復縁専科













ホーム成功事例恋愛事例男性 →女性心理

女性心理と失恋後のメール

女性の恋愛心理

男性から女性へのアプローチ

期間:2007年8月相談着手、08年6月完了

依頼者:Rさん(男性32歳・会社員)

相手:N子さん(女性・28歳・会社員)

費用:36万円(通信費込)

難易度D(相手とのコンタクトはあるが面会実現までが難しい状態)

Rさんの意思により、他に悩まれている方に勇気を与えられるのであればとのことで、

このRさんのエピソードを掲載いたします。

 

女性心理を知って失恋後に恋愛をやり直す

Rさんは1年程前に、N子さんと知人を通じて知り合われたことがきっかけで 友人として仲良くされ、半年ほど前に交際へ進展されたとのこと。週末は一緒に外出されるなど、良好な関係を築かれていたそうである。

ところが、交際開始から5ヶ月くらいが経過し、N子さんの希望もあり、平日 は仕事を優先する落ち着いたお付き合いのスタイルになられたそうであるが、1ヶ月くらい前からN子さんからのメール返答に異変が起き始め、週末もこの2週 間は会えない状態になられたそうである。不安になられ、日曜夜に送信されたメールの返答が得られなかったこともあり、翌月曜の夜、事前のアポを得ずにN子 さんの部屋を訪ねたそうであるが不在。そのため何度か電話をされたそうであるが、出てくれない。そのまま深夜まで待たれ、終電の時間を経過されたそうであ るがN子さんが帰宅されず。そのため再度、不安になられ電話を何度か鳴らされたそうである。しばらくしてメールにて、仕事の都合で地方に出張していること と、約束もしていないのに部屋の近くで待たれても気分が悪い、しばらく会いたくない、距離を置きたいとの内容を一方的に告げられ、その翌日も謝罪のメール をされたが返答が得られず、不安になられ、当方に相談をされる。

チェックシートに回答をいただき、この1ヶ月のメールの全容を見せていただ く。

Rさん:「明日はお休みだよね?」 N子さん:「今日が休みでした(絵文 字)」 
Rさん:「電話してもいい?」  N子さん:「明日朝が早いしめちゃ仕事がハードになる予定だから今夜は話 せる気分じゃないです。もう寝ますね。ごめんなさい。」
Rさん:「じゃあ金曜にメールするね。日曜は会えるよね?おやすみ」  N子さん:「いつもご めんね。おやすみさない(絵文字)」※

その金曜の夜のやり取りでは土曜が休みでゆっくりする予定で日曜は妹と買い物 に行く約束になったと返答があるが、土曜は送信された5本のメール(朝、日中のデートの誘い、夕方の会食の誘い)への返答が得られず、日曜の深夜におやす みメールがあっただけのやり取り。

異変が起きてから、このような類似のやり取りが数回行われていたようであ る。

Rさんの心配は異変以降のN子さんの言動からN子さんにはRさんに伏せたい 男性との交遊があり、既に深い仲で、会いたくないから言い訳をして避けているようなN子さんからの返答メールの内容について信用ができないことを言われて いたが、分析の結果、RさんがN子さんのことを執拗に監視したり過多にメールしていたことへの嫌悪・軽視の気持ちが起きていることを提示する。次にN子さ んの人格分析を行い、その分析内容から課題として思いやりについての課題に取り組んでいただく。特に相手の視点から見た自分自身についての反省について じっくり考えていただく。この課題で作成した文章から謝罪を短文で伝えていただき、しばらくそっとしておいて、対話のチャンスを待っていただくアドバイス をする。RさんがN子さんに求めていた愛情は過剰要求で、N子さんがRさんに望んでいた向き合い方はお互いの尊重であったと推測し心の温度差のことについ ての概要を提示し、復活恋愛を前提に記憶を辿りレポート形式で課題にお答えいただく。

