元カレに復縁したいと言わせたい!恋愛が蘇る連絡のタイミング

幸せを考える

まだ好きな別れた元カレと復縁するために、別れてから音信が途絶えた状況からヨリを戻してもう一度付き合って幸せな恋愛をやり直したい、別れてから一度も連絡取れない完全無視の状態からでも復縁したい、別れた元カレの視点からしっかり元カレの気まずさや嫌気、別れた男の心理や苦手意識を察したline文面で反応してもらえる連絡ができる方法。

元カレに復縁したいと言わせたいなら

実現できる

元カレから自分が振られた原因はわかっていますか?元カレがあなたと一緒にいて恋を続けてうまく行かないと実感して別れを決意した理由はわかりますか?別れの原因が自覚できない女性は、今すぐに彼に連絡しないと自分のことを忘れてしまうと思い込んで焦ってしまわれる特徴があります。返事がない、連絡がない、という状況で一方的な連絡を繰り返さないように注意が必要です。

 

 

カップルが復縁した後で結婚できる方法について解説しています。

参考:復縁して結婚できたきっかけは?カップルが別れを経て幸せな夫婦になる

 

 

別れた元カレに復縁したいと思わせるline

別れた元カレの気まずい心理を理解した連絡方法とは?絶対にFacebook、Twitterなどのsnsを連絡ツールに使わないなど追い込まない気配りが必要です。

 

SNSに最近の様子を投稿からメッセンジャー機能の送信をしても気まずさは交際中とは異なりますので効果はありません。どうしてlineじゃなくてSNSで連絡をして来たのかが疑問と思われてしまいます。ふざけてるのか、からかわれてる、という嫌悪感を与えます。別れた後の連絡にはSNSを絶対に使わないで下さい。

 

今、自分が連絡をして元カレを困らせないlineでの伝え方とは?ずっと忘れないなどの重たい言葉や楽しかったデートの思い出を伝えられても嬉しくありません。元カレの気持ちを考えてから送信されて下さい。

 

復縁するにはどうすればいい?具体的な方法がわかります。

参考:潜在意識で復縁するには?どうしても恋愛をやり直したい、可能性を知る方法

 

 

愛が復活する

元カレに復縁したいと思わせる冷却期間

元カレはあたなとお付き合いをしていたことは覚えていても今更、煩わしく面倒なあなたとの接触が嬉しいはずがありません。試して別れを切り出したわけではありません。本当に悩み続けて別れを切り出して伝えて来たのです。別れた後で面倒な話しは避けたい、責められたくないなど元カレがあなたに連絡できないと思う理由はあなた自身も別れ方で察しているはずです。

 

久しぶり、寂しい、何々のこと(共通の趣味の話題)を教えて欲しいとlineを送っても元カレが距離を置く状態から完全に関わりを遮断する決意になられて慌ててアカウントを変えたり、アクセスをブロックをしてしまうリスクが高いのです。別れてすぐに元カレがあなたの変化を感じることはありません。

 

まずは今回の別れ話について、嫌なやり取りを忘れるくらいの時間が必要です。お互いの気持ちを冷静にする意味で上手な沈黙をして冷却期間を過ごして様子を見て下さい。

 

復縁の可能性を高める方法がわかります。

参考:失恋から復縁の可能性を50%高める方法がある?別れの心理を理解する

 

泣きたい気持ち

別れた後で元カレに連絡できないと思っているなら

元カレと交際していた頃と違い、変わったと思ってもらうメッセージ内容で別れている、本音は嫌われていることを察している姿勢での連絡が好ましいのです。lineなら30文字、メールなら70文字で要点がわかりやすい言葉が妥当です。復縁を諦めていると明記しないことなど良識に欠けた卑屈な表記は避けて下さい。

 

lineの返事待ち

元カレと復縁したいなら自分から連絡しない

別れてから元カレと音信不通で連絡が取れないケースで一方的に急に連絡をしても応答が得られないはずです。

完全な無視状態から冷却期間を置いてその後、再度の連絡でどう音信を回復するかを考えなければいけません。

 

誕生日などのイベントについて音信が途絶えている状況では連絡を絶対に控えて下さい。特に別れてからプレゼントを渡そうとして直接、元カレに連絡をして無視されるケースが多いようです。

 

