調停で離婚したくない?無意味にしないための対処方法と心構え

離婚を切り出されてから夫婦で話し合いを続けていたがやっぱり平行線になってしまう。妻が別居した後で離婚調停を申し立てられたらどうすればいい?調停を無意味にしないための心構えとは?

離婚したくないなら調停を無意味にしない

実現できる

結婚生活で無意識に妻にモラハラ発言をしていた。性格の不一致を理由に離婚したいと言われた。同居時に感情的になって強い言葉で責めてしまった、別居後に離婚調停を申し立てられた場合は直接の連絡はしないで下さい。

 

 

離婚したくないならどうすればいい?

関連記事:離婚したくない!離婚を避ける話し合いの内容と絶対知りたい修復方法

 

調停を申し立てられたら弁護士に相談

別居した妻から離婚調停を申し立てられたら、法律の専門家である弁護士さんにきちんと正直に相談をされ、相手側からの連絡を待たれて、対応は弁護士さんにお任せされることが賢明と判断いたします。家庭裁判所から通知が届いて焦ってしまい自分で直接相手に連絡をすると調停が無意味になる場合があります。

理由を聞き取る

離婚調停を無意味にしないための心構え

離婚調停に勝つ、負ける、有利とか不利という考え方ではなく、離婚を引き留めたい気持ちで正直に相手の気持ちを考えながら向き合うことが必要です。調停の書類はその先でもし不成立になって離婚裁判に至った場合も想定した不利にならない書き方があるようです。相手方からの連絡が来てからで間に合いますので法律の専門家にきちんと相談をされることをお薦めいたしております。

 

陳述書に自分では自覚のないモラハラや性格の不一致が原因で精神的に同居が無理と書かれていても感情的にならずに冷静に受け答えをして正直に事実を伝えて下さい。性格の不一致と言われた理由や実際のエピソードを教えて欲しいと尋ねることが必要です。

 

修復できる可能性が消えてしまいますので誇張や嘘の言い分に対して言い返さずに事実のみを丁寧に説明することがポイントです。特に不倫を伏せているケースでは身に覚えのない事実無根の離婚したい理由を主張されることがあります。

 

 

手紙を書く

離婚調停を申し立てられたら連絡しない

別居された理由がわからない状態で離婚調停を申し立てられたら、郵便物を見て悔しくてもlineや電話で相手に抗議しないことが大事です。家庭裁判所や弁護士さんから書類が届くのを待たれて下さい。ルールに従うことが大事です。離婚したくない理由の説明について冷静に考えて下さい。

 

 

離婚調停をされても復縁できた夫婦の具体的な経緯を解説しています。

関連記事:離婚調停が不成立後の復縁?夫婦が歩み寄れる話し合いを実現する方法

 

 

話しにならない

調停を無意味にしないためにメモを用意する

離婚調停で誠実に言葉を向けるために、今後の復縁が前提の調停の進行のために夫婦が出会い、結婚して一緒に暮らした歩みをエピソードごとに年表に記載して下さい。婚姻関係を継続するために事実を正しく説明できるように準備が必要です。

 

離婚したくないから?夫婦の歩みの年表を用意する

調停の場で調停委員さんに夫婦の離婚危機までの経緯を理解してもらう目的と嘘を言わないために結婚から今日までの夫婦の歩みを年表にまとめて下さい。
調停での話し合いの過程が随時把握でき、あなたが調停で説明する時に困らないように整理ができます。

 

悲しくなる

離婚したくない理由を正直に説明する

離婚したくない理由を正直に伝えることが大事です。別居後に拗れた夫婦が離婚調停に至り不成立後に修復する方法とは?両家の問題をどう解決するか、誠心誠意のコンタクト、あなたとの和解に向けた話し合いを展開いたします。

もう一度寄り添う

離婚したくないなら調停不成立後も誠実な言葉を伝える

調停不成立の後で連絡を続けるべきか?どうやって話し合いを提案するかなど対処がわかります。

 

 

性格の不一致を理由に離婚要求をされたらどうすればいい?

関連記事:性格の不一致が理由で離婚したくない!話し合いの方法と進め方の相談

 

 

夫から離婚したいと言われたら?

