夫の浮気を知っても離婚しない妻の特徴と理由とは?

家族で暮らす

夫に浮気をされても育児、子供の先々の進学や世間体、教育のこと、自身の経済的な理由などで夫との離婚は避けて生活や育児を優先したい妻は多いのです。

 

浮気が離婚原因にしたくない理由を夫に理解してもらい、別居状態が続いても先々の夫との同居の回復を信じて婚姻関係を維持することを選択される女性の考え方について解説しています。

手をつないで

夫に浮気されても離婚しない妻の特徴と理由

夫の浮気が発覚しても夫との婚姻関係は絶対に続けたい妻の理由があります。育児のこと、子供の教育環境、教育条件、家計生活費のこと、自身が育児と仕事の両立が難しいと感じていることなど出産前と出産後に育児を始められた女性とでは婚姻について結婚生活について責任感が大きく変化されているのです。

いつも一緒

子どものために離婚しない

夫が浮気をして浮気をやめて今すぐに不倫を清算して相手と別れてと頼んでも聞き入れてもらえず、浮気を詮索したことを責められてしまい夫に開き直られてしまった。

 

子どもが進学する時に片親、シングルマザーの家庭環境ということが不利益な扱いになることを懸念されて離婚の決断ができない、という理由や育児教育の観点で父親のいない家庭では寂しいのではないか、学友などの一般家庭と異なる家庭環境では可哀想と感じてしまうなど子供の気持ちを考えて婚姻の維持が大事と判断されて離婚しない結論を選択されるのです。

 

経済的な理由で離婚しない

これまで専業主婦で育児に専念していた。結婚がきっかけで離職して何年も就労していない。自身が離婚後にシングルマザーになって仕事を探して就労することを考えると今までの結婚生活で夫の稼ぎが生活費としてもらえる経済的なメリットを優先して離婚の決断を思い留まる女性がいます。

 

夫のことを愛しているから離婚しない

夫のことが好きで浮気をされても自分にも家庭生活で落ち度があったと自覚できる女性が夫の浮気を許し、離婚をせずに夫婦として結婚生活の継続を願う女性がいます。

 

また愛されたい

浮気をしたのに離婚したくないと言う夫の心理は?

浮気が発覚した後の話し合いで離婚したくないと謝ってくれた夫の心理は?浮気は遊び、浮気しても妻にはバレない、家庭は壊すつもりがなかった、など過信があったケースで離婚を避けようとする男性が多い様です。

話し合いで「つい、遊びのつもりだった」と言い訳をする夫の本音はバレていないならまだ遊びを続けたかったという身勝手な理由が隠れているケースがあります。

 

浮気が遊び感覚だった

夫が最初から家庭を壊す気がなく、浮気は遊びで不都合になったら別れればいいと軽く考えていたケースや浮気相手が既婚女性でお互いに離婚して再婚を誓う関係ではなく、長い期間の恋愛関係の継続は想定していないケースがあります。また出会い系サイトやキャバクラ、相席居酒屋、交際倶楽部などで出会った相手の場合は相手もすぐに目移りして自然消滅する前提で関わっていたなど遊び感覚での浮気だったことが想定できます。

 

夫が浮気相手を騙していた

遊んですぐに別れるつもりで婚活パーティーや婚活アプリを利用して自身が独身と嘘を言って浮気相手と交際していたなど浮気相手を騙していたケースがあります。

 

社内不倫で別れるつもりだった

家庭を壊す、離婚するつもりではなく社内で知り合った身近な職場の女性と一時的な不倫関係になっていたケースがあります。周囲に疑われたら会うことをやめるつもりだったというケースが多い様です。

 

lineに返信

 

浮気を知っても離婚しない方が良い3つの理由

浮気が発覚したら許せないから即時離婚という考えの女性が多い様ですが離婚を避けた方が良い理由が3つあります。

家計生活費の安心がある

離婚をして慰謝料や養育費を受け取るよりも現状の生活費をもらう生活の方が安定をしています。

世間体を考える

ご近所や友人、親族に離婚後に夫が浮気をしたから離婚しましたと正直に事実を話せない気負いがあると思います。浮気されて離婚になったという恥ずかしい失態を話したくない、知られたくないのであれば即離婚の選択はせずに待って下さい。

離婚後に後悔することが心配

実際に離婚した後で夫への未練などで後悔してしまうことも想定して即離婚の選択はされず浮気清算後の夫の様子を1年程度は見て下さい。

 

もう一度寄り添う

浮気発覚後に離婚をした方が良いケース

これまでの結婚生活で夫の嘘やモラハラ行為があった、DVがあった、夫婦喧嘩が多かった、無断外泊が多かった、生活費のことで苦労させられた、夫が借金をしている、借金やギャンブルの癖がある、お金にルーズなど安定した結婚生活ではないと感じていたのであれば浮気の発覚のタイミングで離婚を切り出して離婚の条件の交渉をされて下さい。

 

嘘の多い夫、実行しない癖があるなど問題を感じている場合は離婚後に養育費の未払いなどルーズな対応が想定されますので離婚協議の段階から弁護士さんを擁立されてきちんと約束を書面で交わすようにされて下さい。

別れた後

浮気が原因で離婚する場合に抑えておくべきポイント

浮気が原因で離婚することになった場合に抑えておくべきこととは?

離婚後に約束は守られるのか?

離婚後の養育費のことなど離婚協議で約束したことが本当に守って実行してもらえるのか?浮気をしたり嘘を言う夫が約束を守り続けると過信してはいけません。浮気をして離婚することになった相手です。信用をしてはいけない男なのです。離婚後の約束について弁護士さんを入れてきちんと書面で約束をさせることです。書面があっても離婚後に約束を守って支払いを実行したり継続してもらうことは大変なことです。

 

浮気相手女性とのこと

夫の浮気相手の女性との不貞慰謝料等の請求は自分ではなく弁護士さんにきちんとお願いをされて下さい。自分では交渉しない、自分が浮気相手の女性と対面したりやり取りをしないように用心されて下さい。

 

わかってない

 

TOPへ戻る