復縁専科













ホーム成功事例恋愛事例→別れた後の男性心理

別れた後の男性心理

別れた後、男性の恋愛心理、別れた後の男性心理、彼氏の別れの男性心理(責められたくない保身)・苦手意識を自覚した向き合い方で成功した事例の紹介
復縁への心構え:恋愛が円満に育める8か条
1:彼の言い分は彼の発言が終るまでは絶対に遮らない

2:悲観的な言葉は絶対に発言しない

3:相手が過去形で言葉を向けたら、必ず進行形で答える・前向きな将来のビジョンを声にする

4:相手が否定的な言葉を向けて来たら、必ず「どうしてそう思うのか教えて欲しい」のような優しい問い掛けと気持ちの理解を示す。

5:相手が予測以外の言葉を向けて来て答えに困った場合は
「キミを大切に想っているから」「好きだから」「安心させたいから」のような理由を説明し、
次の対話まで猶予をお願いする。

6:相手の様子や発言如何では譲歩の気持ちで話し合いを終らせる気持ちのゆとりを持つこと。

7:謝罪意欲(気持ちを察する姿勢)は必ず声にして伝えること。

8:本心ではない言葉は絶対に向けないこと。

別れのメールで男性心理を分析

相談無料

 問い合わせ無料
お問い合わせ:090-6519-1413(受付時間AM8:30から AM3:00)
(番号は必ず通知でおかけ下さい)
 くわしくは、下記のフォームにてお問い合わせ下さい。

別れた後の未練

別れた後の男性心理と恋愛意識

女性心理

女性から男性へのアプローチ

期間:2004年7月相談、7月着手、05年1月完了

依頼者:B美さん(女性29歳・OL)

相手:U冶さん(男性・25歳・店員)
難易度C 費用36万円

B美さんの意思により、他の別れた後の男性心理がわからず悩まれている方に勇気を与えられるのであればとのことで、

この別れた後の男性心理の自覚と彼の心理の分析によるエピソードを掲載い たします。

 心理を知る

 

B美さんは半年前にU冶さんと知り合い、すぐに交際を開始する。

週に1,2回デートをする、彼の部屋に泊まる、などの順調で親密なお付き合いをしてい た。

ところが1ヶ月前、突然に彼から一方的に「気持ち的に無理、距離を置こう、別れよう」と 告げられ、理由を聞いても答えてもらえず、

彼への携帯メールのレスも電話も無視という状態に陥る。別れたとの彼氏の心理、男性心理が知りたい というご相談である。

B美さんは別れの理由をU冶さんに他の女性が現れた、浮気だと思い、彼を疑いたい気持ち になりアポなしで部屋に行くが、

インターホンで言及され迫られることを警戒し、話すことが煩わしい様子で面会を拒まれ、そ の夜からメール受信も拒否、電話も着信拒否という状態になる。

翌朝、彼の職場に「会ってきちんとお話ししてください」と伝言を入れるが無視。返事がな い。

その日の夜、また彼の部屋の前まで行き、
インターホンで「会いたい」と伝えると「話すことなんてないよ、話すことはできない、もう来ないで迷惑だよ」と告げられてしまう。

当方にこの日の深夜にかなり切羽詰まった様子で相談。

まず彼の別れの気持ちを考えることを開始する。本人の女性心理として浮気を強く心配され ている様子であった。

最後の彼の言葉を聞き、彼の心理(心の内側)を分析するための27項目のチェックシート 回答、別れに至る一ヶ月前からの二人の やり取り、

最後になったデートでの様子、言葉から彼の別れの心理を特定し、なぜ別れたくなったのか の原因を究明。

彼に別の恋人の出現した可能性が高く、彼女の存在を伏せている、B美さんの女性心理とし て焦ってしまうのは当然の状態であった。

彼が新しい恋人を作った理由は彼自身の問題と断 定。逆に彼女の女性心理を察し、過度なアプローチを制限することとなる。

しかし日ごろから宿泊の伴う性行為の後でB美さんが執拗に結婚を意識した発言をしたり、

定まらない彼を女性心理から疑い、監視や嫉妬に関する発言で彼にとっての精神的負担も原 因であったと推測。

別れた後の彼氏の心理を理解し、自己保身や警戒嫌悪の気持ちお理解して、最後にB美さん が彼の部屋の前まで行った日から14日の冷却期間を置き、

彼の持つB美さんへの強い警戒心と復縁を迫られる怯え、YESのみ答えを求められる重荷 の心理、自己都合で言えずに伏せたい自己保身から面会の拒絶意識を軽減する言葉、

「本当にごめんなさい、迷惑でしたね。」とのメッセージを白い葉書に記入し、郵送していただく。(新しい彼女の女性心理を読んでの行動指示。)

