離婚したいと言われたら?夫がとる行動から理由と対処法がわかる

離婚したいと言われた後の夫への対処法として離婚したいと考えている理由を聞いて下さい。夫との話し合いの内容など引き留めるための行動について詳しく解説しています。

離婚したい夫の行動

離婚したいと言われたらどうすればいい?

離婚したい夫がとる行動とは?離婚したいと言われた場合の対応方法は、話し合いで離婚したい理由を夫から聞き取ることが必要です。離婚したいと思わせている原因をきちんと聞く向き合い方で解決への話し方がわかります。

 

離婚したいと言われたら理由を聞いてから説得する?旦那から離婚を決意した気持ちを聞いた後の離婚問題を解決する対処の方法とは?離婚について夫は強い決意をしてからあなたに切り出していますので数日では答えは変わりません。絶対に譲歩しないことを決めるまでに相当に悩んで考えていたはずです。

 

話し合いの進め方は夫の言い分を先に言わせるように配慮することが重要です。

 

 

 

ご相談の受け付け

メール相談フォームよりお問い合わせ下さい。

 

夫から離婚したいと言われた後

 

旦那が離婚を決意して別居の準備を始めてから離婚したい意思を声にされています。離婚すると言われてから夫が無視をしている場合、夫の無視を解決する方法があります。

 

 

夫から離婚したいと言われた場合の対処法について妻を無視する夫の離婚したい心理と気持ちとは?離婚を避ける対処法の記事で詳しく解説しています。

 

離婚したい夫がとる行動

離婚したいと言われた後の夫への対処法とは?

夫は離婚したい理由を自分を正当化して話しをします。過去の夫婦喧嘩のトラブルや言葉の暴力、精神的DVを調停での離婚理由にするために家庭内の話し合いでは価値観の違いや性格が合わない、性格の不一致など本音とは違う言い方をします。

 

 

産後クライシスが原因で離婚したいと言われたら?

関連記事:産後クライシスが原因で夫から離婚したいと言われた?里帰り出産が理由

 

夫の行動の変化

長時間の話し合いが嫌だ、離婚を要求したことをこれ以上責められたくない理由で無難な言葉で気持ちがないから離婚したいなどの理由を答えて正確な本音の理由を言わずに濁す特徴があります。

 

 

離婚に応じないなら別居すると言われても修復は可能です。

関連記事:別居しても離婚したくないなら?今すぐに連絡して謝罪を伝える方法

 

離婚したい夫の行動

離婚したいと言われたら理由を聞き取る

夫から離婚したいと言われたら?まず、なぜ離婚したいのか、理由をきちんと聞き取って下さい。少し時間を置いてから離婚を回避するためにどう話し合いをする準備が必要です。家庭内で日頃から夫が無視していたことをモラハラと批難したり、離婚をするなら慰謝料を請求したいなどの強気の言葉を向けない気遣いが大事です。

 

 

離婚したいと言われたら話し合いで本音を言わせる方法があります。夫に婚姻生活の不満を聞き取るためにはどうすればいいか?

 

 

夫から別居したいと言われたらどうすればいい?

関連記事:別居したいと夫が言い出した?離婚を引き留める言葉を伝えて修復する

 

夫が話し合いを拒む

話し合いでは離婚に同意できないと言い切ってから夫にどうしてもう夫婦として一緒に暮らすことが無理と思うのか?理由を教えて欲しい、という考えについて尋ねることを継続してください。離婚せずに婚姻関係を継続するための話し合いが必要になります。

 

 

夫が離婚を急ぐ態度だったらどうすればいい?対処法がわかります。

関連記事:離婚を急ぐ夫の理由とは?不倫を続けたい心理で別居された後の対応

 

LINEでは説得できない

 

急に離婚を切り出す男性の特徴として、離婚を考えている状況について妻に気付かれないように警戒をしながら別居の準備を始めてから突然、離婚について言い出すケースが多いのです。

 

 

これから離婚危機を解決できる言葉の伝え方について詳しく解説しています。

関連記事:夫・妻と離婚回避する言葉とは?仲直りしたい気持ちが伝わる方法

 

