏から入籍、同居など時期を含めて具体的な結婚の申し入れがある。

 

②成婚後の二人で暮らす居住の場所、路線・地区、あなたの就労継続、生活費の話し合いがある。

 

③あなたのご親族との対面、挨拶がある。自身の親族や同僚への紹介がある。自分に関わる人に会せる。

 

心配をする

彼氏が性格が合わないことを理由に一方的に別れを告げて無視する

遊び目的で婚活、お見合いサイトを利用されている男性の場合は巧みな話術があり、楽しい会話をしたり自身の仕事の自慢話をします。

 

女性と自分に都合よく楽しく関わりたい、つまり1年でも2年でも結婚の話題は理想論など漠然とは語っても同居、親との対面、あなたの成婚後の就労継続についての意向の確認、婚姻後の居住地、住居のことについては具体的に話しません。

 

休日や深夜で仕事が忙しいと言いながら実際の行動が不明な場合もありますし、あなたと自身の友人知人、親族との面識も作りません。

 

複数の女性と同じように関わられているので以前に聞いたことのある話題を初めてのように語られたり、一緒に行く飲食店も数件に限られるなど行動が保身的で閉鎖的になりがちです。

 

私はあなたを信じたい、結婚する気はありますか?と言う単純な言葉が無視の原因になることがあります。

結婚しない婚活男性の本心は自分に都合のいい関係

休日に一緒に長時間の衣類などの買い物にも行きたがりませんし、旅行の計画や次のデートの提案も漠然となら会話できても予約など実行は仕事を理由に断わられます。

 

日々のlineやメールのやり取りで計画について盛り上がり、いざ約束しようとして、いつがいい?と尋ねたら仕事を口実に濁されたり、約束確定について返信をしてくれないケースもあります。

 

彼氏が約束について返事をしない、回答が曖昧ではお互いに人として良識のある交際と思えずに悩んでしまわれる問題と思います。

 

他に好きな人がいると言ってくれて並行交際を告白してくれる遊び目的でサイトを利用されている男性は少なく、最後はlineブロックや未読スルーや既読無視で放置されてしまう、音信不通になり自然消滅に至るような悪質なケースのお話しも多く聞いています。

 

適齢期のご自身の年齢を考えて出会ってお付き合いを始められてから3ヶ月で彼氏の人柄を見て、6か月180日で具体的な成婚に向けての話しが出ないようならば、成婚意思をきちんと問われて下さい。

愛されたい

彼氏のあなたとのお付き合いの本気度、付き合う目的が結婚をきちんと視野に入れてだったのか、1か月が経過して本当に先々の結婚前提でお付き合いしてくれているのか?特に1週間以上先の約束を仕事理由で未定と言う男性は複数人の結婚適齢期前後の女性と並行で交際されているケースが多いようです。

 

このような男性に対して駆け引きで嘘を言ったり、恋愛相談のサイトの情報を利用して話題を向けたり、長文やしつこい雑談のlineを送ることは急に無視されるリスクがあります。

 

あなたを騙し続けていたのですから謝る気もなければ、きちんとお付き合いを続けて結婚する気もありません。あなたが彼の素を知ってモヤモヤされていると察知された時が切られる時です。

 

つまり彼氏はトラブルになることや責められたり追い縋られることを予見して最後は無視されて自然消滅をされてしまいます。共通の面識のある知り合いを作らないなどは最初から都合よく遊んで煩わしくなれば無視して切る考えだからです。

 

彼氏はサイトを上手に使って複数人の女性とお付き合いを並行されて自分はモテるという自信から会話がとてもリラックスしていて話題も豊かです。

 

別れた後

別れた後で復縁婚が実現できる方法

大切な想い

①彼の交際姿勢、意思が真面目であり、成婚する意欲が本気であるならあなたと知り合って15日以内に明確な成婚前提での交際についての話し合いがある。雑誌の記事でも取り上げられている婚活サイトの悪用「結婚しない遊び目的」の男性のサイト利用が多いため誠意をきちんと見極めて下さい。

 

 

つまり交際の過程で彼氏は真剣にあなたとの価値観や性格の不一致がないか、結婚して本当に大丈夫なのかを様子見されていた可能性が高いのです。

 

別れた彼と知り合った時から真剣に結婚を考えていたのか、遊び目的・体目的の軽い気持ちでのサイト利用での出会いだったのかは彼氏と知り合ってから数日の彼氏の言い分や行動から考察して判断することが可能です。

 

 

②結婚が前提の交際意思の同意、つまりあなたの気持ちを確かめてから、交際に至る前に彼氏自身の本心はサイト退会などで停止され、彼氏は新規探しを止めて、あなたと真剣に向き合ってくれます。当然、あなたに自分と結婚前提で交際をしていただけるのかなど意思の確認がある。

 

 

③交際の申し入れ前に双方の成婚後の仕事について、実家のこと、交友、親族について事情を聞かれる。本気でこれからあなたと家族になりたいと思っている男性であれば確かめてくれることは当たり前のことです。

結婚が実現する

お見合いアプリで実際に会って交際に至り、急に別れを告げられた場合

出会いがお見合いアプリ、サイトの場合、結婚相談所のお見合いと異なり、お断りの連絡などもお相手が気まずい気分であればネット恋愛のように音信を停止する振り方、つまり無視のまま自然消滅のように急に連絡が来なくなって疎遠にされるケースが多い様です。

 

最近はlineを何通でも未読無視で放置されるお付き合いの終わらせ方が増えています。長くお付き合いをされていてもきちんと言葉で別れる意思表示ができず、不誠実さを責められたり、無理な理由を教えて欲しいと縋られることを煩わしいと感じて、無視をされる男性が多いようです。

