新婚の夫がパーソナリティ障害

復縁専科









ホーム成功事例離婚回避 →新婚の夫がパーソナリティ障害

新婚夫婦の異変、夫がパーソナリティ障害のような状態で不仲、性格の不一致(東海・名古屋地区):夫婦が信頼回復をしてやり直す、夫婦関係修復の復縁方法

新婚夫婦の夫がパーソナリティ障害のような振る舞い

新婚夫婦の離婚危機

依頼者:S江さん28歳(女性・派遣 社員・主婦)※着手時の年齢

結婚1ヶ月の夫Jさん(29歳)。※ 着手時の年齢

子供なし。

入籍同居直後からの別居からの離婚を 回避し、復縁を希望。

期間:2010年3月相談3月着手、 11年5月復縁

難易度: F(相談時は話し合い拗れによる対話困難の状態)

費用144万円

S江さんの意思により、他の復縁に悩まれている方に勇気を与えられるのであればとのことで、

この復縁エピソードを事例紹介に掲載いたします

S江さんは前の職場で知り合われたご主 人のJさんと9ヶ月の交際を経て、1ヶ月前に結婚(挙式・入籍・名古屋市内で同居)をされたそうである。賃貸のマンションに入居されたそうである。
挙式の翌日からの新婚旅行で夫の急な無視や卑屈な発言、騙された、などの悲観的な言葉を向けられ、言い合いになられ、帰国後も夫との会話がギクシャクしていたそうである。名古屋市内での同居開始から数日、ご主人が無視をする、不機嫌な態度のまま、深夜まで帰宅しないなど、わだかまりは残ったままであったそうだ。新婚の夫がパーソナリティ障害のような状態で同居開始から1ヶ月が経過した頃、それまでは無視をしていた夫から、S江さんの休日だけでなく平日の外泊(実家や友人宅)が続いたことを強く指摘されてしまい、お互いに言い合いから感情的になられ、ご主人から性格の不 一致を理由に離婚を要求されてしまい、その後、数時間、話し合いをしたが再びご主人が無口な状態になられ、翌日から帰宅されなくなり、電話もメールも応答 してもらえない状態まで溝が深まり、ようやくS江さんは離婚の危機を実感されたそうである。1週間が経過して、状況を義母に話したところご主人がマンショ ンを借りる準備をされているとの話で、その数日後(当方へのメール相談の前日)、業者を連れて荷物を引き上げに来られ強引に転居をされてしまい、別居状態 に陥られてしまったそうである。思いやれない、余裕がない、卑屈な言動が顕著などパーソナリティ障害のような振る舞いをされたそうである。ご主人から住まいも清算したのだから一日でも早く籍を早く抜いて俺を自由にして欲しい、納得してくれないなら親に言われて 調停も考えている、親が弁護士に相談した、という内容のメールが来たそうである。

S江さんから当方に新婚だけど夫がパーソナリティ障害のような感じで別居中とのことをメールにて相談。事情をお聞きする。ご主人から賃 貸の解約手続きを済まされ ていると引越しの際に告げられ、即時のマンションからの退居と離婚書類への捺印を迫られいる状態であるとの事。既にS江さんも数日後に実家への 転居が決まっている状態とのことであった。

14項目の経緯についてのチェックシートと40項目のご主人の人格分析についてのチェックシートにお答えいただき、発言や無視や強引な転居のこと など行動から心理の分析を行い、ご主人の性格の自己保身の面などにも問題があることなど分析を提示する。当方は医療機関ではないこと、法令順守の立場からパーソナリティ障害との断定は難しい状態とお伝えする。S江さんの勝気な面、譲歩できない性格、自分勝手 さなど向き合い方の非の自覚についてお話しをさせていただく。きちんと非を自覚するまで、ご主人に対してメールでの謝罪や留意の伝達を控える指示と過去の 修復復縁データーからの傾向を提示し、ご主人との交際期間も含めた今まで自覚できていなかった自身の愛情、慈しむ気持ち、譲歩、尊重、信頼な ど軽率な発言や行動など非について課題の形式で考えていただく。

まずは会ってきちんと謝り、理解を得てから義父母、自分の親に経緯事情と自覚できている自身の非について伝えるよう指示をする。今後の対 話の注意事項をお伝えし、今後、どう謝罪していただくが、転居撤回の交渉は現状では不可能で、別居状態からの取り組みになること、ご主人と義父母に離婚 (離籍、書類への捺印)については時間の猶予が欲しいことをどう伝えるべきかを指示する。
S江さんの引越しが終わった翌週の週末にご主人とご主人の実家で義父母を交えての話し合いが実現するが、やり直せない、待ちたくない、謝罪されても答えは 変わらない、との言い分を聞き入れてもらえず平行線となる。


