別居後の離婚率の統計・修復できるまでの期間と再構築する夫婦の特徴

別居後の夫婦の離婚率について30%以下です。1993年年から2022年7月末までの離婚率データ:無料相談で結論までご報告いただけた案件の統計です。つまり別居をしたご夫婦の70%以上が離婚せずに再同居に至っています。

 

別居はお互いに気持ちをクールダウンする期間と考えて下さい。

円満な家族

別居後に離婚した夫婦の統計の率は30%以下

別居をした夫婦が実際に離婚を選択する離婚率が低い理由があります。別居をしても離婚を決断できずに考え直されて再同居する判断に至られているのです。

 

住居や離婚後の生活、子供のこと、それぞれの両親の近い将来の介護の心配、世間体などが離婚を思い留った主な理由です。

 

 

別居後に離婚する率

離婚率の低さは生活費や子どもための我慢が理由

結婚生活について何らかの夫婦間の気持ちの問題による離婚も視野に入れた別居問題の相談です。一緒に暮らすことについて困難と感じて別々で夫婦が暮らす選択をした理由は?

 

別居後に離婚を本当に思い留まり修復されるご夫婦の率が高いことがわかります。

 

幸せな家庭

別居から離婚までの期間の平均は3年

別居から離婚までの期間の平均は3年と言われています。別居しても離婚せずにやり直せる夫婦の場合は6か月以内で再同居に至られるケースが多いのです。

 

離婚前に準備として別居して同居解消を優先する男性は多い様です。別居を強く求めたり一方的に家を出る夫の目的は有利に離婚しようとしています。家を出る、別居の交渉を優先するのは離婚を急ぐ心理行動なのです。

 

離婚の準備で別居された場合、転居は離婚準備ではない、夫婦の破綻と調停で主張したい画策があります。家庭の居心地が悪い、会話が無い、愛情を感じないなど性格の不一致が理由で苦渋の選択で別居するしかない状況まで関係が冷めていたと言いたい離婚準備のための作戦なのです。

 

 

関連記事:離婚の話し合いができない?夫・妻と別居して進まない場合の対処法

 

夫が離婚準備で別居を考えた

別居期間3年から7年が離婚成立までの平均

別居から離婚成立までの期間の平均は3年と言われています。当方、復縁専科でお聞きするご相談でも別居期間が長期化して2年以上で3年から7年離婚に至られてしまうご夫婦が多いのです。離婚裁判で別居期間が3年から7年のご夫婦では婚姻破綻が認められてしまうケースがあることや別居後の離婚調停が不成立になっても離婚訴訟を起こされたことがきっかけで裁判費用の負担を考えて離婚に応じる決断をされる方が多いのです。

 

夫が家を出て別居してから離婚すると言われたら?絶対に意地にならず無視をせず、避けずに向き合って話をする必要があります。別居後の調停を経ても3年以内で離婚が成立してしまう夫婦が多いのです。

 

 

別居した夫婦がお互いに離婚することを決断することになるまでの期間は1年以内が平均です。1年以内に90%以上の別居夫婦が同居を再開しています。

 

これまでにご相談いただいた別居や離婚寸前の状態に陥られた夫婦が1年以内の期間で離婚を決断して別れるケースは5%以下です。

 

別居から1年以内の弁護士を入れて離婚前提の協議したり調停など係争をされて離婚に至るケースも5%以下です。係争(離婚調停や離婚裁判)で拗れた場合やお子さんがいる夫婦の場合は婚姻年数が長い方を除き別居から離婚までんも平均期間は2年から2年3ヶ月です。

 

 

別居した夫婦が復縁できる、話し合いの方法を詳しく解説しています。

参考:別居から復縁のきっかけは?夫、妻の心理から気持ちを知り離婚を避ける

 

離婚を決断

 

別居後に離婚した夫婦の内訳の率について

①:夫が住まいを出て別居をされたケースの離婚率は586件中89件で 15.2%

 

夫から別居の離婚率

 

内訳:話し合いを6か月以上維持できたケースの離婚率は7.9%

夫の浮気が原因で別居したケースの離婚率は28.1%

別居直後に無視に陥ったケースの離婚率は9%

離婚調停を起こされたケースの離婚率は 9%

夫または妻の両親親族が離婚話しに介入・関与したケースの離婚率 は46.1%

 

 

②:妻が住まいを出て実家に戻られたり単身居住をされたケースの離婚率は 824件中53件で6.4%

 

妻が別居した後の離婚率

 

内訳:話し合いを6か月以上維持できたケースの離婚率は7.5%

別居直後に無視に陥ったケースの離婚率は81.1%

離婚調停を起こされたケースの離婚率は3.8%

夫または妻の両親親族が離婚話しに介入・関与したケースの離婚率 は7.5%

 