 

結果としてあなたが時間を無駄にされてしまうことになってしまいます。

 

初めて会った時の第一印象の好感、サイトの中の彼のプロフィールでは説明不足だった価値観や性格を知るために会話を積み重ねて、お互いに好感から惹かれ、交際関係へ、最初は好きと言ってくれていても、お付き合いの過程で短所を見て苦手意識を感じる、急に会う頻度の低下や避ける言葉、自己保身の言い訳、失恋のプロセスを解明できる方法。

 

恋愛の別れの原因について、男性心理と女性心理を考慮した彼氏彼女の言い分を徹底的に分析し、 成婚意思確認から交際開始後のデートの会話や友達の話題、将来についての話題などあなたの非の自覚を徹底的に箇条書きで提示で心の成長を実行していただきます。

結婚が目的の交際だから失恋後の恋愛心理は共有できる価値観

交際関係を修復してから未来が安心交際再開を前提の意義のある対話できる状況に変えて行きます。

 

失恋からの恋愛をやり直すためのアドバイス。恋愛段階からもう一度やり直したい、仲直りをしたい相手の視点から成婚への恋愛意識を理解してやり直すための心の成長をアドバイス 。

成婚を信じて

彼氏に結婚観を尋ねる方法

婚約に至る前の段階で別れてからの対話の過程で相手の人柄、嘘、言い訳など心の動き、揺れ迷いの行動が把握できます。 無意識に彼氏が結婚相手失格と判断した理由がわかる。

 

いつも仲良し

未読スルーの心理を理解して復縁結婚するために

別れた彼氏の今の気持ちを40問の設問で読み取り、分析・予測する、会いたいと伝えるメール、恋人に戻るなら執拗なLINE、長い文面のメールは厳禁!明朗であり、わかりやすく、相手を文面話題の中心に置いた言葉で彼氏、彼女の気持ちを察しなければ心に届かない。

 

【恋愛心理の行動と男心の理解、自己保身や私欲】

 

恋愛心理の行動と成婚行動は異なります。

返信が来ない

苦手意識の解決。振った気まずさを理解できていますか?別れた恋人との復活愛に向け思いやる優しさ、待てる冷静さが安心を伝えます。 相手の視点から恋人としてのご自身の非を自覚する。

 

正直に向き合い関係修復をする方法、謝罪や近況伝達のメールの心構え。心のゆとりと愛情を考える取り組みで交際再開の可能性を高める、別れた恋人への結婚を目標としたアプローチを展開。別れた彼氏の気持ちを察する。彼氏と結婚したい、やり直したい願いを適える、再会の実現へ、気まずさを察する5つの課題。

 

ご自身の非についてを考え、気持ちを読み別れの心理=落胆の 要因 を推測し対話への注意事項を提示いたします。 関係修復のための思いやり、相手の心の重荷にならないアドバイスを行っています。

 

恋愛行動の冷静な見極めで別れた婚活で出会った彼氏との復活愛。最愛の恋人との関係修復のアドバイス、心に届く伝達の方法。

 

あなただけの対話や別れたくない理由説明・相手に伝えたい対話マ ニュアルの作成!成功の前例からのセオリーに従 い、相 手に作用するメールと安心の伝達。 関係を修復をしたいあなた自身です。

理由を聞き取る

【別れた婚活で出会った彼氏に伝える謝罪のメッセージ】

 

思い込みでの悲観、相思相愛の記憶をきちんと思い返す、恋愛の諦め、落胆、放棄など別れたい気持ちをから謝罪伝達で良好で円満な関係の再構築の基本的になります。

 

心の重荷を軽減した対話と円満な信頼関係の構築と心理作戦を展開いたします。恋愛の心理を読んで『別れた恋人と関係を戻せる』の敬う優しさを習得する自己改革。婚活サイトで出会われた男性との信頼関係の構築。

 

婚活の彼氏が別れの決意をした理由とは?気持ちの理解ができ、恋愛心理の行動として謝りたい後悔を敬う言葉に代える、あなたからの連絡で別れた後で再会に向けた、再会のアプローチの展開。相手の心に作用するline、メールで伝える思いやり。

 

別れた婚活の彼氏があなたに安心ができる対話を実現。婚活で知り会った彼氏の苦手意識を受け止められるための対話。

 

結婚できる
相談の手順

メール相談

(個人情報保護法を厳守:実名は記載されなくて大丈夫です)

 

お問い合わせ:090-6519-1413

 

お電話いただく前にまずはメール相談フォームからお問い合わせ内容を送信していただくようお願いいたします。

 

 

(受付時間AM8:30から AM3:00 番号は必ず通知でおかけ下さい)

 

 

【お知らせ】フォーム からの送信ができない場合は、ask@fukuen.jpまでお送り下さい。

 

 

ご相談は無料です。22歳未満の方のご相談はお断りいたしております。

受信させていただいたご相談データはお返事のご返信から24時間以内にすべて削除処理いたしております。

 

メールで問い合わせ

復縁するには別れた恋愛相手の潜在意識に呼び掛ける方法

 

彼氏に振られた、別れた後の未読無視から恋愛復活の成功事例集

 

別れ話の後の未読スルーのline無視は元カノ元カレが気まずい気持ちが理由

 

未読スルーで無視のまま自然消滅した彼氏に会いたい人のlineの使い方

 

セフレ扱いで都合のいい関係のまま無視できる既読スルーする男性心理

TOPへ戻る