長期戦の復縁を覚悟する?元彼に新しい彼女がいる場合は6か月待つ方法

元彼が冷たい理由は新しい彼女がいる?6か月待って復縁できる可能性を高める方法がわかります。

凄く悔しい

元彼が冷たい理由は新しい彼女がいる?

別れてからLINEをしても元彼が冷たい。新しい彼女がいても復縁の可能性はあるのか?元彼と別れた後もline、メールができている。元彼がそっけないけど返事をしてくれる。友達のような感じで普通にやり取りがある。

 

新しい彼女がいるから突き放す

復縁が長期戦になる?6か月の冷却期間

元彼に別れてから彼女がいる場合はどうすればいい?復縁は長期戦を覚悟して下さい。復縁が絶望的でももう一度、復縁したい気持ち、元カレと付き合うことを望んでいても冷たい態度だから気まずくて伝えられない場合の対処法とは?

 

 

元彼と復縁する方法について復縁結婚する方法ときっかけ?うまくいくカップルの恋愛の特徴の記事で具体的に解説しています。

 

 

 

冷たくするしかない

元彼に新しい彼女がいたら復縁が長期戦になることを覚悟する?

別れてからのlineに元彼がそっけない理由を察した焦らない連絡を継続する復縁方法があります。復縁が長期戦になることを覚悟して下さい。元彼に新しい彼女がいる場合は会う返事が得られないのです。そっけない言葉の心理を理解する必要があります。

 

 

復縁のきっかけを作る言葉とは?

関連記事:復縁のきっかけの言葉?女性と男性では別れた後の心理が異なる

 

 

元彼を待ちたい

元彼に新しい彼女がいる場合は復縁が長期戦

別れてからもlineできていた元彼が彼女ができてから急にlineでそっけない返事で冷たくなった理由を察した復縁事例です。復縁が絶望的で辛い、でも元カレと復縁したい場合の向き合い方。私へのlineはそっけないのにインスタでは新しい彼女との幸せをアピールする元カレの心理は?

 

 

復縁には別れた後の冷却期間が必要なケースがあります。

参考:冷却期間は復縁したい人に連絡しない?3ヶ月を目安で待つメリット

 

 

復縁の可能性を高める方法がわかります。

参考:復縁の可能性と成功の確率を診断?別れの心理をチェックする方法

 

元彼を待ちたい

元彼に新しい彼女がいる気がしたら?

彼氏から冷たい態度で別れたいと言われた。ほかに気になる人がいると言い出した彼氏。どんな女性でどこで知り合ったのか?本当に付き合うつもりで私と別れたいのか?正直に今の恋愛について打ち明けてくれることは期待できません。

元彼と復縁できる可能性は?

元彼に新しい彼女がいる場合のLINEの送り方

別れてからlineはできていた元彼からのlineの言葉が急に敬語の短い一言に変わった。復縁をお願いされることを避けたい心理から突き放す返事になるのです。

元彼がLINEで冷たい

元彼に新しい彼女がいる場合に復縁を成功させるなら?

どうしても大好きな元彼を諦めたくない、別れた後もメールできる元彼からまた付き合ってもらえる可能性は?コンタクト成功・付き合い方の事例の紹介

距離を置きたい

長期戦を覚悟?元彼に新しい彼女がいたら引く

元彼に新しい彼女ができて態度が変わる。別れてからもlineができていた元彼の返事が遅延する、lineの返事の言葉が短くなった、既読スルーされるようになったなど態度が冷たくなった。元彼が急にlineで冷たくなった理由が元彼に新しい彼女ができたことを元カノであるあなたに伏せているからです。

新しい彼女がいたら引く

元彼に新しい彼女ができても復縁したいならどうする?

絶対にしつこくlineをしない、絶対に会いたいと書かない、絶対に今の彼女のことを聞かないなど注意事項が多数あります。

 

新しい彼女のためにあなたとのlineでのつながりを終わらせたい、新しい彼女から浮気を疑われたくない保身、あなたから復縁をお願いされたくない強い警戒が元彼の今の心理にあるのです。

 

長期戦の復縁を覚悟

新しい彼女がいる元彼と復縁したいなら長期戦

元彼が自分と別れてから新しい彼女が出来た場合、焦って責めたりlineが未読のまま連投するなど追送は元彼との復縁には逆効果です。数か月はそっとしてあげることがベストな対処法です。その後で友達としてLINEのやり取りを回復させて友達関係から恋人に戻る方法が一番、復縁の可能性が高い選択になります。