関連記事:離婚したいと言われたら?夫から本当の理由を聞いて説得する対処方法

 

 

当方では調停の内容は法律を順守してアドバイスが行えません。具体的な法律の見解などは法律の専門家に相談をされて下さい。

困ったら相談

調停で離婚したくないなら具体的にどうすればいい?

別居後の夫婦の離婚回避・最悪の拗れ方をした離婚危機の解決事例

依頼者:IOさん34歳※着手当時 (男性・会社員)

結婚1ヶ月目の妻Nさん(着手当時 29歳)。子供なし。

別居後に妻から調停を申し立てられた。離婚回避を希望。

修復期間:2年4ヶ月

難易度:G(相談時は 直接の話し合い・ご両親との通話・話し合いが難しい状態)

 

 

気持ちを伝える

他に悩まれている方に勇気を与えられるのであればとのことで、この最悪の拗れ方をした離婚問題の解決エピソードを事例紹介に掲載いたします。真面目な性格で、きちんとした会社にお勤めされ収入は安定されている。

 

1年半年程前 に仕事を通じての知人(50代男性)の紹介でお見合いをされる。妻Nさんと知り合わたそうである。お付き合いを経てご相談の1ヶ月前に結婚(入籍)をされたそうである。入籍の際に奥様は勤務されていた会社を離職されたそうである。

 

同居前も日頃から奥様の母親を交えての会食などが多かったそうであ る。入籍・同居から新婚旅行 に行かれ、戻られた翌日、会社から帰宅されると奥様の母親が新居に泊まりに来ている状態であったそうである。そのまま滞在が続き3週間近く終日在宅して いる状態で就寝の際も夫婦の寝室で母親と奥様が休まれリビングのソファーで寝る状態が続いたそうである。何日かは奥様が不在で母親だけが在宅と言う晩や週末があったそうである。

 

奥様の行き先を尋ねても実家とか結婚祝いのお礼で遠方の友人宅に写真や旅行の土産を持って行っているようだ という話であったそうだ。そのような滞在が続き、いつまでも新婚家庭に留まられてしまい、かなり嫌な気持ちになられ奥様にメールでそのことを伝えたそうである。

 

メールをされた日の夕方、帰宅されると奥様が不在、深夜になっ ても戻って来ないため、 メールをしても返事がない。そのまま朝まで待たれても帰宅されない。電話を入れるが電話を入れるが電話も取ってもらえず、実家に電話を入れるが出ない。翌日の夜になっても返事がないという異変が起きてしまわれた。

 

翌日、会社を休まれ、実家に行かれたそうであるが、インターフォン越しに母親が怒っているだけで話しにならずない。翌朝になっても電話にも出て貰えず、連絡が取れず、そのまま出勤され何度もメールをされ待たれたそうであるが応答がない状態であったそうだ。数日後、会社の電話に突然に義母から離婚を要求する話が来たと紹介者 の男性から電話が入り、驚かれた。

 

紹介者に旅行から戻った翌日から新居に母親が長期滞在していたことなど経緯はお伝えされたそうである。離婚についての話し合いがしたいことを言 われ、理由がわからないことを伝えたそうであるが、その答えを聞いた奥様の母親から電話があり、怖くて冷たいと感じさせる受け答えにかなり興奮を され、弁護士を立てるという主張に変化してしまわれたそうである。今すぐに離婚に応じないなら調停や裁判を起こします、会社の上司には今日にでもお 話しをさせていただきます。という一方的な言い分であったそうである。

 

その電話で新居にある奥様の衣類や身の回りの品、嫁入りの際に持参した家具などを即日送るよう要求される。いきなりそんなことに対応できないですと拒まれたそうであるが、翌日の日中に奥様が両親と住まいに来られ引越し業者を頼んで引っ越しをされてしまったそうである。

 

当方にメールでご相談をいただく。14項目のチェックシートと心の温度差に関連し た40項目のシートにお答えいただき奥様の心理を分析を提示する。

 

分析結果を提示したが思い当たる性格の不一致などの不満点がないとの返答。奥様が家出理由として母親との折り合いのことが原因と提示する。先々で不利にならないようきちんと最低限の生活費を送金する意思を伝えるよう指示をする。

 

奥様に対してメールでの対話や帰宅の呼びかけなどを継続いただくが無視の状態、2ヶ月が 経過して相手側から離婚調停を申し立てられ調停に至る。

 

