夫の浮気が疑惑から確信へ!真相を見抜く方法と向き合い方

lineの返事待ち

ここ最近の夫の様子がおかしい、夫の浮気の疑惑について浮気をしている確信を掴む見抜き方がわかります。

夫の浮気疑惑への向き合い方

夫が浮気をしているかもしれない。浮気の疑惑を感じた理由は?帰宅が急に遅くなるようになってから帰宅後の夫の様子がソワソワしていて落ち着きがない、今までは帰宅後にスマホをポケットや鞄に放置していた夫が肌身離さずにスマホを持つようになった、コソコソとスマホを操作しているなど警戒している様子を感じるなど、浮気疑惑を感じた場合でも問い詰めるような言い方は避けて1ヶ月は静観して様子を見て下さい。

愛情を信じて

 

浮気しているのかと尋ねない、何をしているのかを尋ねない向き合い方が浮気を見抜くチャンスを作るのです。

おかしいな

夫の浮気疑惑の真相を見抜く方法

夫の浮気疑惑について真相を見抜くいくつかの方法があります。夫本人を厳しく問い詰めても絶対に事実は言いません。言い逃れをされたり逆ギレをされて怒らせるなど警戒を大きくしてしまいます。

lineで伝える

①夫のスマホには浮気証拠が隠れている

浮気相手とのlineやメール、SNSメッセージのやり取りの履歴、実際のやり取りが見られる。出会い系や婚活アプリのインストール、浮気デートに使うレストランやラブホテルの検索履歴、浮気相手との写真画像など。

 

②夫が浮気相手とデートをした痕跡

鞄や財布、上着のポケットなどに浮気デートで利用した飲食店のレシート、映画やコンサートのチケットの半券がある、カードの利用明細に2名様利用の飲食店の利用があるなど、浮気相手とのデートの証拠が隠れています。

 

③浮気中の夫の行動・移動範囲の変化

カーナビの走行や検索履歴から夫の移動範囲の変化を掴めます。車に乗らない人の場合はタクシーのレシート、カード明細、交通系の電子マネーの利用履歴、PASMOやSuicaの利用履歴から下車駅の変化、つまり夫の行動範囲の変化が把握できます。

 

もう一度寄り添う

夫の浮気が疑惑から確信に変わった時にすべき行動は?

夫の行動、不審行動の理由が浮気の確かな根拠・証拠と証明できるか?浮気を言及するためには言い訳できない証拠が必要です。

 

夫が弁解や言い逃れができない確かな証拠があるのか?

 

夫の浮気疑惑が確信に変わったらどうするべきか?

 

夫の浮気について離婚を避ける前提で対処方法があります。焦らずに冷静に夫と向き合う方法について詳しく解説いたします。

 

心配をする

①夫の言い分を聞く

夫に浮気を見つけたと言わずに証拠についてなぜそういう行動になったのか、行き先の用件など理由を疑問として尋ねて下さい。浮気と決め付けた言い方ではなく、なぜ?どうして?という疑問を向けて下さい。

 

②夫の今後の行動を静観する

疑問を尋ねた後、浮気の発覚を警戒してすぐには夫は不審行動を控えてしまうはずです。1か月程度、質問せずに夫の帰宅時間の変化、休日出勤、無断外泊などを含めて一切の言及を控えて夫の様子を静観されて下さい。深夜まで帰宅しない事態が起きても居場所を尋ねるlineや電話はしないで様子見を継続されて下さい。

 

③浮気を認めるまで質問を繰り返す

夫が嘘や言い訳を認めて本当の事情について事実を白状するまで言及して下さい。確かな浮気の根拠・証拠があることについての同じ質問を繰り返して下さい。誰とどこに?、誰が一緒だったか?誰とどういう関係か?浮気をしているという事実を自白させて下さい。嘘を言われたら「そうなんだ」と聞き入れてから不審であること、整合性が合わないことを強く追及して嘘は言わないで欲しいと証拠について説明を求めて下さい。

 

呆れた

 

夫の浮気の確信がもてないときにしてはいけない行動

夫の浮気について明確な証拠や確かな根拠がない、確信がもてないときにしてはいけない行動とは?

不仲の理由

①浮気が怪しいと本人に告げない

夫に浮気が怪しいと告げてしまうと疑われたことが理由で浮気発覚を警戒されるだけでなく、実際に浮気が起きていない場合に夫婦喧嘩の原因になったり、嫉妬深く面倒な妻と感じさせ別居や離婚のきっかけになってしまうことがあります。

②共通知人に夫の浮気が怪しいと相談しない

明確な浮気の証拠がない段階で共通の知人や友人に夫の浮気が怪しいことを憶測を含んだ言い方で相談をされますと憶測で話したことまで事実だと聞いたという言い方で夫本人に伝わります。「だと思う」「だと思った」という自己判断の推測や決め付けた言い方で友人に相談をされないことです。

 

浮気を疑われたことを察知されて浮気を隠すように警戒が強くなり証拠が掴み難くなります。

 

浮気をしていない場合は周囲に恥ずかしい話しをされたことが夫婦喧嘩の原因になってしまいます。夫婦の信頼関係が壊れてしまいます。

③夫の親族に相談しない

夫の親族に浮気が怪しいことを伝えないで下さい。夫が浮気をしていない場合、あなた自身についての親族からの信用・信頼に大きな悪影響が起きます。

 

④浮気調査を探偵に依頼する

実際に夫から離婚や別居を求められていない、冷たい言葉を向けられたり家庭内で無視をされるなど夫婦関係に大きな異変は起きていない段階の場合、無断外泊や使途不明のお金の動き、不審なカード利用明細があるなど浮気について確信があると言える状態でなければ探偵に浮気調査を頼むことは待って下さい。

 

ご主人の帰宅時間の変化や休日出勤については会社のお仕事の事情や交友関係の変化などを浮気の兆候と勘違いしてしまうケースが多いようです。

 

⑤浮気と決め付けて不機嫌な態度を示す

夫に対して浮気を隠していると決め付けて怒った態度を示したり、不機嫌な態度を見せる、嫉妬発言を繰り返すなど敵意を示さないで下さい。浮気をしている場合は察知されたと気付いて警戒を強められたり強引な別居を決意させてしまうリスクが高くなります。

 

⑥夫のスマホのチェックを連日繰り返す

夫の浮気が怪しいと思っても平日の入浴時に1度夫のスマホのline、メール、発信履歴の確認して浮気の証拠が得られなかった場合は連日の入浴時や深夜早朝の就寝時に無断で夫のスマホを連日繰り返して確認しないで下さい。

 

最低でも1度チェックをされたら1ヶ月は時間を空けて下さい。携帯ロックの暗証番号が変わる等の異変が起きた場合は就寝時や入浴時にスマホを見られていることが夫にバレていますのでその場合はもうスマホには触らずに様子を見て下さい。暗証番号が変わったことを気付いていないふりをして様子を見て下さい。

いつも一緒

 

TOPへ戻る