受け入れられない

離婚したいと言われたら夫の言い分を聞く

離婚に応じるまで会わないと別居前に決める男性は多いのです。両親に相談されることを嫌がります。男性心理は実際に思っている結婚生活への不満を全部声にしません。不利にならないようあなたが仕方ないと諦めるような決定的な過失を理由だと言い切りたいのです。

 

 

夫の態度が変わらない

家計の浪費など性格の不一致が原因で夫から離婚を切り出された後は思い当たる指摘ではない言い分でもまったく言い返さず、自己保身の言い訳を一切してはいけません。

 

 

離婚寸前から夫婦関係を修復するために何を話し合えばいいのかがわかります。

関連記事:離婚寸前の夫婦の特徴とは?関係修復できない原因を解決する対処法

 

離婚したいと言われた後の対処

 

離婚したいと言われた理由は夫の結婚生活への不満

離婚宣言された後できちんと話し合って夫婦としてやり直すことは可能です。離婚したくないと言うタイミングなど向き合い方を離婚回避を成功できた事例で解説しております。

 

離婚したい理由を知りたい

 

 

夫から離婚したいと言われた後で考えること
夫婦の話し合いで離婚を思い留まらせるきっかけの言葉や話し方について考える必要があります。離婚危機になってから後悔して謝っても手遅れになってしまいます。

 

 

 

離婚を回避する話し合いの方法を解説しています。

参考:離婚したくない!離婚を避ける話し合い内容と絶対知りたい修復方法

 

離婚したいと言われたら

 

離婚したいと言った後で本音を言わない旦那の心理とは?

離婚したいことについて本音を言わない旦那の心理とは?離婚について答えが変わらないとこと意思表示したい男性心理の心配性が理由です。

 

夫婦の問題を解決するために夫の言い分を理解できた部分と理解できないことをきちんと伝えて下さい。理由を教えて欲しいと尋ねることで話し合いが再開できます。

 

本音を言えない夫の心理

 

 

離婚したい夫の理由が浮気だった場合どうする?

最近、明らかに夫の家庭内の様子が変で浮気?不貞をしているなど異性関係が怪しいと思っても疑念を声にして指摘しないことが注意すべきことです。女性と会っているなど異変が起きていないかを冷静に確かめて下さい。

 

 

「好きなひとがいるの?」「浮気でしょう」のような憶測の発言は控えて下さい。そのため証拠を見た、噂を誰々から聞いたなどの事実の自白を促すためには嘘を言わずに問い詰めて下さい。

 

ご主人との婚姻関係、同居状態を維持するために同居解消後に揚げ足取りをされない前提で家庭内でのしつこい引き留めの交渉は控えて下さい。疲れているご主人の気持ちを思いやることが大切です。

 

自分は悪くないと思いたい心理

 

 

離婚したいと言い出した夫は被害者意識を持っている
夫本人は自分が正しい、言い分は正当と思っていますので指摘や言い返しが原因で事態が平行線になってしまいます。夫婦関係の折り合いについて話しができる状態を維持される冷静さが大事です。

 

 

夫の浮気発覚後の接し方で離婚は回避できます。

関連記事:夫の浮気発覚後の妻の対応と接し方の態度は?離婚を避ける対処法

 

夫から離婚したいと言われた

浮気を疑ったことが離婚したいと言われた原因の場合の対処法

今まで帰宅しても無視してい夫が急に突然、離婚すると言い出されて激しい言い合いになってしまう、その後夫から一方的に責められ、夫から結論に選択肢の無い迫られ方をする、別居、離婚協議の話し合いが拗れた拗れたケース、夫の浮気や女の影を感じてしまい、浮気を追及しても認めないケースなど。離婚を受け入れると約束させられないように話し合いでは感情的にならないように用心が必要です。

 

 

主婦として頑張っていたつもり

私が夫に冷静な言い方で離婚を拒む返事をしたら、性格が合わない、男女として合わない、同じ家で一緒に暮らすことがストレスになっていると決め付けた言葉で否定された。その場合の対処は?当然、平行線が続く話し合いの繰り返しではその期間で夫が家を出るリスクもありますが一旦、7日程度の冷却をする時間が必要になります。

 

浮気が原因なら許せない

 

浮気を隠している夫は離婚を急ぐ?
離婚したい本当の理由が浮気の場合の対処法は?異変が起きたと感じて夫の浮気を疑ったがもちろん確かな不貞行為の証拠も根拠もない場合は話し合いを継続する以外の解決策がありません。夫が以前から嘘や言い訳が多く話術が上手いと感じていた場合は正直に言い方を要点を先に声にする向き合い方が必要になります。

 

ちゃんと話し合い

離婚したいと言われた後の夫への対処法

夫が離婚したいと言っているが離婚したい理由を言わない心理は?理由を言ってくれない場合はどう対処すればいいか?

