復縁専科









ホーム成功事例離婚回避 →離婚話に至る前に

離婚話しになる前に

不仲が離婚になる前に話し合う。音信不通で婚姻破綻の危機から夫婦の復縁、夫の心変わりから修復できた事例
離婚したくない人が今すること

離婚に至る前に婚姻破綻を回避

別居をしないため

無料メール相談 

婚姻破綻の不安のご相談はお気軽に

【お知らせ】フォーム からの送信ができない場合は、ask@fukuen.jpまでお送り下さい。 

別居から復縁のエピソード

お問い合わせ:090-6519-1413(受付時間AM8:30から AM3:00)
(番号は必ず通知でおかけ下さい)


依頼者:K子さん31歳(女性・会社員)

結婚1年目の夫Aさん(29歳)。子供なし。

別居が離婚に至る前に。婚姻破綻離婚を回避を希望。

期間:2006年11月相談、12月着手、07年8月修復

難易度:E(相談時は対話困難の状態)

K子さんの意思により、他の婚姻破綻の問題に悩まれている方に勇気を与えられるのであればとのことで、

この夫婦関係のエピソードを紹介とし て掲載いたします

K子さんとご主人のAさんは知人との集 まりで知り合われ、、1年近い交際を経て6ヶ月程度の同棲期間の後に入籍され、結婚7ヶ月、お子さんなし。賃貸のマンションに居住されているとのこと。お 2人とも会社に勤務され共に帰宅時間が遅かったそうである。数ヶ月前から帰宅してもご主人が無口で、週末はご主人が行き先を告げず外出で不在がちになり、 会話が少なくなったとのことである。

K子さんからご主人に対して、こちらも仕事で疲れているなど生活態度 のことでご主人に抗議をさ れてから、ご主人の様子が更に変化したとのこと。K子さんが仕事から帰宅した際に、先に帰宅していたご主人から住居を解約し、離婚を前提に別居したいこと や一緒に暮らす意味がないと思えるなどと言われ、別居したい、離婚をしたいことを告げられる。話し合おうとするが聞き入れてもらえず、ご主人が帰宅しても 口をきいてく れない事態になる。2日程度、一方的に話しかけたり、謝ろうとされるが、無視の状態であったため慌てたK子さんがご自分の実家に相談をされ、親がマンショ ンに来て、ご主人に別居の要求について抗議や理由の問質しをされてしまう。完全無視の状態が1ヶ月近く続いてから、住居を年内で解約したいこと、出て行っ て別居して欲しいこと、離婚要求をメー ルで伝えられてしまう。

K子さんから当方に別居から離婚に至る前に修復をしたいご相談がある。事情をお聞きする。

ご主人は機械開発関係のお仕事に従事されていて、異変が起きるまで結 婚当初から、無視に陥る近 までは夫婦関係は円満であったとK子さんは思われていた。チェックシートによる判定を実施し、ご主人からの言葉の原文などからご主人の意思が強 く、話し合う意思がないこと、ご主人に自分も悪いという意識がなく被害者意識が強いことが判明する。K子さんが仕事中心の生活であり、帰宅後に料理をする ことが少なく、平日はそれぞれが外食で済まされるなど、家庭の意義を感じない生活になっていたこと、平日の夜は疲労や翌朝のことを理由に夜の夫婦の関係を 新婚当初に一度拒んだらその後は求められなくなったこと、この2ヶ月はご主人との会話がほとんどなく、コミュニケーション不足が異変(ご主人の気持ちの変 化)の原因と判明する。ご主人の無視の理由に怒りの抑制と無言の抗議・敵意の心理があり、会わずに婚姻破綻申請をするために放置、無視をして別居のまま離婚したい気持ちが強いことを提示する。

結局、ご主人から要求を強行する意思から住居は解約されてしまい、K子さんは実家から通勤さ れる状態になり、婚姻破綻離婚を懸念され、当方に正式な別居から復縁についての修復依頼をされる。別居以降のメールでのやり取りにて、書類を催促する内容しか来ていない状態であったため、謝罪・非の自覚、 留意提案を送信いただく が、返答としては二度と一緒に暮らしたくない、一緒に暮らすことを考えると苦しいし夫婦でいる意味がない、いつ書類にサインしてくれるのか?などの離婚要 求の返答。この返答に対して、ご主人の家庭での居心地、夫婦としての気持ちの温度差、結婚前にお互いがどういう気持ちだったのかを確認し、お互いの愛情に ついて分析し、今回のことについてのK子さんの非の自覚や甘えについての謝罪の部分について考えていただき、ご主人の言葉の原文※からご主人が感じていた K子さんとの夫婦での暮らしについての不満について、きちんと理由を推測し提示をする。ご主人に対する謝罪をするための自覚や反省をしていただき、ご主人 に離婚についての話し合いを6ヶ月保留して欲しいことやこの問題についての対話を求める内容のメールを送信していただくが、催促や突き放す言葉など敵 意の言葉しか返答を得られな い状態。

離婚を防ぐための心理学のセオリーとして2週間の冷却の期間を置く。離 婚を求めて譲らない相手を安心させられる提案が現状では離婚合意の返答しかない状態で あるため、聞く姿勢を示すことについて考えていただくことと引き留めている理由説明について、素直な気持ちで要点から考えていただく。

今後についての話し合いがしたいことをメールで伝えていただく、ご主 人にご主人の実家での話し 合いを提案するが、ご主人も賃貸マンションに入居したばかりとの返答で、ご主人からの意向でK子さんの実家で話し合うことになる。ご両親にもK子さんにも 当方が作成した対話マニュアルを厳守いただけるようアドバイスをする。翌週末にK子さんの実家で両親を交えての話し合いが行われるが、謝罪は聞き入れても らえず、ご主人は「すべて自分の勝手です」との主張になり、話は平行線のままとなる。
婚姻破綻を防ぐために話す必要があり1ヶ月の冷却の期間を置く。