 

 

復縁に心理学のテクニックを使う場合の注意事項を解説しています。

参考:復縁に心理学のテクニックが使える!元カレ元カノと恋愛が蘇る10選

 

 

彼氏が警戒している

【新しい彼女ができた元彼と復縁を成功させられる人の方法】

復縁までの期間:7ヶ月

依頼者:N子さん(女性28歳・OL)

お相手:Jさん(男性26歳・会社員)

難易度E

 

 

元彼の態度がそっけない理由を知ってから復縁できた事例

元彼とのlineなどコンタクトがあり、そっけない返事で恋人に戻れない復縁事例です。この類似のお問い合わせが数件有り、掲載をお願いして他の元彼との交際に悩まれている方に勇気を与えられるのであればとのことで、この復縁エピソードを事例紹介に掲載できることになりました。

 

 

 

N子さんは3年前に仕事の関係で彼氏Jさんと知り合いすぐにお付き合いを始める。順調なお付き合いをしていた。

 

具体的な話は出ていないが将来は結婚をしたいとお互いが結婚も意識した交際であった。

 

ところが昨年夏前から彼の仕事が忙しくなり、平日は曜日によっては深夜まで残業が続くようになったとのこと。昨年の夏前から会えるのは週末だけとなり秋には月に2回程度に減る。

 

交際を続けることが嫌なのかも知れないと感じるようになられたそうである。

 

lineへの返事も場合によっては翌日、翌々日になっ たりと彼の様子が変わった。緊急や約束のことや次のデートの予定を決める連絡さえ返事が来ない。

 

N子さんはそのような彼の態度に不安になった。自分が嫌われたか、飽きられた、自分が友達以下の存在なのか、やがては浮気などを疑うようになる。lineを入れて返事が来ない時は電話を入れるようになるが、彼はほとんど電話には出ず留守電になる、留守電に返事の催促や今の気持ちなどを残すよう になる。

 

 

苛立ちと不安な気持ちから、彼へのlineの内容や留守電のメッセージが変わった。私を大切にして欲しい、愛されたい、冷たい態度をされると気分が良くない、など。

 

11月に彼と週末に会った際にクリスマスの計画を相談するが「仕事で無理」と断られたこ とから泣きながら「一緒に居たいのに最近、冷たい、恋人同士なのだから最低限は尽くして当然」との内容の言葉を言い、彼にクリスマスに会えない理由を尋ね、説明をさせた。

 

「ごめん、本当に仕事で無理」とだ け答えをもらう。

 

その夜に「私への愛情がなくなったのなら言って」との内容で執拗に彼 を責めることになった。

 

「クリスマスは新しい恋人と過ごすつもり?私はあなたの彼女なんだからクリスマスを一緒に過ごしたい」と留守電に入れてしまう。

 

 

彼が夏前から急に冷たくなったこと、彼から自分が優先されていない、愛されていない気がする不安、それでも自分は彼から好かれていると思う過信からN子さんは自分の感情のコントロールができなくなられたと思われる。

 

 

その後もline、留守電を続けた。数日後、彼から返事で「終わりにして下さい。」と別れを告げられる。

 

取り乱されたN子さんは彼の浮気や愛情を疑う罵倒を続けたが謝る返事は来るが別れ話の撤回はない。

 

少し冷静になり「私が悪かった。また会える」と入れ、彼から返事があり、その週末は食事に行かれる。

 

ぎくしゃくしながらも普通に会話ができる。しかし彼への疑心や嫉妬心から泣かれたり、気持ちを確認されたりと、重たい印 象を与えてしまう。

 

翌日も会いたいと電話をするが「期待に応えられないから会えるけど距離を置きたい」と言われてしまう。

 

 

翌週の平日の夕方、彼に次の休みに会いたいとlineを入れるが返事が無 い。電話を入れるが出ない。会いたいこととメッセージとして残す。

 

翌日のの深夜に彼から返事が来る。「会えるけど、忙しいから。絶対って約束は無理です。もう終わったことと思ってるし別れ たのだから許して欲しい。」との内容。

 

その週末、彼と会ってお茶をして街を歩くなど普通にデートはできた。

 

彼に翌日、lineをすると「恋人関係は終わっているので泊まるわけにはいかない、別れてると思っている、もう彼女ができたし」と返事をもらう。

 

 

当方にご相談。

 