当方は法律的なアドバイスが禁止されているため、離婚調停に際しての心構え(絶対に嘘を言わな い、手紙やメールなどの文章で安易に非を列挙して謝らない、先々で覆すことになる約束・発言は控える、できない約束はしない、思いやりに欠ける発言はしな い、奥様への不満や疑う・否定する発言や悪口を言わない、たぶんなどの憶測での発言はしない、など)を提示し、思いやり、愛情伝達に関する課題に 取り組んでいただき、夫婦の歩みの年表を作成していただく。

 

しばらくは離婚調停に専念いただく意味もあり奥様への連絡を控えていただく。紹介者には事実と経過を要点から明朗に定期的に伝えるよう指示をする。当面、紹介者に仲裁など奥様側との交渉は控えていただけるようお願いをしていただく。

 

1回目の調停、翌月に2回目、と進行をし、数ヶ月が経過し、調停が不成立で不調に終わった 報告をいただく。結果としては不成立で終られ、奥様側が裁判を申立てるか、本人同士で良く話し合うようにと言われたそうである。調停での奥様側の言い分としては、不機嫌な様子が威圧的で怖い、それがモラハラであり、一報的なメールは言葉の暴力と感じて、そのメールを見て家を出るしかないと決意した、その後のメールや留守電の言葉が原因 で精神的に辛くなり眠れない日が続いた。

 

同居中の3週間、帰宅してから無言で過ごすことが多く自分のことを妻としてみてくれていない、母親を嫌う態度が許せないと感じた。メールで向けられた義母はいつまで居座るのか、の言葉が命令口調で思いやりがない、考えが怖い、同居継続の意思が持てない、将来が不安であるなどの内容であったそうだ。

 

その不成立から数日後に奥様の携帯にいつ話し合ってくれるのかとメールを入れた際に、突然、母親から電話があり離婚をさせてあげて、自由にさせて下さいと言われる。話し合いを求めたが返事は変らない、意思は固い、激しい責め立ての言 葉を向けられてしまったそうである。

 

調停後、呼びかけても話し合いに応じてくれる気配なしの様子。生活費の着金(振込)確認の返答が欲しいことを伝える が、そんなお金で恩を着せられたくないとの拒否回答が来てしまう状態。想い入れ、離婚したくない理由説明についての課題に取り組む。その説明を紹介者にき ちんと話し共通の知人なく、紹介者に奥様の近況を聞いていないかなど、情報の収集をお願いする。

 

 

紹介者に仲裁をお願いする。以降、奥様の携帯にメールを入れても無視、電話を入れても留守電に切り替わらないという状態で 1週間が経過してしまう。数日を置いて誤解を説明するために紹介者から実家に電話を入れていただく。

 

その際に母親から離婚裁判をすると言う言葉や弁護士に という言葉が何度も出ていたことからしばらくの静観を指示する。義父に今後について話 し合いたいということを伝えるが、相当にあなたに不信感や嫌悪感を持っている、離婚届を送ってくれるまでウチとしてはあなたと話し合うつもりはない。

 

生活費の心配はされたくない、もうメールは送って来なくて結構、など、突き放す発言を一方的に言われたそうである。その義父からの電話の直後にメールにて奥様に会って話そう、と直接対 話を申し込む伝達をする が、会社の上司宛に義父から電話があり、話し合いの申し入れについて離婚に承諾する話以外は聞きませんとの内容のクレームの電話が来てしまう。離婚に応じてくれる約束をするまで話し合うつもりはない、絶対に会わ せない、話も聞けないと強 い拒否をされてしまう。その後、奥様に何度かメールをされたが、内容について奥様からの返事は得られず、抗議(クレーム)の電話が来るだけの状態に陥る。

 

6ヶ月の静観を指示する。言い分を整理する。考えが過保護であること、異常な思考の偏りがある面、この結婚について誤解をしている点についての気持ちの理解の課題に取り組む。

 

紹介者とのやり取り内容の分析結果から義父に電話を入れていただく。同居中の母親への言動についての理由説明やその後の謝罪と話し合いの呼びかけをするが、離婚に応じると約束をしない限 話にならない雰囲気で奥様の様子なども教えてくれない状態。