 

離婚調停でも互いの言い分が平行線、夫から自分勝手と批難されても言い分は変えてはいけません。lineやメールで離婚調停の手続きを予告されても不安な気持ちは素直に声にして伝えるようにして下さい。

 

協議離婚を拒む返事から養育費、財産分与で調停が膠着、離婚原因と慰謝料の話しで拗れた場合の一番有効な本音での向き合い方。裁判費用を考えたら調停で夫に和解の判断をお願いして、離婚を考え直してもらう話し方、伝え方が必要です。

 

別居を急ぐ夫

 

夫婦関係が悪化した後の話し合いが長時間にならない配慮?
夫婦関係が悪くなった後では、過度に長時間の話し合いを繰り返しますと性格のこのような面が嫌だ、性格の不一致でストレスが我慢できない、疲れる、基本的に夫婦としてお互いの性格が合わない理由が離婚事由と言われてしまいます。

 

困ったらlineを使う

 

夫の気持ちを理解するための話し合い
基本的に夫婦の話し合いではお互いが不利になりたくない気持ちで探り合うような言い分で平行線になってしまうのです。離婚すると決めた旦那と離婚したくない自分の言い分を折り合わせるには自分なりの譲歩を示したり、具体的な提案で夫の結婚生活でのストレスについて理解する謝罪が必要になります。

 

 

離婚したい夫の行動とは

離婚したい理由を理解するための夫との話し方

離婚の原因を知るために、離婚宣言に至った夫の心理について考える必要があります。離婚を切り出すまでに相当に考え、悩んであなたに声にしたはずです。

 

借金やセックスレスなど重大な問題や専門家が民法で判断した時に修復が困難と判断されるような理由が存在しない限り、夫婦で向き合うことが最善の修復方法となります。話し合いが平行線で悪化した夫婦関係を改善する対策の方法とは?まだ夫のことが好きで離婚は避けたい場合の話し合いの進め方。

 

離婚を拒む理由を話し合いで伝える?夫に離婚したくない理由をきちんと言い分を継続的に変えずに話し合いで声にすることが夫婦関係の修復には必要なことです。しっかり離婚したくない理由を声にできる向き合い方が重要になります。

 

別居になった場合は夫との仲裁は保留でも義父母など親族には事態を知っていただく必要があります。それぞれの親族に正直に事態を伝える必要があります。

 

話し方を考える

別居後に離婚したいと言われたらLINEでは説得しない

強引に別居を選択して家を出た夫からどうしても離婚して別れて欲しいとLINEで頼まれてしまい決裂してしまった状態。悪意の遺棄と感じるような強引な別居をされた場合、こういう別居経緯の流れの事態では夫婦間のLINEやメールは長くならないように事務連絡だけに留めて下さい。

 

 

離婚準備で夫が別居した場合の修復方法がわかります。

関連記事:夫が離婚準備で別居した期間にできることは?別れたくない妻の対処法

 

LINEで夫に謝る

離婚したいと言われた後の夫へのLINEの送り方として言葉とタイミングに注意が必要です。LINEで離婚危機の状態での夫婦の議論は感情的になってしまう危険があります。で会うための約束を得ることを優先した使い方をされて下さい。

 

夫に離婚したくないと説得する言葉とは?夫が離婚したいと言い分を譲らず、離婚協議が平行線でも説得は焦らずに根気よく続けて下さい。夫婦の信頼回復に必要な本音で話すことを重要視したアドバイスに基づいて、夫婦関係について歩み寄れる言葉の向け方を継続することが必要です。

 

夫が離婚を切り出す理由

離婚したいと言われた後で引き留めたい理由を伝える方法

もう離婚すると決めるまでに旦那は相当にあなたの家庭内での言動を見ていたはずです。実際にあなたに離婚すると声にするまでに考えていたはずです。離婚拒否の意思を話し合いで伝えることが必要です。

