振った後悔をさせる恋愛の心理作戦

復縁専科













ホーム成功事例恋愛事例男性 →振った後悔をさせる心理作戦

別れた彼女との復縁成功事例の紹介

心理学で適えます

振った後悔の法則、無視したい気持ちを読んだアドバイス


メールの例文を紹介

心理作戦の具体策


振った彼女に後悔をさせる復縁への心理作戦

男性から女性への復縁アプローチ

期間:2011年3月相談3月着手、 12年2月復縁

依頼者:Tさん(男性31歳・会社 員)

相手:S子さん(女性・27歳・会社 員)

難易度E (相談時はコンタクト困難の状態) 

費用36万円

Tさんの意思により、他の復縁に悩まれている方に勇気を与えられるのであればとのことで、

このTさんのエピソードを復縁事例紹介に掲載いたします。

 

Tさんはこのご相談の2年ほど前にお仕事の関係で知り合われたS子さんと交 際を開始され、すぐにTさんがS子さんとの結婚を意識するようになられ、交際から1年が経過し、11年年始の時期に、S子さんに正式にプロポーズをされた そうである。これから結婚を前提にお互いの親に紹介する等してすぐに同居をしたい、等時期も含めた結婚の申し込みの提案をされたところ、S子さんから きちんとしたお返事がもらえないまま、メールへの返答も少なくなり、1ヶ月ほど会えない状態が続いたそうである。3月になり、ようやくS子さんに会え、話 ができた時にS子さんから、まだ自分には子育てとか主婦になる前にやりたい仕事があり、このまま結婚してしまって自分は良いのか迷っている、結婚を急いで いることはわかるけど、私の気持ちがわかってもらえていないことが苦しい、結婚をするくらいあなたのことが本当に好きかどうか考えたいからしばらく距離を 置きたいとの言い方で別れを切り出されてしまったそうである。
別れを言われたことについてTさんは相当に焦りを感じてしまい、S子さんに他に好きな男性がいるのではないか、会えなかったこの2ヶ月くらいの期間で浮気 をしていたのではないか、という疑心が起きてしまわれ、S子さんに無断でS子さんの友人(Tさんとの直接の面識は2,3回、偶然に飲食店で居合わせる等 で顔を合わせた程度)に直接の連絡を入れてしまわれたそうである。(友人の名前や勤務先はS子さんから聞いていたが連絡先アドレスがわからなかったためイ ンターネットの媒体を利用し、直接の連絡をされたそうである)実際にS子さんの友人と会われて、S子さんから先日、急に一方的な別れを言われた、何か聞い ていないか、等の疑心を相当に声にされたそうである。ところがその友人がすぐにS子さんにTさんから突然の連絡があり、会って話したら、質問攻めに遭っ たという報告をされてしまい、S子さんは気分を悪くされ、電話で強い抗議をされて来たそうである。しかしその電話でTさんが別れたくないという留意を繰り 返してしまったためS子さんを激怒させてしまい、二度と関わらないで欲しい、ということを言われてしまったそうである。

当方にメールで相談をいただく。今後しばらくは一方的なメール、電話、彼女や彼女の友人のブログ等のインターネット媒体へのコメント投稿の記載、友人へ の連絡等は控えるよう指示をする。

TさんにS子さんと知り合われて以降の恋愛の経緯詳細、S子さんの恋愛の優 先度、共有できていた価値観や意思確認のことも含めた結婚についての話し合い経過、プロポーズの際に別れ話を切り出された会話の詳細と様子、等交際の詳 細をお聞きし、別れ話以降の留意で一方的に送っていた呼び掛けのメールについての内容、友人との会話詳細、最後の通話での抗議内容の状況の整理をする。

彼女がTさんの思いやりに欠ける面、何事も自分の考えを押し付けてしまい、結論を急いだり強要する面をS子さんが不安に感じてしまうことが結婚の申し込み をされて別れを選択させ、切り出させた原因と断定し、謝罪伝達を前提に取り組みをしていただくことになる。

