復縁専科

生理的嫌悪を与えた後に連絡する方法













ホーム成功事例恋愛男性 →生理的嫌悪

復縁工作失敗後の成功

復縁工作で失敗してから心理学による復縁成功事例の紹介

【他社・業者様による失敗後に弊社が心理学の方法で成功させた事例】

正直な謝罪で復活愛
事例の一覧の中 でこの失敗後の事例は最も難しい状態からの成功案件です。

別れた恋人や離婚危機のご夫婦の関係改善のための心理分析。
この事例は相手の心理分析を継続的に行うことで相手の感じた別れたいという別れの起因、
理由を軽減し、再度、恋愛の意識を向けてくれるようになるという心と心を心理分析で分かり合えるように、
お互いが苦手意識や敵意を軽減をする心理学のことです。
介在と異なります。心理学だから相手の気持ちが理解できてスムーズな対話を実現した成功例!
男性心理を考察する

生理的嫌悪で失敗後の事例、心理学による成功例

願いを心理学で叶えます
男性から女性へのアプローチ成功の復縁事例

事例掲載を条件にアドバイスを開始

期間:2004年9月相談、05年1月着手、05年11月復縁を完了

依頼者:D男さん(男性27歳・会社員)

相手:K美さん(女性・25歳・OL)

難易度J  費用8万円(ご事情があり事例記載を条件にお値引き)

D男さんの意思により、他の悩まれている方に勇気を与えられるのであればとのことで、

このエピソードをこの事例の紹介に掲載いたします。

 

D男さんとK美さんは3年前に趣味の共通の知人を通じて知り合い、交際を開始する。

平日に仕事が終わってから夕食を一緒にしたり、週末や休日などは必ず一緒に過ごす親密な お付き合いをしていた。

D男さんからK美さんに結婚の話をして、それが了承してもらえ、お互いに結婚を視野に入 れたお付き合いに進展。

お互いの両親に挨拶に行こう、婚約をしようと話が進んでいたはずだったが、

しかし突然、K美さんから「なんとなくこれでいいのかわからなくなった」と交際の中断、 別れ話を言われる。

これまで大きな喧嘩や別れ話もなく、別れたいと言われている理由が理解できずD男さんは 驚いてパニック状態に陥る。

激しい引き止めの対話をするが、疲れたと言われ帰宅されてしまう。

K美から「また連絡するから、もうあなたからは連絡しないで、部屋の荷物は今度、整理に 行くから」との最後の言葉を電話言われる。

その話の後、何通もメールをするが応答がない。

翌朝もD男さんはK美さんにメールをするが1時間待っても返事がない。夕方、再度メール を入れ、

不安になり何度か携帯にデンワをするが出ない。留守電にメッセージを残し、数回、深夜ま でメール、デンワをするが無視。

深夜、携帯デンワが着信拒否設定に陥る。メールは送信できるが応答がない。翌朝はメール もエラーになり戻る。

会社の電話からK美さんの携帯にデンワをかけつづけるが、翌日、携帯も番号を変えられて しまう。

K美さんは家族と同居だが、D男さんは困り果てその日の夜に自宅に電話を入れてしまう。 本人に取り次いでもらえない。

その直後に当方の事例をサイトで読まれ、工作への疑問と工作で成功できなかったことを理 由に心理学によるサポートを目的に当方 に相談。

彼女への電話、工作のような待ち伏せる行為(ストーカー行為)、自宅への強引な訪問、会 社への電話など、これ以上のコンタクト を冷却の意味でしばらく控えるよう指示。

また共通の知人・友人に相談や工作のことも含めて失恋の愚痴は厳禁との指示をする。

しかし、D男さんはこの指示、工作ではないアドバイスを納得できないと当方への相談を中 断され、工作をするために他の復縁工作 会社に依頼をされた。

4ヵ月後、D男さんから当方に再度、メールで工作の依頼の相談が来る。工作できないこと をお答えするが工作がしたいと納得していただけず面会しくわしく事情をお聞きす る。

