セレブ婚を別れた状態から交際へ

復縁専科








ホーム成功事例恋愛事例 →セレブ婚の事例

心理分析に基づいてあなただけのマニュアルを作ります!・セレブ婚の例紹介

マニュアルとは、相手に伝えるべき言葉、心構え、
してはいけない禁止事項など向き合い方についてのを明記した復縁マニュアルのことです。
恋愛のスタイルも価値観も恋愛の経緯も十人十色です。
同じマニュアルがすべての人の取り組みに活用できるはずがありません。
それぞれの心理分析を行ってから復縁マニュアルを作成しております。

心理作戦でセレブ婚を成功


復縁したい
女性から男性へのアプローチ

期間:2012年10月相談、着手、 13年5月復縁成婚

依頼者:RNさん(女性26歳・会社 員)※着手時

相手:Fさん(男性・37歳・医師) ※着手時

難易度C

RNさんの意思により、他の復縁に悩まれている方に勇気を与えられるのであればとのことで、

このエピソードを掲載いたします。
RNさんは11年暮れにFさんとお仕 事関係の集まりを通じて知り合われ、F さんからの友達としての熱心なアプローチを受けて頻繁に会うようになられ、賞味に共通があることからすぐに交際に至られたそうである。
交際開始前、彼から積極的に結婚願望の話題に触れてくれていて、お互いに将来についての目標なども理解し合え、交際を開始されたそうである。

結婚を前提とした順調な交際と思って いたそうである。

ところが交際から6カ月が経過した 12年の10月に小さなメールでの言い合い(彼からのデートの待ち合わせの約束忘れ)が理由で彼からメールで「これから多忙になるので別れて欲しい、ご期 待に沿えませんし、そういう批難をされて非常に不愉快です。(生活時間帯と性格が)合わないところがあり無理です」と伝えられてしまう。急な別れの言葉に 驚いたRN さんは焦りと失望からFさんの住まいに行かれて話をされたが引き留めを聞いて貰えず、以後数日、彼の恋愛についての無責任さ責めるようなメールを送り続け てしまわれたそ うである。その別れ話を撤回してもらうために何度も電話や訪問で話し合おうと努力はされたが彼から応 じてもらえず、Fさんからのメール返答すら得られない状態に陥られてしまったそうである。

無視に陥って1週間が経過してから当 方にメール相談。
経 緯についてお聞きし、Fさんからの別れを記載したメールの文面、引き留めの話し合いでの言い分、交際の経緯、会話など交際から別れを伝えられるまでのや り取り内容の詳細についてお聞きし、 RNさんに彼との恋愛経緯の14項目と心の温度差の40項目のチェックシートにお答えいただきこの恋愛経緯でのFさんの心理分析を行い、お二人の恋愛の経 緯やお互いの擦れ違いについてくわしく分析を 提示する。どうやらFさんには日々のお仕事が多忙のため明確な恋愛意識や先々での成婚がしたいなどの結婚意思が薄い状態であった。当然、浮気も心配されて いたが人格分析と彼の日常が多忙のため合コン参加をする、パーティーに参加をするなどは時間的な余裕もないことを提示する。お二人の恋愛意識・結婚の意欲、別れを伝えた心理についての分析を行う。どうやらRNさんが彼に小さな不満から責めてしまい負担をか け過ぎていた ことが大きな原因と判明し、思い当たる非があるはずと課題を提示するが答えに詰まられてしまう。お見積りは提示したがご契約前に彼に一度会って謝るように 謝罪のための復縁マニュアルを作成し、謝罪申し入れを行っていただく。(当方では対、医師への離婚回避と恋人関係修復の復縁のノウハウと実績は多数ありま す。ただし費用の金額が通常の5倍以上となるため無料相談期間である程度の謝罪伝達のアドバイスなど対医師との復縁のみ特別に事態の悪化を防ぐサービスを 行っております。)しかし、彼への謝罪申し入れはできてFさんと会って話すことができるがRNさんは自分が悪いとは思えず悔しさからマニュアルの謝罪文章 が声にできず、彼から一方的に言い訳を言われ謝罪を伝えずに対話を終えてしまわれる。その日、彼からの誘いでお酒を飲みに行かれ、そのまま彼の部屋に泊ら れてしまう。翌朝、彼から申連絡はしないと言い切られて帰されてしまう。言わなければならない伝達を声にできない、相手からの発言を正面から 聞き入れられず、ついつい悔しさから上から目線の受け答えになってしまい、素直ではない向き合い方の現象を当方では復縁の法則の中の【無言での無意識の威 圧状態】と呼んでおります。

