仮面夫婦を10年続ける理由、家庭内別居がきっかけで離婚の話し合いになった

仮面夫婦の離婚理由は家庭内別居でお互いに会話を避けるようになったこと。当方の行っている離婚回避方法は、夫婦の気持ちの問題についてあなたの非の自覚など相手の気持ちを理解するセオリー基づいての離婚の回避サポートです。夫婦が同じ家に暮らしながら会話がなく無視する関係を改善する方法。

仮面夫婦の離婚原因は子供の成長

仮面夫婦を10年続ける理由は子供が大学に進学して家を出たタイミング、子供が成人して家を出たタイミングというご夫婦が多い様です。子供の成長をきっかけに仮面夫婦が家庭内別居になり、その後離婚する話しになってしまうケースがあります。

 

大切な想い

仮面夫婦状態になった理由を自覚して離婚を避ける方法

あなたの誠意で夫、妻の離婚決意、別れの心理を譲歩させる気持ちに変化させるよう作用させて離婚を避けるための対話を重ねることにより良い方向に向け、離婚せずに関係を修復する前提の対話できる状況に変えて行きます。

寄り添う気持ち

仮面夫婦状態が悪化して別居に至った場合

仮面夫婦状態、家庭内別居、無視、モラハラなど夫婦の危機サポートと離婚問題に関する具体的なアドバイスの詳細はメールにてお問い合わせ下さい。

理由を聞き取る

仮面夫婦と家庭内別居の違いとは?

仮面夫婦とは家庭内では愛情が冷めきってお互いに無関心な状態でもご近所や親族、同僚、友人の前では円満な夫婦関係を装う関係のことです。他人の目があれば夫婦の会話が円滑にできる関係で夫婦で体裁や世間体を取り繕っているのです。

 

家庭内別居とは同じ住居で暮らしていてもお互いの生活リズムも価値観も完全に避けて会話をしない、関与しない、聞かない、尋ねないという夫婦が完全にお互いを避けて家庭内で別居状態になることです。当然、1人での外出、買い物などの機会が多く、夫婦の不仲は周囲に察知されてしまいます。

 

 

家庭内別居を話し合いで解決する方法があります。

参考:家庭内別居の修復、会話なしで無視する状態から離婚を避けた夫婦

 

 

 

課題:家庭内別居の初期は指摘内容の受け入れて非を自覚できることを目的とした課題3問

 

(非の自覚、相手の視点から見た自分自身についての課題、思いやりの課題)

夫婦として共有する時間についての向き合い方の課題と別れた、離婚を回避したい配偶者の気持ちを察する課題。メールやlineを送信する、謝罪や面会申し入れメール、line、面会後のお礼のメール、line文の作成課題、面会の後のレポート報告と次回の話し合いでの注意事項提示、メールの文章添削。

 

関係を修復するためのきっかけは本心を素直に伝えることで気持ちを理解してもらえる。

家庭内別居の原因を自覚する

家庭内別居に疲れた、このまま仮面夫婦状態だった場合の行く末、老後が不安になったなど婚姻を続けるメリットが感じられない、話せない状態の回復が必要です。

lineの返事待ち

仮面夫婦の離婚原因を解決する相談

メール相談

(個人情報保護法を厳守:実名は記載されなくて大丈夫です)

 

お問い合わせ:090-6519-1413

 

(受付時間AM8:30から AM3:00 番号は必ず通知でおかけ下さい)

 

【お知らせ】フォーム からの送信ができない場合は、ask@fukuen.jpまでお送り下さい。

メールで問い合わせ

初回のメールでのご相談は無料です。

相談の手順

仮面夫婦が別居からの話し合いで離婚を回避できた事例

依頼者:K子さん32歳(女性・会社員)

結婚2年目の夫Sさん(29歳)。子供なし。

家庭内別居状で仮面夫婦の状態から別居、離婚を回避希望。

修復期間:1年2ヶ月

難易度:D(相談時は対話難航の状態)

もう一度寄り添う

K子さんの意思により、他に悩まれている方に勇気を与えられるのであればとのことで、この仮面夫婦の問題でのエピソードを事例紹介に掲載いたします。

 

気持ちを伝える

 

 

K子さんはご主人のSさんと知人を通じて知り合われ、半年のお付き合いされてから結婚に至られた。

 

結婚1年2ヶ月とのこと。お子さんなし。賃貸のマンションに居住されていた。

 

