夫が10年以上も浮気?やっぱり不倫が許せないから離婚を考えた場合の対処法

浮気を10年以上続ける夫が許せないから離婚する?夫の浮気を批難したら逆ギレをされて謝る様子もなく、罪悪感も感じていない様子だった、そういう状態で夫婦喧嘩になった場合でも絶対に「じゃあ離婚して下さい」とは言わないで下さい。

夫が10年以上浮気を続けている

夫が10年以上浮気?やっぱり許せない場合

夫の浮気が発覚してから10年以上も経った。浮気をやめてくれない。夫の日々の行動について離婚に備えてメモに取っておいて下さい。

 

 

旦那はもうあなたに同居人としての妥協で一緒に生活していただけで男女の愛情はありません。いつ離婚になっても困らない、離婚してもいいという考えで10年以上も浮気を続けているのです。あなたから離婚を切り出されたら好都合なのです。そのような言い合いから別居になった場合に離婚を避けることは困難です。

 

 

妻子との時間

 

ご相談の受け付け

メール相談フォームよりお問い合わせ下さい。

 

 

夫が謝らない

 

 

夫の浮気の兆候を見破る方法とは?

関連記事:夫の浮気兆候のサインTOP10選?帰宅後の様子で不倫を見破る方法

 

 

怒っても逆ギレされた

夫の浮気が原因の離婚を避けるための話し合い?なぜ実際に不倫が起きてしまったのか?あなたに浮気がバレなければいいと思われたのか?本気の恋愛で離婚まで考えていたのかなど正直な気持ちを聞き出して下さい。

 

浮気をした心理は結婚生活への不満?浮気相手が好き、好みだった、性欲を感じた、浮気は本能だと開き直る言い分をする男性は少なくありません。もちろんそこまで話し合いで開き直られる状態の場合は3ヶ月以上の話し合いの休止による冷却期間が必要になります。

 

 

浮気をした夫の考えが理解できる対処法を解説しています。

関連記事:浮気夫の本音と考えとは?不倫を繰り返す心理を知った妻の対処法

 

浮気のことは言いたくない

夫の浮気が10年以上続いたら別居や離婚になることが不安になる?浮気を10年以上続ける夫と離婚前提で話し合い?10年以上も浮気を続ける夫に不倫相手と別れて欲しいと言っても逆ギレされた後で開き直られた?いつ別居されるか、いつ離婚要求をされるか、不安になった場合はどうすればいい?

 

 

夫の浮気を許す条件について解説しています。

関連記事:旦那の浮気を許す判断をしたその後?許した条件のポイントと対処法

 

夫が許せない

夫が浮気を10年以上も続ける理由が知りたいなら?無断外泊を心配して終電後の時間帯にlineをしても未読スルーなど不審な動きがあれば翌朝、絶対に行先・泊った場所、何をしていたのかを尋ねてメモに残して下さい。通日後、再度同じ質問をして答えさせて下さい。

 

 

やっぱり夫を許せない

やっぱり浮気が許せないから離婚を考えたら

浮気はやっぱり許せない?夫に不倫をやめさせる方法とは?先々で夫に言い掛かり、誤解と嘘を言わせないように証拠を残して下さい。浮気相手が誰でどこで知り合われ、どういうつもりで浮気交際が続いていたのかを3回以上聞き取って下さい。

 

3回聞き取ることで言い分に相違が生じます。整合性が合わない言い分について言及して下さい。夫が一番隠したい嘘を見破り、事実を掴むことができます。

 

浮気を追及したら開き直られて別居されないためにどうする?ご主人が強引に別居しないために夫婦の貯金・預金額を事前にきちんと把握されて下さい。ご主人の居住継続について意思の確認は必ず浮気相手と別れた報告を聞いた際に話し合われて下さい。

 

別居されてしまったら浮気相手との時間を優先するようになり、離婚については自分で交渉をせずに弁護士に頼んでしまうなど卑怯な逃げ方をされてしまいます。浮気が原因の別居の場合は離婚を引き留める話し合いの実現が困難になります。

夫の考えがわからない

別居後に離婚を決意した場合はどうすればいい?夫の浮気が別居の原因となった場合、夫との別居後の生活費や財産分与、離婚慰謝料などの交渉は弁護士さんに任せて下さい。浮気が原因の不仲を解決して夫婦関係を修復できる可能性がないと実感した後の対処は弁護士さんにお任せすることが妥当です。

