妻がモラハラを我慢していた?別居後に離婚を迷う理由は生活費の不安

新婚夫婦の妻がモラハラを理由に離婚を迷い逃げるが勝ちという気持ちで実家に帰って別居した。自分の妻への日常的なモラハラ行為が離婚理由でも戻りたい!

 

新婚の夫婦関係の修復、言葉の暴力、DV再発防止の方法など誠心誠意のコンタクト、意地の悪い言葉が原因のモラハラ別居の離婚問題、DV別居の解決に向けた話し合いを展開いたします。

妻がモラハラを我慢した理由は?

モラハラで妻が離婚を迷い別居した。日々の嫌がらせと感じる行為や暴言、大声が嫌になった。モラハラに我慢できない心理になった。一緒に暮らしたくないと思わせた言葉の暴力が繰り返されない誓いが必要です。

妻へのモラハラが離婚を迷い家を出られて理由

妻へのモラハラは改心が必要です。取り繕うような反省していますのような軽い謝罪では信用してもらえません。

 

妻への嫌がらせ行為、モラハラを自覚いただく必要があります。

 

別居後の妻との話し合いの過程が随時把握できるやり方であなたをサポートをいたします。

幸せを考える

妻への言葉の暴力がモラハラの証拠?

モラハラが離婚の証拠?新婚の妻が家を出た理由は結婚生活1か月のモラハラだった場合の戻り方とは?妻に向けたあなたの失言の理由は?あなたにとって生涯の財産となる最愛の夫婦関係を修復するお手伝いをいたします。

 

モラハラが原因で妻と離婚したくないなら謝罪と再発しない誓いが必要です。

関連記事:モラハラで別居した妻と離婚したくない夫、謝罪方法の相談

 

未読無視

妻がモラハラを理由に離婚を迷い別居した後で

依頼者:H志さん27歳(男性・会社員)

新婚1ヶ月でDVが原因で別居の妻Cさん(28歳)。結婚のために離職:専業主婦

モラハラ発言が理由の離婚要求を回避を希望。

修復期間:1年5ヶ月

難易度:C(相談時は妻との話し合いは可能であるが同居交渉に難ありの状態)

結婚できる

他に悩まれている方に勇気を与えられるのであればとのことでこのエピソードを事例紹介に掲載いたします。

 

 

もう一度寄り添う

H志さんは妻のCさんと数週間前に結婚をされた。妻の趣味は読書と映画鑑賞、クラッシック音楽。新婚旅行の数日前、奥様がH志さんの荷物の梱包をで開けて問題が起きてしまわれた。

 

 

H志さんが数年前から収集されたいた貴重な数冊の漫画書籍を見つけてしまう。H志さんは混乱してモラハラ発言をされしまう、否定する言葉で怒鳴ったそうである。

 

モラハラDVを理由に出て行きたい、別居すると言われてしまった。旅行のキャンセルなる。

 

 

H志さんが離婚したくないことを伝える。奥様が誇張して親に伝えたこと、人柄に異常さを感じていたなど不満発言が原因となる。

 

今後、離婚同意について裁判を視野に入れて話し合いをする。

 

14項目チェックシートで奥様の心理分析を行う。

 

「信用できなくなった、結婚は間違えだった。迷ったけどすぐに離婚に応じて欲しい」と言われた。

 

謝罪を送る。奥様からメールで返事がある。理解できないと否定する内容。

 

H志さんはかなり感情を乱された状態。

 

無難な答えでは不満であることを言われてしまう。

 

奥様に伝えていただくが反論のSMSメールが来る。迷う気持ちでの内容も含まれていた。

 

 

奥様は親への甘えが強く考え方である。

 

結婚についての理想もきちんと気持ちの中で整理できていない 状態。H志さんに大きな期待を向けていた様子が伺える。

 

奥様の性格が思い込みや決め付けがあり、他人の意見を聞く姿勢になる。

 

奥様の被害者意識が思い込みが激しい。話し合いを2人だけで行える状態。

 

今後について話し合いたいことを伝える。話し合いで考えていることを教えて欲しいと尋ねる。引き留めている説明と離婚したくない理由について話す。

 

話を聞きたくない、信用できないと言われてしまう。怖くて住まいに戻る意思がない、 だから話したくないと言われてしまう。

 

奥様自身が親への甘えが強く、H志さんに頼りがいを理想として持たれたこと。結婚に過剰な期待をされていたことも大きな理由と判断。

 

この話し合いで冷却期間について提案する。

 

1ヶ月の冷却期間を置く。奥様から再就職をするにあたり正社員として勤めたい、旧姓に早く戻したいので離婚して籍を抜いて欲しいと言っている。

 

親としても離婚させたい。 今後については同居したくない、自由にして欲しい結婚は騙された、もう愛情を持てない、安心できる旦那と感じない主張をしているとのこと。

 

同居に応じてもらえた場合に誓えること この先に約束できることを伝える。

 

2ヶ月が経過して話し合う。話し合いの後、実家でもかなり奥様が情緒が安定していな い様子を言われる。

 

1ヶ月冷却期間を置く。話し合いは平行線になる。

 

奥様が思い込み を事実として考える心配性な性格のことなど今後の離婚の保留について返事がある。

 

3ヶ月が経過しても動きがない。奥様 が落ち着いたのを見計らい話し合いを呼びかける。

 

毎月の生活費を負担する。会って話せるようになる。H志さんには行動で示す安心の伝達と気持ちの理解について考える。

 

H志さんからCさんに話し合いについて理解できたこと、心配して いること、約束できることについてで伝える。

 

離婚しか結論を望んでいないが、将来を考えると不安で恐くなることもある。

 

安心できるH志さんについて結婚前に考 えていた理想像について意見を言わせる。

 

同居提案と離婚撤回について話し合う。保留となっていた新婚旅行に行くことが決ま る。

 

無事に8月に新婚旅行に行かれる。旅行から戻られてから両親・仲人への相談を控え二人で話し合って行くこととなる。修復に向けての話し合いをされる。離婚についての要求を撤回してもらえる。

 

 

恋愛関係

別居した夫婦の復縁方法を解説しています。

参考:別居から復縁した夫婦は自分が相手に謝罪し離婚を避ける方法

 

 

待てます

離婚回避を成功できた事例

関連記事:新婚別居で離婚したくない、結婚1年目の夫婦が関係修復できた相談

 

関連記事:新婚不倫が別居の理由!結婚前からの妻の浮気発覚後に離婚を避けた方法

 

関連記事:モラハラ夫と離婚したら後悔する?慰謝料の相場はどこで確認する?

TOPへ戻る