line既読無視の心理

復縁専科













ホーム成功事例恋愛事例 →line既読無視

彼氏とやり直す
line既読無視:メール無視の男性の心理の理解、別れた彼との復縁事例の紹介

今すぐメール

メール、lineを無視する男性の心理

期間:2007年8月相談、8月着手、08年4月復縁

依頼者:S実さん(女性32歳・会社員)

相手:Tさん(男性・30歳・会社員)

費用:36万円(通信費込) 難易度C
S実さんの意思により、他に復縁に悩まれている方に勇気を与えられるのであればとのことで、この復縁エピソードを事例紹介に掲載いたします。

メール無視の男性心理:lineの既読無視の心理と同等
女性から男性へのアプローチ

S実さんは1年ほど前に以前から友人 関係であったTさんとTさんからの積極的なアプローチで交際を開始されたそうである。結婚も視野に入れた順調な交際をされていたそうである。ところが07年3月、S実さんが結婚について不安に なられいくつかの質問をされて以降、頻繁だったデートの回数も頻度も少なくなり、5月の連休前から、メール返答の遅延が多くなられ、この遅延についてや他 に好きな女性が存在する不安を感じられての問い詰めなどをされ、かなり通話で激しい口論をされたそうである。セフレ扱いへの疑念も大きく、その通話にて面会の約束が得られ、お盆休暇の 際に久々に一緒に外出された際に彼から突然に性格の不一致を理由に別れを切り出されてしまわれたそうである。留意のメールに対しての返答が得られず、当方 にメールで相談をされる。

2人の恋愛の経緯をチェックシート回答を通じてお答えいただき、経緯についてのやり取りの後、彼からのメール文面、言い分から心理分析するなど、お二人の恋愛の経緯や彼の心の異変についてくわしくお聞きする。分析の結果、彼の心理にS実さんとの恋愛についての意識、結婚のこと、結婚について話をされて以降に態度が変わった原因について詳しく分析を提示する。

彼が別れを考えるようになった理由 は、結婚が考えられないこと、結婚を義務のように求められたことで向き合うことが重い気分になられたこと、考えている途中で多くの質問や回答を催促する言葉を向けられたことによる恋愛の放棄の気 持ちがあることを提示する。

今は彼に対しての留意・謝罪のメールは1ヶ月程度は控えるようアドバイスを行う。(セフレ扱いの軽視やline既読無視の場合と同等))

彼の性格分析などから彼はきちんと結 論が出るまではS実さん以外の女性に気持ちを向ける危険は少ないことを提示する。

いつも自分が望む答えを義務のように 彼に求めていたS実さんへの彼の持つ苦 手意識は強いが未練・愛情は残っていることを提示する。安心を伝達するための文案を作成し送信いただいて1ヶ月の冷却期間を置くこととする。分析を基にマ ニュアル作成のための課題に取り組んでいただく。

最初の課題として、彼の気持ちを思い やれていないこと、結婚についての返答 を急がせるなどのプレッシャーを与える発言の原因を作文を通じて考えていただく。

結果、S実さんの周囲の友人に既婚者 や友人からの結婚報告など、S実さん自 身に結婚についての焦りがあり、交際から半年が経過しても結婚の話を具体的に進めてくれない彼に対して不信感を持たれたことが原因であると判明する。この ことについて理由から説明ができるように反省をしながら伝えたい謝罪についての課題に取り組んでいただく。

1ヶ月の静観を経て、9月の下旬に謝 罪を目的とするメールを送信する。数回 のやり取りができたが、面会については彼から「今は会える気持ちになれない」との返答に終わる。このやり取りにて彼に与えている苦手意識の内容がある程度 判明をする。クリスマス時期にコンタクトは好ましくないと判断し、11月まで2ヶ月の静観を指示する。この間で対話復縁マニュアルを作成する為の課題に取り組 んでいただく。特に向ける言葉を相手を話題の中心に置いて考えられるか、思いやりや共有する時間の有意義さなど彼の心理分析で判明した苦手意識の原因に関 係する課題に取り組んでいただく。

2ヵ月後、近況を尋ねる内容でメールしていただき、このやり取り をきっかけに通話から面会が実現する。以降、普通に合える様になられ、クリスマスや年末年始を一緒に過ごされる。(交際の再開について彼から話は出ない) この時期を境に週に一度は会えるようになられたり、返答の大きな遅延は起きない落ち着いた状態となる。会話のギクシャク感についても注意事項を 厳守であれば気にならない程度までに回復をされる。

この時期の会話詳細を分析し、彼にはしばらく(1年以上)は結婚を考えられ る状態ではないことを提示しS実さんにご理解いただくこととなる。向き合い方についての注意事項を提示する。2月、バレンタイン、3月、ホワイトデーとそ れぞれ贈り物をされるなど普通に過ごされる。

ところが3月の下旬に彼から交際の再 開についての話が出てしまわれるが、結 婚の約束ができない、との主張に至られる。注意事項厳守で会話いただく。この際に、彼が就職の時もそうだったが人生の重要な選択については自分で自信をも てるまでじっくり考えたいことなど、当初の人格分析で提示したことに近い内容の言い分に至られる。交際期間が短かった状態で急に結婚意思を義務のように問 われて、快諾即答をしなかったことについて不機嫌になられたり、強い言葉を向けられて、どうしたらいいのかがわからなくなったり、怖くなったなどの不安に ついて始めて言葉にされる。

4月の中 旬、結婚についてはもう少しお付き合いをしてから考えるが、それぞれの親には一緒に挨拶に行ってくれるならばとの彼からの条件にS実さんが合意をされ交際は再開する。彼と交際再開に至られ、無事に復縁、修復完了となる。 

このサイトに掲載されている事例はすべて依頼者の許可を得て記載しています。
別れた彼氏とやり直したい!
セフレ扱いを乗り越えて仲直りをしたい相手の視点から

line既読無視の心理を知り、交際再開をしても思ってもらえるために、ご自分を見つめていただき
元彼の心に向き合う心理学による復縁のアドバイス 

lineを無視の心理を知る

逃げたい心理
運営理念

モバイルページ

恋愛心理

(ご相談に関して個人情報厳守、プライバシーは保護い たします) 
既読無視

有料相談着手後は24h体制の緊急対応で復縁まで完全サポート

相談の手順

 

やり直したい、line既読無視、メールを無視する男性心理を知りたい、仲直りをしたい相手の視点からご自分を見つめていただき
彼氏の心に向き合うアドバイス 

ラインをブロックされても焦らない

撤回
 メールを無視する男性心理について、く わしくは、下記のフォームにてお問い合わせ下さい。

相談は無料

 メール相談無料

復活愛

お問い合わせ:090-6519-1413(受付時間AM8:30から AM3:00)
(番号は必ず通知でおかけ下さい)

Copyright (C) 2016. All Rights Reserved.