 

※男性からのご相談の特徴は早期段階での完了をきっかけに当方との連絡が途切れてしまわれるケースが多く、情報も伏せられることが多く、全件での詳細経緯、推移の集計が不能でした。

 

ご相談の総数は男性からのご相談が若干少なく1200件程度です。

 

 

別居した妻と離婚せずにやり直せた理由がわかります。

関連記事:別居中の妻の心理と気持ちがわかる相談?離婚を避けた夫の対処法

 

 

夫婦の関係が良好

別居期間で離婚を思い留まる夫婦は70%

結婚生活での性格の不一致や不倫が原因の別居後に離婚を避けて修復完了直前の段階でご報告が途切れるケースもございましたが、ほとんどが途中での1か月以内の断念(ご自身のモラハラ行為、暴力DVや浮気が原因であったことや話し合いの初期段階から奥様側の親族が介入、第三者の意見が影響するなど婚費や慰謝料の高騰を警戒されての早期断念)と思われます。

 

 

確率は自分で上げられる

 

離婚せずに仲直りできる可能性を信じて別居婚を選択され婚姻を継続されたケースもございます。

 

 

別居後の夫婦の離婚率は30%以下です。別居後に離婚を思い留まるケースが多いことがわかります。

参考:離婚しないで別居を選択したメリットとは?妻に連絡する内容と頻度を解説

 

 

別居したら結婚記念日を意識しない方がいい理由を解説しています。

参考:別居解消には結婚記念日を意識しない!離婚を避ける前提の連絡方法

 

子どものために離婚しない

別居原因の統計から考える夫婦の性格の不一致

子供がいない夫婦の場合、離婚原因の統計で一番多い不仲の理由は性格の不一致、夫婦喧嘩での暴言・失言が性格が合わない実感を感じさせて修復不能に陥るケースが多いようです。

 

 

別居した後もずっと悔しい気持ちにさせたり不信感を強めてしまいます。一緒に暮らしたくないと思わせていることが原因で修復できる確率が一番低い別居理由なのです。

 

 

 

性格が合わないことが原因で別居された後でやり直せた方法がわかります。

参考:別居したい妻の理由を知る方法について解説?離婚を避ける相談

 

 

子どもが夫婦の仲をつなぐ

離婚率は歩み寄れない夫婦の事情で変わる

夫婦喧嘩がきっかけで離婚前提で家を出たいと言われた場合、別居を引き留めたい理由の説明、意地になっていない安心伝達、同居や婚姻の継続をして離婚はしたくないという意思を伝える、離婚について批難し合うようなバトルをしない、夫婦喧嘩についてちゃんと謝れていない状態では家庭のことについての大事な確認事項や事務連絡以外でメールを送信しない、向き合い方を実践してみませんか?

 

 

 

焦って連絡しない

自身が仕事を優先した家庭生活について反省が必要です。ある程度、別居した後も放置せずに連絡を続けることが大事です。お互いに裁判や離婚調停を避けて夫婦で向き合うことが大事です。

 

 

 

性格の不一致が別居理由の場合の話し合い方を詳しく解説しています。

参考:性格の不一致で離婚したくない?夫婦の価値観の違いの解決方法を解説

 

 

別居した妻と離婚を避けたい場合の修復方法がわかります。

参考:妊娠中の妻と別居?離婚すると言われた後で修復するための対処法

 

 

離婚率が低い理由は育児

別居の原因が浮気なら離婚率が高くなる

浮気が原因で無言のまま別居が起きたり、浮気関連の夫婦間のトラブルなど別居までの経緯で異なりますが、別居後のline無視などの事態が起きた場合は1ヶ月は連絡を控えて静観することが必要になります。浮気を調査する前に本当に浮気が別居の原因なのかを冷静に考えることも大事です。

 

浮気の証拠はないが浮気が怪しいと感じている場合、別居後の連絡のタイミングとlineで伝えることは?自分の近況を伝え、近況を尋ねる短い言葉を送るようにして下さい。ポイントとして浮気を疑っていると感じ取られないように配慮が必要です。

 

妻の女性心理、夫の男性心理を考慮した言葉とは?別居のメリットは敵対するような言い合いを未然に防ぎ気持ちを冷静に落ち着かせられることです。

 

 

妻の浮気が発覚した後の対処について解説しています。

関連記事:妻の浮気チェックリストで見抜いた兆候?行動から不倫を発見する方法

 

 

 

妻に別居された後

浮気が原因で別居された後でlineやメールの文章で感情を衝突させるのは共依存関係の夫婦のように相手を否定する言葉を向けて屈服させることだけが返事をする目的に陥られてしまうリスクもございます。浮気を追及する前に気持ちを察するなど注意が必要です。

 

 

無理に謝り続けない

別居期間半年以内の離婚率は5%以下

結婚生活への不満を聞き取り、具体的に話し合うために冷静に反省することが重要になります。結婚すれば幸せになれると思った、一緒に暮らせない、暮らしたくないと思わせた理由について結婚生活で何が不満で何を許せないのか?