共通の価値観のことに関連する課題、N子さんと2hを有意義に過ごすプラン について課題形式で考えていただく。1ヶ月程度が経過し、近況といつなら会えそうかを尋ねるメールをされるが、素っ気無い返答しか得られず、静観を続ける ことになる。この期間で、留意する理由、交際を継続したい理由、自身が気が付いた後悔について課題に取り組んでいただく。

1ヶ月の静観をしていただき、1ヵ月後に金曜の夜の会食に応じてもらえた が、そこで注意事項を厳守で向き合っていただくが、N子さんから、あなたの期待に応えられる自信がないとの理由で別れを切り出され、謝罪は聞き入れてもら えない状態となる。

この会食でのN子さんの主張・言い分の心理の分析結果から、交際中のRさん の向き合い方が重荷であったことが原因で交際の意欲がなくなったことが謝罪を聞き入れられない原因と判断する。しばらくは刺激を避け、Rさんが気楽に向き 合え、思いやりのある男性で負担にならない男性になることが必要と判断をする。2ヶ月程度、刺激(留意・謝罪に関連する発言)を控え静観をしていただく指 示をする。

交際中のご自身についての反省から、1、メールが長く、自分中心の話題が多 い。2、相手を思いやれていない。3、デート提案などは相手がYESと答えて当然という姿勢傾向がほとんど。4、平日でも朝昼晩と頻繁なメールで、返答が 遅れるとすぐに次のメールをされていた。5、思いやりと相手の気持ちを確かめる配慮に欠けていた。6、自分が相手のことを好きなのだから相手も自分のこと が好きという考え方により心の温度差を広げていた。7、相手の態度が冷たい時に相手が仕事で疲れているという都合を考えられず、自分が求めている愛情を返 してくれない、別れられてしまう、と考えてしまうなどの悲観傾向。にN子さんが疑問を感じていたことを自覚していただく。RさんがN子さんに過多にメール されていた原因がRさん自身がご自分に自信がないことからN子さんが他の男性に意識を向けると疑ったり警戒していたことと、N子さんへの強い独占浴(所有 意識・過信)が原因と断定し、問題点を提示する。この問題については2ヶ月くらいをかけて取り組んでいただくこととなる。

冷却の2ヶ月が過ぎてから、相手を話題の中心に置いた短文でのメールでの伝 達送信を再開していただく。返答はあるが深い話しに至れないままの状態。

クリスマスの3W前にクリスマスを一緒に過ごしたい提案をする。会食は適う が会食後にN子さんは翌日の朝が早いことを理由に帰宅されてしまい、話が少ししかできない状態。

年始・バレンタインと会えない時期が続く。

4月になり、以前の課題での取り組みで考えていただいた有意義についての話 題に触れていただくこととなり、そのやり取りからGW期間中のデートが実現する。そのデートで今までのお互いの心の溝を埋めていただく会話ができ、その後 は円滑なやり取りができるようになる。

注意事項厳守で1ヶ月ほど様子を見ていただいていたが、6月、N子さんから デートの帰りに交際の再開について言ってもらえ交際を再開される。

※プライバシー保護のために一部表記を伏せます。

 

復活愛


アドバイスまでの流れ

 
仲良く過ごす

 幸せへ

やり直したい元カノ視点からご自分を見つめていただき
相手の心に向き合うアドバイス 
別れた後のメールは過度な長い文章や重たい責める言葉は厳禁。

女性心理を考慮する。別れた後、すがらない、長文を送らないこと!
(ご相談に関して個人情報厳守、プライバシーは保護いたします)

このサイトに掲載されているエピソードはすべて依頼者の許可 を得て記載しています。

相談無料

 メール相談

フォームからの送信ができない場合、
ご相談を希望される方はask@fukuen.jpまで、ご相談内容を明記でお願いいたします。



復活愛で結婚恋人と結婚


有料相談着手後は24h体制の緊急電話・メール対応で完全なサポート


お問い合わせ:090-6519-1413

AM8: 30からAM3:00


問い合わせ

難易度 について

仲直り のための浮気チェック判定

ご相談に関する注意事項とお約束事項
復活愛



女性の心理
Copyright (C) 2016. All Rights Reserved.