専科のロゴ








成功事例 恋愛事例 →別れた元彼氏と連絡

別れた元カレと連絡、よりを戻すには

別れた元カレとやり直せた、よりを戻せた成功事例
結婚できる

別れた元彼と連絡、復活愛できる

別れた元カレ
別れた彼氏とやり直せるLINEメッセージ

メールの例文を紹介

心理作戦の具体策

女性から男性へのアプローチ

期間:2007年3月相談、3月着手、08年11月完了

依頼者:R子さん(女性28歳・会社員)

相手:Eさん(男性・31歳・会社員)

費用:36万円(通信費込)

難易度C(別 れ話以降、コンタクトが難しい状態)

R子さんの意思により、他に悩まれている方に勇気を与えられるのであればとのことで、

この別れたあと 連絡エピソードを事例紹介に掲載いたします。

R子さんは学生の頃の友人の関係で知 り合われたEさんとお友達関係から交際 に進展され1年5ヶ月が経過されていたそうである。しかし交際か1年くらいが経過し、彼のお仕事が多忙な部署に変わられたことが原因で彼と会える時間が少 なくなられたそうである。1ヶ月前のR子さんの誕生日も彼の都合で会えなくなったことを電話で泣く等して責めてしまわれたそうである。その際に彼から仕事 が多忙であることを謝られたが聞き入れることができずにいたそうである。その後、彼からのメールが少なくなり、彼にメールを送信しても返答が遅延する、短 く素っ気無い返答が来るなど彼の態度が変わられたとのこと。彼から別れを切り出されてしまう。その後何度かメールを送られたが返事をもらえず、電話を入れ ても出てもらえない状態で1週間が経過する。当方にメールで相談をされる。

別れ話に至るまでの状況と恋愛の経緯 をチェックシートを通じてお聞きする。 分析の結果、R子さんが彼の心の重荷になられていたことがわかり、詳しく提示の後、仲直りのための人格分析のチェックシートにご回答をいただく。

謝罪のための思いやりに関連する課題 にご回答いただき、分析の非の部分をど う謝りたいか、について考えていただき、彼への謝罪としばらく連絡を控えることを伝えるメールを送信していただく。

この静観の期間で、謝罪伝達・冷却以 降最初の送信となるファーストコンタク トに向けて先々で彼がR子さんと向き合うことへの安心について、彼がR子さんと向き合い、会って話す時間を苦痛と感じない面会の内容について課題の形式で 考えていただく。彼の視点から見た恋人としてのR子さんとの交際で、仕事が忙しくなってから感じた重荷感・煩わしさなどR子さんの短所(依存が強い、ルー ルを作る癖、相手の気持ちを察することが上手ではない、考え方が考え過ぎが原因で悲観的など)、を感じさせた重荷感について自覚をしていただくためにいく つかの課題に取り組んでいただく。R子さんの彼に対する向き合い方が変わらなければならない部分(感情を安定させた思いやりのある向き合い方)について提 示し、彼に対して伝えたいこと、彼が安心をして面倒と感じずに向き合うことについて課題として作文をしていただき、伝達する文章の作成と気持ちの伝え方に ついての取り組みを開始する。

1ヵ月半の冷却する。5月の連休前に 近況報告と相手を話題の中心に置いた短文で送信していただく。彼からは「ありがとう、謝ってもらえて、気持ちをわかってもらえた気がする。仕事が落ちついたら連絡するね」※のような迫られたくない保身からの返答がある。

(この返答についての彼の心理分析では、結婚を視野に入れて交際をされてい た大人の独身男性が、相手について別れを声にされた際に結婚相手ではないと判断をした距離の置き方であり、会えば煩わしい話になることを身構えた逃避と警 戒の心理が出ていました)

返答に対してのお礼とまた連絡をした いことを明記で送信する。短い返答があ る。

彼が会いたいと思う自分、彼が8hを 共有するとして有意義と感じる時間の過 ごし方、彼から交際が円満であった頃に見てもらえていた自分の長所についてなどの作文形式の課題に取り組んでいただく。前回のメールの取りから3ヶ月程が 経過してから、メールにて、近況伝達と会いたい理由、留意したりしない雰囲気の文章を送信をする。数回のやり取りから翌週の通話が実現する。そのやり取り内容や通話のレポートを心理分析し、彼の返答や話しの内容の様子から仕事がかなり忙しい状態で、今は恋愛に時間を使うゆとりがない状態であること を提示する。

2週間後に彼の健康を気遣うメールを 送信いただく。そのやり取りで彼から今 度、会えたらいいね、ごはん行こうね、のような返答を得る。(彼に実行意思が低いことを分析で提示する)言い分から彼はR子さんと会えば、交際を再開につ いてYESと言わなければまた責められたり、執拗に連絡をされることを避けていると解釈ができる。仕事が多忙な状態ではR子さんより仕事を優先するしかな い状態を伝えられない状態。

3ヶ月の連絡待ち(待機)の期間を置 くことを指示する。この間に彼から連絡 は来ない。彼はこの時点でもR子さんと会う意思が低く、仕事も多忙であることが推測される。

その時期に再度、近況を伝え、健康を 気遣う短いメールを送信していただく。 彼からの返答はR子さんに対して新しい彼氏はできたの?などの質問が出てしまわれる。この際、初期の分析で提示した注意事項を厳守で素直に、駆け引きはせ ず、思いやる言葉前提で、今の正直な状態をお返事していただく。彼からは仕事を理由に前のように楽しく会ったり旅行をする余裕がないことなどが返答として 返って来る。