共通の知人友人について相関図を作成 しようと してお話しをお聞きするが共通の知人はいても交際を知っている人が一人もいないとのことであった。彼のような地位の方が得意とする密室恋愛、極秘恋愛の状 態を継続されてしまったのである。別れた場合に彼が有利になる交際の方法である。つまりメールが受信拒否などの状態になった場合に仲裁をお願いする知人が いないという非常 にコンタクト維持に慎重な判断が必要となることが想定でき、当面は連絡を控えるよう指示をする。危険な状態であるための指示です。

1か月の冷却期間を空けていただく。 この期間で復縁マニュアルの作成を開始する。

相手の多忙な日常を考慮して、この冷 却の期間で課題に取り組んでいただく。他のページの前例のような課題ではなく医師の恋人としての尽くす、敬う、信じる、支えるという心構えに関する課題か ら始めていただく。当然、彼との最後の会話の様子からも彼はRNさんとの恋愛を終結させたつもりでいるので、次の連絡が非常に重要であることから作文を 20回以上の添削を繰り返し、彼に提案する再会をする場所の下見なども実際にRNさんに休日に自身の足で動いていただき様子をきちんと見てレポートを提出 していただくという作業を1カ月行う。彼が落ち着く、リラックスできる場所、彼がメールの記載文章を読んで行ってもいいかと思える場所について何軒もの付 近の飲食店などを下見していただく。誘う文章も添削を繰り返し、1か月が経過してから彼を話題の中心に置いた70文字の近況伝達メールからやり取りを再開 していただく。作成した復縁マニュアル厳守で数回のやり取りの往復ができたが誘う文章を送る段階に至れず、再度2週間の冷却期間を置くことになる。

2週間後、誘う文章を送信し再会が実 現するが、彼が非常に睡眠不足で過労気味であったことからすぐに彼の住まいに行きたいと言い出されてしまい彼の部屋に泊られてしまう。やはり翌朝、彼から 交際を再開する気持ちはないと断言をされ、もう連絡はやめて欲しいと言い切られてしまう。

再度、1か月の冷却の期間を置く。

冷却期間 が終わってから近況の伝達メールを予定していたがその前に彼からの誘いのメールがあり、会われてお酒を飲みに行かれる。やはりまた彼の部屋に泊ることにな られたそうである。マニュアルに従い、彼に部屋で話し合い(3分以内の提議)を向けていただき、彼から考え聞くことはできた。RNさんの気持ちを考えずに 深い会話もせずにたまに会ったりメールでのやり取りでRNさんが嬉しそうと感じて自分も順調に恋愛 をしていると過信をされていた。仕事が忙しいのに時間を作っていたのだから批難されることはないと自信があったそうである。RNさんが不満を言えずに我慢 をされ、我慢ができなくなり不満を伝えてしまわれたタイミングで自己保身の気持ちが勝り、恋愛を終わらせたいと決意させてしまったのである。そういう自分 の多忙な都合を考慮してくれない恋人は不要と考えているそうである。結婚は今は考えていない、先々で考えるかも知れないが気持ち的にも時間的にも余裕がな いと言い切られてしまう。

他の復縁 の取り組みでは禁止行為ではあるが彼との恋愛では会うこと、やり取り維持が重大と受け止めて彼との交際再開の承諾を得ていない状態でも彼からの誘いは断ら ずに会い続けるよう指示をする。会話などやり取りは都度、こちらに事後報告でも日報形式でやり取りなどを知らせていただくという条件で彼と向き合っていた だく。復縁マニュアルを厳守で禁句には触れないよう指示をする。

この向き 合い方で2カ月程度の関わりを維持していただく。復縁マニュアルを厳守で思いやる関わり方をしていただく。2月バレンタイン時期に彼の部屋に泊られた際に 彼から同居について便利だからという発言があり、そのことについて話し合いの結果、前に怒っていた理由はわかった、僕も今言われてあの時は悪かったと思っ ている。交際は再開したい、家事とかしてもらい一緒に暮らしたいと思えてきた、でも結婚のことはまだわからない、どうしたらいいのか余裕がないからそばら く考えさせて欲しいと言われ、 交際を再開される。
交際再開、同居から3カ月が経過した5月の中旬にFさんから結婚の申し込みの発言がありすぐにRNさんの実家に挨拶に一緒に行かれ、結納時期や挙式時期の こと、住まいの転居のことなどなどを話し合われ、復縁・結婚の取り組みを完了する。
 

(※)プライバシー保護のために一部表記を変えてあります。

相談の手順

  復縁メール相談

フォームからの送信ができない場合、
携帯メールからのご相談を希望される方はask@fukuen.jpまで、ご相談内容を明記でお願いいたします。

相談は無料


心理学のアドバイスでセレブ婚

復活愛で結婚恋人と結婚


有料相談着手後は24h体制の緊急電話・メール対応で完全なサポート


お問い合わせ:090-6519-1413

AM8: 30からAM3:00

復活愛

難易度について

 

ご相談に関する注意事項とお約束事項

復活愛




仲良く