 

夫との離婚協議の目的は離婚後の条件をきちんと確定させることです。お金の条件が関連しますので絶対に憶測での決め付け発言を控えて下さい。被害者と思って高圧的な言葉を向けり感情を乱して失言や批難の言葉を向けないように配慮が必要です。

 

 

浮気が原因で別居になった場合、絶対に共通知人や親族に相談しないで下さい。お互いに気まずくなり関係が悪化して修羅場になってしまいます。

 

自分で動いては行けません

 

 

 

浮気された側から離婚を切り出す前に確かめること

夫の浮気を許すには夫からの反省や後悔が感じ取れることが必要です。浮気が発覚して話し合っても浮気を開き直る夫の心理と本音を理解して下さい。

 

浮気がバレても謝る必要がないと思っている状態では浮気を許してはいけません。浮気をして開き直る夫の心理と理由は?開き直る夫はこれまでの結婚生活に不満があり、別居や離婚を本気で考えているのです。

 

離婚を覚悟して浮気をした?愛情を感じない結婚生活が理由は?浮気の理由はバレたら離婚すればいいいと思っていた?もう妻に夫婦として愛情を感じない、婚姻についての考え方がわからない、会話が無くて寂しい、結婚生活の継続に自信がないなど不倫が発覚する前にお互いに違和感があるはずです。

 

 

急に離婚を要求されたなど確かな根拠がない状態で浮気を疑って言葉で追及しないことが大事です。浮気を疑う前に帰りが遅い理由を聞いて下さい。

 

友人が少ないはずなのに不在がちなケースであれば、休日の行先や不在にする理由を聞いて下さい。会社の都合で深夜帰宅や休日不在ならば尋ねたりせずに様子を見て下さい。既婚でありながら家庭を放棄する生活態度に異変を感じたら疑問に感じたことを聞いて答えを言わせて下さい。言い訳の言葉に浮気を隠す心理から不整合な言葉が混在するのです。

 

離婚を切り出す前に

夫が10年以上も浮気を続ける本当の理由

浮気について話し合う前にご主人の浮気相手の女性、浮気相手女性の親、職場には直接連絡しないで下さい。相手側から脅されたなどの言い掛かりを言われてしまい事態が悪化します。

 

感情的になってしまわれ本心ではない言葉は向けないで下さい。浮気、離婚に関してlineでやり取りをされないで下さい。ご主人に別居や離婚を求めないで下さい。本当に離婚されてしまう危険があります。

 

義両親や自分の親族、友人、勤務先に浮気のことは相談したり、伝えずに夫婦で話し合って下さい。夫を追い込まない、責めないことを心掛けて下さい。

 

話し合いが決裂しても離婚せずに夫と復縁できる?夫と浮気についての話し合いが決裂しても夫婦として同居を維持することで復縁することができます。出て行く、出て行け、離婚したい、離婚してというお互いが意地になった言い合いにならないよう冷静に話をして下さい。

 

 

夫の浮気相手の気持ち

浮気を10年も続ける夫の結婚観と理由

10年以上も浮気を続ける夫が許せない、浮気をされたことが悔しい、嘘を言われたことが悔しい、自分が必要とされていない見下しをされた惨めな気持ちになったなど夫の浮気が原因で気持ちの整理がつかない場合は疑念疑問全てをご主人に問い掛けて答えを求めて下さい。

 

 

浮気を乗り越える?離婚したくない妻の対処法とは?浮気相手の女性を批難したい、慰謝料を請求して困らせて追い込みたい気持ちになることが多いのですが、敵対する気持ちでご主人と接し続けてしまうことで家庭内でのご主人の居心地が極端に悪くなり、一緒に暮らせないと実感させてしまいます。

 

ご主人が浮気をした本当の理由を聞き取り、気持ちを理解して今後どう夫婦として信頼関係を回復できるのかを考えて下さい。離婚を避けるために浮気を夫婦で解決して乗り越えるためには焦らずに冷静に話し合いを続ける必要があるのです。

 

 

夫に問い掛ける前に

経験者が語る浮気が原因で別居された後で離婚を拒んだ方法

浮気相手と別れたと言われた場合、スマホの画面で相手とアドレス、連絡先消去を目視で確認されて下さい。lineはブロックさせず連絡先アカウントを削除させて下さい。

 

