lineを返さない元カレ、無視されて別れた後で復縁につながる言葉とは?

lineを返さない元カレとの復縁につながる言葉とは?

実現できる

line返さない元カレと復縁につながる言葉のテクニックとは?心理学に基づいたメールテクニックの応用、文例は多数事例に掲載しています。相手を話題の中心にしたlineメールの基本とテクニックの成功例の解説

返事を返さない元彼との復縁につながるlineの使い方

復縁に効果的なlineの使い方としてわかりやすい70文字以内、要点を先に記載することを心掛けて下さい。

lineに返信

lineを返さない元彼の性格を理解して連絡を続ける

lineを返さない元彼は意図的に無視している場合と面倒だから適当な読み方をするケースがあります。自分の気が向けばline既読表示にして読む、気が向かない、仕事中や遊んでいたり忙しい時は未読で放置します。返事についても自分が伝えたいことがあったり寂しい、会いたいという気持ちの時は返事をしますが会う約束をしても実現しません。会う当日になり何通送っても未読放置というケースが多いのです。お互いが気まずくなりますので彼氏からlineに返事が来たり無視されたりと不安定な時期に会う約束をlineでしないで下さい。

 

 

lineに返事

復縁につながる言葉のテクニックを詳しく解説

元カレが安心できる、責められて嫌な気持ちにならない言葉を選んで伝えることで復縁につながるlineの返事を得ることができます。

 

 

lineで別れた後で彼氏と復縁できた方法を成功事例で解説しています。

成功事例:彼氏とLINEで別れた後で復縁したい!恋愛をもう一度やり直す方法

未読スルー

別れた彼へのlineメールテクニック成功例

lineメールテクニックの事例

女性から男性へのアプローチ

修復期間:1年2ヶ月

依頼者:E子さん(女性33歳・会社員)

お相手:Tさん(男性・26歳・会社員)

難易度C

E子さんの意思により、他の失恋に悩まれている方に勇気を与えられるのであればとのことでこのlineメールテクニックで成功したエピソードを事例紹介に掲載いたします。

 

 

弊社の携わった案件の中でもCは難易度の簡単な案件ですが拗らせの経緯や起因、相手の性格などから1年以上の時間が必要になるケースもございます。この案件のようにメールテクニックで別れた彼氏とやり直しを成功した取り組みにつきましては当方では珍しい事例です。

失恋して寂しい

 

E子さんは交際して3カ月も経過していない7歳年下のTさんとの結婚を望むようになられ、交際の過程でTさんに結婚について問い詰めてしまわれたそうである。しかし交際が短いこと、Tさん自身がまだ若く将来のことが漠然とされていたためにはっきりと答えてくれなかったそうである。

 

 

いつか考えるという言い分に急 に結婚が不安になられたそうである。そしてTさんにlineのメールで「すぐに結婚がないならお別れをしたい」と重い文を連続送信されてしまい、Tさんから「何だかよくわかんないけど、別れるでいいですよ。」と返答があり、以降、何通かlineを入れたそうであるが未読で返答が来なくなってしまわれたそうである。 コ ンタクト手段が手紙か自宅(親同居、面識なし)訪問だけになられてしまったそうである。

 

何度かlineして返事はもらえたが、もうE子と交際するつもりはないという返 答をされたそうである。

 

当方に復縁できるlineメールテクニックのノウハウが学びたいとの内容でメールでご相談をいただく。

 

 

状況をくわしくお聞きし、Tさんの今の状態についての原因を修復成功例のセオリーで読み取り、分析する。E子さんに14項目と40項目のチェックシート回答をお願いし、恋愛の経緯についてお答えいただく。

 

彼に送信されたlineの原文と返答文面、内容などの分析も行いTさんの感じた重荷感や煩わしさ、恋愛に対しての考え方、性格について分析をし提示する。結婚について願望や価値観を聞いただけであるが、セオリーとしてTさんには長文の最初の1行と文末の2行(合計100文字前後)しかTさんは認識できていな かったと推測ができる。結婚してくれないなら付き合えない、結婚を考えてくれないあなたにだまされていると思っているという批難のlineと勘違いさせたのである。

 

 

30歳未満の男性の場合文面の観点、テクニックの基準として、関係が微妙な状態になってからの交際相手からの長文のlineは書き出しから1行から2行で趣旨を知ろうとする、3行目、2通目以降はきちんと読まずに流し、会いに行くとか連絡しないでの結論を知ろうとするために2行目まで読んで次に文末を読む、そのため大事なことを3行目以降に記載されても記憶に薄い状態となりその問いかけへの返事をもらえない、流れるという統計があります。その男性心理を考慮したlineメールテクニックを具体的に課題で身につけてただくのがサポート内容です。

 

 

人の輪による方法も模索しE子 さんに共通の知人をリストアップしていただくが、コンパで知り合われていたために関わりの薄い知人しか存在しないことがわかる。そのため、人の輪による方法を使えないという結論に至る。しかしE子さんの強い希望(このサイトに掲載の成功事例を読まれ)コンパの幹事に相談をされ、あの時のメンバーに近い人に声をかけて会食を企画されるが、(彼を含めた会食のお願いである。)結果は(彼がその週末に用事があると幹事に返答をして来たため)不参加の返答であったために失敗であったそうである。