まず彼の心理の分析を開始する。チェックシートでなぜ距離を置きたくなったのか、コンタクトは切らない理由、恋人としては別れたくなったのか、心理分析を行う。

 

彼に伝えるごめんなさい、について彼の視点からエピソードごとのご自分を観たと仮定し、約3週間で文章にまとめる。

 

彼にlineで送る。15分くらいで返事が来るが、内容は「もう終わったことだから謝らなくてもい い」

 

彼氏にとっては重荷であり、苦手意識となり蓄積させてしまうことが多い。

 

独占や愛すること、期待に応えて欲しいという内容を避けたlineを週末に送る程度にする。

 

基本は会ってお話しをすること、会えそうな雰囲気の返事に至れば会うことを優先する。

 

彼の感じている苦手意識を伝達してあり、過剰要求を控えたり、態度や発言で気の 強い部分を抑え、彼を安心させることを優先。交際の再開については彼から言わせるようにする。

 

彼に気持ちを聞いたら冷たく「もう何を言われても戻る気はない。会うのはいいけど、前みたいはになれな い。お付き合いすることを望まれるのなら僕のことは本当に忘れて。もう会いたくない、ごめ ん。」と断られてしまう。

 

 

「私はいつも自分のことばかりだった。あなたの気持ちとかわかってあげられなくてごめ ん、距離を置かれて何となくそう思って直さなきゃと思ったんだけど、どうでもいいと思ってる?」と伝えるが、答えは「ごめん自信がない」であった。

 

 

返事は来るが会いたいについては、「考えさせて」という断りしか 来ない膠着した状態に至る。

 

「私のこういうところが苦手なんですよね?」と具体的な彼の思う自分についてまとめた文章をlineで送る。

 

彼からは「もう謝られても仕方がないよ、この前は僕がどうかしていた、ごめんと言うのは僕の方だね」と言う内容の返事が来る。2週間程度、冷却期間を置く。

 

伝えるべきこと、元彼にしてあげられること、元彼に与えられる愛情と癒しぬくもりについて考える。

 

会いたいとlineで伝える。元彼の意向で仕事で深夜に帰宅することが多いので時間の合う週末 に会って話そうとのことになる。

 

距離を置かれて変わったと彼氏に思ってもらうために「わかった、じゃあ時間の合う日の連絡を待ちます。来月の土曜はずっと空けておくね。あなたも気をつかっちゃうだろうから、待ちますね」と言わせる。

 

 

復縁に向けてどう感情をコントロールするか、どうすれば穏やかに落胆せずに彼と接することができるか をアドバイスする。

 

彼の気持ちを自分中心で見るのではなく、彼の気持ちになって、どういう女性と一緒に過ご すと楽しいのか、彼がどういう自分とお付き合いをすると心が落ち着いたり、癒された気分になるのか、彼は一緒に過ごす女性に何を望んでいるのかなどを考える。

 

 

彼が安心をする、彼が不安と思わない、不安と思わせない、過剰な要求や彼の気持ちを考え ず自分優先で接したことの反省から、彼との会話や接し方について考える。

 

3週間後、彼から「明日会えますか?」と連絡が来て、一緒に過ごされる。反省点に基づいて会話をされるが、ごく普通にかつてお付き合いされていた頃のように仲良 く1日を過ごされる。

 

翌日は「ありがとう、楽しかった」とだけ伝え、「次に会える時にお返事くださいね、待ってます」だけ伝え、連絡を待つことになる。

 

継続して彼からの次の連絡を待つことを厳守とする。

 

 

彼にlineでで「この前はごめんね。最近、お仕事忙しいのですか?」から始める近況について送る。彼から返事があり「色々と考えてたりもして連絡しなきゃとは思っていた、会える?」との内容。その週末に会われる。

 

彼が気分よく時間を過ごされるよう配慮する。

 

「一緒にいると何か落ち着くね、距離を置いてからやっぱ変わったよね」と言われる。

 

あえてN子さんからは交際について触れず、求めず、お互いが楽しい時間を過ごせたり、彼の話を遮らず反論せず聞き上手に聞くよう接する。お付き合いの再開を言われる。復縁を成功される。

 

 

 

 

 

 

元彼の誕生日に連絡したい場合の注意事項がわかります。

参考:元彼の誕生日が冷却期間中でも連絡したい!別れた直後は復縁に影響

 

 

元彼がlineに敬語で返信する心理がわかります。

参考:lineに敬語で返信する元彼の心理、復縁につながる上手な返事の方法

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPへ戻る