心理学のテクニックを使った復縁方法について詳しく解説しています。

参考:元カレ元カノと復縁したい人が使える心理学の恋愛テクニック10選

 

 

元カレと別れた後でやってはいけないこと3つ

本当にあなたが大人の女性として元カレと復縁がしたいなら、3つの幼稚な行為は厳禁です。

 

①共通の知人友人に失恋相談をして元カレに話しをしてもらうこと。元カレが気まずくなります。交際について答えは100%NOの返事で終わります。もう連絡しないで、迷惑だから、気持ちはもう戻らないと言われてしまう原因です。

 

②lineを未読無視された後でSMSメールやEメール、電話を執拗に鳴らすなどで元カレにしつこく連絡をすること。追い込んでしまい無視が続くことになってしまいます。振ったことを責めるような長文のメールの送信や恋愛占いの結果を記載するなど生理的嫌悪を与えてしまいます。

 

③元カレの関心を惹いたり、ヤキモチを焼かせて嫉妬をさせようとしてSNS、ブログやFacebook、Instagramなどに新しいボーイフレンドなど男性との楽しい様子の画像写真や動画、紹介記事をアップしないこと。

大切な想い

連絡が取れない元カレの心理を理解する

実際の行動をする前に元カレの気持ちを察すること、少しの期間は待つことが必要です。

 

復縁したい人がやるべきことや心構えを解説しています。

参考:復縁したい人が別れて1ヶ月でとるべき行動と絶対にしてはいけないこと

 

愛が蘇る

既読無視など音信不通の元カレとのlineで気をつけること

音信回復後も数回の元カレとのやり取りを心理分析いたします。元カレとの再会を実現して対話の復縁マニュアルを作成いたします。どうしても会いたいという言葉を使わないようにして下さい。

愛が蘇る

元カレが復縁したいと思うタイミングで連絡する

元カレと別れた後3か月は静観して下さい。本心で復縁したい相手の心に向き合うアドバイス。元カレが新しい出会いをして恋愛を始めていることも想定した責めないための心構えが大事です。

失恋して寂しい

もう関わりたくないと返事が来たら

やっぱり好きと伝えても元カレを困らせてしまい無視されることもあります。自分磨きや後悔をアピールしても元カレが気重になるだけの場合も想定して下さい。

落ち込んでしまう

復縁したい元カレの男性心理がわかる人

なぜ元カレがあなたとの交際を終わらせる決意をしたのか?実際にあなたと別れる、別れたいと決意しるまでにお付き合いの過程であなたにどんな不満があったのか?別れた後の男性心理を理解して連絡文章は短く、実際に会うために意思を伝えるために、連絡の意図がわかりやすくlineで送信する方法。別れている状態で元カレの誕生日や記念日に連絡をすることは控えて下さい。

愛されたい

 

未読無視

別れた元カレとの復縁のきっかけは?

再会をきっかけにするために、連絡をするタイミングを考える必要があります。平日の夕刻が応答を得られる可能性が最も高いなどセオリーが存在します。

もう一度やり直す

 

相談の手順

メール相談

(個人情報保護法を厳守:実名は記載されなくて大丈夫です)

 

14問のチェックシートによる設問をお送りしています。復縁するための設問へのご回答を頂いた後でお返事のメールに復縁できる可能性と想定される取り組みの期間を明記いたしております。

 

お問い合わせ:090-6519-1413

 

(受付時間AM8:30から AM3:00 番号は必ず通知でおかけ下さい)

 

【お知らせ】フォーム からの送信ができない場合は、ask@fukuen.jpまでお送り下さい。

 

22歳未満の方のご相談はお断りいたしております。

 

緊急時は24時間の対応をいたします。

 

受信させていただいたご相談データはお返事のご返信から24時間以内にすべて削除処理いたしております。

 

メールで問い合わせ

詳しくは事例のエピソードの復縁体験談をお読み下さい。

気持ちを伝える

lineに返事

復縁したい元カレとline連絡できた事例

女性から男性へのアプローチ

修復期間:10ヶ月

依頼者:T奈さん(女性28歳・会社員)

お相手:Jさん(男性・27歳・会社員)

難易度B

また愛されたい

元カレと復縁を望んだ女性が願いを実現した事例

T奈さんの意思により、他に悩まれている方に勇気を与えられるのであればとのことで、この復縁エピソードを掲載いたします。

 