話し合いの内容について詳しく経緯をお聞きする。(ICレコーダーによる音声録音の確認)
相手の言葉がかなり攻撃的な様子とお聞きしていたが、実際の話し合いでは困り果てている、疲れている様子が覗え、分析のためのシート記載の内容と実際の現 状の相手の様子に相違があることやこれまでに聞いたことのない内容の言及もありチェックシートに記載漏れが多いことを指摘し、再度、チェックシートに些細 な出来事も記載していただいたり、話し合いで出ていた問題について詳しくお聞きすることとなる。ご主人に伝えるべき謝罪と留意伝達について課題形式で取り 組んでいただく。

課題回答から判明したシートに記載していなかった問題点が浮上する。S江さんとJさんの結婚について、結納なども行わず、両家の顔合わせも式当日であった り、事前の挨拶などは挙式直前であったのは、義父母がJさんの結婚についてJさんに任せているとの放任とシートには記載があったが、婚約時点からS江さん が新居の下見、披露宴準備や旅行手配、などの結婚準備や自己都合を優先したために日程が合わず、Jさんもそのことを指摘できず我慢していたことが原因で あった。事後報告ばかりで義父母はS江さんとの結婚を内心は快く思っておらず、それでもJさんが好きになった相手だからという理由で承諾をしてくれたそう である。
しかし、同居後、JさんはS江さんの身勝手な振る舞いのエスカレートや暴言、無断外泊や深夜帰宅などの不満が不審に変わってしまったようである。同居後J さんは交際の時点では見せなかったマザコン傾向、親依存が強く、義母もJさんを擁護してしまう性格である。同居直後からJさんが義母に愚痴を相談すると陰 険な助言をしていたようである。(無視、強引な転居や住居解約など)

課題回答を基に再度、次の話し合いでご主人に伝えるべき謝罪と留意伝 達について課題形式で取り 組んでいただく。対話のマニュアルの作成を開始する。

電話で離婚書類の保留のお願いのことで話し合いがしたいとい う理由で面会を申し入れる が断られてしまう。話し合いたかった問題点のこと、謝罪について、きちんと手紙に記載し郵送していただく。しかし数日後、メールがあり、気持ち はわかったから裁判とかにしてまで離婚したいわけではないが、性格が合わないと思うからお互いに別れて新しい人生を探そう。という返答であった。

課題に取り組んでいただく。課題を基に手紙を作成していただく。その 手紙にて夫婦の愛、想い入 れ、離婚したくない理由、身勝手な振る舞いをした理由説明、どういう決意で結婚に合意したのかの気持ちについて考えを伝え、妻としてJさんに協調できな かった理由説明や自身の非を謝っていただく。
手紙への返事として冷たい内容のメール返答が来る。電話での話し合いを求める。

その電話でも再度、謝罪していただき、その後、義父母への謝罪も含め、Jさんの実家にて義父母を交えて4人で話し合い、その際に離婚を待って欲しいことな どお願いをするが義母から謝罪受け入れについてあまりに短期間の同居で問題の多さに呆れてしまったという本音を言われ、保留について断られてしまう。義父 からもお互いに合わないようだから別れた方がすっきりするでしょう、と意見を言われてしまう。ご主人からの言い分に性格が合わない、勝気で情緒が不安定な 面が性格が許せない、将来が見えない、怖くて妻として愛情を持てない、妻として外泊や深夜帰宅が信用できない、結婚前の家庭的な優しい女性になりたいとい う話とかなり違う、騙され裏切られた、などの言葉が多く、S江さんへの失望感と自己保身からの異常な主張の偏りが確認できる。後日、課題で伝えるべきこと をまとめ、Jさんが私の謝罪を聞いてくれないのは私への落胆だけじゃなくて、何か言えずにいる問題があることは引っ越す前に感じていました。という一文を 加え、メールに記載し送信をしていただく。

メールに対して返事があり、浮気を疑われたことについての長文での弁明弁解や心配をさせてしまうから親にそのことを言わないで欲しい、 絶対に離婚したい気持ちは変わらないが話し合える気持ちになってくれるまでは猶予を与える、という内容であった。

どうやらJさんにも問題(浮気)が隠れていることを指摘し課題を提示 する。ご主人にメールや電 話で会って話し合いたいことを伝えるが、即時の離婚承諾の返事をくれない限り、もう会いたくないという返答に至る。

冷却の時間を2ヶ月置く指示をする。この時間で課題に取り組んでいた だく。ご主人への近況伝達 を含めた謝罪、ご主人が言えずにいる出来事や本音の問題、今の義父母の気持ちを考えての家庭修復についてや家族愛についてなど、離婚撤回の話し合いに向け ての気持ちの整理と併せて課題形式の作文を当方とメールでやり取りしていただく。