14項目のチェックシートとお二人の恋愛に対する心の温度差と彼女の人格分析についての40項目のチェックシートや彼女の言葉の原文の分析等から、Tさ んの胸中を言えずに自己判断の思い込みで相手の考えをわかったと思い込んでしまう性格面、つまり相手との会話不足や相手の本当の気持ちの理解不足等、意 思確認の少なさ、プロポーズへの焦り、成婚後は彼女に専業主婦になってもらいたい、すぐに子供が欲しいと発言し、仕事を頑張っている彼女の気持ちをまった く考えていない尊重の不足等の問題点を提示する。
実際、S子さんは、この恋愛の終結についてTさんがプロポーズを具体的に声にしたことをきっかけに意思表示しただけであり、実際は交際から3ヶ月程度でT さんの押しに流され、6ヶ月が経過した時点で性格の不一致を実感し、別れを考えるようになられていたこと等が判明する。Tさんがプロポーズをしてから異 変が起きたように錯覚をさせられていただけであり、S子さんが自分の友人にTさんを会わせないようにしたり、友達についての話題を出さなくなった時期が交 際から6ヶ月が過ぎた時点であった。つまりTさんと深く関わることをためらい、別れるだろう、別れたら、別れたいと切り出したら、という関わりを今以上に 深めない用心(Tさんの性格を見て、別れを切り出せば、知人友人を巻き込んだ揉め事になることを怯えた)と別れを切り出すタイミングの画策に入っていたと 断定し提示する。


現状、Tさんが強引に彼女の友人に相談をしてしまわれたことで心象が悪化したままで、Tさんから彼女への直接コンタクトでは、無視かもう連絡して来ないで 下さい、のような拒絶回答以外が想定できない悪化状態と判断し、箇条書きでTさんと彼女S子さんを取り巻く人間関係の相関図を文字で書いていただく。 TさんとS子さんを取り巻く人間関係の一覧を作成していただく。共通知人ABCD,等の先々の仲裁や代理での伝達、彼女の考え等確認の際に間に入って いただける人がいるのかを検討することが作成の目的)お二人がお仕事で知り合われているが、そのお仕事とは現在Tさんが勤務している会社の違う部署にTさ んが配置されていた時期に彼女が現在も勤務されている会社が出入りがあり接点があったため、今も関わりがある二人の共通の知人はAさん(Tさんの勤務して いる会社の先輩の女性)1人で、Tさんと面識以上の関わりがあった彼女の会社の人は3人(女性0、男性3人)Tさんと彼女の交際を知っている人は事実上0 人と断定できる図となる。現在も出入りされている彼女の同僚のB子さん(彼女の後任)がAさんと親しいことがわかり、この二人が先々でコンタクト回復で大 きな鍵を握られていること等は把握できる状態であった。
交際開始以降、お互いの友人を交えてのデートもなく、偶然に飲食店に居合わせる等がない限り友人との接点も少なったこと等、知り合ったきっかけが取引 関係、職場ということもあり、幅の狭い図となってしまう。
慎重に分析をした結果、相関図の中ではAさんB子さん以外にすぐに仲裁を頼める人間関係が存在しないことが判明するが、この時点ではAさんには事実と経緯 を打ち明け、先々、彼女にそれとなく話して欲しいこと等をお願いするように指示をする。

心の温度差のチェックシート回答を基に彼女S子さんの詳細の人格分析を行う。S子 さんの人格・心理分析の結果、これまでのS子さんとの交際経緯、会話の内容、メールのやり取りのデータ、Tさんからのプロポーズで急に態度を変えた彼女の 言えずにいたことや結婚・交際についての考え方を分析し、これまでの交際期間で考え方の面で彼女が小さな不安や不満を随時、Tさんに話してくれていたが、 いつも自分本位な聞き方をしていたTさんがS子さんの気持ちを受け止められず、聞き流していたと断定。
性格の不一致を実感したこと、自分勝手でプライドの高いTさんの性格が心の重荷と感じていたり、今まで別れを切り出せずにいたことが急な異変の理由と断定 をする。非の自覚課題に取り組んでいただき、回答をしていただく。課題回答から彼女に謝りたいこと、特に無断で友人に連絡をしたり、浮気を疑った問題等 謝罪文章を作成していただき、彼女に送信をしていただく。送信から2日程度が経過してから返答があり、もう関わるのも嫌です、精神的にしつこく追求された り結婚を断ったことで悪者扱いされたこと、浮気を疑われそれを友人に話されたことについての不信感等が長文で記載された抗議の返答を得ることとなる。
課題で自覚されたことを静観(最低2ヶ月の冷却期間)前にS子さんに抗議返答についての謝罪文面としてメールしていただき、以降は憶測での焦りからのメー ルや電話等の連絡を控えていただくよう指示し、彼女の視点から見て、優しくない、安心できない、言い分をちゃんと聞き入れてくれない、自己中心的、等 短所と思わせている面を反省しし、思いやりに関する課題を通じて彼女の気持ちを理解する意味できちんと自身の非を自覚いただくことになる。