大切な想い

T奈さんは共通の知人を通じてJさん と知り合われ、その後、お互いの職場以外の友人との飲み会などの集まりにも同席されるなどされ、仲の良いお友達関係から交際に進展されたそうである。

 

ところが交際から1年が経過し、合鍵で部屋に行っても彼が不在、週末に連絡が取れない、忙しいとのことで電話に出ないことが続くなどJさんの様子に異変が出て来たそうである。

 

態度が冷たいと感じたので前の彼女さんとの浮気を疑い、lineで彼を問い詰めてしまわれたところ、「今は仕事に集中がしたいので少しだけ距離を置こうと考えていた、しばらく会いたくない」と返答が来てしまわれたそうである。その返事に同意できない返答をされたところ、「支えられない、友達に戻ろう」という話になってしまわれたそうである。この後の行動が復縁のためにやってはいけないことに抵触をされてしまう。

 

夏季の休暇期間もほとんど連絡が取れず、会いたい、行っていい?という強引なlineを何度かされている過程で、lineが未読無視でスルーなられて応答が来なくなり、元々は彼の友人だった共通の友人に無視をされていることを話して、連絡をお願いをして返事をもらったところ、「しばらくは仕事が落ち着かないから、余裕がない、毎日が忙しくて生活でいっぱいいっぱいだから少し仕事が落ちついたら連絡する」再度、「合鍵を返す」と伝えても「処分していい」という返答に至る。

 

当方にメールでご相談。

 

経緯をお聞きして Jさんの心理を分析し提示はするが、元カノとの浮気が理由による別れではないことが判明する。距離を置きたいと感じた理由はT奈さんに相手の気持ちを思いやる優しさがないこと、T奈さんにとって恋人がJさんではならないという思い入れが相手に伝わらず疑問を感じさせ、強引な言葉が多いなど交際を続ける意味についてJさんが不安を感じたことが最初の異変理由の可能性が高いと推測し分析を提示する。

 

JさんにはT奈さんへの未練が少なく、何か苦手意識を感じさせるわだかまりがあり、修復には問題を解決する必要があることを提示する。共通の知人が多いこともあり時間をかければ不可能ではないが、きちんと相手の気持ちを察する思いやる気持ちが必要であることを提示する。

 

別れ話に至られる前の段階でlineで複数の本数での感情の衝突(言い合い)について、自身の非の自覚の少なさと自己を正当化する発言、Jさんに対する甘え過ぎ=過信=軽視と所有意識(彼氏なのだから私を最優先にしてくれて当然という思考)、疑心(冷たくなったと感じたり愛情に不満を感じた場合に即、浮気を疑う言葉を向けてしまうこと)について、問題が多かったこと、恩を着せ、相手の価値観を否定するような品のない言葉を向けたことなどについて課題形式での反省を提示する。

 

どうやらJさんについての不満などを共通の知人に他言したり、日常的な友人との会話やline、飲み会などの席でもJさんがいない場合に相当に周囲の友人にJさんの悪口ではないが不満や許せない部分について話してしまわれたことが屈折してJさんの耳に入ったことも別れに関連していると思われることを提示する。

 

 

チェックシート回答、謝罪のための課題回答から着手する。仲直りの為の40問の設問のシートに回答いただき、相手の詳細な人格分析を行い、問題点=別れの心理=与えた不信感・苦手意識(別れたい理由)についての分析を提示する。友達に戻ろうと言われて本当にお友達付き合いが円滑に別れた後も継続するカップルは多いが

(双方、1983年、昭和58年以降生まれのカップルに多い傾向)

 

このケースの場合は彼が自身が悪者にされたくない自己保身からの言い訳であり、了承をしてもその後のやり取りの継続は難しいことを提示する。

 

このタイミングで分析結果を基に謝罪伝達、対話=コンタクト回復のための復縁マニュアル作成のための課題に取り組んでいただく。

 

 

最初の課題として、彼に感じさせた強引な訪問や連絡のことなど思いやりの面について不満について非を自覚し、理由を素直に説 明し謝罪をする言葉を考えていただく。彼が安心して向き合える女性とは?理想の恋人とは?結婚したいと思ってもらうには?彼がT奈さんとの交際を続けたいと思ってくれるようになるには何が必要であるか、再会できるきっかけはあるのか?彼が安心ができて、必要と思える女性と分析で提示したT奈さんの非の部分について問題に取り組んでいただく。