 

 

別居から離婚までの期間の平均とは?

関連記事:別居から離婚までの期間の平均は?一方的に家を出られた場合の対処法

 

 

結婚生活について現実と理想の違いが怒りの原因?信頼できない理由について別居期間の話し合いで聞き取る必要があります。

 

夫婦として離婚せずにもう一度やり直したい、別居期間で感じた後悔などを正直な気持ちを要点から伝える、大事な伝達で駆け引きせずに裏を読まない素直な文面が理想の文面です。早期に話し合いの実現をされたケースでは別居を長期化させずに同居再開に至られています。

 

 

関係が悪化した後の対処法を解説しています。

参考:夫婦関係修復のきっかけとやってはいけないこと?離婚を避けた方法

 

別居しても離婚しない妻

 

妻が結婚生活の同居が耐えられない理由は

夫婦が一緒に暮らせない別居について、夫婦生活、結婚生活での同居について不満を聞き取ることが必要です。不安や不満について聞き取り、話し合いの論点を考える必要があります。早期の同居の回復のために別居開始の状況で無視はしないで下さい。別居後の連絡について無視は冷静な対応とは呼べません。感情的な突き放しを意味してしまいます。

 

 

妻の女性心理を理解した倦怠期が原因の不仲を解決する方法がわかります。

関連記事:結婚3年目の倦怠期を乗り越えた夫婦とは?離婚せずに解決できる方法

 

 

気持ちを押し付けない

離婚準備が目的の別居の場合

別居後に相手の擁立した弁護士以外への連絡ができない状況など事態が離婚準備での無視が起きた場合は焦らずに直接の連絡を控えて様子を見て下さい。

 

 

離婚を本気で決意した夫との向き合い方を解説しています。

参考:別居したいと夫が言い出した?離婚を引き留める言葉を伝えて修復する

 

 

別居後の無視を解決する方法がわかります。

参考:別居中の夫から連絡がない?帰ってこない理由を理解した対処法

 

lineやメールの使用は控え、実家や職場宛に手紙を郵送してはいけません。

 

 

連絡を無視しない

別居後の連絡で離婚率が下がるケースとは?

もし別居してから1週間を経過して話し合いが平行線、返事が得られずに無視の場合は1か月以上の別居になることを想定されて生活費のことを話し合われて下さい。

 

別居の状況として実家以外の場所への転居など賃貸入居などが起きたケースでは3か月以上の別居期間になるケースが多いようです。

 

 

別居した後の手紙で復縁できた方法がわかります。

関連記事:冷めていく夫婦の特徴と共通点?離婚を切り出された後の猶予期間

 

 

 

嫌がる妻にしつこくしない

離婚せずに別居を選択したメリットとデメリット

別居を選択したメリットとデメリットについて多数のご夫婦の別居後の離婚を避けるための取り組みに携わった経験から詳しく解説しています。

 

 

別居を夫婦の冷却期間と考えた修復方法があります。

関連記事:別居中の連絡無視は不利?離婚したい妻の心理を知る方法がわかる相談

 

 

離婚しないメリットを考える

別居のデメリットは会うまで大事な話し合いができない

別居後の話し合いが実現するまで夫婦愛・家族愛など深い大事な話しが切り出せないのです。

 

 

別居が長期化してしまった場合の対処法がわかります。

事例:別居婚の夫婦が離婚に至る確率?一緒に暮らさないメリットとデメリット

 

 

妻が実家依存で別居が長期化した場合の気持ちの伝え方がわかります。

事例:実家依存症の妻が離婚すると言い出した、家出で別居した後で気持ちを伝える方法

 

 

別居を選択された問題の原因はやっぱり元々の性格に不一致や価値観の相違?性格の不一致が離婚したい理由と言われるケースが多いのです。

 

愛情について上手に伝えられずに過信していたり、日常生活で注意をされて言い返すなど知らず知らずの日常的なモラハラと相手が感じるような威圧的な態度?浮気などの不貞行為、夫婦喧嘩で人格否定をする失言を向けた熟年夫婦に多い長年の不満が理由のトラブルやお互いの性格の不一致、育児の価値観の相違など原因は様々です。

 

 

 

夫婦の会話がないことが新婚別居の理由の場合の修復方法がわかります。

関連記事:新婚夫婦が会話なしで話せない理由を解決する?離婚しないための対処法

 

 

別居後の離婚への不安

別居中の離婚率が低い本当の理由とは?

