夫婦喧嘩が別居の危機を悪化させる前に歩み寄って説得する

夫婦喧嘩が別居原因の場合の説得

夫婦の別居が離婚問題を悪化させた。妻が出産後の育児の疲れや家事の多忙、会話不足からのセックスレスが別居や離婚問題を拗らせて夫婦の危機へ、歩み寄って説得して話し合う方法。生活の中での倦怠夫婦の離婚の危機、解消についての話し合いで愛情を疑う前に実際に思ったことを声にすることが必要です。

実現できる

別居が離婚話になる前に説得する方法

女性として家族にも旦那にも言えずに一人で悩む問題、女性誌の夫婦問題に関する記事では抽象的、一般的な見解が含まれるため、二人だけの問題を解決できないケースが多いです。気持ちの問題が理由の夫婦関係の修復事例

もう一度向き合う

夫婦喧嘩を解決できずに別居した

別居後の離婚の危機、重たい気負い、男女として恋愛をしていたころのように向き合えない、夫婦の深刻な問題を子供のために別居せずに解決したい、話し合いから 関係を修復したい、別居はできない、と素直に伝える。

 

夫の変化は離婚したい理由ではありません。別居についての話し合いの段階で浮気を疑う疑念や離婚条件について具体的に慰謝料や親権、裁判をするなどの先走った威嚇の言葉を向けないようにして下さい。

困ったら相談

別居後の離婚要求を撤回させる説得

別居夫婦の離婚に至る冷めきった危機の問題と向き合う 冷静な非の自覚課題!仲直りをしたい相手の視点からご自分を見つめていただき良い意味で相手の心に向き合う離婚問題の解決へ、毎日の家庭生活が円満であり、子供のために考えること、家庭内のお互いに気まずい関係の起因や理由を尋ねる。

 

将来の妊娠について夫婦で話し合う、考えを伝え、素直に向き合い、お互いの気持ちを確認し、事実と感じられるなら言い分は疑わない。円満な関係へ修復するためのサポート

家族で暮らす

 

いつも仲良し

説得して別居した妻を引き留める

夫婦で家庭内が気まずくならない配慮で夫婦の大事な悩みについてきちんと話し合う。

 

別居や離婚問題解決の話し合うための聞き上手の方法で一緒に暮らしたくない理由を聞く。

落ち込んでしまう

1、夫婦の気持ち、生活、内面、愛情の問題を責めてしまうような言葉で提議することが気まずさを誘発するため、意識させない。:不満を日常の会話に出さない。家庭内で問題の議論厳禁。会話で意識するとご主人の気まずさが増大し逆効果です。そんなに魅力がないか?のような悲観的な言葉は向けてはいけません。

 

2、意識的に環境を変えない:解決を自己解釈で画策して根深い問題はそのまま放置されます。長期的に感情が盛り上がるはずがありません。言い合いになれば気まずさだけが残り離婚のリスクが高くなります。

 

3、心の距離を近づける:朝晩の日常の一言の会話で心の距離が伝わります。人としての気持ち、愛情、つまり声、挨拶にあります。

恋愛意識の回復

 

気持ちの問題が理由の離婚危機を解決

気持ちの問題からの別居危機を話し合いで解決した、家庭内の避けられる雰囲気、別居問題の復縁事例の紹介

恋愛関係

依頼者:Fさん37歳会社員・男性

結婚6年目の妻Eさん31歳

子供1人(4歳) 妻と同居を継続して夫婦の離婚問題と危機の解決し夫婦としての修復を希望。

修復期間:1年

難易度:D(相談時は対話はできるが気まずさが原因で対話がやや困難な状態)
費用:お問い合わせ下さい。

もう一度寄り添う

会話がない状態から夫婦で向き合う

Fさんと妻のEさんは結婚6年目(着手当時)、4歳(着手当時)の男の子(お子さん)が1人。半年の交際を経て、結婚され、賃貸のマンションで暮されている。

 

相談の約1ヶ月前に妻のEさんからFさんと一緒に暮らすのが苦痛、籍を抜くことを前提に別居したいと言われたそうである。もともと不仲であったがお子さんが生まれてから4年は完全な無視状態であったそうである。

