離婚は子供に影響する?夫婦喧嘩で妻が別居した後で連絡するタイミング

夫婦喧嘩が理由で妻が家出した。子供に会いたいと言っている、子供に夫婦喧嘩や離婚が影響する。どちらが悪いと言い合いをしても解決できない。

 

夫婦喧嘩の原因は育児に疲れた妻の怒り?子供を連れて別居された。コミュニケーション不足が原因?夫婦仲を修復するための対処法とは?

lineの返事

離婚が子供に影響する?夫婦喧嘩で別居

やっと会えた

夫婦喧嘩が原因で妻が家出をした。日常的の結婚生活が始まってから夫であるあなたが奥様に対して話しを聞き入れず、自分の意見を正論として押し付けて我慢させていたことが奥様の異変後の譲れない姿勢の原因かも知れません。

寄り添い合う

夫婦喧嘩が子供に影響?妻と離婚を避けるために話し合い

夫婦喧嘩が妻の家出の理由だった場合の離婚を避けるための話し合いの方法を修復事例でわかります。別居後の妻との話し合いついてきちんと妻の気持ちを理解する必要があります。

 

いつも二人で

離婚が子供に影響することを親として自覚

夫婦喧嘩で家出をした妻の悔しさがわかりますか?家出をした心理は?本当に奥様の辛くて悔しい気持ちが理解できますか?子供を連れて妻が実家に家出した。

手を繋いで

 

夫婦喧嘩の仲直りの方法がわかります。

関連記事:夫婦喧嘩が離婚原因になる前に仲直り、修復のきっかけは5つの謝罪

 

不安になってしまう

夫婦喧嘩で妻が子供を連れて家を出た心理

夫婦喧嘩がきっかけに妻が家を出てしまった。家出をした妻に連絡する前にどう謝るかを考える。lineを送る前に妻の気持ちをきちんと理解することが大事です。子供を連れて家出された後の対処法とは?

 

 

夫婦喧嘩で無視する妻と離婚を回避する方法がわかります。

関連記事:夫婦喧嘩で無視する妻と離婚したくない、仲直りできる謝り方

 

 

謝られても困る

 

夫婦喧嘩で別居した妻と関係を修復する方法

関連記事:妻との夫婦喧嘩が別居原因、離婚を撤回する話し合いの進め方

 

話しにならない

わからない

夫婦喧嘩で離婚したら子供に影響する

実現できる

依頼者:DFさん38歳(男性・会社員)

妻S子さん(37歳)結婚9年目

お子さん1人、小学2年生

修復期間:2年2ヶ月

難易度:D(話し合いが困難)

 

 

悩まれている方に勇気を与えられるのであればとのことでこのエピソードを事例紹介に掲載いたします。

lineの返事待ち

DFさんは奥様のS子さんと結婚して9年。お子さんは小学2年生の男の子1人。DFさんは仕事で多忙であったが休日はお子さんと外出する など良好な家庭であると思われていた。

 

夫婦喧嘩がきっかけで妻が家出をして別居になった。妻が家を出て別居に至られる前、無断でお子さんを連れて実家に帰省されてしまわれた。

 

翌朝、お子さんの学校のことも心配で帰宅するよう催促をされたが返事がない。何日か様子を見たが連絡がない。奥様に対してお子さんの学校を無断で休ませてしまっていることについて電話で文句を言われた。その際に急に離婚して下さいと言われてしまう。口論に至られる。

 

奥様から執拗に離婚したいとlineが来る状態になり義父から電話がある。

 

養育費・生活費の要求やすぐに子供を転校させたいこと離婚に応じて欲しいこと離婚に応じないなら弁護士を擁立して裁判をする、奥様へのモラハラや暴力について会社に言うなどの感情的な言い分を一方的に向けられてしまった。

 

この義父の言い分を聞いて感情的になられてしまったDFさんは奥様に対して嘘は許せない、証拠を出せ、お金は払いたくない、嘘つきは母親の資格がない、など責めるメールをされてしまったそうである。そのため再度、義父から電話があり、拒絶の言葉を向けられてしまわれた。

 

お母様から奥様の親宛に数回電話を入れていただいたが話すことはなにもないと言われてしまう。

 

メールで相談を。

 

別居になった夫婦喧嘩のことなど14項目のチェックシートで分析をする。

 

奥様の義父への誇張の報告には自分が可哀相と思われたい甘えが原因。その誇張や嘘に自覚がある、強引な帰省以降は離婚以外の結論は望まない気持ちになり、婚姻生活への放棄の心理があることを提示。

 

義父の感情が落ち着くまで冷却期間を置く。

 

今以上に拗らせる危険が高いことを理由に義父への伝達は奥様を経由させないことや奥様へのメール・手紙をしないようにする。

 

奥様がこの問題について悪いと考えていて被害者意識が強いことが判明する。

 

義父からの言葉から奥様が義父に事実を誇張したり、自分が正しく悪いと言う目的で嘘を含ませて話していること、その嘘の原因は奥様が言えずに我慢していることがあり、すぐには話し合い意思が低い。

 

このまま会わず話し合いを避けたままの状態で離婚したい意思が強いことが原因と断定。

 

奥様はDFさんと教育問題、愛情問題を含め離婚について不満を声にするなど話し合うことについて強い怯えと苦手意識を持っていることなどを提示。

 