浮気が原因の別居後の離婚回避方法とは?浮気を続けている前提で夫の言い訳や嘘を信じないように用心をされて下さい。

 

 

その後、放置せずに3日に1度、ご主人のスマホ内を確認するようにされて下さい。相手から一方的な連絡が来た場合は無視せずに別れたのでもう会えませんと返信をさせるようにして下さい。lineのブロックや無視が原因で相手女性がご主人に執着してしまい連絡が継続する前例が多数ございます。

 

 

浮気の乗り越え方として夫婦の会話を回復させ、常に本音で話せる家庭環境を構築する、ご主人の無断行動や言い訳、嘘を抑制するために会話で信用を回復できるよう行き先、用事、交友を把握できるようにして下さい。

 

浮気を続ける夫の金銭をどう管理する?浮気再発の防止策としてご主人のお小遣い額を決めて用途を完全に把握されて下さい。家庭での主導権を自身が持つようにされて下さい。クレジットカードの明細も毎月、用途と額を確認されて下さい。絶対に放任しないように気配りを継続されて下さい。

 

浮気は夫婦の信頼を回復させて解決する?どのような理由で断られても寝室は同じ部屋で就寝されるようにして下さい。その際にご主人のスマホ携帯の電源をオフにさせないように強く要望して実行させて下さい。浮気相手と別れていても粘着質な相手の場合は別れた後6か月程度は一方的に継続する方がいます。

 

ご主人の友人、同僚との飲み会など理由説明をされた場合に事態が把握できるような日常会話を心掛けて下さい。

 

 

きちんと夫に意見する

 

離婚を切り出すまで浮気を隠したい心理行動とは?浮気・不倫を隠す男性の心理行動とは?特徴として仕事が多忙、仕事が大変という言い訳をします。浮気が妻に発覚して家庭と浮気相手を選ぶ選択を迫られたら男性は将来を考えて、家族を自分が支える義務について悩んで家庭を選ぶのです。本気での浮気の場合、浮気発覚と同時に離婚を決断する心理行動があります。

 

ご主人の浮気は家庭は体裁や家計・経済的な金銭面、世間体、社内の評判、親族の心象を気にして離婚を考えず風俗やキャバクラ遊興の延長線上の遊びで浮気をします。

 

浮気相手女性が結婚を迫る、金銭のかかる要求をしたり同居を求めたり深夜のLINEや電話がしつこくなると潮時と感じて煩わしさで自主的に煩わしさが原因で浮気を終わらせて清算するケースが多いのです。

 

 

 

何で怒られる

50代夫が浮気を続ける理由の特徴とは

50代で浮気をする男性の特徴は仕事で現状の中間管理職止まりや出向やリストラ対象となって出世や仕事での活躍の限度を実感した男性に多いようです。

 

浮気をした夫

50代男性の浮気は気持ちの余裕が原因?これまで家族のため、会社のためと頑張っていた生き甲斐だった仕事での責任についても先が見えるようになり、家庭での存在意義についても子供が成長して妻との会話も閉塞してしまい、肩の荷が降りた気分になられて自分の時間に余裕がある男性に多い傾向があります。

 

50代の夫の浮気で怒る妻

50代夫の不倫相手の女性の特徴とは?50代男性の浮気相手はお金がかからない相手が多い様です。同級生だった同年代の女性とのW不倫、職場の少し後輩の女性とのW不倫など身近な相手との浮気が多く、わざわざ浮気をする相手と出会うためにお金を使わない、デートで居酒屋やカラオケボックス、バーなどお小遣いの範囲での密会が多い様です。

 

不倫相手は開き直る

浮気が妻や家族に発覚しても冷静な態度?W不倫など浮気が配偶者に発覚しても若年層の男性と異なり慌てたり謝ったり、逆ギレして否定するなど感情を乱しません。嘘も言い訳のせずそうだよと冷静に事実を認めてしまう特徴があります。すぐに別れるつもりはない、悪いこととは思っていない。友達みたいなものだ、など自己保身もなければ誰が悪い、悪くないなどの議論には至らないなどの特徴があります。

ルーズだから明確に証拠がわかる

50代男性の浮気経験率

50代男性の浮気経験率は実際は10%以下です。自身で起業された方やファッションや美容業界など女性と知り合う機会が多く所得の高い方以外は不倫恋愛は映画や小説の中の物語なのです。

 