2週間程度が経過し、平日の夕方に共 通の知人のおめでたい情報などをメール で伝えた際に、彼からその日の晩の予定を尋ねられ、会食が実現する。その際、注意事項を活かされ楽しく有意義な時間を過ごしていただける。彼から3週間程度、遠方に出張で不在になることなど激務について愚痴交じりの話を聞くことができた。

この彼が不在の1ヶ月の期間で、彼が次の面会に応じても興味を示せる場所や (デート)面会内容について課題に取り組んでいただく。彼からの連絡がもらえた祭に誘うことを指示する。

その後、彼からメールが途絶え、1ヶ月が経過した時に、様子を尋ねるメール をしていただく。返答の内容から誘うことを保留と指示し、やり取りを継続いただく。

その後1ヶ月の間で何回かのやり取り があり、彼からの返答から、会うことに 抵抗がある、交際について過去の辛い記憶が抜けず躊躇していて友達みたいに会うなら負担ではないが、会ってしまうと前みたいに付き合いたくなる、のような 交際再開に困っている本音を向けてはもらえた。

2ヶ月程度の冷却の期間を置く指示を する。2週間が経過し彼からのメールが 前向きであったため返答をする祭に、課題で作成した文章と誘いのメールを返していただく。デートが実現し有意義な時間を過ごしていただく。(2ヵ月後がク リスマスシーズンであることからそれより前か、年を越すまで誘うのを延ばすかの指示をする。しかし静観から2週間程度で彼側に変化があったので彼の歩幅に 合せることを選択)

そのデートから数日が過ぎた時に彼か らメールがあり、3回目の面会が適う。 食事の祭に、今は本当に多忙でたまにしか会えないからのような交際保留と好意があることを言ってもらえる。その翌日から彼からも交際が円満であった頃のよ うなメールが来るようになり、翌月の週末に4回目の面会が実現できる状態になられた。07年のクリスマス前に会食が適うなど順調に会える状態までは回復を された。

この状態で数ヶ月、彼との彼の歩幅に 合せた向き合い方を継続いただく。R子 さんの誕生日にも会食に誘ってくれるなど、円満な状態ではあるが交際再開について彼に躊躇が見られ、手を握るなど甘えを見せない状態であった。

5月の連休でデートをされたり、ほぼ 毎日のメールのやり取りは維持できる状態となる。(R子さんが彼の都合を理解して接している様子に彼もかなりの安心を見せてくれる状態。)

7月以 降、以前のような交際が再開した状態となり、11月の下旬の週末を彼の部屋で一緒に過ごされた際に彼から交際の再開についてきちんと話をしてもらえて無事に交際に至られたと判断。 

 (※)プライバシー保護のために一部表記を変えてあります。

別れた元カレと復活愛

有料でのご相談の着手後は24h体制の緊急電話・メール対応で完全サポート

別れた元カレと幸せになりたい

別れた元彼とやり直せた成功例

R那さん27歳・会社員(関西地方在住)難易度C

S子さん32歳・会社員(北陸地方在住)難易度A

R子さん24歳・会社員(関東地方在住)難易度C

Y子さん22歳・会社員(中部・東海地方在住)難易度A

H美さん24歳・会社員(関東地方在住)難易度C

S美さん27歳・会社員(中部・東海地方在住)難易度D

E美さん37歳・会社員(関東地方在住)難易度C

Jさん31歳・会社員(中部地方在住)難易度E

Y実さん30歳・会社員(中部・東海地方在住)難易度C

Y子さん32歳・自営業(九州地方在住)難易度C

N子さん30歳・自営業(東京都在住)完全無視の状態から修復・難易度F

SYさん31歳・会社員(東北地方在住)難易度D

Y美さん26歳・美容師(関東地方在住)難易度D

E子さん25歳・自営業(東京都在住)同居解消からの修復・難易度D

別れた元カレの心理分析  


当方の行っている心理学による方法とは、

引き寄せの法則と異なる、別れの原因について徹底的に分析し、

あなたの自己改革をはじめ、心理学に基づいてのアドバイスを実施し、

あなたと相手の心の変化を良い方向に向け、再会できる状況に変えて行きます。

別れた元カレと愛をふたたび

 

詳細はメールにてお問い合わせ下さい。

カレを引き寄せたい

相談無料・秘密厳守

ご相談のマナーについて:

分析前の無料相談のお電話では具体的なアドバイスは一切、
行っていませんので予めご了承下さい。

掲載事例は参考であり、一部、プライバシー保護のため、

メッセージの具体的内容を実際に使用した文面ではない言葉 を

表記している場合もございます。

個人個人のケースで修復方法やメッセージが大きく異なります。

必ず、メールにてご相談下さい。
別れた元彼とやり直す

無料メール相談 

(個人情報保護法を厳守しプライバシーは保護いたします)

このサイトに掲載されている文章はすべて依頼者の許可を得て記載しています。 
復縁のメール相談無料
ご相談はお気軽に

【お知らせ】フォーム からの送信ができない場合は、ask@fukuen.jpまでお送り下さい。 

復活愛できる心理作戦
お問い合わせ:090-6519-1413(受付時間AM8:30から AM3:00)
(番号は必ず通知でおかけ下さい)

Copyright (C) 2016. All Rights Reserved.