相手の視点から見た自分自身についての課題に取り組んでいただき、回答を基に義父との通話に備えての論点整理の準備をする。

 

1ヶ月の冷却期間を置く。

 

義父に話し合いを求める電話を入れる。言い分として「調停をするから もう連絡もしないで欲しい」と言われる。

 

話にならない状態であったが、義父から奥様から聞いた不満について声にしてもらうことができた。

 

誇張や嘘についてはきちんと否定する。不満点については聞く姿勢を見せて通話をする。

 

奥様に感じさせてしまわれた不満が具体的にわかる。不満事項をぁら奥様の気持ちの理解、奥様が結婚生活について考えていた理想とDFさんの実際の生活態度との相違、夫婦としての気持ちの温度差、結婚前にお互いがどういう気持ちだったのかを確認する。お互いの愛情について考える。

 

相当に奥様が身勝手な考え方であること幼児性が強くお子さんの教育について考え方が甘いことなど問題点が多おい。

 

DFさんが指摘されたことについて敵意を持たせていたこと。家計管理のルーズさを指摘したことについて家計を監視して生活が窮屈で買いたい必需品すら購入を我慢させられたという発言に至られた。

 

奥様の実家への強い依存や誇張について原因を察する。謝罪について考える。

 

義父宛に話し合いを求める手紙を書く。

 

共依存対の作成する。手紙を送ってすぐに義父から電話がある。

 

離婚についての話し 合いが実現する。義父からの意見として離婚は待つが奥様の様子から精神的に不安定と感じることが多く、やり直しが難しいと感じていることや奥様を元の生活に戻させるのは親として心配と言われる。

 

義父の奥様への説得などもあり会って話そうという話になる。

 

奥様・義父との話し合い実家で実現する。

 

お子さんとは深い話はできない。転校の承諾や残っている荷物の引越し手続きの承諾など別居承諾の方向の話しになる。

 

生活費のことなども話し合われる。お子さんの近況を時々知らせて欲しいことを頼むが奥様から拒まれる。

 

 

 

話し合いから数日後に引越しなどのやり取りがある。

 

1ヶ月くらいが経過してから義父母とDFさんとでの離婚問題についての話し合いが継続される。

 

しばらくは今の 状態を維持したいという義父の要望を受け入れる。

 

3ヶ月が経過する。

 

DFさんから義父にお子さんと会いたいと伝える。奥様と話し合う時間 が欲しいと言われてしまう。

 

1ヶ月後に生活費のことで連絡は来る。話し合いやお子さんに会うことについての返事がない。

 

3ヵ月後に奥様同伴での実家付近でのお子さんと会うことができる。義父から今後は奥様と直接 メールで日程を決めて下さいと言われる。奥様は終始無言で不機嫌な態度であった。

 

義父からの言葉のこともあり奥様とのメー ルでのやり取りとなる。返事が冷たい状態く。

 

お子さんの態度に異変がありDFさん と一緒に前の家に帰りたいことを言われる。

 

義父から電話がある。奥様が 弁護士を雇い裁判をして自由になりたい、先が見えない、離婚できていないからきちんとした就職ができないから生活が苦しい子育てを押し付けられて苦しいと言っていると伝えられる。

 

離婚について3人で話し合い宇ことができる。この話し合いで初めて奥様からのDFさんへの不満が言葉として向けられた。

 

一緒に暮していても意味がないと感じる理由は、帰宅しても不機嫌で話しかけても無視されることが多いとモラハラを指摘されてしまう。

 

冷たい言葉が多くバカにされているように感じる。愛情を感じられない、優しい言葉を言われた記憶がない。子供と仕事を優先していて自分は 妻として構ってもらえない寂しさに耐えられなくなった。結婚してから大切にしてもらえたと感じられない、買い物や外食に一緒に行った記憶がない、私のことに無関心で好きじゃないんだと感じた、など。

 

奥様からの言い分から安心の伝える誓いについて考える。3ヶ月程度、様子を見る状態となる。

 

再度、義父が奥様と話し合われたとのことで連絡がある。

 

奥様が義父母に話していた不満に誇張があると気付いたそうだ。

 

義父が修復について考えるようになり大きな前進をする。

 

義父の提案で奥様自身もわかっていることだろうから誇張については奥様を追求せず原因となった不満をどう解決するかを話し合うよう提案される。

 

年始に一緒に過ごされた際に奥様から離婚撤回について了承が得られる。4月のお子さんの進級に併せて奥様とお子さんが住まいに戻ることに合意。

 

奥様とお子さんとの同居生活が始まり離婚の危機を回避され無事に夫婦関係を修復できる。

家族で暮らす

 

離婚回避するための話し合いについて具体的な向き合い方を解説しています。

 

 

関連記事:離婚したい妻の理由から心理を知る方法、夫婦仲を修復できる

 

関連記事:妻が夫婦喧嘩から無視する心理、家庭内別居を理由に離婚したいと言われた後

 

関連記事:妻に浮気されても離婚せずに復縁したい!不倫発覚後の接し方と8つの対処方法

 

関連記事:妻の浮気が怪しい?見抜くチェック項目と発覚後の対応方法とは

 

関連記事:妻の不倫で家庭が壊れた、離婚せずに夫婦関係を修復した方法

TOPへ戻る