 

自分が束縛されたり強い依存を向けられたら支えられるのか?どんな気持ちになるか、などきちんと考えレポート形式での回答をしていただく。特に、別れ話に至るより前、Jさんが不満を声にできない状態にされるような発言に問題があったことを課題回答から指摘をする。

 

主導権の課題に移行する前に、与える愛情、信頼する気持ちの課題をきちんと理解していただけるようやり取りをさせていただく。冷たいと感じてすぐに浮気を疑う言葉を向けたことでJさんが感情的になられてしまい、冷静に不満を声にできない状態に陥ったことについてご理解をいただく。

 

着手から1ヶ月が経過したタイミングで彼にlineで謝罪伝達と近況を短文で記載した文章でファーストコンタクトを行う。T奈さんに分析で提示した非の自覚について課題を通じて作成したファーストコンタクトのline文章(時間を 置きたいことと、非の自覚に基づいた謝罪など)を送信していただく。

 

彼から過去形の言葉で近況報告の返信が来る。このやり取りの内容の心理分析より、仲 裁に関係がある程度まで回復しなければ共通の友人は関与をお願いできない状態で、次回のコンタクトは1ヵ月後とする。会いたいと表記する伝達はクリスマ ス、バレンタイン時期を経過させてからと設定する。

 

近況のことなども含めてクリスマス、バレンタイン時期はチャンスは作れないと判断して静観とする。

 

彼の人格分析から、過多な連絡は好 ましくない状態であることを考慮し、頻繁な連絡や会いたいと頼んだり、誘うことは控えての1ヶ月を空けて近況のやり取りを継続していただく。彼がT奈さん に好意はあるが苦手意識のある避けたい気持ちであったり、向き合えばやり直しを懇願されるから面倒という決め付けの気持ちがあることを指摘する。(過去形の返信文章の理由)

 

 

11月のやり取りではクリスマスに関 する予定を尋ねられたり、彼のクリスマ スの予定が仕事であることなど当たり障りのないやり取りが数回ある。12月のlineには既読になったが返答が遅延し、多忙を伝えるだけの返答。年始にも簡単な挨拶程度のlineのやり取りが実現する。

 

しかし1月の上旬、彼から自発のlineが来るケースが出て来たことを理由に2週間間隔のlineから随時、伝えることがあれば週に複 数回でも可とする頻度を増やす指示をする。

 

 

何通か近況のやり取りがあり、その後、再度、lineにてこの取り組みで初めて彼に会食(面会)に誘う言葉を入れていただく。彼から返答があり、会食のための面会が実現する。

 

 

会食での会話はマニュアルを厳守して向き合っていただく。ここでlineの頻度の制限を解除できる結果となる。

 

2月、当初は心配をしていたバレンタ インのデートに誘え、有意義な時間を過 ごしていただく。その後も週に1回のlineのやり取りを継続いただく。

 

彼の心の許容を考慮して基本的にlineは1送信で追送せず返事待ち、要点が明朗で短文、常に彼を話題の中心に置 くことに配慮いただき、彼から素直な返答を得ることを優先し2ヶ月程度、この向き合い方を継続していただく。この期間でも会食など随時、会える状態が維持 できるようになる。

 

4月の下旬にlineのやり取りから連休に近場に買い物や映画に行く約束が得られ、会っていただく。

 

その際に、心配をさせたり思い込ませた非について安心してもらえる会話をマニュアルに沿ってしていただくよう指示をする。

 

連休期間中に彼の部屋で過ごされていた際に彼から交際の再開を了承をしてもらえ無事に復縁の話しになり、交際再開に至る。

もう一度寄り添う

 

(※)プライバシー保護のために一部表記を変えてあります。

バレンタインで

元カレとの復縁成功事例で具体的な進め方がわかります。

成功事例:喧嘩別れをした元カレと復縁するにはどうすればいい?恋愛が復活する方法

 

別れた後の元カレの気持ちを理解することが大事です。

成功事例:元カレの別れた後の気持ちがわからない、復縁するための4段階のline例文

 

振られた後で復縁するにはどうすればいいのか?

成功事例:振られた後で復縁を望むなら連絡しない!彼氏への冷却期間の理由

TOPへ戻る