 

 

夫婦として話し合う

 

 

 

夫婦喧嘩の後で仲直りができる謝罪方法を紹介しています。

関連記事:夫婦喧嘩を仲直りできる?離婚しないための5つの謝り方

 

家族としてやり直す

 

離婚したいと言われた後で引き留める話し方がわかる相談

 

依頼者:K奈さん32歳(女性・専業主婦)

結婚2年目の夫Sさん41歳

子供1人・5歳

修復期間:1年5ヶ月

 

 

難易度:F(話し合いが困難)

 

悩まれている方に勇気を与えられるのであればとエピソードを事例紹介に掲載いたします。

 

ご主人のSさんと職場で知り合われ7年前に結婚。お子さんは1人。ご主人の実家で義母と4人で暮していた。メールにて相談。ご主人から急に離婚したいと言い出されて話し合いで説得をされた。現在は実家にお子さんを連れて戻られて別居中。

 

別居の理由はママ友やパート先の友達との遊びで頻繁に不在にすることについて義母、ご主人には許せない理由。お子さんが保育園に通うようになってから家計を助けようと思われてパート勤務に出るようにり、職場で知り合われた数人と遊ぶようになった。

 

ママ友との食事も家庭での寂しさを埋めてくれたことが理由で結婚生活への不満もあり、家事や子育てを疎かにされて誘われたら遊び歩くようになられた。

 

夜間にお子さんの世話を義母にお願いをされ残業を理由に頻繁に深夜まで外出されるなど気の緩んだ行動を繰り返されていたそうであるが、義母から厳しく深夜帰宅を問い詰められる状態。

 

生活費のためのパートだと我慢していたがご主人が家事に不満を感じられて仕事を理由にして不在にされることが多くなり家事を放棄していることが問題と言われた。

 

ご主人は不倫の可能性を疑っていた。ファミレスでママ友や同僚男性達と一緒に食事をされていた時に駐車場の車を発見したご主人が店内に入って来られた。ご主人から浮気を疑われた。

 

深夜帰宅が多くなった頃からご主人が携帯を無断で見ていた。職場の上司も巻き込んでの深夜や休日の不在について話し合いになる。弁解されたがはパートを辞めることになられた。

 

ご主人からは離婚して欲しいとしか言われなかったが義母が子どもは引き取る、親権は渡せない、法律の知識はないが弁護士に相談して親権をとってもらうつもりだと言われてしまう。

 

K奈さんの実家にも一方的に義母から電話。別居に至られた。義母との話で相当な険悪な状態となられ夫との直接話すことが難しい状態。早急な離婚をお願いされる。

 

 

ご主人との暮らしで今まで自覚できていなかった自身の軽率な行動について考える。ご主人の辛さやストレスについてきちんと気持ちを理解しながら反省する。

 

ご主人、義母、自分の親にきちんと謝り事情を伝える。ご主人が弁護士に相談をされて離婚調停を申し立てて来たが調停離婚にはならず不成立で終了。調停委員から双方で話し合うか裁判にするしかないと言われた。不成立後に電話でご主人の代理人に話し合いを申し入れるが文章で返事をすると言われる。手紙で用件はと質問をされ会うことを断られた。

 

 

手紙にて家族愛について考えを伝えて謝る。ご主人から感情的な状態で電話がある。帰宅して謝罪する。離婚を待って欲しいことをお願いするが断られてしまう。伝えるべきことをまとめ手紙に書いて郵送する。

 

ご主人から離婚したい気持ちは変わらないが希望するように3ヶ月は猶予を与えると言われる。拗れ方から考えて冷却期間の時間を3ヶ月置く。

 

ご主人への謝罪、理由説明や誤解部分をどう説明するか、お子さんの気持ちを考えての家庭修復についてや家族愛について考える。

 

冷却期間3ヶ月、猶予の期間が終わる。ご主人から離婚合意の催促をする電話が来る。その際に会って話し合う約束 が得られる。ご主人からの答えとして謝罪を聞く意思がないこと、言い合いになるだけだから話し合いたくないなどの離婚合意以外の話は拒否の返事。

 