 

紹介者が奥様の家族と共通の知人にこの問題を相談された際に、奥様が 結婚の直前まで他の男性とお付き合いをしている様子であることを知らされる。

 

そのことについてIOさんから質問や指摘をしないよう注意を提示し、紹介者から母親に事実確認 をしていただく。強く否定をしたそうであるが、そのことを紹介者が声にしてから紹介者の電話も取らなくなってしまったそうである。

 

当方が初期からアドバイスをしていたカード明細など郵便物注意の指示から奥様が持ち出したままのカードの利用明細から怪しい使用が出て、その利用から真相が判明することになる。

 

イタリアンレストランの利用2名様やリゾートでの宿泊2名様、DMから 紳士服のブランドの買い物履歴などである。そのことを紹介者が義父に問い質すと言わない約束で、実は奥様は年下の無職の男性とお付き合いをしていたが無職を理由に両親で反対をして別れさせたが結婚式の直前からまた会うようになられていたようで新居に泊まると 嘘を言い外泊が続いていた。

 

注意すると自分の気持ちに嘘がつけないと開き直る状態で式が終わり、新居に転居しても行動が不安で義母がその説得で新居に帯 同していたことなどを知ることになる。ここ最近は親の注意を聞かず、就職をする、アルバイトで終電を逃したなどの理由で外出、外泊が続いている状態とのこと。

 

奥様に事実を知ったとこを伏せて、話し合いの呼びかけのメールを されたことが原因で母親が弁護士に相談をして、弁護士からの書面が自宅に届いてしまう。(受任通知)。そのことを紹介者に伝えるが、即時離婚に応じるようにとの厳しい進言 を受けてしまう。

 

3ヶ月くらいの静観を指示する。弁護士から何回か離婚に応じなければ訴訟をするという強い言葉を向けられてしまう。紹介者と一緒に弁護士と話し合いをしていただく。

 

今後誓えることを伝えるが、しばらくそっとしておいて欲しいとの返答で話し合いを拒まれてしまう。話し合い申し入れについての断りの通話から数日後、電話があり、 ファミレスで義父と会い話し合うが実現されるが、義父は聞く姿勢がなく、申し訳ないという謝罪と奥様の意思だけを尊重し離婚に速やかに応じて欲 しいと言う話に至る。話していただき半年程度の離婚合意までの猶予はもらえたが奥様と会うことは拒まれてしまう。

 

3ヶ月の冷却の期間を指示する。冷却の期間も奥様への週に1回のメールでの近況報告などメッセージを 送信することを継続するこ ととなる。

 

2ヶ月程度が経過した時に送信したメールに対して、奥様から電話があり、通話が実現する。もう 連絡をしないで欲しいとの内容であった。通話内容を検討し、安心の伝達など対話に向けてのマニュアル作成の作 業を行う。義父母に再度、 引き留めをしていることの謝罪を含め、対話の申し入れの電話を入れていただくが今、奥様が年下の男性と交際を継続していることを理由に離婚承諾以外は聞き入れて もらえない状態で義父は「いくら払えばいいんだ」という開き直りに陥られた状態となる。

 

1年4ヶ月が経過した時期に奥様と会える。その話し合いで一度籍を抜いて、恋人から始めようという提案をされ修復の糸口が見える。

 

その後、メールのやり取りは継続でき、月に数回、奥様との話し合う機 会は実現するが、なかなか 奥様も年下の男性のことも含め今の状態を話してくれない状態が続く。そのような状態が2ヶ月程度続く。奥様が籍を抜いてくれるなら、友達として普通に会えるかも、という言 い方でかなり修復意思を示してくれるようになる。

 

その際も年下の男性の件には触れてくれない状態であったが話しの様子から別れている状態と感じられる。奥様側が自己正当化や放棄の気持ちから交換条件に離婚承諾を言って来ても、籍は抜かないよう指 示をする。

 

1か月くらいが経過し奥様と両親を交えての話し合いとなり、これまで の言動を謝罪していただける。今後は、様子を見ながら同居を再開する方向での話しとなる。2か月後、奥様から再同居に承諾の返答を得られ、奥様の引っ越しが実現する。再同居をされる。

もう一度向き合う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPへ戻る