一般的な会社員の男性の場合は浮気には自身の社会的立場が危うくなるリスクがあります。不倫発覚で人事の評価が悪くなる。左遷やリストラ対象になりたくない気持ちから自分の立場を守ることが大事なのです。90年代前半のバブル崩壊時期に新入社員だった世代の男性には自己保身が強い傾向があります。特に90年代以降は社内不倫は左遷理由になる、という社会通念があり道徳を重視する男性が多いのです。

 

50代男性は家庭が大事ということではなくこれまで仕事のことで時間に余裕がない、浮気をして会社での立場が心配など自己保身が理由で職場で女性と日常の会話はしても実際に二人で社外で会うようなゆとりはなかった、キャバクラや飲食店に行ってもその場の会話を楽しむだけという男性が多い様です。

 

しかし根底には妻への夫婦愛が強く、裏切れない、騙したくないという気持ちと浮気をした場合に相手の女性や親族に迷惑が及ぶことまでが視野にあるため不倫恋愛に至らない自制されるなど、自身の生き方について自分で律する方が多い世代であるという特徴があります。

 

 

夫の浮気が悔しい

他の年代とは異なる50代夫婦特有の悩みとは

50代夫婦特有の悩みとして、お互いの親の高齢化による介護の問題を夫婦で抱えていること、老後資金の不安、住宅ローンの残り年数や残債のこと、定年後の生活のことなど夫婦が共通の問題で悩みを共有しています。

 

不倫恋愛、浮気などにお互いに時間にもお金にも余裕がない世代です。不倫恋愛はテレビのワイドショーや週刊誌の芸能ニュースの話題であり、自分たちには無縁な他人事という感覚の方が多いはずです。

 

 

夫のスマホが怪しい

50代の夫の浮気が発覚した場合の対処法と解決方法とは?50代夫の浮気が発覚した場合の対処法はまず夫に浮気の事情経緯を聞き取って下さい。どこで、誰とどうして不倫関係に至ったのか?職場の女性なのか?飲食店の女性なのか?相手が誰であるかを確認するために夫に事実を言わせて下さい。同年代の女性が不倫例愛の相手であるケースが多いです。相手が既婚者か離婚歴のある独身女性かで対処方法が異なります。

 

 

夫が惚けている

浮気夫への上手な問い詰め方として、離婚して再婚を考えているのか?という「離婚」の言葉を使わないようにして下さい。

 

50代夫の浮気を止めさせるなら、荒立てない、浮気の解決方法とは?今すぐに別れて欲しい、今すぐやめて、相手をここに連れて来て、相手と直接話をする、など浮気相手を巻き込んでしまう言い方は禁句です。浮気相手の女性の入れ知恵で事態が拗れてしまいます。

 

強引に浮気相手と切らせようとすると夫が家を出て帰って来なくなったり、発覚した直後に弁護士を擁立される危険があります。浮気相手の女性を刺激しない冷静な対処が必要です。

 

浮気相手の女性も同年代の可能性が高く、相当に賢く、夫が相手の意見に従順になっている危険が高いのです。

 

浮気相手の女性が誰であるか?で対処が異なる。浮気相手が既婚者である場合、夫には金銭的な慰謝料請求の不安があることだけを話して静観される解決方法が賢明です。離婚歴のある独身女性の場合は相手を刺激しないように会いながら上手に相手と距離を置くように諭す意見を向けて下さい。

 

夫や自分よりずっと年下の女性が不倫相手だった場合は夫の意思で浮気を終わらせてもらえるよう意見をされて6ヶ月くらい静観をされて下さい。カード明細や月々のお小遣いの用途の管理は今まで以上に厳しくされることが好ましいです。

 

50代で浮気をした夫と離婚を選択する場合は夫の浮気で離婚を選択する場合に自身のこれからの就労、収入、生活のことを考えなければいけません。住居もそうですが老後の年金の分割など先々の不利益について冷静に考える必要があります。

 

50代夫の浮気が発覚した後で考えておくべきこと

浮気の事情経緯を聞き取り、浮気を許して離婚しない結論になった場合、夫の浮気が本当に終わっているのか?別れた後でも浮気相手の女性から連絡が来ないかなど6か月は夫の行動をスマホ、パソコン、SNS、カード明細など徹底的に監視する必要があります。

 

 

 

 

 

この記事の著者のプロフィール

 

 

公開日:2019/11/19最終更新日:2022/09/07
TOPへ戻る