 

Fさんが育児に協力していない、私の気持ちを理解してくれない、問題を軽視したり、育児について話題にされると不機嫌になるなど、発言が冷たい、価値観が合わないなどの理由で、向き合 い方に悩んでFさんが問い掛けたことから余計に感情を乱されたそうである。

 

話し合いで奥様から今すぐに住まいを出て別居したい、議論も嫌だ、離婚をしたいことを言われ、激しく言い合いをされたそうである。かなりEさんが冷めて飽きられたのだ、性欲を感じないくらい嫌われたと決め付けて感情を乱して大きな声で号泣されてしまうほど問題について激しい言い返しや罵倒をされてしまわれたそうである。

 

言い合いをして数日後、 妻のご両親を交えての離婚、別居の話し合いに至られ、育児が重要な理由、嫌になったことが大きな理由としてこのまま家を出たいと言われてしまったそうである。

 

夫婦の議論とか離婚の問題に親の気持ちを遠慮して触れずにFさんの 生活態度のこと、傲慢さを苦手としているなど、やはり性格の不一致を理由に今後の婚姻継続ができない、養育費のことや財産分与のこともあるから弁護士に相談をして離婚調停をしたい、夫婦として暮らすことが苦痛であり、結婚生活は続けられない、今すぐに別居をして離婚したいなどや我慢していたことを言われ、離婚をを要求され、応じてくれなくても家は出る、とまで言われてしまわれたそうである。話し合いの翌日に当方に相談。

 

 

お聞きした経緯と別居問題を理由に愛情への疑心が関連した気持ちの擦れ違いに関する40項目のチェックシートからEさんの心理分析を行い、論点である育児協力のこと、 要求についてFさんの非と謝るべき問題点の提示に至る。手順として非の自覚、伝えるべきことの課題に取り組んでいただき、Eさんには話し合いで伝えていただき、猶予をいただく。

 

ご両親には次の週末にこの問題全般の思いやりに 関する問題点の謝罪と経過報告を面会し伝えていただく。

 

注意事項を提示し、しばらく奥様に連絡や謝罪を過度に向けず静観していただくことなど悪化を 防ぐことを指示する。

 

セックスレスの問題以外も理由も含めた夫婦の同居以降の細かな経緯をお聞きし、そもそもの問題についての心理分析を行う。

 

チェックシートによる判定内容から奥様が育児中心の生活であり、夫としてのFさんの振る舞いが身勝手 と感じさせ、会社から帰宅しても会話が少なく、聞き流しや約束を忘れて謝らないなどコミュニケーション不足から不満を聞けずに、奥様の気分を疲労させたと 断定する。

 

Fさんの非について分析し、奥様の父親に面会・話し合いの申し入れの電話を入れていただく。

 

奥様の家庭での居心地、奥様を言及された夫婦生活の不満などについて分析する。

 

謝罪の部分について奥様・ご両親の言葉の原文※から奥様が本当に苦痛とか不安と感じていた夫として良くない部分についての不満を自覚し、離婚の問題について傷付けずに向き合ってきちんと謝罪するための課題の取り組みと反省をしていただき、ご両親に対話を求める内容の電話を入れていただくが、電話にて父親から今はどうしたらよいのか応えられな い、本人がそういう状態では無理に説得もできないとの回答に至られてしまう。

 

その電話にて、当方の別居の夫婦のマニュアルに従い、良く考 える意味で時間を下さいと伝え、引き留めも謝罪も育児虚力の問題に焦ってしまわれた過剰要求や疑心の反省も含め 1ヶ月の冷却の期間を置くことになる。

 

(特に、このケースでは奥様が夫Fさんの短所・性格を的確に理解されているケースのため安易な問題に言及を含めた取り繕いと勘違いをさせる謝罪・伝達は難しい状態)

 

 

静観して2週間程度が経過し、仕事から帰宅された際、奥様から突然に、生活習慣の言及は最近はされなくなったが別居を考えている、別居したまま離婚でもい い、性格が合わない、思いやりを感じない、苦痛 だからすぐに別居したい、すぐに自由にしてくれない限り話をしたくないことを告げられてしまう。