K子さんの交遊関係の多いことにご主人が干渉をするようになり、浮気や過去の恋愛相手との交友を疑い、SNSや携帯をチェックしたり監視したことが原因で激しい言い合いが多くなられていたそうである。

 

K子さんが風邪でダウンされた際にご主人が深夜まで帰宅されず同僚などと飲みに行っていたことが理由で喧嘩に至られた。

 

「出て行け」と言われK子さんは冷却の意味で実家に戻られたが、1日待ったがご主人が迎えには来てくれず、その前からの対外的には仲が良い様子を示し、家庭では無視など家庭内別居に陥り、仮面夫婦状態に焦りがあり、メールで激しく責めてしまわれたり愛情を疑う 内容を送信されたところ、「結婚生活に疲れました、離婚したい」 との返答に至られ、慌てて引き留めをされたが気持ちは変えられないとの言い分で、強引に帰宅され話し合われたが同居も言い合いになるのが苦痛との答えに至られ、K 子さんが実家に戻る状態で膠着となる。

 

 

(膠着とは、K子さんの謝罪メールに対して離婚してくれという返答しか来ない状態から、謝罪過の多が原因で相手の返答 が無視や遅延する状態のこと)

 

K子さんから当方にご相談。事情をお聞きする。家庭内別居、仮面夫婦状態の原因、ご 主人の発言や行動から心理の分析を行い、非の自覚についてお話しをさせていただく。

 

メールでの謝罪伝達を控える指示と過去のデーターからの傾向を提示し、ご主人との暮らしで今まで自覚できていなかっ た非について課題の形式で考えていただく。

 

相手の親、自分の親はまだ関与させてはいけないことなど注意事項をお伝えし、今後、どう謝罪していただくが、離婚については撤回して欲しいことをどう伝えるべきかを相談する。

 

電話でご主人に謝罪していただき、一旦帰宅しての対話を申し入れるが、話すメリットを感じない、話し合おうという提案は 聞き入れてもらえず、マンションに来て欲しくない、謝罪を聞く意思がないこと、言い合いになるだけだから話し合いたくないなどの対話拒否の返答に至られてしまう。

 

 

この際、当方の離婚回避マニュアルにある、これまでの住まい居住状態での別居の場合に奥様側が家事で週に数回帰宅する提案をするが、強い言葉で拒まれてしまったため、家事帰宅はしないことになる。別居要求の異変が起きるまで結婚当初から夫婦関係は言い合いが多く円満とは言えなかったそうである。

 

 

当初はご主人に以前からの女友達との交遊が喧嘩の原因になることが多く、ご主人の我侭にK子さんが振り回されることがあったそうだ。

 

チェックシートによる判定を実施し、ご主人からの言葉の原文などから、今回の喧嘩で放棄の気持ちが強くなり離婚したい意思が強く、謝罪が過多な状態に陥られていて話し合う意思がないこと、自分は悪くない意識=被害者意識があることが推測できる状態。

 

ご主人の言い分を読み取り、K子さんが自覚すべき非について提示する。

 

2週間 の冷却を指示する。この冷却の期間で対話に向けたマニュアルの作成とご主人から見たK子 さんの短所や嫌いな面について分析から提示し、自覚していただく。非についてきちんと整理をしていただき、離婚したくない理由や謝罪、今後の提案についてどう伝えたいのかを文章に まとめる。

 

2週間後、電話にてアポを得ていただき、帰宅されご主人に謝罪・非の自覚をお話していただくが、返答は変わらず、離婚したいこと、一 緒に暮せないことを言われてしまう。

 

 

この話し合いで夫婦としての気持ちの温度差、結婚前にお互いがどういう気持ちだったのかを確認し、これまでの言い合いの原因、思いやりのこと、お互いの愛情について自分に問題があった部分を思い返していただき、離婚撤回についての話し合いをしていただくが、結果として離婚まで6ヶ月くらい保留・別居ということで合意に至られる。

 

 

この6ヶ月の時間で、当初は週に1通のメールをされたり近況を尋ねるなどしていただくが、2ヶ月目になったところで離婚を強く求められてしまう状態に陥られ、メール伝達を中断休止することになる。

 

 

課題形式の作文にて無関心など仮面夫婦の問題について改心すべきことや離婚したくない理由説明などの文章の作成に取り組んでいただき、事情報告ということでご主人のお母様に挨拶に行っていただき、謝罪と静観をお願いすることとなる。

 