別居を選択した妻、夫に対して話し合いで険悪な事態から不利になったと感じても別居を選択したことについて悪意の遺棄という言葉で責めたり批難しないことが大事です。

 

別居中の離婚率が低く、実際に仲直りされるご夫婦が多い理由は経済的な理由や世間体が大きく関係しています。

 

離婚しないメリットを感じてもらうためには別居を解決してまた同居して一緒に暮らしたいと思っている理由の説明が必要です。別居後に離婚について思い留まらせたい場合は、もし聞き入れたらという仮説で離婚条件について議論を持ち掛けないで下さい。応じないと感じさせたことで実際に調停を申し立てられてしまうリスクがあります。

 

 

別居を切り出された直後はまず二人で気持ちが理解できるまで話して下さい。
別居前の話し合いでは気持ちを確認する。別居後の夫婦の話し合いでは決裂を恐れず、自身の意思を明確に別居拒否の理由から伝えられるようにして下さい。何を改善すれば良いのかは話し合いで聞き取る必要があります。

 

 

別居した妻の言い分は?産後クライシスが原因の不仲、離婚を引き留める話し合いの方法がわかります。

参考:産後クライシスで夫婦の危機?夫から離婚と言われた場合の解決方法

 

 

夫から離婚を切り出された後の対処法を解説しています。

参考:夫から離婚を切り出される妻の特徴?離婚を決心させた理由がわかる相談

 

 

結婚してから知らず知らずにお互いの短所を実感して別居問題に至っています。きちんと相手の言葉を聞いて理解することは難しいことです。別居に至るまで自身の言いたいことを言わずにいた場合でも先々で話すことは可能です。

 

 

夫婦の話し合いで離婚したくない理由について先々で自身の主張を覆すことは信頼できないと思われてしまうのでしてはいけないことです。緊迫した状況で感謝の言葉を伝えても取り繕いと勘違いをされてしまいます。

 

離婚についての話し合いが平行線のままで離婚が話し合いで成立しないと思われた場合、弁護士の介入や調停の手続きをされてしまうことも前提に自身の思い当たる非を取り繕うように謝罪しないことが重要になります。

 

夫婦間のことに関しての多くの法律の知識をネットなどで調べて自分の権利ばかりを話し合いで主張されないよう用心が必要です。悪いと言われていることは素直に認め、憶測での言い返しや議論は控えて下さい。

 

 

妻と離婚を避けた方法を事例で解説しています。

参考:嫁が出て行ったその後の対処法?妻が帰って来ない理由は離婚を決意

 

夫が別居中に離婚を決意

別居後の離婚率は時間が経過すると高くなる理由

旦那さんから離婚すると言われた場合は、義父母・親族や共通知人に相談をして夫婦の話し合いに第三者を介入させないように用心をされて下さい。

 

 

夫との離婚を避けた方法を具体的に解説しています。

参考:離婚を本気でしたい人の行動とは?離婚を決意した夫の心理への対処法

 

参考:旦那に嫌われた?夫が離婚を考え直す時を待つ接し方で修復する

 

離婚についての話し合いでは離婚したい理由を言われて離婚に同意して欲しいと頼まれたり離婚についての考えや気持ちを聞かれたらどう答えるか?何も答えずに無視して苛立たせるなど嫌な話しから逃げようとしないで下さい。強い意思で離婚せずにまた同居したい気持ちを声にして下さい。

 

離婚に応じる、応じるかも、他に好きな人がいる、親があなたのことを怒っていて優秀な弁護士を雇うと言っている、などの本心ではない言い方で心配をさせようとするなど事実ではない嘘は事態を悪化させるので言わないで下さい。

 

嘘を言わない

別居は離婚前提と考えている夫婦の特徴

夫婦の心の温度差を考える方法を解説しています。離婚を切り出された後で話し合いを求めるタイミングや言葉について詳しく解説しています。関係が悪化した理由、原因を分析することが可能です。

 

離婚を切り出された後で夫婦問題に関するブログやSNS記事で得た情報をきちんと確かめずに夫婦の問題の話し合いで持ち出さないで下さい。感情の拗れが起きたり、信頼が失われてしまいます。

 

 

夫婦の話し合いで危機を乗り越えた夫婦の向き合い方がわかります。

関連記事:離婚危機を夫婦で乗り越える方法とは?修復するための歩み寄り

 

 

 

 

 

 

公開日:2019/06/21最終更新日:2022/09/22
TOPへ戻る