Jさんの実家での両家の話し合いが実現する。その際にJさんと顔を合 わせるが目を伏せたままで 冷たい態度のように感じられる状態が続く。義母とS江さんの会話が難しい状態のままである。義父からは離婚しか考えられない、性格がどう考えても合わな い、Jさんからは上から目線でモノを言う偉そうな態度や言い返されたことが許せない、俺と離婚したくないのは意地になっているだけとしか思えない、俺は悪 くない、無責任ではない、のような自己保身の言葉と冷たい結論だけの言い切りの言葉が向けられてしまう。

話し合いの内容のレポートを頂く。Jさんにも半分は非があることを次 回以降の話し合いで2人で 考えていけるよう課題を提示する。

Jさんの視点から見たS江さんの悪い面=勝気で譲歩できない性格の問 題以外での短所や嫌いな面 について分析から提示し、自覚していただく。非についてきちんと整理をしていただき、離婚したくない理由や謝罪、今後の提案についてどう伝えたいのかを文 章にまとめる。浮気についてどう怪しいと感じたのかを詳しく紙に書き出していただく。次の課題で、S江さんがJさんに見せていた長所、見せたかった長所、 Jさんから見た長所について考えていただく。ご主人への過信から向けた酷い言葉など愛情と譲歩の問題について考えて行くことになる。課題形式の作文にて改 心すべきことや、離婚したくない理由説明などの文章の作成に取り組んでいただき、面会の際に行動や発言で示せるよう自覚していただく。

面会を求め、平日の夜に職場付近のJさんとファミレスで会って話をされる。Jさんに謝罪・非の自覚、留意提案をお話していただくが、返答は変わらず、離婚 したいこと、一緒に暮せないことを言われてしまう。この話し合いで夫婦としての気持ちの温度差、結婚前にお互いがどういう気持ちだったのかを確認し、お互 いの愛情について自分に問題があった部分を思い返していただき、離婚撤回についての話し合いをしていただくが、待てない、たった1ヶ月しか一緒に住んでい ないのにそういう言い方をされたくないと即時捺印を迫られてしまう。浮気を疑ったことについて切り出していただくと、激しい弁解が始まる。Jさんが相当に 感情を乱され、再婚を考えているような相手はいないが、同居してすぐの喧嘩の翌日に気分が悪くて帰宅する気になれず、元彼女と会っていたことなどを認め、 自己を正当化するような言い訳を向けて来たそうである。話し合いの結果として離婚してくれる気持ちになってくれるまでしばらく、半年くらい先まで離婚のこ とは保留で構わないということで猶予期間の延長について合意に至られる。

1ヶ月が経過し、メールで近況の連絡をされた際、Jさんの即時の離婚 合意を求めるような発言は なく、離婚を実現しようとする強い催促などは軽減された様子であった。

今のJさんの心の状態を基準に課題に取り組んでいただく。課題の内容 は、現状では相手が望む答 えが離婚合意の返答以外にない状態であるため、相手の放棄したい気持ちを理解し、聞く姿勢を示すことについて考えていただくことと、新婚直後に大きな決裂 に至ってしまった性格の不一致の面での信頼の回復について、いかにJさんが自分自身にも非があったと気がついてくれるか、お互いに思いやりについて自分自 身で気がついてくれなければ状況は変らないことを指摘した上で、離婚要求の保留懇願の応対方法、日々をどう過ごすかなど気持ちの持ち方について考えていた だく。JさんにS江さんとの結婚で見せてあげられる期待、誓えることなどをこの状態で相手に離婚したくない理由の説明として、どう伝えたいのかについて作 文の形式で考えていただく。

近況伝達などメールでのやり取りを継続し半年が経過する。面会で話し合いに応じる返 答が得られ、ファミレスにて2人で話し合うことになる。性格の不一致についての言い訳や留意・謝罪は本当に離婚に応じてくれる話であれば聞くと言われてし まう。ご主人のこの問題についての浮気を疑われていることへの焦り、気まずさ、自己保身や疲労による放棄の気持ちが原因である。離婚したくない理由、未 練・愛情についてや思いやりや気持ちの理解など相手の視点から見て欠けていると思えた点や甘え・過信、自身の非について謝罪を伝えても、性格の不一致だと 思っている、勝気で気が強くこの先も上手くやれないのだから気持ちは変わらないとの言い分が変わらず平行線の状態となる。Jさんから会って話す度に浮気を 疑われるのであれば、しばらくは話し合いたくないという結論に至る。課題形式の取り組みを行っていただく。現状、S江さんの性格面について許せず にいて離婚成立という方向で放棄したい気持ちになられている敵意や不信感について、今後、S江さん自身がどう変わりたいのか、どう行動で反省を示すのかに ついて作文形式で考えていただく。随時、月に1,2回、近況をメールや電話でご主人に伝えたり、近況を尋ねたりと、話し合い再開まで冷却の時間を置いてい ただく。