しかし心配をされた義母がご主人を問い詰めてしまわれる形で介入をされてしまわれ、激しい抗議の言葉を向けてしまわれる状態となる。すぐにご主人に理由を説明するが聞き入れてもらえない状態。

 

義母に確認の電話を入れると、「話しても意思 は固いようだから」と離婚合意を求められてしまう。2週間の冷却を指示する。2週間の冷却の期間で課題に取り組んでいただく。

 

課題の内容は、現状 では相手が望む答えが離婚合意の返答以外にない状態であるため、相手の放棄したい気持ちを理解し、聞く姿勢を示すことについて考えていただくことと、この状態で相手に離婚したくない理由説明について、どう伝えたいのかについて作文の形式で考えていただく。

 

 

2週間後、メールで通話できる時間が持てないかを尋ねると、 離婚に応じてくれる話であ れば聞くと返答が来る。離婚したくない理由、未練・愛情についてや思いやりや気持ちの理解など相手の視点から見て欠けていると思えた点や自身の非について謝罪を伝えても、気持ちは変わらないとの言い分が変わらず平行線の状態となる。

 

課題形式の取り組みを行っていただく。現状、K子さんを放棄 したい気持ちになられている非について、今後、どう変わりたいのか、どう行動で反省を示すのかについて作文形式で考えていただく。

 

 

随時、月に1,2回、近況を電話で義母に伝えたり、近況を尋ねたりと冷却の時間を置いていただく。

 

 

4ヶ月が経過し、当初の猶予の期間が終わる時期になることから今後についての話し合いがしたいことを電話で伝えていただく、義母を交えて実家での話し合いを提案するがご主人の意向でマンションで2人での話し合いとなる。

 

謝罪は聞いてはもら えたが離婚したい気持ちは変わらない、もう気持ちがないと言われてしまい、理由はいつもいつも言い合いになったり感情を乱したK子さんの態度が怖くて不愉快だったと言われてしまう。

 

 

短所も含めて愛して欲しいと結婚前に言われ合意したが愛情がもてなくなってからは苦痛なだけだったと言われてしまう。

 

離婚合意 を拒んで引き留める理由、一緒に暮らしたい理由、与えたい愛情、できる約束、気持ちを察していることなど冷却期間中に行った課題で作成したマニュアルに従い相手への気持ちについて伝達をする。

 

 

マニュアルに従い、同居期間に言い合いをして責めたこと、離婚を言われてから執拗に引き留めをしたこと、安易で自分本意な謝 罪と過信のこと、気持ちを察しなかったことの謝罪、離婚を要求されてから気がついたこと、この先でできる約束などを話していただき、少し考えてみたいとの返答に至られ再度1ヶ月くらいの冷却の期間を置くことで話が終わる。

 

 

話し合いの内容を心理分析し、未練残存を提示し、話し合いから1ヶ月の冷却の期間を置くよう指示する。

 

義母に経過報告はしていただく。K子さんに対して感じている苦手意識=不安や不満について問題点を自覚していただく。謝罪すべきこと、約束として提案することなど、この先の対話内容について必要な誓いと向き合い方を考えていただく。

 

 

聞き入れられるの心の領域を理解し、感情を乱すなど刺激を避けるためにメール・電話・ 義母からの詮索・説得を控えていただく。

 

この間に次の対話でご主人を安心させる約束・提案について検討し、対話のマニュアルの作成を行う。

 

次の話し合いで家事のことで週末に5hだけマンションに帰宅させてもらう合意を得る。

 

以降、謝罪や話し合いは行わない指示をして、3ヶ月程度、冷却と反省を行動で示し冷静に向き合って安心を与える意味での冷却の期間として過ごしていただく。

 

この家事帰宅の際に徐々 に会話が普通の状態になられ、仮面夫婦の頃に話せなかった深い会話やお互いをわかろうとする意欲を示せる。滞在時間も当初の約束より長い時間居られるようになる。

 

ご主人の譲歩で年末新年を一緒に過ごされ、翌月に再同居(修復 に向けて)についての話し合いをされ、離婚要求の撤回をしていただき修復に至る。K子さんがマンションに戻ることができ、同居での家族としての生活が始まり修復を完了する。

 

もう一度向き合う

 

家庭内別居から離婚を回避する話し合いの方法を解説しています。

参考:離婚理由は家庭内別居、夫に話し合いで伝える謝罪の言葉がわかる方法

TOPへ戻る