復縁のために冷却期間2ヶ月を指示する。
知人で同じ会社のAさんに事実を相談していただくこととする。
この先、Aさん経由でS子さんの先輩や同僚、S子さんへのコンタクトを図り、AさんからS子さんの近況、言い分を探る方法を指示する。
実際に介入による対話回復の方向で動く前に、最後の彼女からの返答の抗議の文面から察したTさん自身の非の自覚を課題形式で考えていただき、お二人 の交際の経緯、彼女の不安等気持ちの理解不足についての設問を考えていただき、二人の心の温度差についての分析を行う。
つまりAさんへの事情説明から仲裁をお願いする話しの段階できちんとした公平な経緯説明ができるよう言い方を考える基となる経緯説明を考える前提で非の自 覚を作文していただく。Aさんに事情を詳しく話す。しかし会社と会社の関係、特に出入りの業者さんの社員とのそのような交際、恋愛という事実を聞いて相当 にAさんからはお説教のような忠告をされることとなるが、根気良く何度か話していただき理解を得る。

Tさんに今、S子さんが抗議文面で返答して来た理由と気持ち、交際から6ヶ月以降は常に別れを切り出すタイミングを待っていたこと、やり直したいという話 も含めた謝罪を伝えたくても、関わることを極端に避ける気持ち、別れ話もメールで済まされてしまいきちんと話し合いに応じられない理由、別れを切り出して 以降、言えずにいたことを長文の抗議文章に列記してしまう攻撃性やこれからも関わりを避けようとする警戒心の理解について、22項目の心の温度差について の課題を通じて理解をしていただく。


2ヶ月の冷却の期間が終わり、知人で同じ会社の女性Aさんに頼み、仲裁をお願いするがS子さんがここ最近、会社への出入りがなく、仕方なくS子さんの会社 の同僚の女性B子さんにS子さんの近況を尋ねていただく。S子さんが社内でのポジションが昇格され、現在は内勤をされていること等を知ることができる。 Aさんの判断とそれまでの両社の関わり方慣例からAさんの提案でS子さんの昇進祝いの会食(飲み会)を企画提案することとなられ、S子さんの会社から出入 りされているB子さんと3人の男性に話していただきTさんも同席の許可を得られて会食参加が実現する。
しかし、会食ではS子さんがTさんを避けるような雰囲気のまま挨拶くらいの話しかできず終わってしまう。ただしここで彼女からの警戒が相当に軽減できた様 子で、気まずさはあまり感じられない様子であった。


その会食からAさんが何度かS子さんとメールをされたり個人的に何人かで飲みに行ってくれたりと近況の把握等に協力をしてくれることになる。
1ヶ月くらいが経過してから、S子さんからAさんに話があり、Tさんと半年くらいお付き合いをしていたが、性格が合わなくて疲れてしまい、別れたいと話し たら、相当に責められたり何度も謝罪のメールを送って来られて疲れたとの話しを聞くことができたそうである。Aさんから踏み込んで話していただくと彼女は Tさんとの別れ話の問題で相当に疲労されていた、気まずいというより怯えたり呆れている様子がわかる答えであったそうだ。昇進し目標としていた仕事ができ る人事移動が近々社内であり、S子さんが本当に仕事優先の考えで、すぐの結婚や出産、離職して専業主婦になるは考えていなかったこと等のS子さんの仕事 への情熱と胸中の事情を知ることができる。

課題での自覚事項とAさん経由で聞いたS子さんの考えを理解していただき、次に会えた時にどう謝罪し話しをするかについて文章を文章を作成していただき、 課題に取り組んでいただく。
今後のアプローチについての問題点を提示し、当面は静観をしながらAさん経由でのコンタクト回復という方法のみでアプローチをする方針等を決める。
しばらく静観を指示する。再度1ヶ月の冷却の期間を置く。冷却期間が終わり、AさんからS子さんにTさん同席ではあるが飲みませんか?という誘いをしてい ただき、3人での面会が実現する。尊重できなかったことやいつも強引な接し方ばかりで困らせていた謝罪や別れを伝えられてから疑ってばかりいた理由説明等をしていただくが、S子さんからはもう気にしていません、終わったことです。それぞれお互いにこの先を頑張りましょうねと言われてしまう。再度時期未定 で冷却期間を指示する。