K子さ んからご主人に話し合いに応じるようメールを入れる。ご主人か らのメール返答にて「許せない、応じてくれる話し以外は聞きたくない、話し合う意味を感じない、離婚に応じて欲し。」との返答。合意を留意する理由、一緒に暮らしたい理由、与えた い愛情、気持ちを察していることなど冷却期間中に行った課題での相手への気持ちについて伝達をする。ご主人からの返答で、ご主人が要求に関して 夫婦での同居期間中にK子さんが思っていた以上に仕事優先の日常で、週末も会話が少なく、愛情を感じないコミュニケーションが原因で将来について不安を感 じた。自分が夫として本当に愛されていない、関心を持ってもらえないなどの不満を感じた。入籍前と比べてK子さんが冷たく自分中心にしか考えない女性と見 えて来たなど、離婚しか結論を望めない理由を伝えられてしまう。マニュアルに従い同居期間に気持ちを察しなかったことの謝罪、今の後悔、この先でできる約 束などをメールし、別居のまま話さないのはつらいとの伝達で面会での対話を求める。ご主人からのメール返答にて、応じて欲しい、愛情はもうない、謝 られてももう信用することができない、いつ合意をしてくれるのか、別居して良かったと思っている、離婚以外の答えはない、本当に 戻る気持ちになれない、との回答。再度1ヶ月の冷却の期間を置く。ご主人への刺激を避けるためにメールを控えていただく。この間に安心をさせる約束・提案 について検討し、離婚を引き留めるための対話のマニュアル、対話マニュアルの作成を行う。ご主人からの離婚催促、離婚しか考えていないメールについての返答について詳 しくアドバイスを行う。

K子さんが通勤の利便などの事情で賃貸マンションに入居される。K子 さんにご自身をご主人の視 点から見て考えていただくなど、夫婦のコミュニケーションのこと、ご主人への誠意=家事と仕事の両立、夫婦の愛情についてレポートをまとめていただき、ご 主人の心にある不安や不満について問題点を自覚していただく。謝罪すべきこと、約束として提案することなど、この先の対話内容について向き合い方を考えて いただく。この先、ご主人と再度話し合っていただき、しばらくは問題を話し合うことを保留し、共有の時間を少しでも持つことなどの提案について考えて いただく。

この状態で冷却期間を置いてから、マンションに入居したことを伝え、 ご主人に メールにて面会をお願いし、 離婚に応じるとしても、定期的に面会し、わだかまりについて溝を埋めたいことなどを面会したい理由伝達から伝える。ご主人からの返答にて、婚姻破綻より早急な合意を得たい様子で数日後に通話での対話の後、面会に至る。

数日後、ご主人とのメールのやり取りで、週末にマンションにての面会 に応じる返答があり、ご主 人と再度、向き合っての話し合いができることになる。当方の作成したマニュアルに従って話し合いをしていただく。謝罪と今後のことについての気持ちの伝 達、留意している理由説明など向き合って話すことへの不安を軽減する対話をしていただく。離婚の話を保留にする提案についてご主人から了承を得る。

約3ヵ月、ご主人の2週に1回のペースでの訪問面会が継続し、保留状態のままの状 態。作成したマニュアルに従い与える愛情のことや気持ちを察することなどに注意して向かい合っていただく。かなり会話も入籍前の状態まで回復するに至る。

5月の連休を一緒に過ごされ、ご主人からしばらくはこの問題は話し合わなくてもい い、夫婦としての関係修復に向けて話し合いも今は必要と思えなくなったと言われる。

問題点についてお互いが納得できるまで一緒に過ごす時間で探すことに しようと、いう話しにな る。修復に向けての準備段階となる。

6月の中旬、K子さんの実家にてご主人同席で話し合いが 行われ、K子さん、ご主人それぞれが今 のマンションを解約し、ご主人が再度、2人で暮せるマンションを借りて、8月を目標に同居を再開する話となる。要求を撤回していただくに至 る。8月の上旬引越しが完了し、無事に同居での生活が始まる。 

婚姻生活の破綻をしない話し方

 別居から関係修復する

離婚せずにやり直したい、 夫婦の婚姻破綻を防ぎたい、夫婦の仲直りをしたい相手の視点からご自分を見つめていただき
引き留める、夫婦の対話の積み重ね、相手の心に向き合う対話が必要 
モ バイルページ

携帯&スマホ対応の修復一覧

別居から修復を目指して
(ご相談に関して個人情報厳守、プライバシーは保護いたします)
このサイトに掲載されている事例はすべて依頼者の許可を得て記載しています。
相談の手順

婚姻生活破綻を防ぐ方法
有料相談着手後は24h体制 の緊急対応でサポート 

別居が離婚理由にならないために

多数の修復経験を反映させるアドバイス。

別居から修復して夫婦の愛をふたたび

 

婚姻破綻の解決方法の詳細はお問い合わせ下さい。

心理学で別居から復縁

相談無料・秘密厳守

ご相談のマナーについて:

分析前の無料相談のお電話では具体的なアドバイスは一切、
行っていませんので予めご了承下さい。

掲載事例は参考であり、一部、プライバシー保護のため、

メッセージの具体的内容を実際に使用した文面ではない言葉 を表記している場合もございます。

個人個人のケースで修復方法やメッセージが大きく異なりま す。必ず、メールにてご相談下さい。

Copyright (C) 2016. All Rights Reserved.