1週間後、次に「あなたのこと困らせたね。心からごめんって言わせて」をまた白い葉書に 記入し、郵送。反応なし。

「あなたに嫌われて自分の悪いところ、たくさん気がつきました。」を青空の写真の絵葉書 に記入し、郵送。反応なし。

メールを打ってみるが受信拒否の状態のまま。次に再度彼氏の心理を考慮して14日の冷却 期間を置き、

ブルーベリーレモネードティー(ブルーベリー、レモン、ハチミツの紅茶)のレシピと材料 を用意し、

「またメールしたいです」とメッセージを記載し、ゆうパックにて彼の仕事のオヤスミの日 の午前を狙い発送。

2日後、彼から突然、携帯にメールが来る。

「読んだけど、新しい恋人ができたんだ、家に来たり店にまで電話されちゃ迷惑だ、悪いけ どやり直すつもりはない。」との内容。

B美さん落胆。しかし別れの原因がB美さんの彼への交際中の態度が原因であったと判明。

しつこいとクレームをされてもハガキを継続することにB美さんにためらいはない。

1週間を置いて「ごめんなさい、あなたのためなら悪いところをみんな治します。」を白い 葉書にて郵送。

1週間後、彼からメールが来る。「もうやめてくれよ。わからない。いつもそうだっただ ろ、気持ちはありがたいんだけど、 ノーサンキューだ」とのこと。

交際中にB美さんが時間に構わず自己都合で言い訳の彼に電話をするなど、彼女の性格の問 題もあると判明。

ここからハガキ郵送を1ヶ月保留する。B美さん自身の反省や自己改革など、復縁に向けて の打ち合わせ以外の面会を頻繁に行う。

B美さんに彼に謝りたいことを書き出させる。彼からの今までの反応と照合し、合致する 「自己中心的性格でしつこい、相手の言葉を聞け ない、わからない」について反省。

絶対に彼の部屋に無断で行かないよう指示。ハガキに「あれからたくさん反省しました、い つも自分のことばかりでごめんなさい」と送 る。反応なし。

次に便箋に反省点をすべて記入し、これからどう治す、もうしないなど約束と反省を書いて 封書で郵送する。2日後、彼からメールが来る。

「どんなに謝られようと、もう会えないんだ、オレにも新しい彼女できたから」との内容。

翌日、ハガキに「わかりました、本当にごめんなさい、ずっと好きでいていいですか?待っ ていていいです か?」と記載し郵送。反応なし。1週間待機。

1週間後、バレンシアオレンジと紅茶の葉、レシピをゆうパックで発送。2日後、彼から メールが来る。

「もう迷惑なことはやめてくれ。お前とは関わりたくないんだ、オレがお前にどういう悪い ことをしたか教えてくれよ」とのこと。

メールでレスを送るが受信拒否のまま。ハガキに「サヨナラの理由も知らずにもう会えなく なった事が悲しいです」と記入し投函。

4日後、彼から「お前といっしょにいると疲れるんだ、息苦しい気分。ハッキリ言ってウザ いんだよ」とのメールが来る。

彼の心理面を察し歩み寄りのために2週間の冷却期間を置く。手紙に彼への謝罪を記載し郵送。反応なし。

さらに1ヶ月の冷却期間を置き、彼女が彼にしてあげたいこと、あの頃してあげられずにいて後悔してることを手紙に書いて投函。

2日後、彼からメールが来る。「言いたいことはわかるけど、ハガキとかだとすぐに返事聞 けないからメールしてよ」とのこと。

メールを送信する。受信拒否は解除になっていた。リターンなし。
翌朝、彼からメールが来 る「つまりさ、付き合っていてずっとべったりされるのが重かったワケよ」

別れた後の心理を理解し反省点に注意をしてメールをやり取りする。その週末、彼と8ヶ月 ぶりに会い、彼からの言葉でやり直しが決まる。

※2015年以降は郵便やハガキを使用せず、SNSメッセージや共通知人経由などストーカー迷惑条例順守の方法に変更済み

 

復活愛

仲良く向き合う

 心理分析

着手後は24h体制の緊急電話・メール対応で完全サポート、別れた後の男性の心理を理解する

メールやlineの文章で気持ちを考察する

別れた恋人との成功例

30歳・自営業(東京都在住)完全無視の状態から・難易度F

31歳・会社員(東北地方在住)難易度D

26歳・美容師(関東地方在住)難易度D

32歳・衣料関係自由業(東京都在住)難易度B

25歳・自営業(東京都在住)同居解消からの修復・難易度D

相談の手順

やり直したい、彼氏の視点からご自分を見つめていただき、別れた後の男性心理を受け止める。

別れた後の男性心理、別れた相手の心理をわかって心に向き合うためのアドバイス 
分析まで無料です
モバイルページ

携帯&スマホ対応のページ

仲直り
(ご相談に関して個人情報厳守、プライバシーは保護いたします)

このサイトに掲載されているエピソードはすべて依頼者の許可を得て記載しています。

気持ちがわかる

ご相談に関する注意事項とお約束事項
別れた後の男性心理を自覚したサポートについてお気軽にご相談下さい。


メール文章

お気軽にご相談ください。別れた後の心理を分析
Copyright (C) 2016. All Rights Reserved.