冷却期間の時間で非の自覚を冷静にレポート形式の作文を通じて行う。相手の気持ちを察することなく一方的に相手に要求を向けたり、相手の発言を最後まで聞 いて理解する思いやりに欠けた面、お互いの時間の共有の際に相手も有意義な時間であったかを考えたことがあったのか、一番は成婚への考え方について話し合 い不足のまま強引なプロポーズをされ、離職や専業主婦になって欲しいとの話しをされたこと、きちんとS子さんの気持ちを確かめず自己解釈で相手を尊重せず に進展についてについて焦ってしまわれたこと、結婚を申し込めばS子さんが快諾してくれるだろうと思い込みがあったこと等、恋愛の歩幅に無理がなかった か、等非をきちんと考えていただく。
Aさん経由での伝達をAさんの心の負担や両社で問題になることを懸念し、一旦休止として、Tさんから直接、S子さんに会って話したいことがあります。ご都 合に合わせるので会って下さい。とのメール伝達をしていただく。
S子さんからの返答はすべて敬語で、今は仕事に集中したいことを理由に会えないとの回答に至る。

S子さんがこの先、AさんやTさんからの誘いに気まずい気分にならずに、向 き合える方法を課題で考えていただく。
Tさんの強引な態度、思考に対して相当な苦手意識があり、プロポーズを断って別れを切り出して以降のTさんについて許せないとの怒りや嫌悪感があるはずだ が、先々、謝り、S子さんがTさんについて、しつこい、自分勝手な人と警戒したり軽視で接したり、避けたり、怯えたい気持ちを持たず、安心してS子さんが Tさんと接してくれる自分について考えていただき、文章で提示していただく。
メールでS子さんに対して普段の会話以上に一方的で上から目線等決めつけの言葉で強いリードをしていた傾向や別れを言われて以降、留意した電話やメー ル、無断でのS子さんの友人への接触等S子さんが感じた嫌悪感・重荷感について自覚いただくことや相手に安心を与える謝罪・約束について課題としてのレ ポートを通じて考えていただく。

この課題のレポート文面を基にAさんに今までの無理な仲裁のお礼を伝え、直接S子さんに対して謝罪や話し合いの呼びかけを通じて安心を与え、向き合うこと についての安心の伝達や対話に向けてのやり取りを想定しての謝罪対話の復縁マニュアルの作成を開始する。

回答内容から期限未設定の冷却の期間を1ヶ月で終了とし、メールにて今まで 何度もしつこく連絡をしている謝罪と理由説明、結婚の申し込みが強引で話し合い不足であったり急ぎ過ぎたこと、仕事を大事にされていることへの理解不足で 気持ちを察しなかったこと、聞く態度ではなかったこと、聞き上手になれなかった謝罪、ちゃんと気持ちを確かめてあげられなかったこと、無断で友人に会って 浮気を疑うような話し(被害者意識での相談)をしてしまったこと。思いやりのなさの後悔と今後、約束できることを謝罪と併せてメールで送信する。
送信から1週間以上が経過してから応答があり、お気持ちはわかりましたが期待されても迷惑ですので、との理由で面会は断られてしまう。
しかし、そのメール返答の前にS子さんがAさんにどう断れば諦めてもらえそうか、等の相談をしていたことがAさんからの話で判明する。会ってあげてもい いが、会うと絶対にまた付き合って欲しいと言われるのが重い、断るのも気まずいし、断らないと気持ちが向いていないまま何度会っても無駄だと思っていて、 そういう状態でお会いするのも傷つけてしまうから失礼だし、との迷いを何度も声にされていたそうである。A さんとじっくり話しをしていただく。
Aさんの進言で彼女の同僚のB子さんを交えて話しをした方が良いとの意見になる。
再度、B子さんを交えての会食をされる。
B子さんから聞いたS子さんの気持ちとしては、お付き合いするだけならいいが、すぐに結婚とか同居と言われるのがプレッシャーに感じてしまう、Tさんは悪 い人ではないと思うが、何でも自己判断しすぐに実行しようとするせっかちさと負けず嫌いな面があり、その性格が嫌い、自己中過ぎたり配慮できていない幼稚 さとかが頼れない、信用できないと感じてしまう、との話しをしていたことを知ることができる。この不満や不安についての考えを聞いたことにより、再度、無 期限の冷却の時間が必要と判断し、Aさん、B子さんへの負担も考慮し、二人にも彼女へのTさんのことについての話題を振ることを当面は保留をお願いしてい ただく。B子さんからお聞きしました、今はこういう考えです、との内容でS子さんにメールをしていただき、当面は、自分でも静かに考えたいことを伝えてい ただく。返答があるがすべて敬語での距離感のある過去形の言葉の目立った冷たい大人の回答であった。再度、期限未定の冷却の期間を指示する。
その後4ヶ月くらいが経過し、AさんからTさんに話しがあり、彼女の会社の方々と 12月に恒例の忘年会を行うことになったので参加して欲しいとのことである。
忘年会では本当に何事もなかったかのような様子であった。二次会では人数が少なくなり、周囲の配慮もあり、TさんとS子さんの二人だけでバーで飲みながら 話せるチャンスチャンスが得られる。
以前に作成した注意事項厳守で蒸し返しや過度な謝罪は控え、近況を聞いたり、S子さんの仕事への意欲の話等を有意義に聞き上手の姿勢で聞いていただく。