2011年年始、義母からの提案で今後についての4人でちゃんと話し 合いがしたいことを電話で 言われる。
いつまでもこのままにしておけない、Jさんの将来のことも考えて欲しい、両方の家族が幸せになりたいという言い分であった。Jさんの実家で義父母を交えて の話し合いをされる。浮気言及に疲れたJさんから義父母に対してこの問題にもう口を挟まないで欲しい、ちゃんと自分たちで納得して終らせたい、との言い分 で2人で解決をする方向になる。謝罪は聞いてはもらえたがJさんの離婚したい気持ちは変わらない、もう気持ちがないと言われてしまい、マニュアルで作成し た浮気問題のことを話すと、理由は、疑っていた浮気のことは事実だ、その元彼女と付き合っている、離婚が遅いから待てないと責められている、再婚したい、 S江にこれ以上関わるのが辛いし妻として見れない、愛情を持つことは難しいと思うから、とのこと。意地になって離婚を拒む性格が許せない、などと言われて しまう。

Jさんからの提案で籍をまずは抜いて欲しいとの言い分で両家の話し合 いが行われるが、S江さん の親は注意事項で禁止していた慰謝料要求などお金問題を発言されてしまい、JさんがS江さんの無断外泊や身勝手な振る舞いを強く指摘に転じられたため、両 家の親が激しい言い合いになられ、義父からお金は払うから離婚させたいとの意見となられ話し合いは失敗する。しかしJさんからS江さんの両親へのこの問題 の長期化について謝罪はしていただけた状態。

この時の言い分を基に夫婦の復縁の方法のセオリーに基づいてご主人と の対話のマニュアルを作成する。

その話し合いの後、義母から連絡があり、義母との話し合いをされる。 2人での話し合いの内容を 正直に全容を話してから、離婚合意を拒んで留意する理由、家族で一緒に暮らしたい理由、Jさんに与えたい愛情、義父母に嫁としてできる約束、気持ちを察し ていることなど課題で作成した復縁マニュアルに従い、Jさんへの気持ちについて義母に説明をする。しかし義母は相当にトーンダウンされ、考える時間が欲しいと 謝られてしまう状態になられる。

Jさんから数日後電話があり、面会が実現する。Jさんに浮気のことを 義母に話したことを正しく 伝える。復縁対話マニュアルに従い、自分本意な性格、生活態度の謝罪、離婚を要求されてから気がついたこと、この先でできる約束などを話していただ き、いくつかの提案をを向ける。考えるとの返答を得られ再度数ヶ月の冷却の期間を置くことで話が終わる。

しばらく冷却の時間を置くこととなる。

2月中旬の週末、Jさんとの会食での話し合いで、浮気問題について話 し合い、Jさんから元彼女 と離婚が遅いことが理由で喧嘩になり別れたことを聞かされる。Jさんから今後のS江さんとの関わり方を考えると言う回答が得られる。当面、恋人からやり直 す感じで、週末に会う、という向き合い方の提案を受け入れてくれる。離婚要求の撤回を言っていただける。

その話し合いか ら1ヶ月が経過した3月の中旬に同居再開(修復に向けて)についての話し合いを され、S江さんとJさんがこれから新たに賃貸のマンションを借りて同居を再開する話となり、5月の上旬、新居での1年2ヶ月ぶりの生活が始まり夫婦の復 縁、関係の修復を完了 する 

(ご相談に関して個人情報厳守、プライバシーは保護い たします)
このサイトに掲載されているエピソードはすべて依頼者の許可を得て記載しています。

手順について

 

夫と新婚の時期に別居、やり直したい、仲直りをしたい相手の視点から
自己改革としてご自分を見つめていただき相手の心に向き合う関係の修復方法 

仲良く
携帯&スマホ対応のページ

不仲を理由に別居した新婚夫婦

夫婦が円満

無料相談

秘密厳守
フォームからの送信ができない場合、
ご相談を希望される方は
ask@fukuen.jpまで、ご相談内容を明記でお願いいたします。

相談は無料

お問い合わせ:090-6519-1413(受付時間AM8:30からAM3:00)
(番号は必ず通知でおかけ下さい)

お気軽にご相談下さい


ご相談からアドバイス着手までの手順のご説明
愛情が夫婦継続を願う気持ちとして相手の心に響きます。ご夫婦の心をつなぎます。
運営理念について

Copyright (C) 2016. All Rights Reserved.