夫への謝罪、家族への気持ちについて話す。義母 からの意見でしばらくまた時間を置く話しになる。その間、月に1度はお子さんを連れて寄って欲しいと言われる。

 

数回、お子さんとご主人が会われる。冷たい態度のように感じら れる状態が続く。義母とは良好な会話もできる状態となる。

 

ご主人からは離婚しか考えられない、許せない、信用できない、精神的に限界だ、どうせ今も若い男と会っているんだ ろう、お前が悪い、このまま許しておお互いが幸せではない、帰りが遅いと何度も意見しても無視しただろう、人生をやり直したいから離婚を切り出されたんだぞ、本気で決断をした、ずっと悩み続けていた、お前が俺と離婚したくないのは慰謝料や養育費等お金のことでか、のような言葉が向けられる。

 

出産後の異変が起きるまで結婚当初から夫婦関係は言い合いも少なくご主人は真面目な性格で温厚、円満な家庭であったそうだ。

 

 

今は離婚したい意思が強く、自分は悪くない意識=被害者意識があることが推測できる状態。ご主人から見たK奈さんの問題以外での短所や嫌いな面について謝る。

 

ご主人に謝罪して話す。答えは変わらず、離婚したい絶対に一緒に暮せない理由を言われてしまう。この話し合いで夫婦としての気持ちの温度差、結婚前にお互いがどういう気持ちだったのかを確認する。

 

お互いの愛情について自分に問題があった部分を思い返していただき、離婚撤回についての話し合いをするが、結果として離婚までまだ6ヶ月くらい別居で構わないということで猶予期間の延長について合意に至られる。

 

ご主人に見せていた長所、ご主人から見た長所について考える。半年が経過する。ご主人の発言は変わらないが離婚を実現しようとする強い催促 は軽減された様子であった。

 

結婚生活で性格の不一致を感じさせ、日々が強いストレスだったことを前提に言い分を聞く姿勢を示すことについて考える。夫婦としての安心感、信頼の回復について日々をどう過ごすかなど、気持ちの是正について考える。

 

この状態で相手に引き留めている理由説明について、どう伝えたいのかについて考える。話し合いで謝罪は本当に離婚に応じてくれる話で あれば聞くと言われてしまう。ご主人の許せない気持ちが原因。

 

離婚したくない理由、未練・愛情についてや思いやりや気持ちの理解など相手の視点から見 て欠けていると思えた点や甘え・過信、自身の非について謝罪を伝えても、気持ちは変わらないとの言い分が変わらず平行線の状態となる。

 

ご主人が現状、身勝手さを許せずにいて離婚成立という方向で放棄したい気持ちになられている敵意や不信感について、今後、自身がどう変わりたいのか、どう行動で反省を示すのかについて作文形式で考える。

 

随時、面会以外でも月に1,2回、近況を電話でご主人や義母に伝えたり近況を尋ねたり、話し合い再開まで冷却の時間を置く。

 

今後についての話し合いがしたいこと を電話で言われる。お子さんとの面会の後で実家での義母を交えての話し合いをする。

 

謝罪は聞いてはもらえたが離婚したい気持ちは変わらない、もう気持ちがないと言われてしま い、理由はもう信用することが難しいと思うと言われる。

 

離婚合意を拒んでいる 理由、家族で一緒に暮らしたい理由、ご主人に与えたい愛情、できる約束、気持ちを察していること、ご主人への気持ちに ついて義母に説明をする。

 

離婚危機の原因は自分本意な謝罪と過信のこと、ご主人からの信頼を失い離婚を要求されてから気がついたこと、この先でできる約束等を話す。義母からご主人を説得するとの返事が得られる。

 

1ヶ月の冷却期間を置くことで話が終わる。お子さんと会われた際、ご主人から離婚しない結論になる。今すぐに帰って来て欲しいと言えない、母親と話す時間が欲しいと言われる。2か月後、夫婦関係の修復に向けて離婚の撤回の話し合いをされる。住まいに戻られて同居での生活が始まり夫との離婚回避の取り組みが完了する。

 

 

家族で暮らす

 

夫から離婚したいと言われた後の離婚回避事例

事例:夫から離婚を切り出された理由?離婚すると言われた後の対処法

 

事例:性格の不一致で離婚したくない妻とは?一方的に切り出された後の修復相談

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPへ戻る