 

彼の苦手意識も含めた気持ちの冷却をしながら長期的に直接のコンタクトを継続することになる。課題で彼への70文字の謝罪伝達を作成し送信していただくが最後の通話で泣いて縋って困らせてしまった経緯もあり応答はない。

 

 

3か月の冷却期間を提示して、その冷却の期間で明朗な伝達をする伝達のテクニックについての課題に取り組んでいただく。

 

 

lineメールテクニックとしてこちらから出題した1000文字の長文を700文字に減らす課題、形容詞の削除圧縮や主語や名前を呼ぶ記載の削減方法などのlineメールテクニックに関連した課題に取り組んでいただく。

 

 

併せて、思いやり、譲歩、気持ちの理解についての課題や結婚を焦った理由説明の課題に取り組んでいただく。

 

次に要点明朗で簡潔にわかりやすく伝える文面と上から目線にならない文章のエチケットについてきちんと課題に取り組んでいただく。相手の話題の真ん中に置いた文面や悲観卑屈にならない文章、嫌味にならない文章について考えていただく。これはメールテクニックの基本の相手の気持ち、彼の別れの心理について察する課題です。

 

 

E子さんが彼に送ってしまわれた以前の長文lineメールを1通200文字以内に集約する課題、メールテクニックの応用、自力での意思表現、文法化の課題設問に取り組んでいただく。

 

3か月の冷却期間が終わり、彼に近況 を他尋ねて、自身の今の素直な気持ちを伝える作文を課題として数回、復縁メール文面の作文をしていただき、彼がE子さんとの交際再開について考えたくない理由についてじっくり考えていただく。

 

 

恋愛依存や自己保身や甘えから相手に 日頃きちんと言わず溜めていた不安を長文メールにして一気に向けてしまう駆け引きなど、彼が追ってくれる、愛されている過信も含めてご自身の非を自覚をしていただき、自身の恋愛での与える愛情と思いやりについてよく考えていただく。

 

 

まず相 手の気持ちを思いやることなど聞く姿勢や態度についてアドバイスを提示する。メールを120文字で作成し送信していただく。過去形の言葉で無難な返答を得る。

 

 

数回のやり取りでまた連絡しますで一旦引いていただく。彼はプライドのことではなく、煩わしいことや気を遣うのが苦手、期待されても応えられないなどの心理で会うことを避けて、返答が無難であったことが指示の理由である。

 

 

取り組みでのlineメールテク ニックとは、lineやメール伝達、メール謝罪以外、実際に再開し時間を有意義に共有できるか、という気持ちの理解と伝達が重要になるため、この先彼と再開でききたと仮定し、彼と1時間、 3時間を一緒に過ごすと仮定した仮説課題、時間の共有方法についての課題に取り組んでいただく。

 

自分も彼も安心できたりが楽しい、有意義、と思えて彼がE子さんとでは なければ過ごせないと感じてくれる過ごし方について考えていただく。当然聞き上手の姿勢や駆け引きをすることで感情が真っ直ぐに声にできない問題についてlineの進展作文課題で考えていただく。

 

 

自己改革としてなぜ結婚 を急ぎ、彼の 気持ちの確認より先に疑心が強くなられたのかなどそもそもの長文lineによる別れ話への誤解について反省をしていただくための課題に取り組んでいただく。

 

 

つまり有効なメールを送り、再会してからの会話に困らない会話に関する課題。

 

数回、30文字3往復を基準とした彼を話題の中心にしたlineのやり取りを維持していただく。

 

取り組み開始から8カ月が経過しようやく彼からの返答内容が変化し、会いたいという気持ちを記載でき る状態となり再会が実現する。

 

 

ただし友達として、要件や会う目的は事前のやり取りで確定をさせて、解散時間(共有共通の価値観で選んだコンサートの付き添いのお願いに反応をしてくれた返答である)も最初からはっきりさせての再会である。

 

以降、メールにて近況などを伝達され る際に2回目の面会ではなく踏み込んで以前よりも会話が聞けて話せる心に寄り添うための デートの提案をしていただく。

 

 

メールテクニックの効果が実感できるレスポンスになる。彼からの返答で1カ月程度先であったが約束は得られた。

 

彼への依存軽減が安心を積み重ねる意 味で彼の主張=意向に従い、彼の気持ちを理解している姿勢を示してい ただく。安心して向き合ってもらえる提案ができる自分について気持ちの理解の課題作文、つまり修復した後で交際を円滑に維持するための課題を継続する。今後の交際の継続向けての注意事項の作成を開始する。

 

 

しばらくは返答を急がず現状維持をしていただき様子を見ていただく。彼から交際再開の返答が得られ、無事に成功に至られる。   (※)プライバシー保護のために一部表記を変えてあります。

いつも仲良し

 

復縁したい人の別れた後の具体的な心構えを解説しています。

参考:復縁したい人が別れて1ヶ月でとるべき行動と絶対にしてはいけないこと

TOPへ戻る