 

奥様の親 に電話を入れ相談をしたが親として問題の議論に加わるのが辛い、二人のことは二人で話しなさい、など介入を断られてしまう。

 

父親の提案で親が同席しない前提で実家での話し合いが行われる。親も別居は仕方がないことと主張し、問題の議論も控えて別居をされることに なる。

 

話し合いではこれまでの話のように主張はするが、奥様からの結論は、離婚届の提出が保留で構わないが留意されることが精神的に苦痛であるからしばらくこの問題を保留にしたい。今後、しばらくは離婚に応じるという返答がない限り、離婚調停も考えている、家庭裁判所で話したい、子どもの親権者は私です、と言われてしまう。

 

話し合いに応じない結論で即時離婚は保留ではあるが別居に至る。

 

3ヶ月程度が経過し、月末に別居中の生活費を実家に持参された際に奥様から「いつになっ たら自由になれますか?離婚させてくれるの」との内容で激しく責められてしまわれる。育児問題も考慮したマニュアルを厳守で聞き上 手に徹していただく。

 

次の月末の生活費(婚姻費用)持参の機会まで1ヶ月の冷却期間を置く。

 

奥様の発言・言い分を心理を分析した結果、奥様が離婚要求をした理由は別居について、自分が被害者であると主張することで自己を正当化し、会話の気まずさ、家庭内の重苦しさ、問題から離れて安心を得たい心理が作用していることを提示する。

 

この分析を基にFさんから電 話で奥様に再度、謝罪を伝えて安心を与える会話をしていただく。

 

次の月末、生活費のことで実家を訪問された際、父親を交えての3人での話し合い が行われ、マニュアル厳守で聞き上手に徹していただき、奥様の離婚したい理由、許す条件ややり直せる可能性はあるのかなど、言い分を聞いていただく。

 

離婚同意の話し合いについて結論は再度、保留となる。

 

父親からの進言で、それずれが努力して別居解消は無理でも週末にお子さんとの面会などが実現し、数週間後、奥様との会話が回復する。安心の伝達などの日常連絡の通話をされなが ら向き合っていただく。

 

4ヶ月程度が経過し、月末に奥様の実家に生活費のことで訪問していただいた際に3人での話し合いが行われ、お子さんとの面会の際に一時帰宅する方向で話が進展する。

 

5ヶ月ほど、週末に面会を兼ねた帰宅での面会を継続される。

 

今後のことについての提案を中心に修復について向き合って話せるような状態となり、Fさん自身に常に奥様の視点からご自身を見て考えていただくなど、別居問題、家庭のこと、別居の夫としての非の自覚と愛情不足の問題、離婚理由の中 の夫婦の信頼と愛情、子育てについてレポートをまとめていただき、奥様の心にあ る不安について問題点を自覚し、安心を与える提案、奥様の心の状態を思いやる気持ちのゆとりの持ち方について取り組んでいただく。

 

この先の話し合い・提案の内容について相手の気持ちを理解する姿勢での向き合い方を考えていただく。

 

週末の面会の際、今後についていくつかの提案をしながら自覚を行動で示していただく。その後、父親を交えての話し合いが何回か行われ、同居について話し合いをされ、育児問題に言及しない条件で合意に至る。

 

翌月に奥様の引っ越しが完了し、3人での 暮らしが始まる。引っ越しを完了させた後で奥様から離婚の撤回を言ってもらえ、夫婦の問題の修復が完了する。

愛されたい

家庭内別居夫婦の関係修復、妻、夫が無視する理由を知る

 

別居から復縁した夫婦は自分が相手に謝罪し離婚を避ける方法

 

離婚したくない話し合いで離婚を避ける夫婦関係修復マニュアル

 

待てます

成功事例

 

妻が別居してからlineメールで離婚を迫る状態の夫婦関係を修復

 

妻から離婚したいと言われた理由を理解して夫婦の関係修復

 

夫婦が関係修復のために別居して離れて暮らす状態から歩み寄る

 

夫が別居した後で妻が自分から連絡するタイミングと言葉

TOPへ戻る