年始のメールのやり取りも普通に往復ができる。
1月の上旬の週末の夜、それぞれの職場での新年会の後、S子さんから突然にAさんに連絡があり、終電を逃したので、まだそちらが付近でしたらB子と合流 してもいいですか?との内容であった。
そのまま合流をされ、Tさんの同僚の男性も加わり5人で明け方まで始発待ちでカラオケに行かれる等されたそうである。その際に注意事項厳守で彼女と1: 1の話しを無理に試みないよう周囲に協調するよう接していただく。
週明け、Tさんから直接、S子さんに週末のお礼と二日酔い等の心配についてメールを入れていただく。そのメールにすぐに返答があり、やり取りから会食が 実現する。 安心の伝達の意味で彼女の言い分を良く聞く、彼女を話題の中心にした会話を心掛けていただく。その会食の後、何通かのメールのやり取りをされる。(注意事 項」厳守)
その後、週に一度程度の会食が継続的に実現する。結婚のことはS子 さんの仕事の目標がクリアできてもそういう気分になってもらうまでは考えず、気楽に会って何でも話せるお友達としての関係でお付き合いを続けたいことを重 たくならない言い方で伝えていただく。彼女に結婚の期待のことで重荷感を感じさ せない接し方、リードの面で苦手意識を感じさせず、気まずい別れ話のことについて蒸し返さず安心ができて有意義(楽しい)と感じさせる聞き上手の姿勢での 向き合い方を優先していただく。今後もAさんやB子さんを含めた大切な周囲の方々への感謝や協調、人の輪を大切にしていただくよう指示する。彼女との向き合い方のマニュアルを厳守し、会話をしたりデートをしながらS子さんが以前のプロポーズの期待に応え られなかった重荷のことで心配をさせず、Tさんとの交際継続について安心をしてくれる時を待っていただく。

それから2週間程度が経過した12年2月14日の深夜、会食の帰りに駅まで 一緒に歩かれていたときにS子さんからチョコを渡され、その際に以前のようなお付き合いから始めたいこと(保留にしていた交際の再開について)お返事がい ただけ交際を再開され復縁をされる。

※プライバシー保護のために一部表記を伏せます。

復活愛


相談の手順

 仲良く過ごす

幸せへ

やり直したい相手の視点からご自分を見つめていただき
相手の心に向き合うアドバイス 
別れた後のメールは過度な長い文章や重たい責める言葉は厳禁。

メールでしつこくしない。別れた後、復縁への近道は長文を送らないこと!
未来を見据えて


(ご相談に関して個 人情報厳守、プライバシーは保護いたします)

このサイトに掲載されているエピソードはすべて依頼者の許可 を得て記載しています。


相談無料

  復縁メール相談

ご相談を希望される方はask@fukuen.jpまで、内容を明記でお願いいたします。

問い合わせ



復活愛で結婚恋人と結婚


有料相談着手後は24h体制の緊急電話・メール対応で完全なサポート


お問い合わせ:090-6519-1413

AM8: 30からAM3:00

難易度について



浮気チェック判定

ご相談に関する注意事項とお約束事項
復活愛
後悔と失恋

Copyright (C) 2016. All Rights Reserved.