工作で彼女と面会・対話が適いました、とのこと。

新しい携帯番号や別れてからの気持ち、近況も工作会社の工作のおかげで知れたとのこと。

しかし面会の後、K美さんとしばらくデンワやメールでコンタクトをしていたが交際再開の 返事はもらえず、

結論として理由もきちんと聞けないまま、工作で適えたコンタクトが途絶えてしまったとの こと。

D男さんからの話、彼女からのメール、別れ話しに至る2ヶ月くらい前からの記憶にある彼 女からの言葉の原文から心理分析を開始。

次にコンタクト再開後の彼女からの言葉や様子を原文から心理分析をする。

まずK美さんの別れの心理を分析しやり直す意欲など相手の気持ちを検討。

K美さんに結婚についての不安の心理があり、D男さんのリードや決め付けの発言がK美さ んの心の重荷となっていたと判明する。

K美さんの気持ちをあまり考えず、自己中心的で自分はK美さんに好かれていると思い込ん だ過信や

K美さんを自分の所有物と思い込んだ言動がK美さんが結婚への不安を感じた理由と断定。

さらに、心理学により別れ話以降のD男さんの言動がK美さんのD男さんへの苦手意識 になってしまったと推測。

D男さんの言葉数が多く、K美さんの断りの言葉にさえ、クドクドと多くの言葉で押してし まったために

拒絶意思を強くさせてしまっていた。復縁心理学による別れの心理についての分析を提示す る。

さらには別れ話以降に共通の友人に相当な相談や仲裁、留意協力を話されたために屈折して K美さんに伝わったことも多いと推測。

まだK美さんにD男さんへの愛情があるかどうかを判定するが、愛情がほとんど残っていな いと判明する。

D男さんの問題点、反省すべきことを提示する。事例に掲載を条件でアドバイスを具体 的に開始する。

「本当にごめんなさい。あなたの気持ちについてしばらく冷静に考えますね」

とのメッセージを手紙に書いて、封書にてK美さんの自宅に郵送し、仲裁の業者さんに頼ってしまう弱いD男さんの自己改革の期間に入る。 

この冷却期間でD男さんの工作など強い支配欲と自信のなさ、恋愛、愛する考え方、行動、 言葉がK美さんの苦手意識になったことを反省い ただくなど自己改革を開始する。

内容としては、D男さんに彼女の視点から見たご自分を考え、レポートいただく形式でK美 さんの気持ちを考えることから始める。

次に、K美さんに謝ること、謝らなければならないこと、謝るべきこと、謝りたいことを考 えていただく、

謝ることを考えることで、どうすればK美さんが安心をするのか、対話を苦手と思わせた理 由について考えて、

思いやり、与えられる愛情など気持ちの整理や自身の感情コントロールについて自己改革い ただけるようアドバイスをする。

心構えについて当方の掲載の事例を良く読んでいただき非の自覚についてレポートを書 いていただく。

次に伝えるべきことを要点からクドくならず明朗に伝達する練習を開始する。 

1ヵ月後、K美さんに謝るべきこと、安心させられる約束、謝罪の言葉を手紙で送るが生理的嫌悪の影響や過度な引き留めで嫌悪があり返事はない。

2週間後、再度、面会をお願いする手紙を送ると、数日後、電話が来て、「そっとしておい て」と拒絶意思を伝達される。

K美さんの苦手意識やD男さんへの嫌悪感の予想を上回る深さがこの回答から推測。 

交際期間中、いかにつらいことが多かったとも推測はできるが、K美さんが楽しい、幸せと 感じたことについて考える。

また、共通の知人に別れ話以降にD男さんが相談や愚痴を言われたことを再検証する。

工作の期間の詳細についてやその際のK美さんからの言葉をくわしくお聞きし、心理分析を 行う。

再度、D男さんが相手の気持ちを大切に交際が継続できるよう思いやり、発言、態度につい て明朗さを得られるようアドバイスを継続。

3ヶ月後、

「あなたが僕の幼稚で自分勝手なところを嫌になった気持ちにがわかった気がする、わかっ てあげられなくてごめんなさい。

今ならちゃんと謝れる気がします。」とのメッセージを郵送する。(心理学では通常は 手紙郵送はいたしません)

