夫の浮気相手に慰謝料請求、金額相場や訴える注意点

愛情を信じて

夫の浮気の事実が発覚した後の対応で不貞行為で相手女性に慰謝料請求愛場合は?修復の可能性がない、本当に夫と離婚するしかない状況になったり、夫に考え直してもらうために妻として夫の浮気相手に慰謝料請求を訴える場合の注意点を解説いたします。

夫の浮気相手に慰謝料を請求するなら

基本的に浮気相手と自分が直接話し合わないで下さい。浮気を示談しようとされたり、現実を逸脱した高額な金銭要求や無茶な条件の書面の作成を求めないように配慮が必要です。

浮気相手女性も強気な理由

夫の浮気相手の女性も浮気が発覚しても別れるつもりがありません。保身が強く、慰謝料請求されても払いたくないのです。夫との不貞行為のことで精神的苦痛を理由に浮気相手と話し合いをしても説明をちゃんと聞いてくれる可能性が低く、お互いに言い合いになったり、つい発した自分の言葉が原因で脅迫恐喝などの行為に該当する失言をむけてしまうリスクがあり、円満には解決しません。

 

浮気をする夫の本音とは?

参考:浮気する夫の本音が知りたい!やめない理由と心理

 

 

浮気が直接の離婚原因になる場合、夫からの身勝手な離婚となります。そのため結婚生活が不倫が原因で夫との婚姻関係が破綻して離婚しか結論がない状況であることから不貞相手への慰謝料の請求に関して内容証明の郵送なども含めて法的にきちんと行うことを考慮して下さい。

 

法律の専門家である弁護士さんに依頼されることが社会人としての良識となります。

理由を聞き取る

夫の浮気相手に対する慰謝料請求の金額相場

具体的には一般的な慰謝料金額の相場があっても実際の弁護士さんと浮気相手、裁判になった場合は裁判所の判断で金額が決まります。浮気相手の収入状態や浮気の内容など個人個人の状況で異なるようです。夫が離婚後に本気で相手と再婚を考えているケースや会っていたことを相手が認めてもどうしても不貞を認めていないなど双方が肉体関係・性行為はないと否定してる言い分のケースなど交渉は弁護士さんの見解を優先して下さい。

 

夫の浮気が発覚しても離婚も別居もせずに夫婦関係を維持できた場合よりも浮気が原因で別居になった場合が高く、浮気が離婚原因になった場合がさらに高額になるようです。

浮気が理由で離婚する?しない、どうする?

浮気がわかって離婚するのか、別居になるのか、許してそのまま夫婦関係を維持継続できるのか、浮気発覚後の夫婦の状況で弁護士さんが浮気相手に請求する金額が変わります。

家族で暮らす

浮気相手に慰謝料請求できる場合・できない場合

浮気相手に慰謝料請求できる場合とは?相手が浮気を認めている場合、言い逃れできないlineやメールの文面、証拠写真など浮気証拠があり、その証拠について浮気相手も夫も浮気を認めている場合です。

 

浮気相手も夫も浮気を否定していて明確な証拠がない場合は慰謝料請求をするかしないかを弁護士さんに相談をされて見解に従われて下さい。

 

夫の浮気相手が不明、夫もlineアカウントしか知らない、本当の名前が不明で連絡先すらlineを消去やブロックされて不明なケースではどうすべきかを弁護士さんに相談をされて見解に従われて下さい。

待てます

 

慰謝料請求で訴える場合の注意点

夫の浮気相手を慰謝料請求で裁判所に訴える場合は、絶対に自分から夫の浮気相手に直接連絡をしないように用心して下さい。浮気相手に通話やlineで慰謝料を求めるような言葉を向けないように配慮が必要です。生活費の確保など自身の係争中の生活についても考える必要があります。

 

明確な浮気の証拠や夫の言い分のメモ、浮気相手に関する証拠や連絡先、携帯番号、メールアドレス、lineアカウント、勤務先など自身で把握できた詳細を弁護士さんに伝えて法律の見解のことや訴えの手続き、交渉などすべてをお任せされて下さい。スムーズな交渉は難しい状態ですので自分で交渉しないことが大事です。

落ち込んでしまう

浮気夫に対して離婚する場合の慰謝料相場

一般的な離婚慰謝料は財産分与などと別で慰謝料として婚姻年数×夫の収入から算出していくら、という計算になるそうですが、一般的な金額の3倍程度を請求されるケースが多い様です。

 

離婚協議の段階から弁護士さんにお願いをされた方が適切に交渉を進めていただけるはずです。

 

悔しい気持ち、残念な気持ち、許せない気持ちなど浮気相手や夫、夫の親族に伝え続けても何も解決できないケースがございます。早い段階で弁護士さんに交渉を進めていただくことが最善の解決策となります。

 

気持ちを伝える

浮気が原因で離婚する場合の慰謝料の計算方法

夫の浮気の内容、家庭・妻に対する迷惑をかけている、道徳的な問題など個人個人で考え方が異なりますが、計算法としては弁護士さんに相談をされて適切で妥当な慰謝料請求の金額を検討していただいて下さい。

夫が浮気を認めた場合の離婚慰謝料とは?

一般的には不貞を認め、不貞が原因で離婚に至った場合の慰謝料について、性格の不一致などが理由のお互い様と感じ取れる離婚の慰謝料の3倍程度と言われています。

大切な想い

 

浮気の慰謝料に関する相談先とは?

法律に基づいた金銭の請求に関しては法律の専門家である弁護士さんに早期段階から相談をされること、交渉をすべてお任せすることが好ましいです。できるだけ冷静に考えて慰謝料相場のことが納得できなくても前例のこと、以前に裁判官がどう判断されたのかなど法律上のことについて弁護士さんに見解を尋ねて下さい。

 

 

夫の職場の上司、相手女性の職場の人事担当など第三者への浮気問題の相談は誤解が生じるリスクも高く、事態を拗らせてしまいますので控えて下さい。

困ったら相談

 

TOPへ戻る