週末の夜にK美さんから当たらしアドレスから携帯にメールが来る。

「もう終わったことです。今更謝られても困ります。郵便だと親が心配するから言いたいこ とがあるならメールでお願い」との内容。

やや安心が伝わり、対話意思が出てきたと判断。

「ありがとう、別れたいって言われて許せない、別れたくないって自分勝手だったね、ごめ んなさい」

など、数本のメールを往復させ、「よく考えてメールするね」で締め、2週間の冷却期間を 置く。

この時間でD男さんから彼女に約束できることをじっくり検討する。

なぜ、これまでの対話拒否の理由は今までの話し合いの中でK美さんが悪者になりたくない 気持ちからの

対話の逃避心理や放棄の心理が原因であり、そう追い詰めたのがD男さんの過剰な言葉と推 測する。

この時間で別れに至るまでにK美さんに蓄積させた不安を検証する。別れたからの不安や恐 怖感、重荷感について

謝るべきことをじっくり考える。

自己改革で彼女への与えられる愛情、尽くす愛情、K美さんへの安心を与える言葉と行動に ついて考えていただく。

しかし冷却期間途中の1週間後に彼女からメールが来る。

「なんとなく、この前言われたことわかる気がする」との内容。

当方の指示がなくても普通に対話が出来るアドバイスは済んでいたので、伝えるべきことな ど注意点厳守でメールを往復。

2週間後、再度、D男さんから面会を求めるメールを送信頂き、面会が実現する。

D男さんには当方と冷却期間中に作成した対話へのマニュアル、禁句集に添って会話してい ただ く。

この面会で謝るべきことや伝えられる安心については伝達ができる。工作とは異なる考え方 です。

その後、翌週末にK美さんからメールがあり、

「この前の会えて話せてよかった。また会っても大丈夫かなと思えてきた。もし良かったら 時間があるときに○○に行かない?」との内容。

自己改革で習得したこと、復縁工作を考えてしまわれるような支配欲を反省していただく。

相手の気持ちを優先した会話を条件に面会継続。心理学によ るアプローチや対話が成功する。

週末、お二人は面会され、楽しい1日を過ごされる。その翌週から以前のように交際を再開 される。

しかし心理学の効果でD男さんの目標は婚約状態までの回復。

対話が適い、面会が再開してから5ヶ月が経過した11月、K美さんから結婚承諾の回答があり、
完了し工作失敗後の事例として掲載の許可を得る。

 


心理学

生理的な嫌悪を与えて失敗してもやり直せる。

やり直したい、仲直りをしたい相手の視点から
ご自分を見つめていただき相手の心に向き合う心理学によるアドバイス
運営理念について


モバイルページ

(ご相談に関して個人情報厳守、プライバシーは保護い たします)

 このサイトに掲載されている事例はすべて依頼者の許可を得 て記載しています。

有料相談着手後は24h体制の緊急電話・メール対応で完全サポート 


  お問い合わせ090 -6519-1413通知でおかけ下さい)

(受付時間AM8:30からAM3:00)


相談無料


秘密厳守
フォームからの送信ができない場合、
ご相談を希望される方はask@fukuen.jpまで

、ご相談内容を明記でお願いいたします。

心理学による方法はあなた自身が相手と向き合い方法です。相手の気持ちを思いやる心のゆとりが大切です。

難易度につい て




仲直りのための浮気 チェック判定

願いを実現
心理学による心理分析だから別れた相手の気持ちが理解できる!成婚を叶える。

10年後もあなたと相手が幸せであるための心理学です。

Copyright (C) 2016. All Rights Reserved.